圧倒的にも程がある説得力に、全力で脱帽。


額に汗し汚れにまみれて稼いだお金も、
僅かでも自分の為に使えやしねぇ・・・。

とかく世知辛いこんな世の中にはPOISONですよ、POISON。
自分の欲望を叶えるためには、
俺は俺を騙すことなく、嫁を騙して生きていくのです。


そんなアウトロー一直線のT様のレンジローバースポーツが、
またしても進化を遂げました。

ええ。
勿論、今回も金にモノを言わせるニクイヤツです。



造幣局はツレ (1)
入庫の直前にパチリ。
今どき、パチリなんて言いません。



見せびらかすように、ラゲッジに何か「木箱」的なものが・・・・。

はて??
ズームしてみるとしましょう。



造幣局はツレ (2)

!?

こ、ここここここここれはッ!?
まさかの・・・。


いやいや。
そんなはずは。

更にズーム。



造幣局はツレ (3)

垂涎の超ハイエンドオーディオプロセッサー、BRAX DSP!

というか、同じ木箱が2つ!?
1台の定価が820000円(税別)もする木箱(箱の値段ではない)が2つ!?


新世代 YN仕様の先駆者たる誇りをさらに体現すべく、
選んだ卑劣なその手段は、DSPの変更。


そう!
DSP-Pro2から、BRAX DSPに変更しても
当然のことながら、見た目の変化は一切なし。

唯一変わるところといえば、DIRECTORの表示が
「HELIX」から「BRAX」に変わり、アイコンがえれ~増加するところ。


どうせDIRECTORは、嫁バレを恐れてコンソールの奥深く
ひっそりと佇んでおるので、変化がバレることはありません。


  「これなら2台ともバレませんよねー」

いや、ちょっとマテ
たったこれだけの理由で、DSP-Pro2からBRAX DSPに替えますか。
それも2台。

  「大丈夫ですよ、造幣局はツレですから」

でた。
名言、もとい迷言。
て言うか、冷静に考えると、造幣局がツレでも知り合いがいても
全然関係ない。

  「俺が造幣局」

ってぐらいは言って欲しいですよね、どうせなら。






さてさて。

BRAX DSP。
発売前からず~~~っといろんな意味で世間を騒がせてきました。

  「でるでる詐欺だ!」

  「予定価格がいつのまにかシレッと高くなっている!」

  「そもそも、ホントにその価値があるの?」

とかとか。


果たして、その性能や如何に!?

一言でいえば
「濃密」であり「芳醇」、「骨太」であり「繊細」、「漆黒」であり「透明」
今まで聴いてきた音楽が全くの別物に聴こえます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10