直6!FR!ロングノーズ!2シーター!

ついでに、オープン!!


Z4 オーディオ (1)

ついでにって言うな。

どっちかというと、むしろ「オープン」がメインのような気もします。


二人のためのオープンスポーツ、BMW・Z4。

  「BMW乗るなら、直6っしょ??

    ぁはん? あーゆーおーけー??」

って言ったかどうか知りませんが、

拘りの強いオーナーのK様らしいチョイスです。


まあ、買ったそばから、次のクルマは2002だと言ってる、

懲りない人達です。


懲りない人達ですが、愛すべき人達でもあります。


クルマへの拘りも強ければ、オーディオへの拘りも強めで。


いつもいつも、くっそ古いアンプやスピーカー、サブウーハーを

持ち込んで来ては、

  「なぁなぁ?

    これ使ってくれへんの?

      なぁ、これ使ってぇや。なぁ?」

えぇ~~~~い!!!

こんなスペースの厳しいクルマに、古いでかいウーハー使いたがるんじゃねえ!!

誰が覚えてるねん!!

マクロム59.30とか。オーデイソン VR203とか。



Z4 オーディオ (5)

古いユニットを使いたがるんですが、

基本的にやっぱりマニヤは新しいもの好き。


オーディオシステムは、ウォークマンを使ったハイレゾシステムだったりします。

DSPは名機、HELIX・P-SIX2+DIRECTOR。

内蔵6chアンプで、フロント3WAYマルチ駆動としています。




Z4 オーディオ (2)



Z4 オーディオ (3)

ドア純正位置には、モレルハイブリッド402スリムを

インナーバッフルでインストール。

ミラー裏には、同じくハイブリッドのトゥイーターを埋め込み加工。



Z4 オーディオ (4)

足元の純正位置には、ヴィルタスナノカーボン602のウーハーを取り付け。

この型のZ4は、最近のBMWのシート下20cmとは異なり、

キックパネルに16cmスピーカーが取り付けられています。


このナノカーボン602ってユニットは、僕の親指と同じで

厚さ18mmという驚愕の薄さでありながら、

マジか!?ってぐらい低いところまで鳴ってくれます。


どうしてもマクロム59.30を使って欲しかったオーナーK様も

ひとまず、このナノカーボンの鳴りっぷりのよさに

とりあえず様子を見ようか?ということに。





どうせ、しばらくしたら、
また何か古いユニット積んでほしいって言うんだろうなぁ・・・。


とりあえず。

持ってくるだけ持って来て下されー



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10