新世代のレンジローバーの音響や如何に??

BMW、フォードを経て、今やインドのタタの子会社となっちゃった
英国王室御用達の高級ブランド、ランドローバー・・・。

元植民地であった国の会社に買い取られるってどんな気分なんでしょうか。
プライドの高さに定評のあるイギリス人。
インド人に会社は売っても、(クルマへの)魂までは売りません!!

や、なんとなくインドネガティブな文章ですが、
僕個人的にはイギリス人の方が嫌い度MAXです( ̄ー ̄)


レンジローバーaudio (1)
そんな魂のブランド、ランドローバー・レンジローバー スポーツ
ややこしいな(゜-゜)

現行型のレンジローバーはかっこいいですね~!!
デカイけどね!!

さてさて。
所謂高級車と言われるレンジローバーですが、
その純正オーディオのポテンシャルは、やっぱり「所詮、純正」なのです。

今回の作業は、真の高級車となるべく、
オーディオの大幅なバージョンアップを行いました!!



レンジローバーaudio (2)
うぅむ・・・。

社外品のオーディオを拒む、この完成したデザイン・・・。
後付けでデッキ等の取り付けは望めませんねぇ(゜-゜)



レンジローバーaudio (3)
でも、何の問題もありませぬ!!!

そうです!
オーディオフリーク達の、熱すぎる味方!!
HELIX・DSP-PROmk2+DIRECTORがあるじゃぁありませんか( ̄ー ̄)

いぇあ!!
いゃっふぉぅ!!!
ひゅーひゅーだよ!!



レンジローバーaudio (4)
この画像。

純正と何が違うかわかるのは、ズバリ!オーナーさんじゃないですくぁ!?

今回の作業は、オーディオの超絶進化なワケですが。
どこが変わったのか分からないようで、ホントに大丈夫なの!?

大丈夫です。

純正に見えるスピーカー群は、全て交換済み。
モレル・イレイト6MWを純正グリル内を大幅に加工して取り付け。
同・CDM880、ピッコロⅡも純正位置に取り付け。

レンジローバー・イヴォークもそうですが、
ドアの比較的高い位置にミッドローが設置されているクルマは
音響的にかなり有利なのです。



レンジローバーaudio (5)
ドアのウーファー取り付け部です。

純正のメッシュグリルの質感は全くそのままに、
内部だけを大幅に作り替えています。

このクルマもスピーカー取り付け部に樹脂が多用されていますので
これまた音へのメリットがアップ中!!



レンジローバーaudio (6)
ウーファーのすぐ近所で、且つ、ドアのほぼ最上部に設置されたスコーカー。

当然ながら、音の繋がりは目を見張るものがあります。
定位のブレもなく、理想的な設置場所ですね~。

しかも、どうですか!?
この恐ろしいまでの純正然とした取り付け。
オーナーさんにしか分からない、この質感の違い。
純正よりもはるかに高い高級感・・・・。

自慢したくなる逸品にもほどがありますね!!



レンジローバーaudio (7)
ミラー裏純正位置にピッコロⅡを埋め込み加工。

これまた、スッキリと質感高く施工されています。
YN仕様のオーナーさんでも、堂々と「イジってへんよ?」と言いきってください(*´▽`*)



レンジローバーaudio (8)
どうですか?
このコクピットからの素晴らしい眺め。

持つ喜びも満たし、誇らしげでもありますね!

しかも、この純正然とした質感から放たれる音のなんとも素晴らしいコトたるや!!
ユニットの近接設置、ドア上部へのユニット集中、
もうひとつ忘れちゃならない!当店の調整能力の高さと相まって、
なんとも官能的なサウンドを聴かせてくれます。

ほぼEQフラット、当たり前のクロス設定ですが、
このままで全く問題有りません( ̄ー ̄)


真の高級車がここに生まれました。
純正の質感を極限まで活かし、高め、圧倒的に凌駕する。
これが、当店の考えるカーオーディオのあるべき姿です(^^♪


今季オーディオコンペの「台風の目」な一台!!

さぁ!
オートメッセも終わり、いよいよ今シーズンのコンペへ向けて
皆さん動き出してきましたよ~(*´▽`*)

そんな中、精力的に活動を続けるT様が、
怒涛の新兵器を導入しました!!



420 audio (1)
ど~~~~~ん!!!

エスティマから、BMW・420グランクーペに乗り換えでっす!!

・・・・・・。

・・・。

あれれ??
どこかで見たコトあるような車体・・・。
そうです(^^♪
実は当店のデモカーだった420グランクーペをお買い上げいただきました!

元デモカーとはいえ、システムはほぼ総入れ替えΣ(゚Д゚)
オーナー様の好みを強く反映したシステムになっています!!



420 audio (5)
当店施工のBMWでは弩定番の、AVインターフェイス+メディアプレイヤーと
SONY・ウォークマンを使った至高のデジタルシステム。

普段は、気軽にメディアプレイヤーで音楽と動画を楽しみ、
どっぷりと浸りたいときは、ウォークマンで極上のサウンドを味わう。

これぞ、漢の憧れの空間。



420 audio (4)
これも弩定番のHELIX・DSP-Pro+DIRECTOR。
コンペでは当然ですが、普段使いでも非常に便利なのです!
プロセッサー単体使いの時よりも、安定度が増すってメリットも(^^♪



420 audio (3)
うちのデモカー時代は、所謂「究極のYN仕様」だったのですが、
どう考えても嫁にバレバレ仕様になっちゃいました!!

そして、この新形状のドアバッフルはどうですか!?
以前ノモノよりもさらに洗練され、純正然としながらも
より一層スタイリッシュに仕上がりました!!



420 audio (2)
ちょいと角度を変えた画像。

ここまでスッキリとしたバッフルなら、「純正やで?」って嫁さんに
押し通す強者が現れそうですね(*´▽`*)

純正位置にもそれぞれ スピーカーをインストールしていますが・・・。
色々と新たな企みを企てているので詳細は控えさせてもらいます(゜-゜)



420 audio (6)
そんでもって、どーーーーーん!!!

最近めっきり少なくなった感のある超弩級トゥィーター。
昔のDYNAUDIO・ESOTARのトゥィーターほどキ○ガイじみてはいませんが
どうです!?この存在感!
タダモノではない感がプンプンプンに漂いまくりであります!

そして、音のほうも言わずもがな。
圧倒的な空気感。
一聴してすぐにサブイボ系の極上サウンドが堪能できます。

どう考えても今年の台風の目な一台( ̄ー ̄)
活躍が楽しみですね~。

W205 ・ AMG C43クーペにオーディオインストールですー

斜め後ろからのスタイリングがどえりゃーエロい、このクルマ。


W205audio (1)
といいながら、斜め前からとか( ̄ー ̄)
「さすが僕!」という形容詞以外思いつかないですね

まぁ、斜め前からでも十分そのエロさは伝わると思います。

さてさて、このエロいクルマに取り付けるオーディオはというと・・・。



W205audio (2)
やっぱりDLSのスカンジナビアで決まりでしょう!!

ん?
エロはどこいった??
そんなの関係ありません!
音がイイから選んだだけです!!

最近のメルセデスもBMWに倣ってか、メインスピーカーが10cm・・・。
どうなってんの!?純正オーディオ界ってば!!
とはいえ、そこはメルセデス。
BMWの純正よりもよっぽどマシな音にしてきてはいます。

・・・・・・まぁ、マシってレベルですけれども。

ただし、ドア内の金属パネルの面積がすごく少ないのはありがたい!
樹脂で覆われたドアは、オーディオ的には結構有利に働きますね~。


ドアポケット前部を加工して、ワンオフのドアアウターを施工。
純正のデザインを十分に理解したうえで、説得力のあるラインを構築。
ドア上部の純正スピーカー部にはスカンジナビアのスコーカーを
インナーバッフルをワンオフして取り付け。



W205audio (3)
トゥィーターはAピラーにスッキリと埋め込み加工。
エアコンの吹き出し口や、純正スピーカーの「球状」と相まって
なんだか割と自然にとけんこんでおりまする( ̄ー ̄)
パッと見ぃは2WAYに見えちゃいますが(^^;

ドア上部のスコーカーはそれでもやっぱりめちゃめちゃイイ仕事してくれます。
インナーでの設置でもなんの問題もありませんね!



W205audio (4)
コンソール奥の灰皿部をプチ加工してDIRECTORを取り付け。
埋込ってほどではありませんが、普段はフタしてあるので
Cクラスの美しいラインの邪魔には一切なりません。

まぁ、ちょこっとだけ操作性に難アリだったりしますが。
そんなしょっちゅう触るモノでもないので、これはこれでアリではないかと。
いや、アリです!



W205audio (5)
メインソースはいまやハイエンドオーディオ界を席巻し尽くした感のある、
ソニーのウォークマン。

HDケーブルの結合剛性が低いとか、そもそもサイズがデカイとか
車載機ではないだけにいろいろと問題はありますが、
この音を聴いてしまえば、他は考えられません・・・。

ハイレゾ環境の構築には、いろんな相性問題や
機材間の問題があり、なかなか一筋縄ではいかない部分があります。
「ちょっとハイレゾやってみるか」
って感じで、近所のショップに行ってしまうと、
そもそも「ナニそれ??」だったり、きちんと再生できなかったり・・・。


興味のある方、圧倒的な経験値を誇る当店に、是非御相談ください!


この、新型スマートも問い合わせが多いですね~

やっぱりみなさん、ポータブルナビはあんまり好きじゃないんですね( ̄ー ̄)

や、というか、このクルマの雰囲気にポン付けが似合わないからかな??



s-IMG_2995.jpg
スマート・ForTWO プライム(*´▽`*)

売れてるのはどう考えてもForFourだろうけど、
僕的には、どうせこのクルマ買うんだったらForTwoがいいなぁ。



s-IMG_2999.jpg
はいッ!!

どーーーん!!
7ワイドのナビだったら、こんなにも美しく取り付けできます!!
パナソニックでもパイオニアでもアルパインでもケンウッドでも(^^♪
お好きなナビを選んでいただけますよ~。



s-IMG_3003.jpg
バックカメラは必須です( ̄ー ̄)

このForTwo。
あまりにもサイズが小さすぎて、小回りが利きすぎるので
慣れるまで真っすぐ駐車するのが難しいんです(-_-;)
まさか?と思われるかもですが、実際に運転してみるとわかりますΣ(゚Д゚)



s-IMG_2996.jpg
カメラもご覧のように、非常にスッキリとした取り付けができます。
こいつぁまるで純正のごとく、ですね( ̄ー ̄)


取り付ける装備やナビによって、金額は変わりますので
ご相談ください!


富士重工の名(迷)車といえば、

アルシオーネ、SVX、VIVIO RX-RA
そして、このR1ですよね( ̄ー ̄)



s-IMG_2959.jpg
太陽の塔に見えなくもない、グリル(バンパー?)のデザインが
微妙っちゃぁ微妙なんですが(゜-゜)

どう考えても後世に残したい傑作デザインですね!
そんなスバル・R1にオーディオインストールです~(^^♪



s-IMG_2955.jpg
スバル・R1の純正オーディオは、ダッシュ上両端に
10cmスピーカーが設置されちょります。

さすがにこのご時世に10cmスピーカーのみってΣ(゚Д゚)
や、最近のトヨタのコンパクトカーは、この方式だったりしますけど。
クルマのオーディオをないがしろにしすぎじゃないかしら!?メーカーってば!?

今回はガッツリオーディオなので、当然ながらドアアウター化であります!!
オーナーさんにしか分からない、この圧倒的な純正風デザイン。
ビックリするくらいに違和感は皆無なのです( ̄ー ̄)

軽自動車ですが、さすがに2ドアなのでドアはデカイっすね~。
高強度のバッフルと、強めのドアデッドニングを施し、
ETONの誇るハイエンドスピーカーであるMGSのウーファーを取り付け。



s-IMG_2957.jpg
なんと、MGSの3WAYシステムだったりします( ̄ー ̄)

どうです??この圧倒的な存在感!
これは所有する喜びを掻き立てられますね!!

8cmスコーカーとトゥィーターをダブルで近接設置していますが、
実はR1のAピラーには極小の三角窓があります(-_-;)
この全く役に立たない三角窓の存在のせいで、Aピラーの施工難易度は
グンと高いものになってしまいます(^^;



s-IMG_3013.jpg
ヘッドユニットは、たまたま店にあった中古の80PREMI(^^;
実はMGSの3WAYスピーカーも、たまたま店にあった中古品!
全て中古で揃えちゃいました( ̄ー ̄)
なんてラッキーなんだ・・・。

サウンドナビの特徴であるマルチウェイアライメント機能を駆使して
3WAYスピーカーをほぼフルマルチ並に駆動しております。
3WAYはをきちんと鳴らそうと思うと、フルマルチでの調整は必須でありますぞー

ニッサン・キャラバンみたいな・・・もしくは

ヒカシューのボーカルの人みたいな、あるいは森川由加里みたいな。


・・・・・・ヒカシューって・・(゜-゜)



s-IMG_2967.jpg
そんなわけで、今回のクルマはトヨタ・ルーミー カスタム

所謂、でっかいタントですね(^^♪
ってことはですよ、室内広々にも程があるってコトじゃないですか??



s-IMG_2964.jpg
やっぱりみんなで楽しむクルまには、ALPINE・BIG-X9ワイドですね!!

てか、最近のトヨタ系のクルマってば標準のデッキパネルが
9ワイド対応だったりしますね(^^;
普通にサウンドナビとか取り付け用と思ったら、
逆に専用パネルが必要になるっていうね"(-""-)"

なぁでもデカイのが選べるならデカイのにしますよね!
だって老眼ですもの!!

BIG-Xはそのままでも十分楽しめる音が作れるのですが、
ここはやっぱりプロセッサー導入でさらにさらにイイ音にしちゃいましょう!!



s-IMG_2963.jpg
フロントスピーカーはDS-G20をそれぞれ純正位置に取り付け。
強固なワンオフドアインナーバッフルと、ミラー裏に~。

ここまで完璧な「YN仕様」ですね( ̄ー ̄)



s-IMG_2966.jpg
パノラミックビュー装着者も全然問題ありません( ̄ー ̄)
ちゃんとデカイ画面で確認できます~。

安全ってのはめちゃくちゃ重要なのでありまする。
音質も当然ですが、機能も損なわないってのがポイントですね~。

大阪オートメッセ!絶賛開催ちゅ!!

今年もやってまいりました、この季節!!

割と年明け早々気味に行われるので、毎年いつもバッタバタΣ(゚Д゚)
今年は新デモカーが2台あるので特に厳しかった・・・。


s-IMG_0426.jpg
お馴染みの弩級システム搭載のBMW・X4ですが、
実はスピーカーを交換していたりします!!

そうです。
ブースの様子からしても想像できるかもですが、
BRAXの新しいMATRIX3WAYを早速インストールしております。

モレルなんかと比べて、やたらと自己主張の激しいユニットですが
バッチリ調律完了しております( ̄ー ̄)

DSP-PROmk2、NOX4、MATRIX3WAYの組み合わせによる
至高のハイエンドオーディオをご堪能あれ。



s-IMG_0428_20170210211415bcc.jpg
こちらは、フェリソニブースに出店ちゅの、メルセデス・C43クーペ。

DSP-PROmk2、シンフォニアンプ、スカンジナビア3WAYの組み合わせ。
最新のベンツのオーディオ事情を体験できます。
スカンジナビアの3WAY、こいつはマジでイイ音聴かせてくれますよ。

あとは、最近のベンツの特徴である樹脂製ドアの威力を味わってください( ̄ー ̄)



s-IMG_0427_20170210211414ef6.jpg
当店の新デモカー!!BMW・M4クーペ。
やっぱ「M」はこの色っすよね!?

X4とはうってかわって、こちらは所謂「究極のYN仕様」
ドア加工はおろかデッドニングすら行わない、ほぼポン付システム。

ポン付!?
そんなんデモカーになるの???

なるんです!!
めっちゃなるんです( ̄ー ̄)
一見すると純正なんですが、驚愕の音質体験できます!!
BMWオーナーに限らずですが、これは一聴しないと安心して死ねません。




s-IMG_0429.jpg
最後は、僕の今の愛車(^^;
トヨタ・C-HRハイブリッド。

DIATONE・200PREMIと噂のスピーカーSA1000の組み合わせ。
完成したのがやはりと言うか、またかというか搬入日当日(-_-;)

毎年恒例の光景です(゜-゜)

作業期間は2日Σ(゚Д゚)
エージング???なにそれ?食べられるの?_?
な、状態にもかかわらず、なかなかどうしてイイ音聴かせてくれます。


明日、明後日はインテックス大阪にレッツゴー!であります!!




さぁ!いよいよ念願のコンペデビューかっ!?

いつもいつもお世話になっちょります、H様のF20。

s-IMG_2950.jpg
以前お乗りのお車からの乗り換えなんですが、
このF20自体も当店でお買い上げいただきました(^^♪

まぁ、相当買って買ってってごり押ししたんですが(-_-;)
それでも、僕を信じて買っていただけるコトがものっそ嬉しいのです。

今では、すっかりBMWの虜になっておられますし( ̄ー ̄)



s-IMG_2947.jpg
今ではもう当たり前になってしまいましたが、
オーディオプロセッサーはHELIXのDSP-Pro+DIRECTOR。

圧倒的にも程があるほどの超絶高音質を誇る、この商品。
調整自体も非常に精度高く、X系の比ではありませぬ。

一度体験してしまうと、この高音質体験は忘れないものになるでしょう。



s-IMG_2943.jpg
来月20日に開催される、ぷち毎度がコンペデビュー戦の予定なので、
長年慣れ親しんで来たスピーカーを新しくモレルに変更しました。

ETON・MGS3WAYからの変更なんですが、
MGSがダメだから交換したのでは勿論ありません。
MGSは少々固めながらじつにイイ音を聴かせてくれます。
ただ、今回はコンペに対応するのが目的でしたので
僅かでも勝率が上がるのであれば、その対策をしたいものです。

モレルの音の方向性の方がコンペ向きってコトですね( ̄▽ ̄)



s-IMG_2944.jpg
う~~ん・・・ホントに美しいユニットですねぇ。

惚れ惚れします(*´▽`*)



s-IMG_2945.jpg
ちょっと暗い画像ですが(^^;

この独特なデザインのグリル、ロータスグリルと呼ばれていますが
これってモレルでしか作れないそうですね~。
恐ろしいほどに小さな穴が美しく開けられています(^^♪

まぁ、個人的には東大阪の某氏なら作ってくれるんじゃないかと思いますが( ̄ー ̄)



s-IMG_2949.jpg
スピーカー交換と同時に、サブウーファーも導入しました。

BMWはシート下に8インチウーファーが取り付けられているので、
サブウーファーは特に無くてもイイっちゃぁイイんですが、
やはりコレがあると音はがらっと変わります。
音の高級感が全然違いますし、空気感も断然よくなります。

更なる高音質を目指すなら、是非次の一手として考えてください~。



最速セダンに最速インストール!?

恐らくは大阪で最速納車であろう、スバル・WRX S4Ts
あたりまえですが、弩新車にオーディオインストールでする。


s-IMG_2938.jpg
鮮やかなブルーが鮮烈な印象ですね~。
こいつは速そうじゃぁないですくぁっ!?



s-IMG_2940.jpg
DIATONE 200PREMIを取り付け~

・・・・・って言いたいところですが。
残念(-_-;)
ディーラーオプションの100リミテッドがすでに装着済み・・・。
まぁ、しょうがないないです。
スバルディーラーってば、ウソやん!?ってぐらいの破格値で
ナビをつけてます・・・。
色々セットで4~5万円ってレベルだそうです。
や、勿論ナビも含んでの話ですよ???

リミテッドは、社外品のスピーカーに交換しちゃうと
ただのレギュラーになってしまいます。
うぅん・・・・なんだかなぁ・・・。

でも、ついちゃってるもんはしょうがない!!
オーディオプロセッサーを導入して、積極的に音造りをしちゃいましょう!!



s-IMG_2941.jpg
スピーカーはお持ちのDIATONE・DS-G50。

このクラスのスピーカーをパッシブで鳴らすのもねぇ(-_-;)
やっぱりちゃんとフルマルチで鳴らしてあげたいのです!

WRX系はドアに余裕がありますので、デカイスピーカーでも問題ありません。
G50なら楽勝でインナーバッフルで施工できます。
Aピラーにはトゥィーターをスッキリと埋め込み加工。

音が最重要なのは当然ですが、かっこよさもカーオーディオでは
相当大事な要素だったりします。
ダッシュ純正位置に取り付けたトゥィーターでは、本来の能力を全く活かせません。
それも含めて、ピラー加工はとってもとってもオススメであります( ̄ー ̄)



s-IMG_2942.jpg
やたらカッコイイ純正RECAROシート(^^♪

・・・・・・
こりゃぁお高いワケだ・・・。




プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10