YN仕様っちゃぁYN仕様なんですけれども・・・。

諸般の事情により、手持ちのクルマの全てがYN仕様Σ(゚Д゚)

や、YN仕様ってところに驚くよりも、
全てのクルマのオーディオをカスタムしてるコトに驚き(´゚д゚`)

まぁ結局すべてのオーディオカスタムがYN仕様ってコトなんですが。
今さらですが、ホントにバレてないのか不安であります・・・。


F56 (1)
奥様の普段の足に、BMW・ミニ。
しかもクーパーS・・・贅沢な足だ・・・。

しかも、このクルマにもYN仕様でオーディオインストールです(^^;



F56 (6)
今までのミニのイメージを巧く踏襲しながらも、
新世代へと全く新しく生まれ変わったコクピット、オーディオ周り。

マルチカラーのLEDを大量に導入し、やたらと凝った演出が施されています。
これは好みの分かれるところでしょうか。
僕的には、「大きなお世話」ですけど( ̄ー ̄)

今回のオーディオ作業は、YN仕様なので当然ながら見た目は純正。
ヘッドユニットは純正の「それ」を使い、オーディオプロセッサーを導入。
純正の持つすべての機能を一切損なうことなく、
まるで別物のように大幅な音質向上を図っています(^^♪



F56 (4)
既に施工済みの他の2台は、それぞれ「DLS」「モレル」の
スピーカーを取り付けてあります。

気に入ったメーカーのスピーカーを付けるのが勿論ベストなんですが、
全てのクルマがそれぞれ別のメーカーで仕上げてあるってのも
よく考えてみると、そうとう贅沢な話ですよねΣ(゚Д゚)

そんなわけで、今回はFOCAL・ES100を取り付けました。
カラっと明るいトーンと上品なドンシャリっぷりで、好きな人が多いと思います(^^♪

純正オプション・ハーマンカードン付車用のAピラーを使って、
トゥィーターを取り付け・・・・。

や、ノーマル車にはこんなトゥィーター取り付けベース無いんですけど・・・
YN仕様で大丈夫なんでしょうか・・・・さすがに気づくレベルなような・・。



F56 (5)
しかも、ほれ。
うっすらと、黄色のダイアフラムが見えちゃってますけど・・。


・・・・・・。

・・・。

いや、きっと大丈夫だよね!
オーナー様がイケるって言ってるんだから、きっと大丈夫だよね!



F56 (2)
ミッドウーファーはドア純正位置に、簡単にトレードイン可能。

10cmスピーカーですので、デッドニングも必要ありませんね。
や、ヤルに越したことはないんですよ?当然。

デッドニングは必須と思われていますが、そんなことはありません、実は。
「音を良くする」という目的だけで考えれば、特にですね。

「良くする」と「マシにする」では意味が違います。
「今よりマシになれば」程度であれば、純正スピーカーにデッドニングでもイイでしょうけど( ̄▽ ̄)



F56 (3)
そして、やっぱりうっすら黄色・・・。

うぅむ・・・・。
個人的には全然アリ、むしろイイ!ですけど
YN仕様的に・・・・

うぅむ・・・。


まぁ、バレたらバレた時ですよねー( ̄ー ̄)


新型フリードに9ワイドナビ!!

なんだか随分と男前になった、新型フリード+・ハイブリッド(*´▽`*)


フリード (1)
それもそのはず、モデューロのエアロをフル装備しております(^^♪
最近は青いクルマが増えちょりますね~。

この角度から見ると、プチオデッセイにも見えますね(^^;

この弩新車のフリード+に、オーディオインストールしちゃいましょう!!



フリード (2)
はいっ!!!

何故かはわかりませんが、アルパインのBIG-Xラインナップに
フリード用9ワイドナビの設定がありませぬ(T_T)

純正オプションには9ワイドの設定があるんだから、物理的にはインストール可能ってこと。
オーディオに拘りのあるオーナー様(の奥様のクルマね)だけあって、
純正ナビとか「え~、絶対無理~~」なのです。

いや、だってさ、ホンダ純正ナビって音の悪さに定評のあるパナソニック製ですよ?
しかも今どきMP3までしか読めないんですよ???

マジでありえねぇ・・・・。


まぁそんなわけで、必然的に9ワイドのBIG-Xを取り付ける流れになるわけで。
僕的にも純正で設定あるんだから、パネルの小加工程度でイケっるっしょ??
と、簡単に考えておりました( ̄ー ̄)

や、まぁ実際インストールできたからアレですけど(゜-゜)



フリード (3)
ホンダ純正9ワイドナビ用の取り付けキットとエスカッションパネルを
予め取り寄せておいたんですが・・・。

・・・・・・・・。

・・・。

予想に反し過ぎて、全く合わないどころかまるで別物・・・。
そもそも、アルパインの9ワイドナビの横幅の方がパネルより、すでに広い・・・( ゚Д゚)
マジか・・・・・・・・。

結果的にはご覧のように完璧に取り付けできたんですが・・・。
見てみて!
このパネルの細さ( ̄ー ̄)



フリード (6)
ヘッドユニットはBOG-X9、スピーカーはモレルハイブリッド602。
それらを完璧に調律するのが、オーディオプロセッサー HELIX・P-SIXDSP。

すでに以前にお買い上げいただいていた商品の有効活用です(^^♪
アナログシステムのみの利用なので、DIRECTORも必要ありません。
操作性は完璧にALPINEナビのままなので、奥様でも安心。
しかも、音はとんでもなくイイという、まさに夢のような話。

でも。
夢じゃなくて、これ現実なのよね( ̄ー ̄)



フリード (4)
トゥィーターはAピラーに埋込加工(^^♪

せっかくオーディオインストールするんですから、YN仕様もエエですが
どうせなら加工しちゃいましょうよ~( ̄ー ̄)
かっこいいし、やっぱり純正位置に隠してるよりも音が全然イイですぜ。



フリード (5)
フリード専用品ではありませんが、ステリモも純正カメラも
当然ですが利用可能です。

奥様にも優しく(分かり易く使いやすく)、オーナ様の拘りも
高水準で満たしてくれる、このシステム。

純正ナビでお困りの方も、音の悪さでお困りの方も
是非、AV KANSAIにご相談ください。

ワリとなんとかなっちゃいますよ~( ̄ー ̄)

毎日乗る営業車だからこそのカーオーディオ!!

そうなんですよね、毎日通勤で使ったり仕事で乗るクルマって
実はオーディオに触れている時間が長いんですよね( ̄▽ ̄)

営業車にこそ、いいオーディオ!!
勿論、あまり乗らないクルマにもいいオーディオ!!


s-IMG_3217.jpg
そんなわけで、営業に大活躍のプリウスにガッツリオーディオです!!

毎日長時間乗ってるので、そこに癒し空間は必要です。
いいオーディオは仕事のみならず、人生も豊かにします。



s-IMG_3222.jpg
実はすでにハイエンドオーディオをインストール済みのこのプリウス。

フロントスピーカーはパイオニアの誇る、RS1000シリーズの3WAY。
Aピラーにスコーカーとトゥィーターをスッキリと埋め込み加工。

視界の妨げにもならず、且つレツキッカ、何?このカッコヨサ!!??



s-IMG_3218.jpg
ドアにはウーファーをアウターバッフルで取り付け。

以前の施工から少し間が開いていますので、今回点検と同時に
デッドニングの追加も行っております(^^♪

カーオーディオは取り付けて「はい、おしまい」って商品じゃありません。
定期的なメンテナンスでコンディションを維持する必要があります。

たまに、でイイのでお立ち寄りください。
思いもよらないトラブルを未然に防げたりってコトも結構多いのですよ~。



s-IMG_3220.jpg
パイオニアの誇るハイエンドユニット、RS-D7X3 + RS-P99Xに別れを告げ
新たに導入したのは、勿論、HELIX・DSP-Promk2 + DIRECTOR。

いや、もうね、全く別次元の音質ですね。
今聴くと、Xの音ってなんてのんびりしてるんだ・・・ってなっちゃいます。

ん~・・・・時代の流れだとはいえ、ここまで音ってのは進化するんですねぇ・・・。
いやはや、ホント。
すごい時代になったもんです( ̄ー ̄)



s-IMG_3221.jpg
しかも、プレイヤーが垂涎のウォークマンWM1Z( ̄ー ̄)

ポータブルとは、とてもじゃないけど言えない重さ(^^;
やっぱオーディオ機器は「重い」「でかい」がエライのね~。


s-IMG_3223.jpg
お手軽にハイレゾが楽しめる、メディアプレイヤーも同時に導入(^^♪

ポータブルプレイヤーは、アルバム送り等の操作時に
どうしても画面を触る、確認するの操作が必要です。
正直言って、操作性がイイとはお世辞にも言えません(T_T)

この辺は、これからの大きな課題でしょうねぇ(゜-゜)

まぁでも、このメディアプレイヤーならリモコンで画面を見ながら操作できるので
通常のナビやデッキの操作とそんなに変わりません。
音質面ではウォークマンに劣るものの、BitPlayよりイイですし、
レジュームが効くってだけで買いですよね!



ここまでガッツリハイエンドな営業車ってのも羨ましすぎる感じではありますが、
移動時間が長いのでジックリオーディオに浸れるのです( ̄ー ̄)
 

冗談抜きで欲しかった一台!!!

いや、マジでシビレますね!!!!!

昔、モータースポーツをカジってた者としては、
本物のオーラーを持つクルマに憧れるのです(^^♪


フォーカス (1)
フォード・フォーカスRS

ヤバイぐらいにかっこいいですね!!
日本には正規に輸入されていませんので、並行車なワケですが
どうせ、フォードは正規ディーラーが撤退しちゃったので、
正規だろうと並行だろうと大差ありません。

つまり・・・・なんかあったら困っちゃう・・・。

それでも、あえてこのクルマを買う。
漢前にもほどがあります。

ぬぅ・・・それにしてもかっこいいぞ。



フォーカス (8)
マイナーチェンジで、オーディオ回りが随分変更されました。

前期型なら、2DIN取り付けキットが発売されていたのですが・・・。
当然、無いものは作ればいいわけで。
後期型でも何の問題も無く、ナビの取り付けは可能です。

今回はALPINEのBIG-X・X8Vを取り付け。
オーナー様の希望は9ワイドだったのですが、さすがに厳しかったっす(゜-゜)

純正モニターを移設して、ナビ設置に必要なスペースを確保。
ワンオフでパネルを作成して、スッキリとナビを取り付け。

圧倒的な操作性( ̄ー ̄)
日本で乗るにはやはりナビは必須ですね!!



フォーカス (7)
グローブボックスを開くと、純正モニターが現れます。
点検時のエラー回避の為に念のため残してありますが、
多分撤去しても問題はなさそうな感じですね~。

もちろん、純正機能は全て残っていますので
タッチパネルでの操作もできちゃいますよん。



フォーカス (2)
忘れちゃならない、バックカメラ!

バックカメラ有るときの安心感は、551並みに笑いがこぼれます。
取り付け自体も、ご覧のように非常にスッキリとした取り付けが可能です。



フォーカス (3)
これもあると嬉しい機能の一つ、サイドカメラ。

ワンタッチでいつでも呼び出せるので、幅寄せも超安心(^^♪
しかもALPINEのナビですと、サイドカメラのガイド線も変更できるので
あらゆるクルマでのマッチングが取れます。

超小型ボール型カメラですので、埋め込みも簡単ですし、
見た目もほとんど突出が気になりませんね~。



フォーカス (5)
今回の作業とは関係ないんですが、おおっ!?と思ったコトが。

このクルマ、ドアを開閉するときに、なんか「カシュン」的な
ドア開閉とは無関係っぽい音が聞こえるんです。

何の音やろ??
と、
開け閉めをしてる時に気づきました!!

上の画像でも確認できると思いますが、
ドアパネルの縁付近に、なにやら樹脂製の見慣れない黒いパーツが・・・。


フォーカス (4)
「おおおぉぅっ!!??」

ドアを開けていくと、グッと展開していき・・・


フォーカス (6)
「おおおおおおおおおおっ!?」

このように、ドアパネルのガードになるんです( ̄ー ̄)

くっっそぉぅ!!
スタイリングや性能だけでなく、こんなギミックでも俺様を魅了しまくりやがるなんて・・・。
ふっ・・・完敗だぜ・・・フォーカスRS(誰?)


というか、これは全車に装備されてもいいと思いまっす!!!!

実は初作業だったりします。

新型プリウスって発売されて間もなくの頃は、
スピーカー交換ができないとかっていわれてましたね、そういえば。

そんなバカな話って感じですが( ̄▽ ̄)



プリウスaudio (1)
ローダウン、アルミホイル、エアロで武装した新型プリウス。

しかも、バリバリの営業車( ̄ー ̄)
いいね!この心意気!!



プリウスaudio (2)
ナビの取り付けや、サブモニターの取り付け、チューンナップウーハーの取り付けまで
ぜ~~んぶ自分で暇をみてというか、仕事をさぼってやってるそうですぜ( ̄ー ̄)



プリウスaudio (3)
普通にスピーカー交換もやっちゃうオーナーさんなんですが、
さすがにピラー加工までは・・・。

そんなわけで、今回はフロントスピーカーの交換と
デッドニング、Aピラー加工を行いました。

まぁ、他にもごちゃごちゃいろいろやってるんですが( ̄▽ ̄)


さぁ!
次はいよいよオーディオプロセッサーの導入っすね!!

さて。お尻でも拭いてみるとするか。

まぁ所謂、他店施工済みの手直しなワケですが( ̄ー ̄)

手直しすることで、カーオーディオを見直してくれるのであれば
喜んで拭きふきしますぜ!
カーオーディオってほんとに楽しいモノなんです。
どうか、諦めないで。


ミニF54 audio (1)
時代の流れでしょうか・・・ミニなのにデカい・・・。

や、実際乗ってみるとデカいことのメリットは山ほどあるんですが。

でも、個人的には小さいままがよかった・・・・。


今回の作業は、タイトルにもありますが他店施工済み作業の手直しでありますぞ。



ミニF54 audio (2)
新世代ミニもご他聞に漏れず、所謂BMW方式のオーディオを搭載しています。
ドアに10cmスピーカー、シート下に20cウーファーの組み合わせですねー。

すでにスピーカーは交換済み( ̄▽ ̄)
幸いなことにFOCALのES100Kだったので、
ここは交換せずに済みそうです。



ミニF54 audio (3)
グリル越しに見える、鮮やかな黄色のコーンがニクイ奴。
これぞ、FOCALなんですが・・・YN仕様だと要注意ですね( ̄ー ̄)

そんなに気になるもんじゃないとは思いますが、
普段の行いガラミで怪しまれている人は、ちょっと危ないかもですΣ(゚Д゚)



ミニF54 audio (4)
今回の手直しの最大のポイントはもちろん、音質面での改善なんですが
最初、ちょっと聴かせてもらったときは冗談抜きで我が耳を疑いました・・・。

「エージングが済めば、良くなるんだろう・・・と思ってたんですが」
「イイ音してますよ、って言われても・・・さすがにこれは」
ってオーナー様の言葉が酷く悲しい。

僕も、なにか壊れてると疑うレベルのスゴイ音でした。
超有名店なんですが、ね・・・。

そして、もうひとつすごかったのがピラーの加工。
ピラーからトゥィターがまるまる飛び出していて、
その飛び出し分をそのまま「面」で仕上げられていました。

これがもし、普段の作業だとすると、さすがに・・・。
オーナー様には申し訳ないんですが、「たまたまヒドイ有り様」であって欲しいです。

画像は当店での修正後。
オーナー様も
「全然ちゃいますやん!?こんなにスッキリできるんです??」
と、めちゃめちゃ喜ばれていました(*´▽`*)



ミニF54 audio (5)
純正オーディオもオーディオプロセッサーを介して、キチンと調整を行うと
まるで別物のように見違えるのです( ̄ー ̄)

あまりの音質の向上っぷりに、オーナー様のテンションもぶち上げ( ̄▽ ̄)
早速、次のバージョンアップの話で盛り上がりましたとさ。

僕ら世代で「X1」といえば・・・

SHARPの「パソコンテレビ・X1」ですよね!やっぱり!!

・・・・・・。
ぬぅ・・。
誰からも賛同がもらえぬとは・・・。

あと、どうでもイイんですが、「パソコンテレビ・X1」には「X1・TURBO」ってのもあってですね
それこそ、BMW・X1はターボエンジンなわけでして(/・ω・)/



s-IMG_3181.jpg
FFベースになった新世代、X1。

シュッとしたイケメンなのであります( ̄ー ̄)
今回は、オーディオプロセッサーと愉快な仲間達の取り付けです(^^♪



s-IMG_3188.jpg
スピーカーは前回の作業ですでにDLS・UP4が装着済み。

納車後も奥さんにバレた様子無いので(気づいてるかもですが(^^;))
それこそ完全なYN仕様だったわけです。



s-IMG_3182.jpg
センターコンソール奥のドリンクホルダー部に、プロセッサーには必須の
アイテムである、HELIX・DIRECTORを取り付け。
フタもできるので、完全に隠しちゃえます~(*´▽`*)



s-IMG_3184.jpg
純正モニターに、A’tack製のAVインターフェイスを利用して
メディアプレイヤーの映像を割り込ませています。

画像はボケボケなので説得力無いんですが、HDMI接続しているので
パリッと美しい画像なんですってば!実は!僕の写真の腕がニクイ!!

純正オーディオからのアナログ信号もプロセッサーを介することで
圧倒的に高音質化が可能です。
勿論、メディアプレイヤーからのデジタル信号だと、
さらにさらにグッと音が良くなりますのです!!!

アルファードのオーディオが大変身!!

ある日突然、「そうだ、オーディオ組もう」ってなるとき、ありますよね??

そんなときどうすればいいのか??

答えは、そう。
AV KANSAIのドアを叩くコト。

そこには、答え以上のナニかがきっとあります。
ある。
いや、あります。
ある・・・と思います。
ある・・・といいなぁ。

いや、あるんですが。



アルファード オーディオ (1)
内外共に一通りのカスタムを終えて、更なる一手を考えた時。

「そうだ、オーディオ組もう!」

いいね!いいね!その考え。
音楽とクルマ、否、音楽と生活、むしろ人生は切り離せないのです。
そんなとき、なにやらへにゃへにゃのカーオーディオとかヤですよね。
ドライブの楽しさが4096分の1ぐらいになっちゃいますよぉ。
大好きなクルマの魅力も256分の1ぐらいになっちゃいますよぉ。

そこで、はた!と思いついたオーナー様。
AV KANSAIのドアを叩いてくれました!!

するとどうでしょう。
40後半の人生に疲れた坐骨神経痛持ちのおじさんと出会います。
みるからに胡散臭いそのおじさんが言うには、
「いいオーディオは人生を豊かにするんだぞぉ」と。



アルファード オーディオ (4)
比較的お手軽に、ハイレゾ環境を構築できるナイスアイテム!
メディアプレイヤー「デジ像・改」

厨二心をくすぐる「改」が示す通り、ネットで買える普通のモノじゃぁありません( ̄ー ̄)
USB・HDDからの動画再生、デジタル出力、HDMI出力、
忘れちゃならないレジューム機能。

メディアプレイヤーとして必要にして充分な装備を持ち、
お値段もまぁまぁ控えめ(^^♪
すでにナビ等のモニターが装備済みなら、導入も非常に簡単なのです。



アルファード オーディオ (6)
M’sスピードのセンターコンソールが装着済みでしたので、
コンソール部をプチ加工して、オーディオプロセッサーの必需品、
HELIX・DIRECTORを取り付け。

プロセッサー単体で動作させる場合には、どうしても必要ってワケではありませんが
デジタル機材とアナログ系を併用する場合は必須になります。
プリセット変更がお手軽にできるので、プロセッサーの機能がグンと拡張されます( ̄ー ̄)



アルファード オーディオ (2)
フロントスピーカーのミッドローは、モレル・イレイト6MWTi。

ドアポケット部を全面作り替えして強固なアウターバッフルを作成。
純正然としたデザインでありながら、明らかに他とは違う。

この満足感と優越感はカスタムの醍醐味の一つですよね!



アルファード オーディオ (3)
拡大すると、こんな感じです( ̄ー ̄)

精度高い、丁寧な造形がシビれますね!
画像で見ると、結構色が違って見えますが、実際はここまで差はありません。
純正の樹脂素材とカスタム部のレザー素材の反射率の違いによって
光の当たり方具合でこんな風に見えたりします(゜-゜)



アルファード オーディオ (5)
スコーカーは、モレル・CDM880。
トゥィーターは、モレル・スプリーモ ピッコロⅡ。

どちらも垂涎のハイエンドモデル(*´▽`*)
圧倒的な工作精度を誇る、ロータスグリルのこれまた美しいコト。

うちも負けてられません!
絶妙な角度と位置づけで、きわめて自然な造形を心がけています。

スエード仕上げの質感は非常に高く、
これまためちゃめちゃ満足度の高い施工です。

かっこよく、しかも音質は最高。
これはこれは、贅沢な。


ちなみに、プロセッサーやアンプ、その他補器類は全てシート下に納めてます。
ケーブル類も最短で済むので、音のメリットもさることながら、
コスト面でも有利になりますぞ??

オーディオ以外のアレとかコレとか。いや、ドレ?

まぁ自分で言うのもアレなんですが、AV KANSAIっていうと
世間のイメージは「あそこは高い!」や「高級オーディオしか売ってない!」や
「100万円以下は作業しない!」とかとか・・・。

"(-""-)"
(´・ω・`)

マジですか・・・・。

100万オーバーの作業なんて、そんなにあるわけないのにね・・・。
だってアレですよ?自慢じゃないですけど、
モレルのスプリーモだってお客さんに売ったコトないですよ???

・・・・・・本当に自慢じゃなかった・・・。


さてさて!
一瞬で相変わらず気を取り直して!



s-IMG_3103_20170402205302943.jpg
いつもお世話になっている、H様のF20。

普段から控えめな方なんですが、最近はめっきり馴染んできて
ちょくちょく遊びに来られるようになりました( ̄▽ ̄)

普通に遊びにきてくれるのとか、嬉しいですよね。
ちょっと寄っただけ~。
大いに結構なのです(^^♪


そしてそして!
ついに、H様も念願のコンペデビュー!!
先日行われた「春のぷちまいど」にエントリーされました。

初出場ながら、Aクラス5位入賞!!
オメであります!
心から、オメであります!!

しかもアレですよ?
せっかくコンペでるんだからってんで、ホイルとバネもお買い上げ( ̄ー ̄)
いや、マジで、その心意気というか気持ちが嬉しいやないですか。


s-IMG_3104_201704022053021ca.jpg
今ナウ大人気の、Zパフォーマンス製の「ZP-09」19インチをチョイス。

ヤバイぐらいに合ってます( ̄ー ̄)
オーナー様も一瞬で心奪われたらしく、「ヤバイヤバイ」って連発してました(*´▽`*)



s-IMG_3172_20170402205303a85.jpg
こちらはうって変わって、弩スペシャリティーカーのベントレー・コンチネンタルGT。

オーナー様はほかのクルマでオーディオしていただいてますが、
こちらはオーディオは完全にノーマル状態。
ホイールをお買い上げいただきました!!


s-IMG_3174_2017040220525979c.jpg

んが!!

超高級ホイールのHRE!?
どう考えても近づきたくないクルマ、ナンバー1です。

それにしても、めちゃめちゃカッコよくなりましたね~。
ノーマルホイールのヤボったいことこのうえなし!


AV KANSAIは、オーディオだけじゃありません。
クルマを楽しむコト全てを手掛けています。

なんなりとご相談くださいまし~(*´▽`*)

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10