ベンツベンツベンツからの、アコード!!

作業するときに代車が必要な方は、大勢いてはりますが
常連のK様は割と遠方からお越しいただく系ですが、いつも代車なし。

accrod audio (1)
ご覧のように、アコードのルーフに自転車を積んで来て
それに乗って帰っていかれます( ゚Д゚)

まさにガチの体育会系の中の体育会系。
僕とは正反対の爽やかなスポーツマンなのであります(^^♪



accrod audio (2)
もう何度か作業させていただいている、このアコード。

今回は思い切ってスピーカーの変更を敢行しました( ̄ー ̄)
DLSのR6.2から、垂涎のブランド・FOCAL 165W-RCにチェンジ。

インナーバッフルでの施工も可能なんですが、やっぱりここはアウターバッフル化でしょう!!
ご覧のように純正然とした精度高い美しいデザインでの取り付け。

純正はシルバーのリングがアクセントになった、
円形のグリルデザインなんですが、全く違う造形のこのバッフルも
ごく自然にラインに溶け込んでいます(^^♪



accrod audio (3)
ミラー裏にトゥィーターを埋め込み加工。

グリルを装着し、非常にデリケートな振動版をしっかりと保護。
外した方が音はエエんですが、ユートピアのトゥィーターは
グリル付けてた方が安全です(^^;

こちらもスッキリとした取り付けが可能です。



accrod audio (5)
ラゲッジ左サイドには、サブウーファーも取り付け済み。

純正カバー内に完全に隠し込んであるので、
見た目はまんま純正そのもの。
勿論、音ヌケ用の穴を大量に開け、
音質面での配慮も抜かりはありませぬ。



accrod audio (4)
オーディオテクニカ扱いの「Fiio・X3」をメインソースとし
ハイレゾを楽しめるようにHELIXのオーディオプロセッサーを取り付け。
コンソール脇にくっそダサイコントローラがチラッと見えますが
この付け方なら全然気にならないですね~(*'▽')


基本的に、取り付け済み(うちで施工した場合ね)のスピーカー変更は
あまり「したくない」僕ですが、
オーディオを楽しんでいくうちに、超えなきゃならない壁が現れるコトがあります。
当初のシステムとは違う方向に進んじゃう場合は特に。
他には、入門+αクラスのスピーカーでは満足できなくなった場合。

今回の場合は後者に当たるのですが、さすがに165W-RCへの変更は
めちゃくちゃ効果大でしたね~。
あらゆる帯域での表現力、情報量が格段に増しました。
明るく、ドンシャリ直前のこのサウンドをスキな人は多いと思います(^^♪


さ。
今回の作業で取り外した、DLS・R6.2。
いつR1にインストールしましょか???

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10