38周年の根拠はイカにっ!?

場合によっては5秒で泣ける第二弾!!

s-IMG_0144.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・。

同じクルマですやん???

否、否、無限大に否。
同じエスティマですが、違うオーナー様です。
以前紹介したエスティマさんは、エクステリアは完全ノーマルでしたが
今回のエスティマさんは、ビルシュタイン+ローダウン、エアロとアルミで武装済み。


ホントにたまたま、ほぼ同時期に大規模なハイエンドの作業が重なったんです(^^;



s-IMG_0149.jpg
しかも、同じくメーカーオプションナビ付車(-_-;)

システム的には、以前のモノとスピーカー以外はほぼ同じだったりします。
恐ろしい偶然のイタズラです~。

純正ナビはそのままに、AXM-P01+CD-7Xをメインソースに
アンプはBRAX・MX4が2台、こちらのスピーカーはモレルです。



s-IMG_0152.jpg
AXM-P01の表示部は、この位置に埋め込み加工。
実は、元々H700の表示部が埋め込みされていたのですが、
取ってつけたようなボコーーンと飛び出した代物でしたのでヤリ直したのです(^^;

ふたそのものは純正同様開閉可能なので、純正ETCへのアクセスも問題ありません。



s-IMG_0148.jpg
スピーカーは、モレル・38th LEの3wayモデルです。

完全専用設計のこのスピーカー、価格もさることながら特筆すべきはその音質。
既存のモレルなしからぬ、初っ端から結構な鳴りっぷりを披露してくれます。
とはいうものの、やはりそこはモレル。
ウーファーに関しては、少々神経質な感じしますね~。
この辺はエージングでどう変わるかが楽しみです(^^)

ドア上部に、スコーカーをワンオフバッフルで埋め込み加工。
システムプランどころか、取り付け位置までほぼカブってますが(^^;



s-IMG_0151.jpg
スカンジナビアほどのインパクトはありませんが、かっこいいトゥィーターです。
洗練されたデザインに惚れる人が続出するのも頷けます(^^♪

全てのユニットのデザインが完全に統一されているのも大きなポイント。
持つ喜びも満たしてくれますね~。



s-IMG_0153.jpg
ラゲッジは漢のカバーレス仕様。

MX4は拘りの受注生産シルバー仕様。
BRAX・MX4は、盛大に熱を持つアンプですので、上方に空気抜きは必須。
標準で冷却ファンを備えてはいますが、追加装備は絶対に必要です。

サブウーファーは、モデルチェンジしたての新型ULTIMO10。
旧モデルに比べて、レスポンスが向上している感じですね。
モレルのウーファーといえば、「鳴らない」の代名詞でしたが
この新型はちょっとその評価には当てはまらないですね~。


奇をてらわないスッキリしたデザインと、フラット仕上げのラゲッジ。
カスタムデザインを施したアクリルが実に美しい仕上がりです( ̄ー ̄)



いやぁ、それにしても実に贅沢であります・・・・・・・。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10