ヤラない理由を探してるだけで、やってヤレないことはない。

いや、まぁそりゃぁ確かにエンジン音はくっそうるさいですし、
アイドリング時でも盛大にやかましいのは事実。

ん?
ああ、すいません。
ポルシェのオーディオの話です。

  「そもそも走りを楽しむクルマだしぃ・・・」
  「エンジン音が心地いいしぃ・・・」

へいへい!
ホントに心の底からそう思ってるのかい?ベイベ?

走りを楽しむってんならフルバケいるっしょ。
てか、PDKじゃなしにMTの方がもっと楽しい。
それこそ、絶対的な速さはなくてもスイスポの方が楽しい。

エンジン音を楽しみたいんなら、音楽聞く必要なし。
そもそもナビもオーディオも要らねぇって話。

そこまでストイックにポルシェ乗ってる人、いますか?


ポルシェに限らずですが、やはりクルマには「オーディオ」は
絶対的に必要だと思うんですよね。

結局みんな、ある程度でガマンしてる。
でもね。
夢の車を手にしてるんですから、ガマンなんてしない方がイイ。

ポルシェのオーディオ、きっちり作って
全ての欲望を叶えた、垂涎の一台をご紹介します・・・。



991 audio (1)
オーナーのY様は、AV KANSAIでも相当お付き合いの長い
「超」がつく常連さん。

事前に、
  
  「今度、ポルシェ買ったからさ。
   ちょっとサクッとオーディオとか組んじゃってよ」


  ポルシェっすか!?まさかの増車っすか?

  「Ha!Ha!Ha! それでもよかったんだけどね!
   M6に飽きちゃってさ、ちょうどポルシェの出物があるっていうからさ
   ん~、衝動買いってやつ?」


  わかりました、なんとなくですが見積もりの叩き台、考えときます。

  「頼んだよ、べいべー」


まぁ、実際は見積もりなんて作っても意味ないんですけどね。
必要なモノは勝手に揃えておけばOKなので。
足りなければすぐに秘書の方が小切手持ってきてくれますし。


んで、実際に店舗に納車されてビックリ!!
ポルシェだとは聞いてましたが、まさかの「911ターボS」

  ターボですやん!?

  「ん?ナニがちゃうのん?
   ポルシェってターボしかないんちゃうのん??」


  カレラSより1000万以上高いヤツですやんか・・・。

  「ふ~ん、そうなん?
   何台か見たんやけど、これだけリアフェンダー膨らんでるやん。
   ほんでダクトもついてるから、これにしてんけど。」


   それだけの理由でターボS買うんすか・・・。

   「だって、俺。
    フェンダー命やし!」



そうでした・・・。
油断してましたが、こんな人でした。

そんなわけで。
ポルシェ 911ターボS、オーディオインストール開始!であります!



991 audio (3)
現行に限らずですが、991のコクピット周りには
とにかく、余裕がありません。

いつも悩むのが「HELIX ・ DIRECTOR」の設置場所。
操作性もよく、視認性も良い場所となると・・・やはりデッキ周辺。

今回は、今までやったことのない加工に挑戦しました。

純正ナビを撤去して、サイバーナビ・CZ902を取り付けるのですが、
純正位置そのままに取り付けると、DIRECTORの場所が確保できません。

そこで、ナビの取り付け位置を可能な限り下限にオフセットし、
なんとかDIRECTORの場所を確保。

ホンッッッッットにギリギリでしたけど、なんとかなりました。
御覧のように純正のような美しい仕上がり。
DIRECTOR、ナビ共に抜群の視認性と操作性を確保できました!



991 audio (2)
今回の目玉作業!!

どうですか!?
この美しい仕上がり、純正のようなデザイン!!

991オーナー様以外は、なにをどうカスタムしてるのか
一切わからないと思います。
勿論、ドアポケットも普通に使えますよ。

991のドアは、デザインはかっこいいもののオーディオ的にはNGの塊。
ウーハーもスコーカーもずいぶんと奥まった位置で
しかも前面に邪魔が多いんです。

ここをクリアにしないと、ポルシェ究極のオーディオは
完成しないことは明らか。

座禅を組んで、つばを頭にぬって考えるコト2,3分。
このドアデザインが閃きました!
我ながら天才にも程があるよね!



991 audio (8)
スピーカーグリル部を拡大~。

ドアグリップ、ポケットは純正のままです。
それ以外の下側は全面的に造り替えています。

丹念に純正に合わせこんだラインを造り、
革目を合わせるために純正と同等の本革で巻き直し、
色合わせのためにシートリペアの要領で同色にペイント。

おそろしく手間暇かけた逸品ならではの、この究極の完成度。
当然かかるコストも膨大です。

Y様に限って言えば、

   「俺、造幣局が友達やから、なんぼでもええで」

らしいので、安心して作業に専念できますが。



991 audio (5)
この角度から見ても、複雑すぎる造形の全貌把握は困難ですね。

どこからが後付けで、どこまでが純正なのか?
その判断が全く付きません。

極々自然に、当たり前のように最初からそこにあったかのように。



991 audio (4)
スコーカーはAピラーに埋め込み加工を施して取り付け。

純正同等のアルカンターラ(ウルトラスエード)で巻いてありますので
純正質感を損なうこともありません。

ミラー裏にはトゥィーターを埋め込み加工。
スコーカーと同じ向きに厳密に角度合わせを行ってあります。

モレルのユニットはそれ自体が芸術品のように美しく
質感高いユニットですので、相乗効果が期待できますね~。



991 audio (7)
リアシート後部には、10インチサブウーハーを取り付け。

全体的に嵩上げを行い、純正然としたカーペット製のカバーでフィニッシュ。
この素材は音ヌケも良く、毛足も長いので輸入車の内装にマッチします。


   サブウーハーなんですけど、薄型の10インチに変更していいです?

   「ああ、かまへんよ。
    安いのはアカンで。薄型でも一番高いのにしといてや。」


   パイオニアのRSシリーズですと、薄型でも質感高い低音ですね。

   「なんぼなん?」

   税別で12万円です。

   「安っ。
    そんな安くて大丈夫なん?ちゃんと音でるん??」

 
    (ちゃんと鳴るし、安くない・・・むしろ高い・・・)

   「昔、アリアンテとかあったやん?
    あんな感じのないん?」


    (10年ぐらい前になくなってるし、アリアンテの方が安い・・・)

   「まぁエエわ。
    安いのは気になるけど、調整でなんとかなるやろ?
    それで頼んどくわ」
   


そうでした・・・。
油断してましたが、こんな人でした。   



991 audio (6)
DAPホルダーのベースをワンオフしています。

視認性、操作性共に良好なこの位置は
991的にベストポジションではないでしょうか。

   「金のウォークマンとAK使うから、
    どっちも触りやすいようにホルダーも作っといてな」


    AK?

   「そう、AK買うてん。
    型番は知らんけど、なんか一番高いヤツ。
    聴けるやろ?一番高いヤツ?」


    (きっと、A&Ultima SP1000のことだ・・・ 
     使えるかどうかも確認せず買っちゃうのね・・・)


   「まぁ、アカンかったらアカンで別にええけど。
    でもホルダーは作ってや?
    アレやったらダッシュボードに穴開けてもかまへんで?」



そうでした・・・。
油断してましたが、こんな人でした。




エンジン音を楽しむ。
大いに結構。

走りを楽しむ。
大いに結構。

それに加えて、素晴らしい音楽環境も。
とんでもない、究極のスポーツカーの誕生です。












念のために言っておきますが、上記の話は8割がたフィクションですよ?

「ポルシェにはターボしかない」
「フェンダー命」


は、マジです。

    



コメントの投稿

非公開コメント

No title

オーナー様曰く、まだまだイジリ足らんそうですw

No title

おもしろ過ぎます(^.^))
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10