DSPとスピーカー交換で、更に楽しいBMWライフ!!

待ちに待った愛車の納車日。

いやがうえにも高まるテンション。

今にも叫び出したい気持ちを抑え、乗り込む。


スタートボタンを押すと、軽い振動と共にエンジンが吼える。

さぁ、どこまで行こうか。



X1 オーディオ (1)
しばらくの間は、嬉しさとワクワクで気づかないんですが・・・。

少し冷静になってくると・・・。

  「おぉ・・・。なんだか、音悪くねぇかい??」


そうなんです。

最高に楽しいはずの愛車とのドライブを

台無しとまでは言わないですが、がっかりさせる一因に

「純正オーディオの音の悪さ」ってありますよね。


今回のBMW・X1オーナーのI様も、そんな一人。

低音はモヤモヤしてるし、全体にこもってる感じ。


通常、BMWのオーディオは、シート下20cmウーハーと

ドア10cmスコーカーとのフロント2WAY構成。

実はトゥイーターが装備されていないクルマがほとんどなんですね。


シート下の20cmにいっぱい仕事させて、ドア10cmに繋ぐもんだから

そりゃぁ、まぁ、モヤモヤもしますしコモリ気味なのも頷けます。


トゥイーターが付いていれば、理にかなったフロント3WAYになるので

少なくとも、トゥイーターの追加はしたいところでありますー。



X1 オーディオ (5)
FLACもDSDも読めちゃう、純正ナビ。

読む「だけ」ではありますが、わざわざ、USBメモリーの内容を

書き替える必要がないのは捗りますね~。


今回の作業は、純正ナビをベースに

スピーカーの交換と、DSPの追加であります。


フロントSP信号と、リアSP信号をそれぞれDSPに入力して

フロントは3WAYマルチ化し、リアも調整して鳴らしてやります。



X1 オーディオ (2)
今回選んだスピーカーは、FOCAL・ES100K。

勿論、車種専用品ではなく、通常の4インチセパレート2WAYモデルです。


DSPを追加してマルチ化するので、車種専用設計のネットワークとかに

わざわざお金を払うのがもったいないのです。


ドアのデッドニングは必要なし。

そのままで、充分です。



X1 オーディオ (3)
ほんっっっっっっっっっっっっっっっとに、よ~~~~~~く見ないと分かりませんが

うっすらと黄色いコーンが確認できるようなできないような・・・。


ほぼ確認できないに、5000点。



X1 オーディオ (4)
スッキリと純正然命!でイクなら、断然ミラー裏加工なんですが

今回は、あえてのAピラー埋め込み加工。

せっかくのカーオーディオカスタムなので

どうせならヤッタ感をだそうということで。


純正近似のメッシュ生地で巻き直し、違和感の少ない仕上がり。

でも、明らかに純正とは違う、その存在感。


シート下純正ウーハーにも限界まで仕事してもらってます。

どこまで鳴らす?どれぐらいで鳴らす?いつ鳴らす?

これを全てのスピーカーで、このクルマにぴったり合うように、

オーナー様の好みに沿うように、丁寧に調律していけば

純正では全く味わえなかった、別次元の音楽が楽しめるようになります。



さあ。

今日は、どこまで行こうか。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10