そろそろ見慣れてくるんじゃないかしら???

なにが?

や、なにが、って。
やーねー。
そんなのDLSの見た目に決まってるやないですか。

やれ「バスケットボール」だの
やれ「パンナム」だの
やれ「悪魔の紋章」だの。

散々な言われっぷりなわけですが。



キャロル オーディオ (1)
アルトじゃないよ、キャロルだよ。

常連のS様のキャロルをここで紹介するのは、
もしかして初めてかしら???

何故かって?
それはね。
担当の川端クンが、毎度毎度写真を撮り忘れるからに他ならねー!!


そんなわけで。
初登場(多分)のS様のキャロル。



キャロル オーディオ (5)
はじまりは、いつもナビ。

チャゲアスっぽく言う意味は全くありませんが。

サイバーナビの内蔵アンプでの2WAYマルチ、
チューンナップウーハーの追加。


オーナーの選んだ次なる一手は・・・。



キャロル オーディオ (4)
スコーカーを追加して、3WAYマルチ+サブのフルシステム化。


わりと筋金入りのDLSラバーのオーナー様的には、
このビジュアルはむしろ頼もしく映るのかも知れませぬ。

すでに埋め込み加工済みのミラー裏のトゥイーターに合わせ
AピラーにDLS・UPi25を埋め込み加工。

この、なんともむずがゆい、形容しがたい圧倒的な存在感は
DLSならではなのですが。

僕的には見慣れたにも程があるので、それほど気にならないのですが
世間一般、客観的に見れば、やっぱ絶望的なルックスですよね・・・。


冗談抜きで、なんとかならんのだろうか・・・・。
先日アップした、BLAMのなんとカッコいいことよ。


西川さん、マジで日本オリジナルのグリル作りません???



キャロル オーディオ (2)
ドアインナーでの取り付けだった、ウーファーはアウターバッフル化を敢行。

音ヌケが圧倒的に良くなり、
音質向上の次の一手にオススメです。

それにほら、見た目もグッとカッコよくなりますし。
音もよくなって、且つレツキッカ、見た目も良くなるとか抜群じゃないですか?


画像にはありませんが、
実は、このキャロル。
チューンナップウーハーまでもDLS製だったりします。

天晴ぞ、そのDLS愛(ラヴ)。
漢前にも程があります。

この勢いで、DSPをDSP-PRO2に変更して、
パワーアンプもDLSのCCi2で揃えません???


などと最後にしれっと営業してみるテスト。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10