宇宙を漂う、危険なゴミといえば。

デブり。
いや、プラネテス好きでした、ええ。

じゃなくて。
紅の豚とか。


ジブリ。
いや、ナウシカとラピュタと豚以外見たことないです、ええ。


s-IMG_1816.jpg
そんなわけで、今回のクルマはマセラティ・ギブリでっす!!

初めての作業だったのですが、明らかに新世代マセラティに進化してますね。
今までの感覚で作業すると、割と痛い目に遭う系でした(^^;

それにしても、強烈な個性を絶妙に隠し込んだ
ホントに美しい4ドアですよね~。



s-IMG_1819.jpg
ナニが感心したって、ナビがアルパインじゃないッ!?
しかも、タッチパネルだとぉぅっ!?

ん~、進化しちょりますねぇ。

まぁ、相変わらずデッキ交換を拒否するっぷりではありますが(-_-;)
でも、エエのです!
今はオーディオプロセッサーという、超強力な武器があるのであります!

高度な調整機能と強力なアンプを内蔵したモデルや
信号の剛性が可能な多機能なモノまで、
いろんな種類のプロセッサーが販売されています。
機種により様々な特徴があり、やはり一長一短ありますので
その辺の詳しい話はご相談ください( ̄ー ̄)



s-IMG_1817.jpg
スピーカーはDIATONE・DS-G20を取り付け。

インナーバッフルでの設置なんですが、純正位置のままですと
スピーカーグリルと全然位置が合いませぬ(-_-;)

今回は、オーナー様が自らグリルを製作(!!)されるので
位置合わせし易いように、ちょっと変わったバッフルを作りました(^^♪

画像では、開口部とスピーカーが一致していますが、
普通に作ると半分ぐらいしか合わなかったりします(-_-;)
これっていかにメーカーがオーディオをおざなりにしてるかって証拠ですよね・・・。

残念だけど、これ現実なのよね。



s-IMG_1821.jpg
リアトレイに、キッカーの薄型サブウーファー・CWRT8を取り付け。

純正オプションで用意されているであろう場所に、スッポリと取り付けできます(^^♪
フリーエアでのドライブになりますので、ガンガン鳴らしたい向きには
全くオススメできませんが(^^;
そっと低域をフォローする感じであれば、十分楽しめます。



s-IMG_1820.jpg

Aピラーにトゥィーターを埋め込み加工。
ほぼ純正同等の特殊な生地で巻き直してありますので
違和感は皆無な仕上げ。
手触りを含めて、まさに純正レベルの質感です。


所謂高級車であっても、オーディオはサッパリというクルマがほとんど(-_-;)
いくら純正が頑張っても、社外品オーディオには到底及びません。
やはり、オーディオもオーダーメイドで仕上げたいですね~。

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10