C-HRって聞くと・・・その昔、N88BASICって言語がありまして。

や、N88に限らず、N6xベーシックやレベル3ベーシックとかでもですが。

昔のパソコン(日本で初めてパソコンを名乗ったのは日立~)には、機種ごとに
それぞれ独自の内蔵BASICってプログラム言語が組み込まれていて、
自分で自由にプログラミングして使ってたんです(´▽`*)

今みたいに、アプリをダウンロードして~ってのとは
全然違う世界でしたね。
無いものは自分で作る、そんな世界。

まぁ、そのプログラム言語の命令に「CHR」「CHR$」ってのがあったなぁ・・・
って話です。

CHR$(13)とかよく使ったよなぁ・・・・(´▽`)



s-IMG_3838.jpg
街中で頻繁に見かけるC-HRさんですが、
エアロ満載の車両はよく見ても、ホイールまで変更してる人は
意外と少なかったりします。

常連のH様のC-HRは、コッテコテのモデリスタのエアロに加え
エンケイのアルミホイールで脚元をシャープに演出。


エンケイ・・・・・・・・。
M18J使ってたなぁ・・・。

FJ1600用のワンメイクホイールで、6.0J R13 +32 ってサイズが
あまりにもGA2のフロントに絶妙でした( ̄ー ̄)



s-IMG_3840.jpg
現状、いろいろと煮詰め中のサウンドナビ200PREMI。

本体のエージングもケーブルのエージングも終了し、
さていよいよ本領発揮させる時が来ましたね!!



s-IMG_3839.jpg
フロントスピーカーは、DLS・スカンジナビア 2WAY。

垂涎のハイエンドユニットを、200PREMIの内蔵アンプで
マルチ駆動しています。

ドアポケットを造り替えて、ワンオフの強固なアウターバッフルを製作。
純正然としたスッキリとしたデザインに仕上げてあります。

ポケット全体を造形し、レザーで巻き直してありますので
質感も抜群であります(´▽`)



s-IMG_3841.jpg
トゥィーターはAピラーに埋め込み加工。

フロントシート中央、リスナーの耳の高さに向けて角度をシビアに計算し
理想的な取り付け方を実現してあります。

生地も純正様のメッシュ素材を使って、
精度高く美しい仕上がりになっています( ̄ー ̄)


このスピーカー取り付ける前は、「悪魔の紋章だ!絶対イヤだ!」って
さんざん駄々こねて僕を困らせていたH様ですが、
今じゃすっかり悪魔の虜(ΦωΦ)

ドアスピーカーのグリルも躊躇うことなく標準の「バスケグリル」を
チョイスするとか漢前にも程があるッ!


そんな漢前のオーナー様は音質向上に余念がありません。

常に次の一手を考えてます(^^♪
まぁ、それを考えている時間も、音楽を聴いてる時間と
同じくらい楽しかったりするんですよね~(´▽`*)

その夢やわくわくを叶えるには、やはりそれ相当のスキルが必要で。
当店には「それ」があったから、お付き合いさせてもらっているのだと。
ありがてぇ話でやんすねぇ(急に五郎)


そして次のステップは、いよいよ念願のDSP化、3WAY化ですね!!

って、その前にボンネット内へのネコの侵入対策しないと(´_ゝ`)
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
最新記事
検索フォーム
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10