ディスプレイオーディオなんて怖くないモン!!

少なくとも、アルファード、ヴェルファイアに関しては

ディスプレイオーディオの撤去、問題ありません。


新車でアルヴェルを買ったはいいけど、

  「なんじゃ、こりゃ!?
    
    全く使いモンにならへんやんけ!!」

なんて、不満からもこれでオサラバであります。


安心して乗り換えちゃってくださいー。




アルファード オーディオ (1)

弩新車(お祓い済み)のトヨタ ・ アルファードS Cパッケージ。

所謂、いっちゃん売れ筋のオススメグレードってヤツでありますー。


オーナー様のコダワリで、サイドミラーは純正部品を入れ替えて、

ピアノブラックに変更してありました。

ナニは無くとも、ミラーは絶対「黒!」だそうです。

そんな拘り、僕は割とスキです。


そして、新車のアルファードってことは、当然ながら

悪名高い 「 ディスプレイオーディオ 」 が標準装備だったりします。


このアルファードのオーナー様。

ど~~~~~~しても、ナビは優秀なモノが必要なんです。

「 仕事がら 」、ですよ?

別に、重度の方向音痴ってワケじゃぁございません。


まぁ、方向音痴であってもなくても、スマホのナビなんて

あんなオモチャ、バカバカしくて使えません(個人の感想です)


データが「 最新 」ってだけ。




そんなわけで。

アルファード オーディオ (11)

ドーーーーーーん!!!


標準装備のディスプレイオーディオを撤去して、

最新鋭のサイバーナビ、AVIC-CQ910DCをインストール。


所謂、9インチサイバーのプライムビデオナビってヤツであります。


子供向けアプリみたいな、ちゃちぃGUIのディスプレイオーディオに比べて

圧倒的すぎる高機能と美麗画質、優秀過ぎるナビ機能。


とにかく、比較対象にすらなりゃしません。




ん?

これだけ自然だと、マイナーチェンジ前の画像なんじゃないの?って

アルファード オーディオ (12)

ほれほれ。

ルーフコンソールの最後部に、T-コネのSOSボタン付いてるでしょ??


ちなみに。

スイッチのLEDが光ってるのが表すように、実はこのスイッチ、活きてます。

ただし。

ディスプレイオーディオ本体がなくなっていますので利用はできませんぜ。


サングラスホルダー部には、DSPの機能を大幅に拡張するオプションである、

HELIX ・ DIRECTORを埋め込み加工。

視認性は悪くありませんが、操作性はイマイチ。

イマイチというか、慣れが必要ですね~。




アルファード オーディオ (8)

この装備が欲しいってだけの理由で、

メーカーオプションを選んでしまう人がいるそうです・・・。

ホントにやめた方がイイと思います。


パノラミックビュー(所謂、アラウンドビュー、全周囲カメラ)がどうしても必要な場合、

一般的なナビにも後付けできるカメラシステムがあるんです。


このアルファードにもインストール済みの、サテライトカメラ。

画像のように、上から見下ろしたような合成画像と、

ステアリング連動のバックカメラ、左右サイドカメラがそれぞれ表示可能です。


たしかに、純正ほどの精度はありませんが、

ぶっちゃけ必要にして十分です、これで。




アルファード オーディオ (5)

個人的に、フリップモニターよりもヘッドレストモニター派の僕。

2列目シートからでは、フリップモニターは結構見上げる位置になるので

僕的には疲れちゃうのです・・・。


あと、運転している立場から言わせてもらうと、

フリップを降ろしている状態だと、なんとなく、頭の辺りに

  「なんかいてる・・・」感が

ぞわぞわきちゃうんです。


それに、後ろから呼ばれて、ふいに振り向いた瞬間、

モニターに顔や手をぶつけたり・・・。


そんなわけで。

10インチのHDMIモニターを左右シートにそれぞれ取付。

この画像では、ナビと同じ画像が表示されていますが、

リアセパレートモードにすれば、前ではナビ画面でUSBの音楽を聴きながら

リアシートではプライムビデオの映像と音声を楽しむとかもできちゃいます。


使いこなすまで、若干の戸惑いがあるかもですが、

ファミリーカーにとって、これは大きな武器になりますよね~。




アルファード オーディオ (4)

さあ、ここからはメインとなるオーディオのお話。


まずは、スピーカーから。

今回選んだスピーカーは、垂涎のハイエンドユニト、BRAX ・ MATRIX 3WAY。


ウーファーのMATRIX・ML6Pは別売り(!?)の専用グリルを使って、

美しく質感高いアウターバッフルで取り付け。


スコーカーのMATRIX・ML3もこれまた別売りグリルを使って、

ドア上部にスッキリとかっこよくインストール。


特に、このスコーカーの取り付け方は、

とにかくカッコイイと大好評なのであります。




アルファード オーディオ (10)

ウーファー部の拡大画像。

ぬぅ・・・・精度高く美しいってのは、ホントに罪だよね・・・。



アルファード オーディオ (6)

スコーカー部の拡大画像。

毎日、こんなの見ながらドライブできるなんて、

考えただけで、オラ、ワクワクすっぞですぞ。




アルファード オーディオ (7)
トゥイーターは、Aピラーに埋め込み加工。

大きくて美しい、その存在感にウットリしちゃいます。

それにしても、ホントにかっこいいユニットです。




アルファード オーディオ (9)

サイバーナビを利用してのアナログ音源は、リアセパレートモードにも対応しています。

ウォークマンからのデジタル音源時には、圧倒的に他を凌駕する驚異の高音質体験が。


今日、オーナー様から連絡があり、

  「息子もあまりの音に感動してます・・・」

と、嬉しいお言葉もいただけました。




アルファード オーディオ (3)

どうせオーディオインストールするならカッコよく。

が、ポリシーのオーナー様。

その心意気や、ヨシ。


アンプはBRAX・GRAPHIC GX2400が2台。

サブウーファーもBRAX・MATRIX ML10+別売りグリル。


なんともよだれダラダラな贅沢システム。


それらを、ラゲッジ下に美しくインストール。

ブルーの間接照明が妖艶さと高級感を演出してくれています。


所有する喜びを、心から感じられる瞬間でありますー。




アルファード オーディオ (2)

純正のラゲッジカバーが全てそのまま使えますので、

カバーしちゃえば、完全に純正のそれ。


荷物を載せてもへっちゃらであります。



さぁ、ディスプレイオーディオの攻略も完了し、

社外品のナビが取り付けられるとなれば、

新型のアルファード・ヴェルファイアの自由度も完成度も

飛躍的に高くなることが期待できますよね!!


オーディオで悩んでたそこのアナタも、

ナビのバカさに悩んでたそこのアナタも、

もう悩まなくてイイんです!!


是非、AV KANSAIにご相談ください!!



最後になりましたが、ディスプレイオーディオ攻略の祖である、

砂漠の国の超一流オーディオショップ、ZIPANGさんに最大の感謝を。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10