あなたもわたしも、DSPのある生活(くらし)

今回はちょっと反省から始めてみよう、そうしよう。

基本的に波風立てたくないぜ!いえぃ!な、
僕的には、常に低姿勢低姿勢。
脚で歩くというよりも、毎日が三点倒立に近いスタイリング。

口癖は、「へいへい、えろぅスンマヘン。わてが悪かったどす」

・・・・こいつ、ホントは反省していない。


さてさて。
今回の作業は、BMW ・ F20。

所謂、1シリーズってヤツであります。



F20 audio (1)
前期型の、誰が呼んだか、通称「たれパンダ」

ぶっちゃけ、好き嫌いの分かれるデザインだと思いますが、
僕的には全然アリ。
否、むしろスキ。

本物(?)のたれパンダにもリラックマにも興味はありませんが、
この子は好きですね~。

手ごろなサイズに抜群の動力性能。
どこに欠点が見いだせようか?


あ!!
あった!!
めちゃめちゃ大きな欠点がッ!!!

そう。
それは、オーディオ。

ノーマルはもとより、オプションを選んだところで
純正のオーディオは、納得できるレベルにはなっていません。


そこで、颯爽と現れるのが、純正オーディオの救世主!
 
 「DSPのある生活(くらし)」


そう!
実は「DSPのある生活(くらし)」はYN仕様に完全対応。
なので、施工画像があまりありませぬ。



F20 audio (2)
さらに付け加えると、このクルマ。

すでに、FOCALの車種専用品が取り付け済み。
シート下のウーファーもご丁寧に換装されています。

ミラー裏をよ~~~~く見てもらうと、
うっすらと黄色っぽいダイアフラムが確認できます。

や、うちで付けたものではありませんぜ。


MATCH・PP86DSPをラゲッジサイドに取り付けし、
純正アンプからフロント2WAY+リアの信号を入力します。

PP86は、6chまでの信号がミックスできますので、
一般的な車両であれば、たいていはカバーできます。

DSP内でAD変換を行い、2WAY信号をミックスして疑似的に
フルレンジ信号を生成します。

この疑似フルレンジ信号を、フロント3WAYマルチに割り当てることで
純正オーディオ信号をDSPで詳細に調律することができます。


さて。
出音の方はと言いますと・・・。

ん?
ミッド(ドア10cmね)全然「下」でぇへん・・・。
ウーハー(シート下ね)全然「上」でぇへん・・・。

せめて、ミッドは100Hz。
ウーハーはできれば200Hzぐらいは聴こえて欲しいんですが。
鳴ってる、ってだけのレベルでは、苦戦必至。

ぬぅ・・・。
コイツは長い夜になりそうだ(納車は2時間後です)


・・・・・・・・・・。


・・・・・・。


・・・。


そんなこんなで、なんとか調律しましたが (;一_一)


オーナー様的にも、納得はして頂きましたが、
以前組ませてもらった「初めてのカーオーディオ」で感じたほどの
感動は与えられませんでした。

海より深く反省。




と、見せかけて。

  「うん!これこれ!」

と、言ってもらえるまで何度でも調整しますよ!!



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10