衰退する一方のアメ車界で、ひと際頑張っているJEEP

グランドチェロキーの8インチナビ取り付けを頻繁に行っていますので
あんまり意識したことなかったんですが、
よく考えると、今、アメ車で元気なのってJEEPだけですよね(´・ω・)

カッコイイくるま多いんですけど、なんせデカイ。
しかもデカくて無駄が多い。

そこがイイっちゃぁイイんですが、
やっぱり現実的なコト考えちゃいますよね。



レネゲード (1)
そんなあなたに。

どーーーーーーん!!

JEEP レネゲードはいかが???

イエス!
このサイズなら、チイサイクルマスキーの僕でもアメ車に乗れるかも!?

一目で他のクルマとは明らかに違う、そのアイデンティテイ。
まさに、小粋でキュート、クールでパッション(゚∀゚)



レネゲード (2)
リアビューも独特( ̄▽ ̄)

テールランプの中に「バッテン印」
というか、今のご時世「バッテン印」って言う人、まぁいない。



レネゲード (3)
今回の作業は、ナビゲーションの取り付け(*'▽')

ナビは当然ながらレギュラーのサイバーナビ、AVIC-CL902。
そう、8インチナビが取り付けできちゃうんです、レネゲードさんってば。

とはいえ、純正オーディオを撤去するわけにはいきませんので、
せっせと配線延長加工を行い、純正システム「Uコネクト」をラゲッジに移設。
諸般のトラブルを考慮して、撤去ではなく移設。

ステアリングリモコンもつかえちゃいますよ~。



レネゲード (4)
純正USBポートとAUXポートもちょいと加工して利用しています。


現行の新車のレネゲードはナビ交換が現状不可能なので
わざわざ、一年前のモデルを探して買われたオーナー様。

その心意気やヨシ。

やっぱ、音もイイし、使い勝手も全然違うし、賢いし、
どう考えても社外ナビが圧倒的過ぎるほど有利です( ̄ー ̄)

大好きなクルマとのお別れ。

いや、今回は(も)ホンッッッッッットにお世話になりました。



トヨタの誇る高級ミニバン ヴェルファイア。

今回は新車の手配からオーディオ、セキュリティまで全て一式
当店でお買い上げいただきました(*´Д`)

ありがとうございます!!


ヴェルファイア (1)
ヴェルファイア 2.5 ZGにTRDのエアロキットをプラス。

ホイールと車高は「まだ」ノーマルですが、
ここはわりと早いうちに交換予定( ̄▽ ̄)

ただ、純正の脚周りのデキが相当イイので、
バランス崩さないように慎重なチョイスが求められます(゚Д゚)ノ


当初、オーナーのTさまは「白」を希望されていたのですが、
僕の猛烈な「黒」コールに押されて、「黒」に変更してもらいました。
ディーラー営業のTさんも、

  「え~~、黒??白にしようや~」

と、ぶーぶー言ってましたが(;´Д`)


個人的に!
と、強く強く断言しておきますが、
「白」の新型ヴェルファイアって、正面からみると
所謂「泥棒フェイス」にみえてしまって・・・・。
どうしても、「黒」にしてほしかったのです(^^;



ヴェルファイア (5)
弩定番中の弩定番、弩定番にも程がある、ALPINE・BIG-X11。

LOW-GUNS!でなくても、この大画面は嬉しすぎます!!
初めて目にする人は皆、一様に驚かれますね(・´з`・)

大体、第一声が

  「でかっ」

です( ̄▽ ̄)


今回はそのBIG-Xのなかでも、特にオススメの3カメラパッケージ。

バックカメラはもはや世界の常識ですが、
それに加えて、専用サイドカメラ+専用フロントカメラ付き!!

車速による自動表示や、声による瞬間呼び出しとか
あまりにも便利過ぎてちょちょぎれまくりであります(´-`*)



ヴェルファイア (6)
この場所に、HELIX ・ DIRECTORがあるということは、
つまり、オーディオプロセッサー導入車ということの証拠。

垂涎のハイエンドプロセッサー、HELIX ・ DSP-Promk2を取り付け。

ナビからの前後スピーカー信号も入力していますので
「Wゾーン」も当然ながら対応しております。
ミニバンならではのクッソ便利機能を損なう手はないのです(゚Д゚)ノ


メインの音源はHDMI接続のメディアプレイヤーのデジタル入力。
アナログ入力時は、到底ナビのみではたどり着けない高音質を実現しながらも
操作性も一切損なうことはありません。

ひとたびデジタル入力にしようものなら、アナログ時とは比べようもない
圧倒的なS/N、ワイドレンジ、低歪に感動すら覚えます(*´ω`*)


パワーアンプは、シート下に全て設置していますので
ケーブルにかかるコストもぐっと抑えることができました。
ラッキー!

いや、ラッキーやあらへんΣ(゚Д゚)
全て、計算です。
上質で小型のアンプをシステム設計の段階から提案。
コストを抑えながらも、純正の使い勝手を損なわず
音質面でも納得できるプランを考えました(゚Д゚)ノ



ヴェルファイア (7)
スピーカーは、悪魔の紋章!
DLSの誇るハイエンドユニット スカンジナビア3WAYでっす!!

紋章の象徴である、トゥイーターは美しくAピラーに埋め込み加工。
スエードの手触りも見た目の質感も極上の出来であります。

スコーカーは、ドア上部を完全に造り替えてバッフルを作成。
とにかくカッコイイとアルヴェルオーナー様に大好評のインストールです( ̄ー ̄)



ヴェルファイア (2)
となれば、当然ウーファーはドアアウターでの取り付けっすよね(´_ゝ`)

純正で装着されているグリル周囲のメッキ加飾をそのまま残し、
内部のみを新たに造り替えてあります。

純正然としていながら、明らかに他のヴェルファイアとは違う。
たまりませんね!この優越感。

ほら。
隣のヴェルファイア、みてごらん??

・・・ぷぷぷっ、ノーマルだってさ・・・ぷぷぷっ。

と、いやらしい笑みも思わず浮かんでまいります( *´艸`)


それにしても、このドア上部加工とドアアウター加工のなんとカッコイイことよ。
このアングル、最高過ぎます(>_<)



画像にはありませんが、当店では定番の、ラゲッジ右下を使った
サブウーハーのインストールも行っています。

積載能力を極力損なうことなく、音響環境を劇的に改善できます。
しかも、見た目的にはまったく純正!!

こいつぁ春からオススメのインストールってヤツだぜぃ(もう秋です)








最後になりましたが・・・。

新車をお買い上げいただきましたが、今まで乗ってたクルマも当然あるわけで。


E51 エルグランド・ライダー。

走行は17万kmを優に超えてますが、
今までこれといった大きなトラブルもなく、
オーナー様、家族と共にたくさんの思い出を作ってきました。

アルミホイルや、ローダウン、マフラー、エアロといった外装のカスタムはもとより、
オーディオにもずいぶんと力を入れてもらっていました。

そうそう。
今はもうありませんが、カスタムの名店だった「カクタス」の鈴木店長から
紹介してもらったお客様でしたね。


でも。
そんな大好きなクルマとお別れしなくてはなりません。
残念ながら、買い取り専門店でも査定額は「タダ」同然。

そりゃ、ね。
17万kmも走ったクルマ、誰が好き好んで買いますか?って話。
それは勿論わかる。
僕だって、買わない。

オーナー様の想いは、当たり前ですが、お金には代えられない。
そのことは、オーナー様も勿論、重々承知。


でも、やっぱりね。

  「お金の問題じゃないねん。
    気持ちの問題やねん。
      こいつが最後どうなるか・・・それが心配やねん。」



うちで責任をもって、買取りさせてもらうことにしました。

ヴェルファイアの納車まで、純正に戻したエルグランドを代車代わりとして
使っていただきました。
クルマの売却なんて、早いに越したことありません。
一日でも早く売るのが、少しでも損を減らす最善の方法。

でも、今回は乗ってもらいました。


納車の日。

ピカピカに洗車されたエルグランドの隣で、
必死に涙を堪えるオーナー様の姿・・・。


よかったな、お前。
間違いなく、世界一幸せなエルグランドやで。








後日談になりますが、
オーナー様にヴェルファイアを引き渡した二日後、
エルグランドは動かなくなりました。









ペポー!!

いや、それ全力でシビップですし!!


s-IMG_4119.jpg
シビップ ・ タイプR

否。

シビック ・ タイプR。
弩新車でディーラーから直行で来ていただきました~。


・・・・・・。
いや、これ、ホントにシビックかい???
わたしの知ってるシビックはこんなんじゃなかったんだよ(おばぁちゃん風に)
もっと、こう小さくてね、小粋でキュート、クールでパッション(誰?)

まぁ、どのクルマもほとんどがモデルチェンジで大きくなってますが、
それにしても、この大きさよ。

なんと横幅は驚愕の1875mm!?
僕の知ってるシビックは5ナンバーじゃったんじゃがのぉ・・・。

しかも!!
ボンネットになんかダクトみたいなものがあるような!?


・・・・・・・。

・・・・。

ターボだとぉぅっ!?


ボクの知ってるシビックにはダクトではなく「パワーバルジ」だったペポ。



s-IMG_4122.jpg
今回の作業は、ナビ、オーディオ、ドラレコ、セキュリティと
一式まるまごとオーダーいただきました!

ヘッドユニットは、当然ながらレギュラーのサイバーナビ・AVIC-CZ902。
最強のコストパフォーマンスを発揮してくれるのであります。

この型のタイプR(FK8ね)のステリモは
一般的な通信ではなくCAN-BUSを採用しているので
配線はあってもステリモが動かない!?ってコトに。

まあ、もちろん今は普通にアダプター売ってるので
ショップオリジナルとかってくっそ高いのとか買わされないように注意しましょう~。



s-IMG_4121_20180922195003ad9.jpg
スピーカーは、モレルのテンポウルトラ602。

質感高いモレルサウンドがじゅうぶんに楽しめるユニットです。
ウーファーサイズもそれほど大型ではありませんので
取り付けられる車種が多いのも魅力的なのです。



s-IMG_4123.jpg
純正でもミラ0裏にトゥイーターが取り付けられていますが、
今回は、埋め込み加工で取り付け。
やはり、ユニットが露出してると断然音質面でのアドバンテージが大きくなります。

しかも画像のように美しくスッキリと取り付けられるのであれば、
これはもう、ヤラない理由が見当たらない!!


本格的にショップでインストルしてもらうのは初めてのオーナー様ですが、
やはりこのミラー裏加工には大喜びの様子。

明らかに他とは違う、このさりげない優越感がタマランのです。

そして、やはり圧巻なのはその音。
なんですか!?こんなに音ってよくなるんですか??
いや、これは最高ですわ!
タマランっすね!

そうなんです。
ちゃんとした店でちゃんとしたオーディオ組んだ音を聴いちゃうと
純正ってホンっっっっっトにヘボいんだ・・・って気づいちゃいます。

いいものを知ってしまったら、もう後戻りはできません。

おいしいもの食べたいっしょ?どうせなら。
食べれればイイって、そんなことないでしょ?

カーオーディオもそうなんです。
どうせ聴くならイイ音で楽しみましょうよ。


全然、今までとは違った世界がまってますよ~

ヤラない理由を探してるだけで、やってヤレないことはない。

いや、まぁそりゃぁ確かにエンジン音はくっそうるさいですし、
アイドリング時でも盛大にやかましいのは事実。

ん?
ああ、すいません。
ポルシェのオーディオの話です。

  「そもそも走りを楽しむクルマだしぃ・・・」
  「エンジン音が心地いいしぃ・・・」

へいへい!
ホントに心の底からそう思ってるのかい?ベイベ?

走りを楽しむってんならフルバケいるっしょ。
てか、PDKじゃなしにMTの方がもっと楽しい。
それこそ、絶対的な速さはなくてもスイスポの方が楽しい。

エンジン音を楽しみたいんなら、音楽聞く必要なし。
そもそもナビもオーディオも要らねぇって話。

そこまでストイックにポルシェ乗ってる人、いますか?


ポルシェに限らずですが、やはりクルマには「オーディオ」は
絶対的に必要だと思うんですよね。

結局みんな、ある程度でガマンしてる。
でもね。
夢の車を手にしてるんですから、ガマンなんてしない方がイイ。

ポルシェのオーディオ、きっちり作って
全ての欲望を叶えた、垂涎の一台をご紹介します・・・。



991 audio (1)
オーナーのY様は、AV KANSAIでも相当お付き合いの長い
「超」がつく常連さん。

事前に、
  
  「今度、ポルシェ買ったからさ。
   ちょっとサクッとオーディオとか組んじゃってよ」


  ポルシェっすか!?まさかの増車っすか?

  「Ha!Ha!Ha! それでもよかったんだけどね!
   M6に飽きちゃってさ、ちょうどポルシェの出物があるっていうからさ
   ん~、衝動買いってやつ?」


  わかりました、なんとなくですが見積もりの叩き台、考えときます。

  「頼んだよ、べいべー」


まぁ、実際は見積もりなんて作っても意味ないんですけどね。
必要なモノは勝手に揃えておけばOKなので。
足りなければすぐに秘書の方が小切手持ってきてくれますし。


んで、実際に店舗に納車されてビックリ!!
ポルシェだとは聞いてましたが、まさかの「911ターボS」

  ターボですやん!?

  「ん?ナニがちゃうのん?
   ポルシェってターボしかないんちゃうのん??」


  カレラSより1000万以上高いヤツですやんか・・・。

  「ふ~ん、そうなん?
   何台か見たんやけど、これだけリアフェンダー膨らんでるやん。
   ほんでダクトもついてるから、これにしてんけど。」


   それだけの理由でターボS買うんすか・・・。

   「だって、俺。
    フェンダー命やし!」



そうでした・・・。
油断してましたが、こんな人でした。

そんなわけで。
ポルシェ 911ターボS、オーディオインストール開始!であります!



991 audio (3)
現行に限らずですが、991のコクピット周りには
とにかく、余裕がありません。

いつも悩むのが「HELIX ・ DIRECTOR」の設置場所。
操作性もよく、視認性も良い場所となると・・・やはりデッキ周辺。

今回は、今までやったことのない加工に挑戦しました。

純正ナビを撤去して、サイバーナビ・CZ902を取り付けるのですが、
純正位置そのままに取り付けると、DIRECTORの場所が確保できません。

そこで、ナビの取り付け位置を可能な限り下限にオフセットし、
なんとかDIRECTORの場所を確保。

ホンッッッッットにギリギリでしたけど、なんとかなりました。
御覧のように純正のような美しい仕上がり。
DIRECTOR、ナビ共に抜群の視認性と操作性を確保できました!



991 audio (2)
今回の目玉作業!!

どうですか!?
この美しい仕上がり、純正のようなデザイン!!

991オーナー様以外は、なにをどうカスタムしてるのか
一切わからないと思います。
勿論、ドアポケットも普通に使えますよ。

991のドアは、デザインはかっこいいもののオーディオ的にはNGの塊。
ウーハーもスコーカーもずいぶんと奥まった位置で
しかも前面に邪魔が多いんです。

ここをクリアにしないと、ポルシェ究極のオーディオは
完成しないことは明らか。

座禅を組んで、つばを頭にぬって考えるコト2,3分。
このドアデザインが閃きました!
我ながら天才にも程があるよね!



991 audio (8)
スピーカーグリル部を拡大~。

ドアグリップ、ポケットは純正のままです。
それ以外の下側は全面的に造り替えています。

丹念に純正に合わせこんだラインを造り、
革目を合わせるために純正と同等の本革で巻き直し、
色合わせのためにシートリペアの要領で同色にペイント。

おそろしく手間暇かけた逸品ならではの、この究極の完成度。
当然かかるコストも膨大です。

Y様に限って言えば、

   「俺、造幣局が友達やから、なんぼでもええで」

らしいので、安心して作業に専念できますが。



991 audio (5)
この角度から見ても、複雑すぎる造形の全貌把握は困難ですね。

どこからが後付けで、どこまでが純正なのか?
その判断が全く付きません。

極々自然に、当たり前のように最初からそこにあったかのように。



991 audio (4)
スコーカーはAピラーに埋め込み加工を施して取り付け。

純正同等のアルカンターラ(ウルトラスエード)で巻いてありますので
純正質感を損なうこともありません。

ミラー裏にはトゥィーターを埋め込み加工。
スコーカーと同じ向きに厳密に角度合わせを行ってあります。

モレルのユニットはそれ自体が芸術品のように美しく
質感高いユニットですので、相乗効果が期待できますね~。



991 audio (7)
リアシート後部には、10インチサブウーハーを取り付け。

全体的に嵩上げを行い、純正然としたカーペット製のカバーでフィニッシュ。
この素材は音ヌケも良く、毛足も長いので輸入車の内装にマッチします。


   サブウーハーなんですけど、薄型の10インチに変更していいです?

   「ああ、かまへんよ。
    安いのはアカンで。薄型でも一番高いのにしといてや。」


   パイオニアのRSシリーズですと、薄型でも質感高い低音ですね。

   「なんぼなん?」

   税別で12万円です。

   「安っ。
    そんな安くて大丈夫なん?ちゃんと音でるん??」

 
    (ちゃんと鳴るし、安くない・・・むしろ高い・・・)

   「昔、アリアンテとかあったやん?
    あんな感じのないん?」


    (10年ぐらい前になくなってるし、アリアンテの方が安い・・・)

   「まぁエエわ。
    安いのは気になるけど、調整でなんとかなるやろ?
    それで頼んどくわ」
   


そうでした・・・。
油断してましたが、こんな人でした。   



991 audio (6)
DAPホルダーのベースをワンオフしています。

視認性、操作性共に良好なこの位置は
991的にベストポジションではないでしょうか。

   「金のウォークマンとAK使うから、
    どっちも触りやすいようにホルダーも作っといてな」


    AK?

   「そう、AK買うてん。
    型番は知らんけど、なんか一番高いヤツ。
    聴けるやろ?一番高いヤツ?」


    (きっと、A&Ultima SP1000のことだ・・・ 
     使えるかどうかも確認せず買っちゃうのね・・・)


   「まぁ、アカンかったらアカンで別にええけど。
    でもホルダーは作ってや?
    アレやったらダッシュボードに穴開けてもかまへんで?」



そうでした・・・。
油断してましたが、こんな人でした。




エンジン音を楽しむ。
大いに結構。

走りを楽しむ。
大いに結構。

それに加えて、素晴らしい音楽環境も。
とんでもない、究極のスポーツカーの誕生です。












念のために言っておきますが、上記の話は8割がたフィクションですよ?

「ポルシェにはターボしかない」
「フェンダー命」


は、マジです。

    



純正デッキやナビの音があまりにもヘボいなら!

みんな大好き!
オーディオプロセッサーの出番だよ~(´▽`*)

大抵の純正システムの音質は、プロセッサーの取り付けと調律で
「劇的」と言っていいぐらい改善するんです。

再生できる対応フォーマットがMP3までで、
WAVが再生できなかったり、そもそも特定の周波数に
変な音が乗っかっちゃってる純正システムは多いのです(;一_一)

ゴルフ7や、ボルボなんかは結構ヒドイのです・・・。

それでも、僕らは「周波数」を聴いてるわけではなくて
「音楽」を聴いてるのですから、聴いてみてOKになるように
必死こいて調整に励むわけなのです( ̄▽ ̄)


s-IMG_3909.jpg
純正システムはおかしな音が聴こえると言われちゃった、ボルボ V60 R。
言われちゃったというか、言ったのは僕なんですが|д゚)

以前にオーデイオプロセッサーとスピーカーは交換済み(・∀・)

今回の作業は、「純正よ!さらば!!」な、
デジタルデバイスの追加作業であります~。


とは言うものの・・・。
オーナー様の譲れない要望は、選曲が煩わしくなく安全であるコト。
これってつまり、iphoneやウォークマンじゃダメってこと!?

iphoneやウォークマンと言った、所謂「DAP」と呼ばれるデバイスは
基本的に、「手に持って画面を見て操作」する必要があります。

そう。
これは僕的にも懸念材料なんですが、走行中の選曲に
危険が伴う可能性があるのです・・・。

まぁ、純正であったとしてもモニター見て選曲するわけですから
多少なりとも危険が伴うのは同じといえば同じなんですが(^^;


ん~・・・・。
どうするか??



s-IMG_3905.jpg
ピコリーン!!

わりと簡単に解決しちゃいました( ̄ー ̄)

純正モニターにメディアプレイヤーのGUIを割り込ませればイイのでっす!
これで、視線移動を最小限に留めることができます!!

リモコンで選曲が可能なので、ほぼ純正同等のリスクに抑えられました(*´Д`)

メディアプレイヤーならUSBメモリーの大量の楽曲でも
簡単に選曲が可能です。
しかも、動画も再生できちゃいます(ΦωΦ)
や、危険リスクはぐんと上がりますけど。


・・・・・・。

・・・。

というか、しれっと画面割り込みとか言ってますけど。
この型のボルボV60にはAVインターフェイスは発売されていません。

( ̄ー ̄)

出来ちゃうもんなんです、いろいろと。



音楽関係のお仕事をされているオーナー様だけに、音への拘りは人一倍。
プロセッサー導入時は、それはそれで大幅な音質改善に喜んで頂けたのですが
聴きこめば聴きこむほど、気になる部分が現れます(´・ω・)

基本は調整で追い込むのですが、そもそもの純正の「出音」に
変な音が乗っかっちゃってるところは改善が難しいのです。

今回のデジタル化は、純正のネガな部分を完全に一掃してくれました(´▽`*)
オーナー様も思わず

  「なんで、もっと早くデジタル化せんかったんやろ?」
  「どう考えても時間の無駄でしたわ・・・」

と、大喜びの半面、プチへこむという分かりにくい感情に(・´з`・)


や、本当にデジタルデバイス追加は、
ビビるぐらいの劇的な改善が見込めますよ(*´▽`*)

プロセッサーは導入してるけど、デジタルデバイスはまだ。
そう!
そこのあなた!

いや、あなたじゃない。
そうそう、そっちの人(誰やねん)

もっともっと素晴らしい音楽体験が、わりとすぐ目の前に広がってるんですよ~。
導入しないなんて勿体ないのです。

それこそ、もったいないお化けがでるぐらいに(゚∀゚)

いい意味で期待を裏切る漢、それが修ちゃん。

くれぐれも言っておきますが、当ブログは

  「おさむちゃんブログ」

ではなく、

  「しゅうちゃんブログ」

ですので、お間違いなきよう( ̄ー ̄)


いや、別にそんなに問題ではないんですが。
あ、あとプロフィール画像はナニ??ってちょくちょく聞かれるんですが
実際に会ったことある人ならわかると思います。

気になる人は会いに来い(命令)



s-IMG_3902.jpg
さてさて。

そんな「しゅうちゃんブログ」に写っているのは、
「しゅうちゃん」ではなく、うちの「Pさま」(*´Д`)
他には「PJ」とか「ヒカピー」とか、いろんな呼び名がありますが、
「ぴー」がついてたらなんでもOKです。

というかですよ。
イイくるま見かけたら、いかにも自分のクルマだぜ!ベイベ!的に
写りたがる人いますよね(´_ゝ`)

もうすっかり見かけることも少なくなった、スバル ・ インプレッサ。
僕的には、このタイプが最もインプレッサらしいと思います。

なんかもう、普っ通~のセダンを強引にも程があるほど
カリカリに尖がらせた感じがタマリマセン(*´Д`)



s-IMG_3903.jpg
エンジンかけると爆音を轟かせるので、ついこないだまで、
  
  「オーディオはなぁ・・・どうせほとんど聞こえへんしなぁ」

って若干シブり気味だったんですが(´・ω・)

他に所有している2台の音響改善があまりにも著しかったもので
勢いでインプレッサにもサウンドナビを付けちゃいました(*^▽^*)

取り付けたナビはサウンドナビ ・ 200プレミ2。
この時期にサウンドナビ買ってくれる人は、
ちょっとした神に匹敵するほどありがてぇ!存在です。



s-IMG_3904.jpg
スピーカーは、DLSのRC6.2。
鳴らし易く、豊かで自然な低域が魅力なユニット。
何度も言ってますが、デザイン以外はホントに素晴らしいの。

極力、重量増は避けたいところですが、取り付けたユニットのポテンシャルを
最大限に引き出すコトを最優先に考えるオーナー様の意向に沿って、
ドアアウターバッフル化を敢行しました(´▽`*)

このぐらいの年式のクルマになると、ドアそのものの強度が低く
尚且つ、内貼りも傷んでいることがほとんど(´・ω・)

このクルマもやはりご多聞に漏れず、内貼りは結構傷んでいました。
もともと交換されていたJBLのスピーカーなんて、
バッフルはおろかスピーカーフレームまで腐ってボロボロでしたしΣ(゚Д゚)

アウターバッフル化で、内貼りそのものをガッチリと
抑え込むことができますので、音質面での優位は言うまでもなく
強度や共鳴、共振対策にもめちゃくちゃ有効なのです!



預かった時点で、バッテリーの警告灯が点いたり消えたりしてたので
ちょっと、怪しいなぁ・・・大丈夫かなぁ・・・。
と、思ってたら。

自宅につく前に、案の定止まってしまいました(ノД`)・゜・。
幸いにして、車両購入したディーラーの近所(!?)だったので
そのまま直行!!と言っても動かないので
「人力」直行ですけれども。

後日談ですが、やはりオルタネーターがイカれてたみたいで。
無事修理完了されたとのこと(*´ω`*)

  「あと20年は乗る!」

の宣言どおり、末永く大事にしてやってください(´▽`*)

ポルシェ三昧の日々でした!

ちょいと前の作業になるんですが、
ポルシェって何故か、集中する傾向にあるんですよねぇ( ̄▽ ̄)

この時も、3連続で991の作業がありましたYO(・∀・)



s-IMG_4074.jpg
現行991 後期型のGT3 (ΦωΦ)

いや、ちょっとマテ。
こいつぁマジでオーラってやつが半端じゃねぇです。

分かりにくく例えると、ハイパー化したレプラカーンのような。
分かりやすく例えると、ビグザムから出てきたドズルのような。



s-IMG_4079.jpg
後期型の991は、残念ながら簡単にナビの交換ができません(ノД`)・゜・。

国産車ですらナビが替えれなくなってきているのに、
輸入車でナビ交換が可能な実に稀有な存在だったんですが・・・。

これも時代の流れか・・・(´・ω・)


とは言うものの、オーディオが触れないわけではございません!
ハァー、ございません。

幸いにして、純正のPCMは意外と操作性が悪くない。
メディア対応力も割とイケる。

そんなわけで、純正PCMベースで音響改善しちゃいましょう!



s-IMG_4078.jpg
ポルシェのフロントスピーカーは基本的に3WAYが標準。

おっそろしく変則的なレイアウトですが、
大きな加工なく3WAYが組めちゃうのも魅力だったりします。

まぁ、スコーカーの位置があまりにもアレなんで、
普通に2WAY化するのも全然アリ!であります(゚Д゚)ノ

スピーカーは、DLSのアルティメイト3WAYを選択。
それぞれ、ワンオフバッフルで純正位置に取り付けてあります。
同時にデッドニングもわりとキツ目に施工。

そうなんです。
991のドアは、結構バビンバビン鳴くんですよね・・・(;一_一)
特に内貼り側は念入りにヤリたいところですぅ~。



s-IMG_4076.jpg
オーディオとは関係ないんですが、滅多に見られないので
この機会にジックリと観察しました(*^▽^*)

専用デザインのバケットシート。

・・・・・・。
・・・。

高いんだろうなぁ・・・。



s-IMG_4077.jpg
ヘッドレストのエンボス加工とか、凝ってますよねえ。

質感高く、高級感あふれながらも、抑えきれないスポーツマインド。
このあたりの演出はさすがに巧いです。



s-IMG_4075.jpg
ハネでかっ!Σ(゚Д゚)

ボンネットのエアインレットとか、ハネの端っことか
なかなか黒で仕上げるってのも難しそうなトコロですが
さすがの演出力で見事に仕上げてきています。

ん~~~~~・・・・。

見事だ。

紆余曲折を経て、結局、落ち着いたのが・・・。

ゲレンデって、よくあるパターン。

いや、「よく」あるコトはないですね、おいそれと買えるクルマじゃぁねぇっての。
いや、それにしてもなかなかクルマが決まりませんでした(;一_一)

  「これだ!」
  って試乗してみたら・・・「おいおい・・」だったり。
  「これか?」
  って決めたら・・・奥様から全否定されたり。
  「これですか・・・」
  って決めたら・・・家族全員から白い目で見られたり。
  「こ、これ・・・かな・・」
  って、ダメもとで選んだら、大絶賛。



そんなわけで半年ぐらい悩んだ結果

s-IMG_3853.jpg

なんだかんだで定番のクルマ、メルセデス ・ G350d(゚∀゚)
余裕のある人が落ち着きがちな、このクルマ。
女性陣からの支持も、性能とは違った面で得られやすいのです(´・ω・)

んで、このセレブ人気のゲレンデさん。
とにかく、純正の音が悪いコトで評判なんですが。
オーディオカスタムしてもコスパが悪いのも事実(;´Д`)

それでも、カスタムしてあげれば、純正とは比較にならないぐらいの
快適な音楽環境が得られます!!

「 コスパが悪い = コストをなるべく抑えて楽しむ 」

が、ゲレンデのオーディオカスタムの楽しみ方なのかもですね。
や、勿論ガッツリいこうぜ!!ベイベ!!な方も
大歓迎なんですが( ̄▽ ̄)



s-IMG_3856_201809091416085f6.jpg
基本的に奥様がメインで運転されるケースが多いとのことで、
ややこしいシステムは無しにして、純正デッキ前提のシステム提案(´▽`*)

新車の場合、メルセデスケアの脅しに屈して、テレビキャンセラ取り付けを
半ば無理やり諦めさせられるケースが多いんですが、
中古車だとそんな脅しもなんのその。

少なくとも、うちでキャンセラ施工した車両の不具合は確認していません。
走行中に、ナビもテレビも使えないとか、
いつの時代のクルマやねん、と(´_ゝ`)


純正ベースなので、操作系は当然全て純正のまま。
奥様が操作に迷う・・・ってコトは純正が悪いんですYO!



s-IMG_3854.jpg
純正ベースとはいえ、他のクルマにはちゃんとしたオーディオを
組まれているオーナー様なので、スピーカーとプロセッサーには
しっかりしたモノをチョイスしています。

幸い、完全なるYN仕様ですので、ナニがついてるかなんて
この記事を読まれでもしない限り、バレることはありません(ΦωΦ)

それこそ、奥様がこのブログに気づいてるとか、もはや末期。
多分、ナニしても疑われてます(゚∀゚)


んで、スピーカーはモレル ・ テンポウルトラ602。
プロセッサーは、HELIX ・ P-SIX2。

ほとぼりが冷めたころに、きっと密かにハイレゾ化する・・・。



s-IMG_3855_20180909141607b15.jpg
ゲレンデのYN仕様で、もっとも大変なのが

  「純正位置へのトゥイーター取り付け」

これは、右ハンドル左ハンドル、グレードの如何に係らず、
「クソ」が付くほど手間がかかる作業です(゜_゜)

YN仕様を勧めたくないクルマ、ナンバー1の座は
間違いなくゲレンデでっす!!

とは言え、台数こなしてるので難しい作業ではないんですが。


同時に全席フットライトを追加してあります。
純正のほわっとしたLEDの光り方では
明るさが全然足りないそうですよー( ̄▽ ̄)


あ、勿論ドライブレコーダーは言うまでもなく、必須です。
必須。








AV KANSAI 堺店は元気に営業ちゅですよー

お問い合わせを多くいただいておりますが、
タイトルどおりで、AV KANSAIは堺店も宝塚店も、天王寺店も
通常どおり元気に営業ちゅ!であります(・´з`・)


とはいうものの、さすがに無傷というわけにはいかず・・・。



今回の台風は、ちょいと経験したことないレベルの暴風で
店舗の外に出ると、マジで命の危険を感じる級のヤバイ奴でした。

所謂、「アカンやつ」です(ΦωΦ)

特に、道路を挟んで向かい側にある5階建てマンション屋上の
給水タンクに取り付けられた、「美観」の為と思われるアルミ製の柵が
暴風に耐え切れずに一斉攻撃を始めたときは、
冗談抜きで血の気が引きました(ノД`)・゜・。

どこに飛んでくるかわからない、2m近くある金属板が
風にあおられて次々と襲ってくる様は、
恐怖以外の何物でもありません、いやマジで。

規則性のある弾幕なら余裕でかわせるんですが(゚∀゚)
ランダムなのは「タチ」が悪いです。

店舗にもガスガスぶち当たるし・・・ガラスが割れなかったのは
ホント、不幸中の幸いにも程があります(^^;


s-IMG_0233.jpg
風で倒された街路樹。

5人がかりでビクともしないのに、いともたやすく倒れちゃいました・・・。



s-IMG_0239.jpg
街路樹、街灯、標識、いろんなものが倒されて通れませぬ・・・。



s-IMG_0240.jpg
歩道に横たわるのは、どこかの屋根。
これはいまだにここに置いてあります。
置いてあるというか、動かせねー。



s-IMG_0242.jpg
時計回りに90度回転させてください、お手数ですが。

店舗看板、一番上の部分が根元から変形しちゃってます・・・。
太い金属のパイプなのに・・・やるな!風のヤツめ!!



s-IMG_0246_20180907151259f44.jpg
屋根と壁の一部が飛んでいっちゃいました。

正確には屋根はどこに行ったか分かりませんが、
壁は落ちてきたので、みんな一斉に逃げました(゚∀゚)



s-IMG_0247_201809071513001a3.jpg
謎のアンテナ(´・ω・)



s-IMG_0271.jpg
すぐ近所の通称「ザビエル公園」の入り口にある
巨木も見事にぶっ倒れてます。

チャリに載ったおじいちゃんからもサイズが想像できると思います。

多分ですけど、このおじいちゃん、普通のサイズだと思います。
全長5mもないよね、普通。



人的被害はありません。
預かり中のお客様のクルマにも、ダメージはありませんでした。

生きて、ケガしてなけりゃなんとかなります。


Aクラスと聞くと、まず真っ先にこっちを思い出す。

Aクラス。

いつかはこうやってのんびり暮らしたいもんだよね。
Aクラス・・・ええ暮らす。


や、思い出すのはそっちじゃなくてですね。

s-IMG_3896.jpg
このAクラスの方ですって話です(´_ゝ`)

僕の中ではシルバー、もしくは黒のイメージしかないんですが
茶色もかっこいいですね!
というか、むしろ茶色がイイ。
茶色じゃなきゃイヤだ!

そんなAクラスさんに、オーディオインストールでありますよ~(゚∀゚)



s-IMG_3897.jpg
いきなり、ドーーーーーン!!

ヘッドユニットはDIATONE・サウンドナビ NR-MZ300Premi。
昔は8インチナビ取り付けキットが発売されていたんですが、
もう結構過去の話らしく・・・すでに完売。
どこかのショップオリジナルのキットはあるみたいなんですが、
どうにも僕的クオリティにはほど遠く(>_<)

サイズ的にはギリ入るのはわかっていたので、
とりあえずなんとかなるでしょう!
というか、なんとかしなきゃね~( ̄ー ̄)

んで、できたのがコレ(´▽`*)

上下ともちゃんと枠も残してありますよ~(ギリギリですが)



s-IMG_3899.jpg
スピーカーはDLS・RCS6.2をチョイス。

RC6.2いけるかなぁ・・・と思ってましたが、全然ダメでした(ノД`)・゜・。

RC6.2に比べれば確かに多少低域は薄くなりますが、
それでも一般的なスピーカーよりも俄然鳴るのが、RCS6.2。

画像にはありませんが、ラゲッジにはポン置きのウーハーボックスを
取り付けてありますので、低域に関しては心配無用です( ̄ー ̄)

トゥイーターはAピラーに埋め込み加工。
純正を意識したデザインで、違和感なくすっきりと取り付け。
純正近似のメッシュ生地で巻き直し、質感も上々です!



s-IMG_3898.jpg
こうしてみると・・・デカいスピーカー入りそうに見えるんですがねぇ・・。

まあ、くよくよばかりもしていられないので、
RCS6.2をきちんと鳴らし切るために、せっせと作業しましょ(゚∀゚)


ひょっとしたらコンペに出すかも・・・的なインストールを
基本にしてあるのでデッドニングは結構本気モード。

ケーブルもM&Mを採用してあるので、
入賞狙い!な感じでもイケるようにしてあります(´▽`*)


今もひそかに問い合わせ率高めのクルマ!

特に遠方の、恐らくディーラー様と思われる方からの問い合わせが、
ひそかに多めだったりします、グラチェロ( ̄ー ̄)

今でも、そんなに施工例が増えてないんですかね???



s-IMG_3886.jpg
黒ではなくガンメタってのがこれまたシブイ!(゚∀゚)

今回の作業はうちでは定番の8インチナビの取り付けです~。
・・・んで。

さっきの「問い合わせが多い」ってヤツなんですけれども。
実際に店舗に来られる方は、みなさん納得してお買い上げくださるんですが
電話やメールでの問い合わせの方は、ほとんど決まりません(ノД`)・゜・。

個人で買われるというよりは、ディーラーやショップに

  「なぁ、このグラチェロってナビ変えられへんの???」
  「ちょっと調べてみますわ」

で、ググッてみると、なにやらAV KANSAIってところで
インストール事例があるっぽいな・・・よし!電話してみよ。
当然ながら、仲介するわけですから、なんぼかは「あいだ」抜きますよね(・∀・)

お客様の元に届くころには、あれれ???
うちの見積もり、こんなに高くないんやけどなぁ・・・(;一_一)

今はもう、日本から撤退した某アメ車ディーラーの抜きっぷりは
相当なモンでしたからねぇ・・・。



s-IMG_3887.jpg
とにかく役に立たない純正ナビモニターを移設して、
特等席に8インチナビをインストール(´▽`*)

まるで初めからそこにあったかのような、純正然にも程がある美しさ。
基本的に、ほとんどの年式に取り付けができるんですが
初期装備が車両ごとにバッラバラなことがほとんどなので
常に同一の取り付けができるわけではありません(>_<)

カメラの数が同じでもモジュールの場所が違ったり、
そもそも配線が全然違うなんて当たり前。
この辺りは「さすがのアメ車」クオリティ。
適当に作ってても、「動けばイイ」の精神が隅々まで行きわたっております(゚Д゚)ノ

おかげでこちら側としては、ブンブン振り回されるんですが
台数こなしたおかげで、どんな装備でもなんとかしちゃえます( ̄ー ̄)

まぁ、とりあえずは実際に御来店ください。
電話じゃいろいろと伝えられないこと、いっぱいあります、ええ。



s-IMG_3891_20180901205704b63.jpg
純正バックカメラも勿論そのまま使えますし(ΦωΦ)


s-IMG_3890_201809012057027d0.jpg
フロントカメラも(ΦωΦ)


s-IMG_3889_20180901205701304.jpg
サイドカメラだってちゃんと使えます(・∀・)



s-IMG_3888_20180901205659d31.jpg
純正モニターは各種配線延長加工を施し、
センターコンソール肘掛内に移設します。

エアコンのコントロールは、普段使うのはナビ下のパネルで行えますので
肘掛下モニターは滅多に使うことはありません。
取り外せればイイんですが、さすがにそれは不可能なので(^^;


ディーラーやショップに依頼して、取り付け委託するのも結構ですが
ちょっと面倒でも実際に会ってお話させてください(∩´∀`)∩
伝わらないこともたくさんあります、顔が見えないと。
わからないことが多いと、心配になりますよね?


なんでも聞いてください。
3サイズ以外はお答えします( `ー´)ノ



プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10