ロータス・エヴォーラのオーディオカスタム!3台目~

コトの始まりは、ある一本の電話からだった。

全国的にも名の知れたクルマ屋さんの、
名物サービスマネージャーから。

僕の中では「ヒゲの隊長」と呼んでいるが、
そのマネージャーの名前が「佐藤」というわけではない。


  「毎度です~。前にエヴォーラやってましたやんー?」
  「やりましたね~。狭くて大変でしたわ」
  「アレと同じ型のエヴォーラなんやけど、スピーカーって何センチー?」
  「16cm入りますよ、普通に」
  「サブウーファーはー?」
  「リアサイドに8インチがエンクロージュアーで入ってますね」
  「鳴るー?」
  「純正にしては結構頑張ってますよ。
    ただ、スペースのあるクルマじゃないので、
    かなりトリッキーなエンクロージュアーです。
    ウーファーには息苦しいと思いますねー」
  「そうかー」
  「なんなんすか?」
  「めちゃめちゃ低音効かせたいって依頼なんよー」
  「手強っw」
  「やっぱ、まかせますわー。頼んますー」
  「あ!丸投げw」


そんなワケで、その日のうちに直接お客様がご来店するとのこと。

1時間後。
くそほど野太い爆音を轟かせてヤッて来たロータス・エヴォーラ。

  「いや!
    同じ型とちゃいますやん!
    エヴォーラ400ですやん!!」

しかもオーナー様は外国の方!?

  オー!
  マイネームイズシューチャン
  ハウアーユー?
  アイムファインセンキュー
  アイハブアンアッポーインマイパキッ

うん。
大丈夫、英語はペラペラだ。

  「イワタサン?」
  「ハ、ハーイ!ア、アアアアイアムイワータ」
  「ヒゲの隊長の紹介で来ました、Dと申します」

日本語ペラッペラ



Evora400 オーディオ (1)
ロータス・エヴォーラ400

まさかこいつの心臓部がトヨタのエンジンだなんて
誰も思っちゃいねぇはず。

V6・3.5Lの2GRをスーパーチャージャー化し
その名の示す通り、実に400PSを絞り出すバケモノ。



Evora400 オーディオ (2)
いや、前の型と全っ然ちゃいますやん・・・・。

前の型は、何というか、所謂ハンドメイド感溢るる
質感、精度、デザインだったんですが。

なんだかちゃんとした工業製品のように変わっています。
しかも、「普通に16cm入ります」って言っちゃいましたけど、
どうみても16cmはヤバそうなグリル形状・・・。

ぬぅ・・・こいつは若干ピンチの予感。



Evora400 オーディオ (3)
しかも、選んだスピーカーは巨体で有名な、DLS・RC6.2

だって、とにかくベースを効かせたいって依頼なんですもの!!
鳴らし易くて、低域が良く伸びるっていえば
やっぱりDLSなんですよ。

実際のインストールでは苦労の連続。
ドアをバラしてみると、やっぱり13cmでした・・・。
しかも、前の型と違って後ろにも余裕が無い・・・。

いやホント、ちょっとマジで焦りましたが
なんとかインストール成功。
ドア内へのケーブ入線がすごく簡単なのが救いです。



Evora400 オーディオ (5)
ダッシュボードの造形も全くの別物。

全然、想像してたのと違いましたが、
意外と中身は同じような構造です。
や、ドアはバラし方もなにもかも全くの別物ですよ。


トゥイーターは、Aピラーにスッキリと埋め込み加工。
黒のアルカンターラで仕上げ、抜群の質感です。

  「Oh!!! Really!?
    ヤヴァイよ!コレはヤヴァイよ!
    むっちゃカッコイイネ!!
    アリガトゴザイマス!!Oh・・・」

そんなに喜んで頂けると、なんかちょっとむずがゆい。
極々当たり前にちゃんとした仕事をしてるだけなんですが。



Evora400 オーディオ (4)
ヘッドユニットは、大人気の新型サイバーナビ・CZ910

ホントはフロント2WAYマルチで鳴らすものですが、
今回はオーナー様のたっての希望でサテライトスピーカーを追加しています。
純正の内貼りを一切加工せずに取り付けてあるので
リセールも安心です。


リアシート右横には8インチの純正サブウーファーがありますが、
最初に言ったように、かなりトリッキーな箱。
小型のエンクロージュアーと、大型エンクロージュアーを
狭い通路で繋いだ形状になっています。

小さい方のエンクロの出来は悪くないのですが、
大きい方は容量を稼ぐためだけのオマケレベル。
ボディーの外板(プラスチック製?)の内側を密封して箱にしてあるので
背圧のかかる部分がそれこそ「ベコンベコン」動きます。

適切な容量の、強度のある箱で密閉されていることが最低条件なのに、
これではウーファーに最高の仕事を期待する方がどうかしてます。
とはいえ、トヨタやレクサスの純正サブウーファーなんかに
比べたら何倍もイイ仕事してるんですがー。


今回は特にモアベース!モアベース!!が合言葉なので、
ヘンな純正エンクロージュアーを撤去して、
まさかのフリーエアードライブ。

ウーファー周辺を徹底的にデッドニングしてガチガチに固め
変な窪みには吸音材を詰め込み、大きい方のエンクロにも
大量の特殊スポンジを詰め込んでいます。

若干のバクチ要素がありましたが、結果的にはこれが大正解。

オーナー様も一聴して、

  「ヤヴァイね!!マジでヤヴァイね!!!
    これが欲しかったンです!
    全然違う!マジで嬉しい!!サイコーです!」

と、手放しで大喜びしていただけましたが・・・。



  「もっと出すにはどうしたらイイですカ??」
  「Oh・・・ジーザス・・」


エヴォーラってクルマは、基本的に4人乗り。

ですが、実際は2シーター。
オマケとも呼べない簡素なリアシートが一応ついてます。

フロントシートをスライドさせれば、リアのニースペースはゼロ。
座面と背面の角度は直角。

これで4人乗りで登録できるなら、
ハイゼットジャンボでも4人乗りと言い切れるレベル。


この極小の空間に加え、真後ろにはエンジンが鎮座。

モアベース!モアベース!!が合言葉ですが、
こいつはなかなかにシビレるほどハードルが高い。

でもね。
オーナー様が望んでいる、理想のカタチを
現実のカタチにするのが僕らの仕事。

やってヤレないことはない!!


今度、同じエヴォーラの記事が載るときは、
多分、リアシートは無くなっていることでしょう・・・。





結局のところ、「ザプコ」なのか「ザフコ」なのか、もしくは「ザピュコ」なのか?

僕的には、「ザピュコ」に一票。


ザピュコ
ホントは昨日届いていたんですが、
もうね、冗談抜きで昨日は戦場でした・・・。

やはり、一日で4台納車はこの歳にゃぁ堪えるぜ。

そんなわけで、到着日に試聴可能!とか
大ウソこいた修ちゃんを、罵倒しついでに試聴しに来てください。

間違っても試聴ついでに罵倒して帰るのだけは勘弁願います。


しかも、今日一日かかってようやく起動できたっていうね・・・。
Windows7以降なら対応できるはずなんですが、
僕の愛用してる(このブログ書いてるヤツね)8.1マシンでは
全くDSPの認識ができず・・・。

緊急用の「Windows10」搭載低スペックPCに調整用ソフトを
インストールしようとしたら、まさかの空き容量が28MB・・・。

いまどき28MBって。
「がんばれゴエモン」ですらインストールできやしねぇ。
(ゴエモンは2MBです)

くっそ拙いPCスキルを総動員して、
なんとか3GBの容量を確保。
どうにか、ソフトのインストールが完了しました。

するとどうだろう。
今までの苦労をあざ笑うかのように、
まるで何事もなかったかのようにスムーズに認証するではないか!?
返せ、俺の日々!



ザピュコ (1)


ぬぅ・・・高級感は感じられねぇにゃぁ。



ザピュコ (2)
パカッ

何やら、仰々しい印刷物。
ちょいと読んでみましょう。

・・・・・ふむふむ・・・。

・・うん・・・なるほどね。


要約すると、

  「エエ買いもんしましたな!旦那!
    ヨッ!漢前!にくいよ、この!!
      
      ZAPCO社長より」



ザピュコ (3)
ほほう!

これはなかなか期待できそうなブツじゃぁありませんか!!

DSP-PROはあっけないぐらい小さく軽く、
これでマジで大丈夫なん??と、音を聴くまではいぶかしんじゃう感じなんですが。

ザピュコのそれはデカくて重い。
これは、いやがうえにも期待が高まるってもんですよ!!



s-banner20191112.jpg
そんなわけで。

お待たせしましたが、ようやく堺店でも試聴可能になりました!!

その実力を、己(己と読む)が耳でとくと堪能するがよい!


正直言って、DSPとしては相当イイです。
これはにはちょっと驚きました。
同軸入力でウォークマンを繋いでみたら、驚愕。
マジか、これ。

最大のセールスポイントであるはずの、内蔵ハイレゾプレイヤーも
正直言ってかすむレベル。
同軸デジタル入力、めちゃめちゃ使えます。

内蔵プレイヤーの音も相当にハイレベルではありますが、
ウォークマンの同軸入力には到底およびません。

これは、あくまで「同軸に比較すれば」の話です。
単体で考えると、かなり音はイイです。

情報もさることながら、低い方の音の出方が秀逸。
音だけ考えるなら、全然イケます。


ただし。
内蔵プレイヤーの操作性は、一言で言えば「ウソでしょ?」

アクセスも速く、曲送りも瞬速なんですが・・・。
なんで、こんな操作方法にしたのか・・・。

ZAPCOの社長を小一時間問い詰めたい。


適当に思いついたフレーズ並べてるだけ、とか思ってるでしょ?

s-banner20191112.jpg

ええ、ズバリそのとーりなのです。


とは言うものの、それなりに頭使ってるような気配濃厚。


そんなわけで。
全世界の一部マニヤ待望の新製品!!

  「ハイレゾプレイヤー内蔵DSP
    ZAPCO ・ HDSP-Z16V AD-8A」


嗅覚するで~マニヤに、ここでいちいち説明するとかヤボなので。
詳しいコトは、来て見て触って、聴いてみて。

そして、買ってくれ!


今日か明日には出荷されるとかされないとか!
届いたら、早速ディスプレイしちゃいますよ~~。


見た目変わってないのに、中身だけ変えてんじゃないわよ

ルーテシア(クリオね)さんってば、
最もスポーティーなRSにも設定が無いので、
MT無くなったとばっかり思っていましたが・・・。

「ZEN」ってグレードにはちゃんとMT残ってるんですよね~。



ルーテシア ナビ (1)
これでもう少しコンパクトなサイズだったら、
めちゃくちゃ面白いクルマになりそうな予感。

しかも、リアブレーキがドラムじゃよ?
ペダル式や電動じゃyなくて、レバー式のハンドブレーキじゃよ?
つまり、これってジムカーナの為のクルマじゃないですかね???



ルーテシア ナビ (3)
ジムカーナの為の、とか言いながらも
ナビは必須じゃよね!!

今どきのナウいヤングはサイバーナビ・CZ910を付けましょう。


純正パネルを加工して、突出の全くないインストール。
うちでは定番の取り付けであります。

純正パネルを加工する取り付けでも、ディーラーオプションの取り付けでも
どちらもダッシュボードを切削する必要がありますので
厳密に言えば、ノーマル状態に戻すのはコストがかかります。

車両売却時は、ノーマル状態に戻すのではなく、
ナビを取り外して、ナニかしらの2DIN(もしくは1DIN+ポケットとか)の
デッキを付けちゃえば問題ないかと。



ルーテシア ナビ (5)
ルノーといえば、「サテライトスイッチ」

見た目では変更点がわからなかったんですが・・・・。

最新のルーテシアさんってば、純正デッキが変更されています。
ステアリングコントロール用の8Pカプラーがデッキ裏に存在してたんですが、
この子には8Pカプラーがありませぬ。


このクルマは、ルーテシア・ZEN MT。

つまり、左手は忙しい。
そうなれば、オーディオ操作はステアリング近辺のサテライトスイッチで
操作できるのがありがて~にも程がある。

でも、8Pカプラーがない。

ぬぅ・・・
こいつはマジで困っちんぐ。


天文学的とも入れる、配線のパターンを組みあわせて
ようやく、3個のボタンのみアクティブにできました・・・。

始めは、ボリュームボタンの「+」「-」のどちらかしか
反応しないとかって、そんなの使えねぇ!って感じだったので
随分、進化したのは進化したんですが・・・。



ルーテシア ナビ (2)
ルーテシアや、メガーヌのバックカメラは、エイタックさんとこの
「埋め込み加工してる風に見えるカメラ」で決まりです。

車両の真ん中に取り付けても、目立ちませんし
バンパーを脱着する必要もないので、コストも抑えられます。



ルーテシア ナビ (4)
この画像ではわかりにくいのですが、ナンバープレートが
ギリギリ見切れるので、ガイド線をしっかり設定してあげれば
壁ギリギリまで寄せるのもラクチンぽい。



せっかく、最新鋭のサイバーナビを付けたんですから
どうせなら、フロントスピーカーの配線をちょこっと追加して
マルチ化しようと思ってたんですが。

残念。
ZEN・MTは、ダッシュ上の純正TW位置は、カバーのみで
具は付いていませんでした・・・。

だからと言ってヘコんでばかりもいられませぬ。

無いなら無いなりに、なんとかできるのが
豊富な調整能力を誇るサイバーナビの魅力なのですから!


そんなわけで。
わりと、聴ける感じにまで仕上がりました。
ドア最下部の13cmフルレンジとリアスピーカーのみでも
なんとかなっちゃうものなのです。

ダッシュ左右のエアコン吹き出し口チョイ下辺り、
ナビの高さぐらいまでは音像を上げることができました。

ただ、恐ろしくビビるんですよね、このドア・・・。
まぁ、フルレンジなんでしょうがないちゃぁしょうがないんですが。


しばらくはこれで楽しめると思うので、
なるべく早めにスピーカー交換&デッドニングしましょー。

全く別の世界が楽しめますよ~。

小気味よく軽快にワインディングを流す爽快感も
一層楽しいものになること間違いなし!!



個人的に、33Zはわりとスキー

しかも、アレです。

漢の乗り物、MT車



Z33 オーディオ (1)
というか、ロードスターですやん。

MTのロードスター、初めて見たかも。



Z33 オーディオ (6)
ロードスターはこのアングルがいいですね~。

ニスモのエアロに極太爆音マフラーがよく似合います。
オーディオ的にはアレですが、これがイイ音響かせるんです。



Z33 オーディオ (4)
最新鋭のサイバーナビ・AVIC-CZ910-DCを取り付け。

もともと、無理くり加工した感じで7ワイドナビが付いていましたので、
サイドの隙間パネルだけ簡単に作成しての取り付け。

純正パネルのままがよかった・・・。


新型サイバー。
ネットのレビューとかでは、皆、一様に

「レスポンスが少し悪くなった」

と言われているのですが、
僕的には、そこまで気になりませんでしたね~。


そんなコトより、もっと気になったのが・・・。
地図画面での曲(局)送り・戻しの操作性がヤバいこと。

画面右下にある、「VOL UP・DOWN」スイッチの間あたりを
左右にフリックすることでできるっちゃぁできるんですが。

特に「戻し(頭出し)」がヤベー。
手の親指足の親指ほど太い僕が操作すると、
ほぼ100%の確率で「ホームメニュー」に触れてしまいます。

頭出しするたびに、メニューが表示されてイライラしまっす。

まぁ、最近のクルマにゃぁ、ステリモなるものが付いとるので、
さほど問題じゃぁないのかもですが・・・。


あと、ナビに付属のリモコンが赤外線じゃなくて、
ブルートゥースなので、リモコンの向きや位置に関係なく
操作できるので、リモコンメインの人にもあまり影響はありませぬ。

つまり。
思わず、すぐに画面を触っちゃう、おっさん世代には少々慣れが必要。



Z33 オーディオ (2)
カーオーディオあるある。

Z33のアウターバッフルはデザインが難しい。

いや、マジで。


だからといって、インナーバッフルでは
純正グリルの位置とスピーカーの設置場所が、
絶妙に一致していないので、音ヌケがよくありませぬ。

一番純正然として、美しいデザインとするならば、
ココはやはり、「ドア一枚モン」で作成すべきでしょうね~。



Z33 オーディオ (3)
拡大すると多少わかりやすいかもですが、
Z33のドア形状は、「ひさし状」になっています。

スピーカーに対して、上側が覆いかぶさるような形。
逆に下側は、乗り降りを考慮して大きくえぐれています。

その様は、アイガー北壁のごとく。
登山者ならぬ、インストーラーを苦しめるのであります。



Z33 オーディオ (5)
今回作業させていただいた、Z33。

実は、常連F様のご紹介。

いや、言っておきます。

あんまり、あの人と深くかかわらないほうがエエですよ?
紹介してもらっておいて、アレなんですが、
間違いなく、人生誤った方にベクトルもっていかれますから。

でもまあ、それが楽しかったりするんですがー。


そんなわけで。
師弟関係を思わせるかのように、F様と同じメーカーのDLSをチョイス。


今回、ちょっと変わった組み合わせで挑戦しています。
トゥイーターは、DLSの誇るハイエンド・スカンジナビア30。

カスタム色の強いZ33なので、大型のトゥイーター埋め込みが
ピッタリとハマります。

ウーファーは、スカンジナビアでもアルティメイトでもなく、
もっともポピュラーなリファレンス RC6.2。

カタログモデルの「プチスカンジナビア」のそれよりも
低音の伸びを期待してのチョイスであります。

値段もちょこっと安くなりますしー




さて。

ここで、カーオーディオあるあるをもう一つ。


フェリースソニードからの荷物、プチプチ巻きすぎ。
ジャンラインからの荷物、プチプチ再利用できすぎ。


以上、業界あるあるでした。

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10