新型Aクラス(W177) オーディオカスタムの巻

「~の巻」って書いてあるのを見て、

  「~っの まっき!」

って読んじゃう人が、ここの読者の大半を占めてるように思いますが、
気のせいでしょうか。

否、多分、気のせいじゃない。


個人的には、あまりハットリくんは好きじゃなかったんですけれろも。
だからといって、エスパー魔美と言うわけでもなく、
大人になったメルモちゃんとか言うとヤヴァイやつ認定は必定。



Aクラス オーディオ (1)
初めての体験・・・。

ぽっ。


新型Aクラス(W177)、記念すべきオーディオカスタム第一号!!

こちらも割と遠方系のお客様ですので、
頻繁に立ち寄ってもらっての綿密な見積もりや打ち合わせができませぬ。

一度もバラしたことのないクルマですが、
前型のAクラスは何十台も施工していたので

  「そんなに大きく変わってないっしょwww」

などと、若干甘く見ておりました・・・・・・。


めちゃくちゃ変わっとるやないかいッ!?



Aクラス オーディオ (2)
フルモデルチェンジしているのですから、
ドアデザインが異なるのは、まぁ想定の範囲内というか、
至極当たり前の話のワケでして。

ドアに16cmスピーカー付いてますよ?との事前情報どーり
極々定番の位置にドアスピーカーあり。

異なっているのは、今まではミラー裏にトゥイーター(具はない)部が
あるケースがほとんどでしたが、このこのトゥイーターはAピラー。

まぁ、ミラー裏にも埋め込みそのものは可能っぽいですー。



Aクラス オーディオ (5)
ドアスピーカーがある、という時点でおおよそ想定していたとーりの
全体が樹脂で覆われたスピーカー一体式パネル。

金属と違って、そこまでイヤな音の響きがあるワケではないので
強度の足り無さそうな部分をコンコンしながら、
しっかりと制振材を貼り付けていきます。

ローラーでゴシゴシするのではなく、先の平らな木槌的なモノで
ひたすら叩きまくります。


こんな樹脂パネル系のドアで、デッドニングよりも遥かに大事なのは、
実はインナーバッフルだったりします。
というか基本的にいつでも一番大事なんですけれども。

特に、樹脂パネル系はバッフルの固定方法からして
工夫を凝らさねばなりませぬ。
接触する面の処理も含めて、
樹脂パネルならではの鳴らし方、取り付け方があります。



Aクラス オーディオ (3)
今回、取り付けるスピーカーはDLS・RC6.2。

奥行のデカイウーファーなので、インナーバッフルで取り付けられるか
どうかドキドキもんでしたが、結果オーライ。

前のAクラスと同じで、全く問題なく、巨大なウーファーを飲み込めます。


トゥイーターは、Aピラー純正位置に取り付け。

所謂、「YN仕様」での仕上げです。




Aクラス オーディオ (4)
「ハイ!メルセデス!」
「痛くなったら!すぐセデス!」

的な、機能が標準装備になってる昨今のクルマは
オーディオ交換の難易度も上がってきちょります。

オーディオプロセッサーは、こんな時、圧倒的に強い味方です。

今回のプロセッサーはHELIX・P-SIX2+URC3。

通称、「くっそダサいコントローラー」ですが、
使い勝手も操作性もなんの問題もありません。

純正オーディオからのスピーカー入力を使った「アナログ」系、
ウォークマンやiphoneからのダイレクト入力の「デジタル」系、
2系統の音源の切り替えと、デジタルボリューム、
サブウーファーボリュームを変更可能としてあります。

ナビを使いたいときや、何人かで移動している時には、
純正と全く同じ機能を活かした「アナログ」で楽しみ、
独りでドップリと音楽に浸りたい時には「デジタル」。

その日の気分や、目的、シチュエーションに応じて
使い分けてくださいな。



Aクラス オーディオ (6)
ラゲッジ下、狭ッ!!

ここは前のAクラスと全然違うトコロ。
今回のDSPはギリギリで収納できましたが、
大規模システムや、サブウーハー埋め込みは厳しいっすねー。



Aクラス オーディオ (7)
そして、最も手こずったのが、バッテリーケーブルのバルクヘッド通線。


このトリックに気づくのに時間がかかってしまいました・・・。
攻略できたので、次からはグッと時間短縮できます!!

まぁ、手間がかかるの作業なのには間違いないんですけどね。



オーディオに不満を感じている、新型Aクラスオーナー様!!
もやもやした気分のままでドライブするよりも、
大好きなクルマで最高の音楽をお供にしたら、
どれほど楽しいか、もう答えは出てると思います。

お気軽にご相談ください ( ̄▽ ̄)



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10