いつも、このブログを書いているPCが大ピンチ!

いま、こうやって記事を書いていられるコトに感謝・・・。

そうなんです。
記事をかけるコトって奇跡なんだ。


いささか大袈裟気味ではありますが、
油断している時に限って、災いってヤツは訪れやがるんです。

先月の28日の記事をアプして、日常の業務を終わらせたあと、
いつものように「ポチッとな」と電源を落とし、深夜に帰宅。

翌朝、いつものように「ポチッとな」と電源を入れると・・・。
ログイン画面のパスワード入力後から、真っ暗のまま・・・。

  「むむっ?」

さすがに遅くね?
マウスやキーボードをごそごそしてみると、
カーソル自体は表示されるものの、やっぱり画面は真っ暗のまま。

  「ぬう・・・起動に失敗しやがったか・・」

いつものように「ALT+CTRL+DEL」で終了させようと試みるも
無反応。

  「照れてる?」(バカか)

HDDのアクセスランプを確認すると、ずーーっとビジー。

  「これは、ヤッてしまったパターンのヤツか!?」

とりあえず、一瞬のスキをついて、強制的に電源オフ!!
イイ子のみんなは真似しちゃダメだぞ
おもむろに再度電源投入!

  「ん、メーカーの起動ロゴはでる・・・OSに受け渡すとこまではイケてる」
  「これはやはり、ハード的なトラブル・・・か・・」

もう一度、一瞬のスキをついて強制電源オフ!!
何度も言うが、良い子のみんなは真似しちゃダメだぞ!

再度、電源ON!!
同時に「F8」連打!!

  「BIOSはでる、ブート先も変更できる・・・!?
    ナニッ!?セーフモードの起動オプションがない!?
      ってことはコマンドラインが使えない・・・ガクリ・・・」

てな具合に、打ちのめされたり翻弄されたりで半日を費やしましたが。
なんとかして、コマンドラインに突入して、チェックディスクコマンドから
HDDをリカバリーして、どうにか起動できました。

今は、バックアップをしている最中なのですよー。
新しいPCが届くまでもうしばらく時間がかかるので、
それまでは、なんとかしのいでくれよ・・・。




さてさて。
くっそ長い前置きから始まりました、修ちゃんブログ。

PC歴そのものは長いんですが、スキルはたいしたことが無いという、ね。
MZ80とかぴゅう太とかなら得意なんですが。



FJクルーザー オーデイオ (1)
今回のクルマは、うちでは珍しいトヨタ・FJクルーザー・・・・?

なんかFJクルーザーに見えないんですけど・・・。



FJクルーザー
実は、このFJクルーザーがしばらく見ない間に、
劇的に進化をとげちゃっていたのであります。

うちで預かった時は、まだ世間を知らないウブな子だったのに・・。
都会の絵の具に染まってしまったのですね・・・。



FJクルーザー オーデイオ (6)
悪いコトも覚えちゃいました。

もう、あの頃のワタシじゃない。



FJクルーザー オーデイオ (4)
それはさておき。

オーディオですよ!オーディオ!!

ナビは8インチのレギュラーサイバーCL902。

くっそデカイFJですが、ナビは7インチが標準・・・。
ハマーやタンドラでも思いましたが、デカイアメ車に7インチって・・・。

今どきのLOW-GUN’Sに7インチナビは耐えられません。
ナビ操作はともかく、選曲ができません!!

パネル加工は必要ですが、ご覧のように純正然とした取り付けが可能です。
どうせパネル加工するのだから、好きな色にリペイントしても
面白いですね~。



FJクルーザー オーデイオ (2)
ウーファーユニットは、モレル・イレイト6MWTi。

スッキリとしたデザインのドアアウターバッフルをワンオフしています。
アクセントに淡いグレーのリングを入れて、ちょびっとオシャレに。



FJクルーザー オーデイオ (5)
スコーカーは、モレル・CDM880Ⅱ。
トゥイーターは同じくスプリーモ・ピッコロⅡ。

FJには、「ここだ!!」って感じのナイスなスコーカー取り付け部がありません。
逆にAピラーは幅も大きく、車体前側が外に広がっている構造なので
巨大なユニットでも比較的アッサリと飲み込めちゃいます。

今回は、このAピラーにスコーカーとトゥイーターを
同一面上に縦軸を揃えてインストールしています。

高いステージも作りやすく、幅も稼ぎやすいので結果オーライです。
各ユニットの位相管理もしやすいので、音質面でも有利に働くはずです。



FJクルーザー オーデイオ (8)
ラゲッジはフロア面を全面的に使ったカスタムインストール。

ハイエンドユニットらしく、整然と美しくインストールしています。
BRAX・GX2400を2台使ってフロント3WAYを左右独立のマルチ駆動とし
音離れの良さ、粒立ちの良さ、チャンネルセパレーションの良さを狙います。

ごくごくシンプルな取り付けですが、高級ユニットにはこれぐらいの
余裕が欲しいと、個人的には考えます。



FJクルーザー オーデイオ (3)
これら、垂涎のハイエンドユニットを束ねるのが、
これまたハイエンドDSPのHELIX・DSP-PRO+DIRECTOR。

アナログ音源(ナビね)とデジタル音源(ウォークマンね)の切り替えや
デジタル音源のボリューム制御に必須なのです。


ここは大きな加工はせずに、簡単なステーを造って取り付け。
ウォークマンもとりあえずはドリンクホルダーに仮に置いています。

これらの設置場所は、使っていくうちに「ここがイイにゃー」って
感じになんとなくアイデアが浮かんできた頃に
ちゃんとした加工するなり固定するなりした方が
使い勝手がイイこと多いのです。


さぁ!
ようやく始動しだした、オーナー様のFJカスタム計画。

外装の変貌っぷりには、少々戸惑いましたが
これからもマイペースでカスタム続けていきましょう!!

僕らにできることは全面的に協力させていただきまっす!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10