カローラスポーツって車名の必然性は微妙ですよね??

僕なら、カローラFXにしちゃいますけど!!

もしくはアレックス、もしくはランクス。
でもやっぱり、カローラFXがいいにゃー。



カロスポ オーディオ (1)
WRCのターマック仕様が似合いそう!!

少し車高落として、白のOZのホイールを入れたいですね~。
スーパーツーリズモWRCでもイイですけど、
僕的にはやっぱり、ラリーレーシング!

ボディーサイズはもう少し小さい方がエエですが。


そんな、カローラスポーツさんに、漢のオーディオインストールです。



カロスポ オーディオ (4)
奇をてらわないスッキリとしたドアのデザインは好印象です。
構成部品が少なくなれば、パーツ同士の接触部も減るので
余計なビビリや音の濁り対策も少なくて済みます。

インストール費用の削減にも繋がりますね~。

今回のスピーカーはモレルの3WAY。
ウーファーはドアインナーで取り付けし、
デッドニングも行っています。

プリウスやC-HRと同じような構造になっており、
前半分が全面金属で後部が樹脂パネルで覆われています。

樹脂パネル部は、それほどイヤな音を出しませんので、
そこそこ抑える程度でビビらなければ大丈夫なのですが、
前半分のほぼ鉄!は厄介です。

スピーカー取り付け部に近いと、当然振動も多く伝わります。
金属はイヤな音しか出しませんので、ココを重点的に抑えます。



カロスポ オーディオ (5)
AピラーにスコーカーとトゥイーターをWで埋め込み加工。

なるべくスッキリとさせたいので、極力突出が少なくなるように注意しながら、
且つレツキッカ、ユニットの向き(角度)を慎重に決定します。

DSPも同時に取り付けするので、後からでもどうとでもなるっしょ??
なんてスタンスで取り付けすると、絶対に成功しません。

アコースティックアプローチがしっかりできてこそのDSP。
取り付ける段階で、まともな音になっていないとダメなのです。

ホントなら、スコーカーもトゥイーターももう少し、
ダッシュボードから離したいトコロなんですが・・・。

ギリギリまでアコースティックに追い込んで、
どうしても無理な部分はDSPで補正する。

調整はじっくりと時間をかけて・・・。
聴いては調整、聴いては休憩。
納得いくまで繰り返すしかないのです!



カロスポ オーディオ (3)
実はこのクルマ、ヘッドユニット(ナビ)レスなのです。

ウォークマンのハイレゾデジタル音源だけ聴ければいい。

その潔さや、よし。
漢の中の漢であります。

実際、ナビに限らず、最近の高周波で作動するユニット群は
ありとあらゆるノイズ源だったりします。
レーダー探知機や、ドライブレコーダー等に内蔵されているカメラや
表示部なんかも強烈なノイズを発生させています。
主な原因はLEDにあったりするんですが・・・。

そういった意味でも、ナビレス、レー探レス、ドラレコレスってのは
理想のオーディオ環境かもしれません。


あ、でもドラレコは必須です。
大前提として、自分の身は自分で守る。
金で買える安全なら買うべきです。

そして、身にかかる火の粉はなんとしてでも排除すべきです。
相手が殺す気で来てるなら、殺しちゃってもイイと思います。



カロスポ オーディオ (2)




プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10