最近は事情が変わってきちょる感じではありますが。

トヨタ ・ マークX


一時は、「トヨタ最後の良心」なんて揶揄されていた、

抜群の完成度を誇る、FRセダン。


ついに、最後の時を迎えてしまいました。



マークX オーディオ (1)

マークX GRスポーツ

レーシングマインド溢れる、FRスポーツセダン。



2019年12月

先代マークⅡからの連綿と受け継がれる、

その長い歴史に幕を閉じました。


後世に間違いなく語り継がれるであろう、その名車。




マークX オーディオ (4)

最後(??)の弩新車のマークX GRスポーツに、オーデイオカスタムです。

最後の弩新車ってなんともややこしぃ表現ではありますが。


ヘッドユニットは、拘りのオーナー様らしく

DIATONE・サウンドナビ 300プレミ2


以前は、ALPINEから8インチナビ取付キット的なものが

発売されていたのですが、随分前にディスコン。

僅かに残された在庫は、トヨタのデイーラーに買い占められたとか・・・。


無いものは、つくってしまおう、キリギリス。

そんなことを言った武将がいたとかいないとか(いません)


マークXの標準は7インチワイドパネル。

300プレミ2は8インチモニターなので、必然的に加工となります。

取付キットが発売されていたので、サイズ的には全く問題なし。


取付金具や、ダッシュ側の小加工は必要ですが、

全く問題なく、インストール完了。


最近はサイバーナビばっかりなので、

サウンドナビはなんだか新鮮ですね~。



マークX オーディオ (2)

スピーカーは、当店ではお馴染みのDLS・スカンジナビア 2WAY。


ほとんどのお客様が、バスケグリルではなく

一般的なメッシュグリルに変更欲しいと懇願される系。


そんななか、堂々とスカンジナビア純正バスケグリルを

誇らしげにアウターでインストールする勇気に、僕は感涙にむせぶわけで。


しかも、さらに引き立たせるかのように、紅のスエード加飾指定。

漢だ・・・。




マークX オーディオ (3)

Aピラーの「悪魔の紋章」もなんだか誇らしげじゃぁないですか。

純正近似のメッシュ生地で巻き替え、

質感も精度も高い仕上がりになっています。


ご覧のように、ピラー本体からの突出はほとんどありませんので

左側の死角が増えることはありません。


右側は、わずかですが死角は増えちゃいます。

ってゆーか、こっち見んな。



サウンドナビ300プレミ2

やはり、いい音聴かせてくれます。

所謂ハイエンドに分類されるスカンジナビアを

ホントに気持ちよく鳴らしてくれます。


元々、比較的鳴らし易いスピーカーではありますが、

音の弾みと、音離れが抜群です。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10