いや、ちょっとマテ。冷静に考えたら、M40dって900ま

ゲフン!!ゲフン!

あぶないあぶない。

もう少しで、

  「900万もしますやん!?」

って言ってしまうところだったぜ・・・ふぅ・・・。




X3 audio (16)

そりゃ、後光も射すってモンでやんす(ただの逆光気味)


いろんなトコロで大人気のY田様(Y=米ではない)の愛車、BMW・X3 M40d

や、「米の方」のY田様もいろんなところで大人気ですよ?

くれぐれもお間違えの無いようにお願いします。


こちらのY田様は、会えば必ず元気になれる系の激レアなお方であります。

言うなれば、歩くパワースポット (*'▽')


そんなY田様のX3。

何度もバージョンアップを重ね、とりあえずの完成形までこぎつけました。

・・・・・・。

・・・。

まぁ、どうせ2か月もすればナニかヤリたくなるでしょうけど ( ̄ー ̄)




X3 audio (20)

メインは、ウォークメンからのデジタル音源を使っちょります。

あれ?

ウォークメンの接続アダプターがタイプAのままですね ( ̄▽ ̄)

ここは近いうちにタイプB改に変わってそうな、 ヨ ・ カ ・ ン




X3 audio (21)

何故かフタを閉めた方がかっこ悪いと評判の

センターコンソール最前部のドリンクホルダーと灰皿部。

どうせかっこ悪いなら、開けっ放しでドーゾ ( ̄д ̄)


そんなわけで。

飲み物を置くと、おっそろしく使い勝手も視認性も悪くなるこの位置に

HELIX ・ DIRECTORを埋め込み加工。

視認性が悪いと言っても、デジタルで音楽聴いてる場合は、

このDIRECTORには、それほど触る必要なかったりします (゜-゜)


あ、一応言っておきますが、フタそのものは閉められます、念のため。




X3 audio (17)

今回のバージョンアップは、スコーカーの変更及び位置の変更。

以前のシステムでは、DLS・UPi4をドアの純正位置に、

プチエンクロージュアー化して取り付けていました。


トゥイーターは、ミラー裏にスカンジナビア30

ウーファーは、ドアアウターでスカンジナビア165

スコーカーは、ドア純正位置にUPi4・・・・


スコーカー以外は、全てスカンジナビアがインストールされていたので、

Y田様もビミョ~に引っかかっていた様子 (´・ω・`)


今回、ついに念願のフルスカンジナビア化と相成りました!!!

ハードル(オーナー様的にね)であった、

Aピラーへのスコーカー埋め込み加工ですが、

完成してみればナンのコトはありません。

大型のユニットであっても、御覧のように非常にスッキリとした

埋め込み加工が可能なのであります。


スカンジナビアのスコーカーは、ドーム型ではなくコーン型。

指向性が低いという特性をうまく利用してあげるコトで

ガッツリリスナーに向けてインストールする必要はなくなります。




X3 audio (18)

ドライバー側はこんな感じ。

僅かに前方がAピラーより突出しますが、死角が大幅に増える感じではありません。

多分 (゜-゜)


カーオーディオという特殊な再生環境を考えると、

Aピラーへのスコーカー取り付けは、やはり相当に有利だと思います。


3WAYの成功の秘訣は、いかにスコーカーに仕事をさせるか? です。

ちゃんと調律ができていることが条件になりますが、

仕事量の多いユニットが、「高く」、「遠く」、にあることの

絶対的な優位性が想像できちゃいますよね~。




X3 audio (19)

ドアウーファーもDLS・スカンジナビア。


どうしてもあのグリルだけは許せないそうで、

同じDLSのRC6.2のグリルを使ってインストール (゜-゜)


まぁ、同じくDLSをこよなく愛する、「DLSラバー」の僕から言わせると

「悪魔の紋章」程度を受け入れられないようでは、

まだまだ甘ちゃんだと言わざるをえませぬ ( ̄д ̄)


そうです。

アレを受け入れることで、また新しい異なった次元への

ヤバめの扉へと誘われてしまうのであります。



それがイイことなのか、悪いことなのか・・・。


それこそ

悪魔のみぞ知る。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10