500Eではなく、E500

あぶないあぶない。


記事内容に誤りがある!!

謝罪と賠償を求める!!

などと、危うく輩れるところでした・・・。



W124 audio3 (1)
著しく神経すり減らすにも程がある系の美しさ。

ちょっと、ここまで綺麗なW124には、なかなかどころか、

まずお目にかかれないんじゃぁないでしょうか。

異常なまでに神経質な(クルマに対してだけね)オーナー様だけに、

隅から隅まで、これでもか!!ってぐらいに手が加えられてます。


  「ん~・・・・買ってから??

    計算したことないけど、だいたい毎月200万ぐらいちゃう?

      修理とかメンテナンスとかなんやかんやで」


いつも、「反社ネタ」で盛り上がるんですが、

念のため言っておくと、れっきとした「堅気」のお方です。

多分。

恐らく。

だと思います。


まぁ、いずれにしても自分から「俺は堅気やって」って言ってる時点で

たいがい、アレですよね。アレ。




W124 audio3 (5)

ず~~~~~~~~~~っと、オンダッシュナビ派だったんですが

ついに2DINナビ勢の波に飲まれて堕ちてしまいました・・・。


今のご時世、オンダッシュナビっていえば、

辛うじてパナソニックが作っていますが、

すっかり姿を消してしまっちまいました。


というか、このオーナー様の口癖は

  「ナビ使わへんねんけどな」

じゃ、何故ナビを付ける?


  「ナビの無いクルマなんて乗られへん」

つまり。

クルマにはナビが付いているモノで、

使う使わないに関わらず、ナビが無いとクルマとは呼べないというコトらしい。




W124 audio3 (6)

取り付け位置が低いので、正直言って視認性は最悪です。

それでも、「ナビが付いてる」それだけで幸せを感じるようです。



というか、なんですか・・・。

この内装の美しさ。


ダッシュボードにインダッシュモニターを貼り付けていたので、

それを撤去する際に、傷付けたり、跡が残ったりしないか

相手が相手だけに心配MAXだったんですが、

  「跡残ったら、ダッシュ張り替えるわ」

本当の漢、ここにあり。




W124 audio3 (2)

W124の純正スピーカーは、実はドア後部に設置されています。

フロントとリア共用のような感じですね。


画像では、ドア前部に実に自然にスピーカーがインストールされていますが、

純正ドアポケットを全面的に造り替え、

極めて自然なラインで造形し直しているのです。


特徴的なグラデーションのレザー部との絶妙なラインどりも

自然に繋がるように慎重にデザインしてあります。


この造形美は必見ですぞい。


以前から愛用していた、FOCAL・UTOPIA Beについに別れを告げて、

新たな相棒として選んだスピーカーは、ドイツの誇るハイエンドブランド

BRAX ・ MATRIX 3WAY


Utopia Beの6インチも結構巨大ですが、

サポートリング+グリル装備のMATRIX ML6Pは更にでかい。

載せ換えに伴い、ミラー裏、ドアバッフル共に

全面的に加工のし直し&巻き直しとなりました。


コスト的には当然高くつくのですが、

このインテリアのコンディションと勝負するには、

必要なコストだと考えます。




W124 audio3 (7)

ダッシュボード両端の純正位置には、

MATRIX ・ ML3をインナーバッフルでインストール。


あえて、コーン型のスピーカーを選ぶことで、

音場を造りやすくし、音の繋がりの改善が見込めます。

ML3の方が値段も安いですし~。


なにより、ピラー加工を施すのが似合うクルマじゃないのでね。




W124 audio3 (3)

ラゲッジも抜かりなく。


以前のシステムは、カロッツェリアXのピュアデジだったんですが、

今回のバージョンアップを期に、システムを刷新。


HELIX・DSP-PRO2を使った、

ハイレゾ対応の「旬」なシステムに更新しました。


最初は、BRAX ・ GX2400を2台使ったレイアウトで考えていましたが、

アンプを2台とも見せようと思ったら、大幅に造り替える必要があり、

内装の費用増に加えて、トータルコストの肥大を防ぐために、

アンプの変更を提案しました。




W124 audio3 (4)

紆余曲折を経て、パイオニアのRSアンプが3台に。

ビジュアル的には、断然、結果オーライです。


アンプラックに、ポツンと一台、GX2400。

そんなサブいビジュアルに比較して、このルックスのなんと豪奢なことよ。

超高密度の電球色LEDテープによる、

美しい間接照明と相まって、なんともため息がでるような美しさ。




最新のオーデイオシステムへと進化した、美しいW124 ・ E500


時代を超えて語り継がれる一台へと。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

>t34hayabsaさん

こちらこそ、いつも楽しい記事を読ませて頂いておりますー。

維持するだけでも大変なこのクルマを、さらに
カスタムするとか漢の中の漢にも程があります。

末永く、大事に乗ってもらいたいですー。

W124はヤッパリ良いですね!

何時も楽しく拝見しております。
W124に自分好みのオーディオをインストールする。堪らないですね!
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10