ワザとじゃないのよ?ワザとじゃないのよ!

冗談抜きで、アルファードかぶりなんです( `ー´)ノ


アルファード (1)
ちょっと見ないうちに・・・・えらくまぁ大きくなったねぇ・・・。

などと、しみじみ田舎のおばぁちゃんに思わずなっちゃうくらい、
以前の仕様から大幅な変化を遂げたT様の20アルファード(´▽`*)

大人し目のいじり方が多いなか、あえてのアグレッシブチューン。
攻めてます。
攻めまくりやがってます(`・ω・´)


納車して、しばらく間が空きましたので
音の確認&システムチェックしちゃいましょう(゚∀゚)
同時にサブウーファーの追加も承りました~。

ありがとうございます!



アルファード (4)
アルパイン・BIG-XにHDMI接続でメディプレイヤーを表示。

大画面で、再生画面を確認できるので選曲も楽々なのです(・´з`・)
しかも、このように2画面表示にしておけば、
ナビも同時に見れて、一石二鳥にも程がある。



アルファード (3)
既存のセンターコンソール(社外品)をプチ加工して
HELIX・DIRECTORを埋め込み。
視認性も操作性も良く、見た目もかっこいい(ΦωΦ)

これぞ、カスタムの醍醐味ですわいのぅ。



アルファード (2)
サブウーファーはDIATONE・SW-G50。

現在最高峰のサブウーファーの一つなのは間違いないですね( ̄ー ̄)

高強度のウーファーボックスは、容量およそ28L。
最低10LからでOKなスモルエンクロージュア対応ウーハーですが、
やっぱり10Lでは欲しいところがちょいと厳しめ(^^;

やはり最低でも25Lは欲しいのです(´・ω・)

「ある」と「ない」とでは、まるで別物業界を代表する、サブウーハー。
音の厚みだけではなく、空間再現や余韻といった空気的な
部分に多大な影響を与えるのです( ̄▽ ̄)



アルファード (6)
ドアポケット部を全て一体で造り替えたドアアウターバッフル。

抜群の質感の高さを誇る、純正然とした美しいインストールです(´▽`*)
アウター化は音質面での優位性だけにとどまらず、
このように所有する喜びも満たしてくれるのです。



アルファード (5)
整然と美しく埋め込みされた、トゥイーターとスコーカー。

ユニットそのものの美しさを格段に引き上げる極上の質感。

今まで味わったことのない、音楽環境に加え
いつまでも見ていたくなるような至高の空間ですね( ̄ー ̄)



ちゃんとしたショップだと、やっぱりちゃんとした音

いや、ホントは当たり前のコトなんですけれどもね・・・。

これが、なかなかどうして、ちゃんとした音ってなかなか・・・ね。


イイ商品を付けたからって、イイ音になるわけではないのが、カーオーディオ。
それが面白くもあり、難しさでもあるわけですが。

結局、いいショップ(人)との出会いが全てなのかにゃー(ΦωΦ)



s-IMG_3867.jpg
決して、画像の使いまわしではありません(゚∀゚)

たまにあるんですよ、「うちの店は絶好調だぜ!」と、
取り付け済みの空箱を重ねて撮影してるお店とかね( ̄▽ ̄)


大人気!!
弩新車の新型アルファードにオーディオインストールです( ̄ー ̄)



s-IMG_3868.jpg
メインヘッドは、サイバーナビの車種専用モデル、
AVIC-CE902ALを取り付け。

なぜかはわかりませんが、当店ではXSが全然売れてなくて
レギュラーのサイバーばっかり売れてます(・∀・)
何故だろう・・・(´_ゝ`)

ALPINEのBIG-Xと比べると、画面サイズが一回り小さくはなりますが、
画像でみるとそんなに大きさの違いは感じませんね~



s-IMG_3869.jpg
スピーカーは、パイオニアのV173S。

ドアインナーでウーファーを強固に固定し、
Aピラーにはトゥイーターをスッキリと埋め込み加工。

V173のトゥイーターは使い方が判っていないと苦労するユニットですが、
サイバーナビの調整機能を使いこなせば難なくいい音聴かせてくれます。

ただし、エージングには結構な時間がかかりますので
再調整には必ずお越しくださいです( `ー´)ノ



s-IMG_3870.jpg
普っ通~~~のラゲッジの画像。

なんですが。
なんですがッ。

この下には、パイオニアの10インチウーハーが隠されておりまする( ̄ー ̄)
最低域をフォローするサブウーファーの役目は非常に重要で
音の余韻や、響き、広がりとか全然変わっちゃいます。



s-IMG_3871.jpg
な、なんとビックリ!!

まさかのスペアタイヤ装備車!?
この型のアルヴェルで初めて見ました・・・・(´・ω・)

通常ですと、ウーファーは右側に付けるのですが、
スペアタイヤ装備車は左側へのインストールになります(´・ω・`)

見た目に大きな変更を加えることなく、純正とは比較にならない
別物の音楽体験が楽しめます。

オーナー様の好みに合わせた調律を行い、
どんどん理想の音に近づけていきましょう!!

高度な調整機能を備えたシステムを採用しておけば、
結果的に「長く、安く、いい音楽環境」を楽しめるのです~(´▽`*)


待望の新・デモカー!!アルファード完成~!!

あれは・・・そうだなぁ・・・。

もう、思い出すのも難しい・・・。
そんな昔の話。



や、そんなに昔でもないんですが。
今年の2月、「新デモカー決定!」的な宣伝したのはいいですが・・・。
というか、2月!?
半年前ですやん・・・・・・・・(;´Д`)

いえね、言い訳するつもりはさらさらないんですが、
忙しかったのよ、まじで(びっくりするくらいの言い訳です)

というか、実は5月には納車されてたんですよね・・・・(;一_一)
全く触ることなく、もう8月・・・(ノД`)・゜・。


いやいや、細かいコトは気にするな!
とにかく完成したんですから、みんな、聴きに来るがよいわよ!!!



アルファード オーディオ (1)
・・・・・・まぁ、外見はすっぽんぽんのフルノーマルですけどね・・・。

ついに爆誕!!
AV KANSAI ニューデモカー

トヨタ ・ アルファード


・・・・・・まぁ、外見はビックリするくらいノーマルですけどね・・・。


アルファード オーディオ (4)
ナビゲーションは、パイオニアのアルファード専用モデルの
AVIC-CE902ALを取り付け(*'▽')

優秀なナビと高度な調整機能を備えた、名機であります。
画面も10インチと、LOW-GUNS!にはありがてぇ!



アルファード オーディオ (5)
HELIX・DIRECTORが取り付けられているということは、
すなわち!すなわち!
オーディオプロセッサーがインストールされているということ(゚∀゚)

今回のプロセッサーは、現在最強のDSPである
HELIX ・ DSP-PROmk2をチョイス。

サイバーナビの音声もアナログ入力経由で徹底的に調律し、
非常に優れた音場と定位を実現していますよー(´▽`*)
これが、また、なかなかどうして実に使える。
深く豊かな低域に、伸びやかな高域。

楽曲の選曲はナビで行えるので、操作性は完璧ですし
何一つ機能を損なうことなく、圧倒的な高音質化を実現しています( ̄▽ ̄)



アルファード オーディオ (10)
当然ながら、デジタルソースも抜かりはなく。

USB接続でさらなる高音質体験していただけます。
実際に、アナログとデジタルを聴き比べちゃうと、
「あぁ・・・なんで俺は(私は)もっと早くデジタル化しなかったんだ・・(´Д`)」
と、涙に暮れること必至。

・・・・の、予定だったんですが、思いのほかアナログもいけてるんで
これはこれでアリの着地かもです!

ただ、デジタルとアナログの差はやはり非常に大きいので
操作性を犠牲にしても音楽をもっと楽しみたい!って人には
デジタル音源をオススメします( ̄ー ̄)



アルファード オーディオ (2)
スピーカーは、いろんな大人の事情でDLSに決定。
DLSの豊富なラインナップ中でも、とびぬけた音質を誇る
垂涎のハイエンドユニット、スカンジナビアの3WAYをインストール(゚∀゚)

バカみたいに良くなるウーファーは、ドアアウターでガッチリと取り付け。



アルファード オーディオ (3)
純正のグリル周囲のメッキ加飾を残して、
純正然としていながらも堂々とした存在感のアウターバッフル。

聴いて納得なのは当たり前ですが、
この「持つ喜び」 「人とは違う優越感」も
カーオーディオカスタムの大きな魅力です。

今回はもう一工夫して、メッキ加飾部をブラックメッキ化しました(*^▽^*)



アルファード オーディオ (6)
スコーカーとトゥイーターは、Aピラーに埋め込み加工。


・・・・・・。

・・・。

いつもならスッキリとしたとか書きたいところですが、
どう考えても、どう贔屓目に見ても、スッキリとは言えません(^^;

どこかで見たことあるなぁ・・・と思ってたら、今日お客さんが教えてくれました。
「こいつ、ラピュタで見た」
って、あなた。
ラピュタに言ったことあるみたいなトーク。

それはさておき。
見た目はアレですが、この取り付けは音質面では相当に有利。

同一平面上に、厳密に軸合わせを行い取り付けていますので
ユニット間の位相管理が非常に楽になります。

アコースティックアプローチですでに圧倒的な奥行と
ステージの幅、明瞭な定位を実現してあります。

まぁ、見た目はラピュタで見た!ですけど。



アルファード オーディオ (7)
運転席側はこんな感じ(・∀・)

どちらもラピュタ。



アルファード オーディオ (9)
広大なラゲッジスペースを利用して、サブウーファーをインストール。

ラゲッジ下の右側のみを使って埋め込み加工をしています。
容量も必要以上に十分とれますし、アンプの設置も問題なし(゚Д゚)ノ



アルファード オーディオ (8)
このようにフタをしてしまえば、ごく普通のラゲッジとして使えます。

重量物を積んでもへっちゃらですぜ( ̄ー ̄)


さぁ!!

ようやく完成した、新デモカー アルファード


お待たせしただけのことはあります。

アナログでもデジタルでも相当イイ音聴かせます。

広大で深く、しかも高い定位は必聴です。

基本的に堺店においていますので、
是非聴きに来てみてください(*'▽')

そして、感動したらガッツリ買ってください(ΦωΦ)

ポテトヘッドと眼鏡のあいまいな関係

雲の流れ、風の匂い・・・。

私を包むあらゆるものから、僅かではあるが
季節の変わりゆくさまを感じられるようになってきた。

この季節は、わたしを、世界を、センチメンタルに染めあげる。




つーか、まだまだ暑っつい日が続いてますのことですよ!
何がセンチメンタルですか!?
秋の気配なんて、微塵もかんじないわよッ!



s-IMG_3892_20180820202438278.jpg
そんな季節に鈍感な僕がお贈りする今回のクルマは、
いつもお世話になりまくりのTさまのヴェゼルRS。

内外ともに、ピピリといいものチョイスするセンスが抜群でありますよ( ̄▽ ̄)


今回の作業は、アンプの交換とUSB Audioの導入でっす(´▽`*)


s-IMG_3893.jpg
すでに装着済みのスピーカーは、当店で大人気!!の
DLS ・ スカンジナビアでありますー。

純正然とした、というか純正にしか見えないアウターバッフルを
作成して強固にウファーと取り付け。
とにかく鳴りっぷりの素晴らしいウーファーなので
ドア周りのインストールは特に入念に(゚Д゚)ノ


s-IMG_3895.jpg
Aピラーにトゥィーターを埋め込み加工。

「クセが強いんじゃ」 だったり
「悪魔っす、悪魔の紋章っす」 だったり

いい噂を耳にしないDLSのデザインですが・・・
何度も言いますが、「音はイイ」の、ホント(ノД`)・゜・。



s-IMG_3894.jpg
サウンドナビ ・ 200PREMIから、
さらなる音質向上を目指し、DSP-PRO化はすでに敢行済み(*'▽')

Fiioをハイレゾプレイヤーとしていましたが、
今回のアンプ交換と同時に、ウォークマン化を視野に入れるための
USB Audio再生環境を構築しました。

今は仮に手持ちのiphoneを聴いていますが、
ウォークマン化した時の音質向上が楽しみですね~。

それにしても、アンプ交換の効果はすさまじいモノがありました・・・(*´Д`)
聴こえなかった音が聴こえる。
奥行も幅もグッと拡がり、音の躍動感が素晴らしい。



s-IMG_3901.jpg
まぁそうですよね・・・。

世間は盆休みとか満喫サマーだこの野郎!だったんですよね。

オーナーのT様もご多聞に漏れず、家族で満喫サマーだったご様子。
面白オーディオショップの近所の施設土産を頂きました!!

バケツに溢れんばかりのチョコ・・・。
ああ、溺れてみたい。



s-IMG_3900.jpg
僕個人にもお土産いただきました(゚Д゚)ノ

作業効率アップには欠かせない、老眼鏡ホルダー(ノД`)・゜・。

これで、おでこに持ちあげた老眼鏡を

  「あれ??眼鏡どこいった??あれ??」と、

狼狽えることもなくなるかと思うと、
喜びに震えてしまう今日この頃。

こんなにも違うものなのよ?

お盆といえば、こぼん。

こぼんと言えば龍角散。

龍角散といえば、牛(ぎゅう)たくさん


なんだかよくわかりませんが、これも普段通りともいえよう。
世間は大体にして明日までが所謂お盆休みという
一大イベントの模様であります。

例年通り、AV KANSAIは通常どおり営業しているわけなんですが。
お盆であっても、普通にお客さんが来てくれるのは
ホントにありがてぇ話でやんす(・´з`・)



さてさて。


s-IMG_3847_20180812195522ff6.jpg
今回のクルマは、ホンダ ・アコードハイブリッド。

僕の知ってるアコードといえば、リトラのヘッドライトでしたが。
それこそ今時の若人にはわかるまい(・∀・)

DEH-P01を使ったフロント3WAYマルチ+サブウーハーの
本格的なオーディオを組んでいただいています。

恐らくですが、当店のお客様では最年長だと思います(*'▽')
それってつまり、オーディオ歴も長いってコト。

家でもクルマでも音楽を心ゆくまで楽しむために、
本格的なシステムを組む。
羨ましくもあり、憧れの生活でもありますね(*'▽')



s-IMG_3850.jpg
純正オーディオの操作パネル下にある灰皿(だったかな?)部に
DEH-P01をフェイス分離加工して取り付けていました。

ホームオーディオの本格的なハイレゾ化に伴い、
こちらも大幅にアップデート敢行であります(゚Д゚)ノ

DEH-P01のフェイスが取り付けられていた部分には、
HELIXのコントローラー・URC3を取り付け。

この空間に、このサイズのコントローラーだけって、なかなかに
シュールな空間ではあります( ̄▽ ̄)




s-IMG_3852.jpg
純正オーディオ、ナビの音声は通常ですと
プロセッサーのAUX入力で利用するのですが、

「そんなんいらん、音楽だけちゃんと聴けたらええねん」  

いょぉぅっ!!漢前!!

そんなわけで、純正オーディオはリアスピーカーに
フロント出力を繋いで、ナビ音声を使えるようにしています(´・ω・)



s-IMG_3851.jpg
メインソースは、ウォークマン。

ZX300を使うんですが・・・・納期が4週間とか言われたので
手持ちのA45をいったん貸し出して対応(;´Д`)
迷惑かけます・・・・とか、いってたら一週間くらいで届きました。

ナニを根拠に4週間・・・・。
まぁ、いいんですけど(ΦωΦ)



s-IMG_3849.jpg
ドアはインナーでの取り付けですが、それ以外は全て埋め込み加工。

ミラー裏にトゥイーター、ピラーにスコーカーという
鉄板のインストールですが、それぞれの位置関係や、
角度にはこだわっています(゚Д゚)ノ


RS-D7XⅢ+RS-P99Xからの変更でも余裕で体感できる
音質向上が見込める、HELIX ・ P-SIX2。

それが、DEH-P01からの変更ともなると、
それこそ驚天動地に阿鼻叫喚、歴史的とか
観測史上初とかそんなレベルで音楽が楽しくなります(´▽`*)


どいつもこいつも盆休みだなんだと浮かれちゃって!

きぃーーーーーーーっ!!

ゴールデンウィークも盆休みもAV KANSAIには関係ありません。
嗚呼、ブラックかな、ブラックかな(´・ω・)

なんとでも言うがよいさ。
この期間でもちゃんと仕事があるのって有り難いコトです、ええ。


そうなんです。
毎年毎年、言うの忘れるんですが・・・
AV KANSAIは、世間が

「連休だー!(゚∀゚)」とか
「盆休みだー!(゚∀゚)」とか言って

経済活動も忘れて呑気に浮かれまくってやがるときにも
額に汗して労働にいそしんでおりまするよ(ノД`)・゜・。


15日は定休日なので、なにがあっても休むけどね!!

それ以外は、全くの平常通り・・・とはいかないか。
スタッフーは交代で連休をとりますので、ちょいと人手不足ですぜ(゜_゜)


さぁ(゚Д゚)ノ

気だるく怠惰に過ごす午後のひと時も、ありっちゃぁアリですが
AV KANSAIでオーディオの相談してみるってのもアリっちゃぁアリですぜ。
というか、アリですぜ(・∀・)



以上、告知でしたー。

急に募集するから急募って言うんですか!!

緊急!!緊急!!



さぁ!!
もう時間があまりありません!!


くっそ人気の新型トヨタ・ヴェルファイアが
新車で9月納車(多分ね)可能です!!




今ナウ!
ヴェルファイアが欲しくてほしくて堪らない、
そこのあなた!

どうですか!?

一台のみの超限定!
早い者勝ちなのであります!!



どれほど人気なのかというと・・・・。



s-IMG_3739_20180807203233669.jpg
店舗前の駐車場に新旧取り揃えて、アルヴェル三昧( ̄ー ̄)


s-IMG_3860_20180807203234bb4.jpg
ピット内は新型アルファード三昧( ̄▽ ̄)




・・・・・・。


・・・・。



あれ?

新型のヴェルファイアは??





・・・・・・。

まぁとにかく!!
本気で欲しい人限定でお願いします。
あらゆる手段で僕にコンタクトしてください!!

連絡先等の掲示が無いのは不親切だ!って??
本気で欲しいならそれぐらいのハードルは
愛の力で乗り越えられるはず!



さて。C-HRの安全性を向上してみるとしますか。

左後方が致命的に見えないと評判のトヨタ・C-HR(゚Д゚)ノ

僕も今年の3月まで乗っていましたが、
たしかに、お世辞にもイイとは言えませんでした。
クルマの完成度はバツグンなんですけれども(^^;



s-IMG_3809.jpg
純正ホイール装着率が高めのC-HRさん。

なかなか街中でカスタムしてるC-HRを目撃することってないですよね( ̄ー ̄)
この目撃しなさっぷりは、初代CR-Vを彷彿とさせます。

そんななか、ENKEIとか渋めのホイールチョイスの光る、
H様のC-HR。

オーディオも当然ながら抜かりなく、触っているんですが
今回の作業はオーディオとはちょいと違います(゚Д゚)ノ



s-IMG_3812.jpg
サイドカメラ大好きのALPINEにもなぜか設定のない、C-HR用サイドカメラ。

視界が悪いと言いながら、どのメーカーも発売しないという謎仕様(ノД`)・゜・。
そんななか、隙間アイテムが充実しているデータシステムから、
C-HR専用サイドカメラが発売されておりまする(´▽`*)

走行中も常時確認したいねん!!という、オーナー様の熱いリクエストにお応えして
ナビ横の時計部に5インチモニターを取り付け。
画像のように、走行中いつでも確認できるので
こいつは頼もしい相棒になるんじゃよね(*'▽')


s-IMG_3811.jpg
おっ!?

さっきの画像とはことなるアングルのカメラ画像( ̄ー ̄)
最初に言ってた、左後方の致命的な視界の悪さを
改善するために、さらにサイドカメラを追加しました。

常時表示させておく映像はスイッチで選択可能。
これで左前方と左後方、バックカメラと合わせて
ほぼ視界問題は解決( ̄ー ̄)

モニターのポン付け感も思ってたほど悪くはありませんし、
これでぐっと安全性が向上するなら、結果オーライであります。






・・・・・・。




・・・。








しれっと映ってますが、サウンドナビ200PREMIから
サイバーX CZ902XSにヘッドユニットを変更しています。







・・・・・・。




・・・。

いや、特に他意はありませぬ。

THE ・ 向上心

このブログを読んでくれている、おっさん連中のなかには、
「The END」って言葉を初めて見たのが
「ミサイルコマンダー」って人が8人はいてるんじゃないかと想像します。

ミサイルコマンダー。
知らない?
あら、そう。



アルファード (10)
近頃、なんだかコンペで大活躍系のThe・アルファード。

さらなる上を目指して、日々の調整も欠かしません。
そんな「The・向上心」の塊のオーナー様ですが。
さすがに、長年使いこんだスピーカーのへたりには勝てませぬ(ノД`)・゜・。

勿論、そのままでも抜群にイイ音聴かせてくれるんです。
オーナー様の好みという点においては、なにも問題ありません(*'▽')

ただし、これがコンペで表彰台狙うとなると話は別。
みんな、本気で勝ちに来てる人たちばかり。
そんな中で、勝ちにこだわるのであれば、
ユニットの変更も当然ありうる話です( `ー´)ノ

オーディオコンペも、クルマのレースやバイクのレースと同じ。
レギュレーションの範囲でできることは全てヤル。

勝利が目的なんですから。
ヘタったショックでわざわざエントリーします?
っちゅう話ですわ(・∀・)



アルファード (11)
10L近い容量を誇る、フルMDF製のエンクロージュアーに収まるのは
BRAX ・ MATRIX ML6P+MR6。

この垂涎のハイエンドユニットを考えられる最高の環境にインストール(*'▽')
エンクロージュアー内部には特製の吸音材を充填してあります。



アルファード (12)
同一平面上にユニットが並び、且つレツキッカ
車両に対して厳密に水平軸を合わせこんであります。

正直なところ、見た目はアレと言わざるを得ませんが、勝てば官軍。
結果を残せば、これが一つのカッコイイの指針になるかもです(・´з`・)

そう。
カッコイイってなに?
勝ったモノがカッコイイに決まってます。

やっぱり続かなかったよね~( ̄▽ ̄)

ほとんどの人が、そう思ってたとおり。

そう。
言い換えれば、期待を裏切らない漢とも言えますが。
思い付き企画が続くわけないよね~(´_ゝ`)



さてさて。
そんな期待を裏切らない漢、修ちゃん。
今回のクルマは何かなぁ???



s-IMG_3735_2018080320342196b.jpg
おおっ・・・
ドラマティックハリアー(´▽`*)

弩新車のトヨタ・ハリアーにオーディオインストールでっす(゚∀゚)

今回の作業は純正ナビを利用しての
プロセッサーとスピーカーを取り付けちゃいます(゚Д゚)ノ



s-IMG_3738.jpg
どう考えても、どこから見ても、
「The ・ トヨタ純正ナビ」以外の何物でもないにも程がある。

とりあえず、純正ナビ買っちゃった人。
これから買おうと思ってる人。
契約しちゃってたら、しょうがない。

でもね。
もし多少無理が効くなら、USBケーブルぐらいは付けておきましょう(>_<)

ほとんどのオーナーさんが、内蔵メモリにCD取りこんで使われてると思います。
アレは、やめよう・・・・マジで。
くっそ音が悪くなります。

MP3でかまいません。
外部で取り込んだメモリで聴くようにしましょ。
それだけで5倍はよくなりますから(・∀・)



s-IMG_3736_20180803203417962.jpg
このハリアーさんのスピーカーは、DLS・RC6.2。

抜群の能率の高さを誇り、鳴らし易さNo1です。
よく鳴るスピーカーは、抑えればイイだけです。
鳴らないスピーカーを鳴らすのはやっぱり大変なの(ノД`)・゜・。

プロセッサーのアンプが強力とはいえ、やはりそこは内蔵アンプ。
電源に余裕はありません。

まずはアコースティックにちゃんと鳴るシステムを組むのが大前提。
高度な調整機能も、確固たる土台があればこそ(*´▽`*)



s-IMG_3737.jpg
ミラー裏に、スッキリとトゥイーターを埋め込み加工。

極限までコンパクトになるように、無駄をそぎ落とし
純正然とした造形を完成させました(´▽`*)

これなら、加工してても奥さんにバレないかも・・・。

や、バレても責任は負いませんけど(・´з`・)


そして、弩タイムリーにも程がある。
このハリアーのオーナー様。
本日、来店頂きまして早速のバージョンアップを決めてくださいました!!!

ありがてぇ・・・・。
オイラ、ほんとにありがてぇとおもってんだよ(誰やねん)
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10