ルーテシア・ZENのスピーカー交換の巻

「~~の巻」と書いて「~~っのまっき」と読む人とは、
旨い酒が酌み交わせそうだ。


や、酒は呑みませんが。
というか、酒もたばこもバクチもやりませぬ。


人生がバクチだ、とか言うな。



ルーテシア オーディオ (1)
以前、ナビの取付で紹介した、ルノー ・ ルーテシア ZEN。

ラインナップ中、唯一のMT車。


運転すること。

それ自体が楽しいと思う、数少ないクルマであります。



ルーテシア オーディオ (3)
以前の作業で、すでにナビはインストール済み。

純正パネルを加工して、めちゃめちゃスッキリとした取り付けを実現。
サテライトスイッチも一部ですが、利用可能となっています。

このときすでに、純正スピーカーをマルチ化して鳴らす予定だったんですが、
なんと!ビックリ!
ZENにはトゥイーターが付いていません・・・。

  「おいおい、マジですかぃ」

と、愚痴るコト2秒。


それでも、さすがのサイバーナビ。
多様な調整機能を駆使することで、純正スピーカーであっても
見違えるような音場を作り出すことができます。


ルーテシア オーディオ (2)
まぁ、いくら純正の比ではない音になったとしても、
嗚呼、悲しいかな哀しいかな、やはり所詮は純正。

音場がぐっと高くなり、明らかに聴きやすくはなっていますが
質、そのものがよくなるわけではありませぬ。

普段からクラシックを嗜むオーナーさま故、
あまりのレンジの狭さに、多少閉口気味。

下は伸びない、上は歪む。
ドア16cmのフルレンジなんだから、当然っちゃぁ当然の結果。

必然的に、スピーカー交換とあいなるわけで。


今回選んだスピーカーは、モレルのテンポウルトラ602。

エントリーグレードとしては少々値が張りますが、
このクラスとしては出色のデキ。

イイスピーカーです、ええ。


ウーファーは、ドアインナーで純正位置に取り付け。
極々スタンダードなデッドニングも同時に施工しています。



ルーテシア オーディオ (4)
ダッシュ両端の純正位置にトゥイーターを取り付け。

純正グリルを撤去して、モレルのトゥイーターと交換しています。

フラッシュマウントを使うことで、まるで純正品のように
あたかも最初からこのスピーカーだったかの様なインストールが可能。

これ、無加工です。


ガッツリとガラスを向いているので、当然ながら反射がヒドイはずですが
これまた、サイバーナビの高度な調整機能の恩恵で
高い音場と、相当な音質向上を果たしています。


一聴した、オーナー様。

  「うん・・・。
    いい音してる。」

シンプルながら、非常に重みのある言葉を頂きました。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10