実際に乗ってみると、「こ、こいつは・・・イイ」と思えるクルマ

フリード??

いいえ。
そりお言うなら、「ソリオ」が一番当てはまるんじゃないですかね。

「剃男」とか「反り男」とか、いろいろ言われてますが、
まぁ、一度黙って乗ってみるがいいわ。

あ、男の子的には「反り」男はイイかも(黙れ)


いや冗談抜きで、スズキ・ソリオ。
ホントにイイクルマだと思います。
若干のスズキ贔屓ではありますが、これはマジでエエですね(*´ω`*)



ソリオ オーディオ (1)
ちょっと大げさなメッキグリルは、ちょっとアレですが・・・。

ごくごく当たり前にデザインの定説に沿ったライン。

・・・と、思って油断していたら、
後付けエアロを追加しているように見えるバンパーの造形だったり。
絶妙に狙った感があるあたり、果たして計算なのか偶然なのか。

なかなかにして、この読めない感じが「スズキ」なのかもです。



ソリオ オーディオ (5)
大画面全盛のこの世の中、いただけない人ばかりが
うようよして真っ暗闇じゃないかしら?

そんなピンクレディーばりに嘆く人はもはや少数で。
映像に興味の無い、音楽だけの人達にも大画面化の波は
そっとそっとでも確実に忍び寄ってきているのです。

だって、僕らLOW-GUN’S
7インチモニターでは、字が読めません。


そんな前振りをしておきながら、このクルマにはサウンドナビ200PREMI。
そうなんです。
クルマの乗り換えに伴ってナビだけ引き継いだのであります。

カーオーディオのイイところは、気に入ったユニットを
また次のクルマに引き継げる(かも)ってのもありますね。


基本的に、ユニット単体で販売されているのが
カーオーディオ業界の特徴。
高級機であっても、メーカーに音質保証されているワケではありませぬ。

一般的なホームオーディオの商品は、エンクロージュアーに取り付けられていたり
「そのままである程度以上の音質が担保」されています。

カーオーディオでは、車種によって設置場所も環境もサイズも
なにもかもが異なっているのが当たり前なので、
「品質が担保」された、いわゆる「具」だけが売られています。

それを「イイ音が聴ける」ように、完成させるのが僕らの仕事。


つまり。
「未完成品」を、加工したり工夫したりで取り付けを行い
時には祈りをささげたり、偶然に閃いたり
調整を施したりで「完成品」へと昇華させるってコト。

よく同じユニットでも「音が違う」ってのはつまり、そーゆーコトなのです。

僕らが日々、繰り返している調整や、その練習は
それ自体でお金になるコトはありませんが、
お客様への最大のサービスだと思って頑張っています。



ソリオ オーディオ (2)
ソリオのドアは、スピーカーの取り付け位置が比較的高く
条件的には悪くないんじゃないでしょうか。


今回の乗り換えにあたり、スピーカーも変更していただけました(´▽`*)
いや、まぁ僕が全力で推しまくったんですが。

ほんにほんにありがてぇ話でやんす。


選んだスピーカーは、DLSのハイエンドユニット、スカンジナビア。
グリルのデザインのあまりの酷さに敬遠する人も多いのですが
見た目で判断しちゃいけません。

ね?
結婚会見、幸せオーラ全開で素晴らしかったじゃないですか。

そうです。
男も女もスピーカーも、見た目よりも中身で選ぶべきなのです!



ソリオ オーディオ (3)
「見た目より中身!」とか偉そうなコト言いながら、
違うモデルのグリルに変更するとか、説得力の欠片もありゃしねぇ!

見た目もやっぱり大事です!!
そう、これはつまり、その、そう!お化粧みたいなもんです!!


純正スピーカー設置部を大幅に加工して
ワンオフのアウターバッフルを作成して取り付けています。

スカンジナビアのウーファーは気持ちよく低音が伸びるので
ヤワな取り付けでは勿体ないのであります。

ガッチリと固定して、ドア板金のイヤな音を抑え込むデッドニング。
金属のおかしな音を抑えることで、ユニットの持つ「本来の音」を
できる限り引き出してあげるのです~。



ソリオ オーディオ (6)
少々大型のトゥイーターは、Aピラーに埋め込み加工して取り付け。

美しく精度高い加工で、自慢できる逸品に仕上げました。


ミラー裏に埋め込み加工で取り付けすることも可能ですが、
実際に座ってもらえば、Aピラーがベストじゃね?ってなると思います。

ソリオのオーディオ的な美点は、ズバリここ!!

ダッシュボードがほぼ左右対称(センターメーター故)、
幅が広く、しかも少し低い。


ソリオ オーディオ (4)
こちらの画像だとよりわかりやすいと思いますが、
ダッシュボード全体が遠いのも特徴です。

ダッシュボードそのものの奥行が短く平らで、且つ遠く且つ低いので
ドアに設置したウーファーとの音の繋がり的にもかなり有利。
トゥイーターの反射もグッと抑えられ、一石二鳥!

好きな言葉は「濡れ手に(で)粟」
もしくは「一挙両得」
あるいは「二兎を追うものは、たまに三兎を得る」



ソリオ オーディオ (7)
ディーラーオプションのバックカメラも、当然ながら流用可能。

謎のガイドラインは、カメラ標準の機能です。
ただ、このガイドラインは車種ごとに、キチンと設定されていて
進路予測こそ付いていませんが、ハンドル一杯切ってバックする際の
目安としては十分に便利ざます。

例えば、JB64ジムニーのガイドラインには
リアゲートに背負ったスペアタイヤとの接触限界も
表示されていたりして、こいつは結構捗ります!

侮りがたし!
スズキ純正ディーラーオプションカメラ!!




今回の作業時には取り付け忘れていたトトロ(正確には違うらしい)の
ぬいぐるみも、納車時に無事取り付けできました!
YES!
ポン置き!!


前のクルマから、引き続きお守り代わりなのです~。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10