今年も一年、ご愛顧頂き本当にありがとうございました。

本日をもちまして、2016年の「作業」は無事終了いたしました。
後半にかけての怒涛の納車ラッシュと、
ラスト一週間の15台もの怒涛の作業&納車ラッシュ時は
いや、マジでちょっとアカンとか思いそうになりました、さすがに(T_T)

それでも、なお年明け作業にシフトさせて頂かざるを得ない状況。
楽しみにしているのに、ホントに申し訳ありませぬm(__)m


さてさて。
今さらですが、年末年始のスケジュール確認( ̄ー ̄)
メモのご用意はOKですか??

でぁ、早速。


年末年始の休業日は、
2016年 12月31日から
   2017年 1月3日まで


僕にとっては、唯一の連休・・・・連休・・・嗚呼、なんて甘美な響きかしら。

1月4日は「水曜日」ですが、お年玉欲しいので「僕」と「代表」の
オヤジ二人のみ出勤しちょります。


年明け早々僕と話したい、
そんな弩マニヤな人、待ってます( ̄ー ̄)



ちなみに作業はしませんよ?
そんな4日から働かせるとか、あなた、鬼じゃよね!?

あと、「代表」のプチ調整会的な
モノも期待できるかもです(^^♪



3が日は家族とゆっくり過ごしていただき、
4日はAV KANSAIで初買いと景気よくイキましょう!!

待ってます!!


BIG-Xとかパナナビとかには必須ですぞよ。

BIG-Xは音質的にどうのこうのではなく、充実の便利機能を
活かし切りつつ、更なる高音質化を考えるとやっぱりあった方が断然イイのです。

あ、パナナビは無いと話になりませんので。
いや、マジで。


???
なんの話か?って??
やだなぁ、もう。
オーディオプロセッサーの話にきまってますやんか(´_ゝ`)



アルファード audio (1)
既にBIG-X、スピーカー、P-SIX・DSPが
既にインストール済みのこの新型アルファード。

今回は更なる進化を目指して、デジタルソース化と
サブウーファーの取り付けを行いました( ̄ー ̄)



アルファード audio (3)
それにしてもデカイな・・・11インチのBIG-X。

昔はデカイ画面なんて一切興味なかったのに、
近頃は老眼が進んじゃってデカイ画面がありがたいコトこのうえない。

あるお客様が言ってました。
デカイものが選べるのに、小さいモノを選ぶ意味がわからない。
なんとなくホリエモン的な感じが漂ってますが、
なんとなく真理っぽいですね( ̄ー ̄)



アルファード audio (2)
大型コンソール付のアルヴェルで、シートヒーターとか装備されてなければ
DIRECTORの場所はここで決まりでしょう!

コンソール部と近似のレザーで仕上げてありますので
違和感もありませんね~。
操作性はバツグンでずぞぉ。



アルファード audio (4)
既に装着済みのスピーカーは、DLS・RC6.2。

めちゃめちゃ良く伸びる低音に、スムーズな高音が相まって
実に滑らかで聴きごたえのあるサウンドを響かせてくれます。
しかも鳴らし易いのも魅力なのですよー(^^♪



アルファード audio (5)
なんの画像やねん感満載なんですが。
ラゲッジ下部右側のスペースを利用して、DLSのサブウーファーを
埋め込み加工してあります。

純正のフロア面と厳密に高さ揃えてあるので、
荷室の使い勝手はほとんど損なっていません。
真ん中と左側の空間は当然、普通に使えますよ( ̄▽ ̄)

スバル インプレッサ・スポーツにオーディオインストールですー。

新型になって、ナニやらバカ売れしてるとのことですが、
個人的には、このモデルの方がなんだか好きだにゃー(∩´∀`)∩

それにしても、さすがにしわっす! (゜Д゜)ノ だけあって
忙しいにも程がありますよね。
このご時世になんだかとっても有り難ぇ話でございます。


さてさて。
オッサン的には「インプレッサ」といえば、WRCで大活躍してた頃の
思い出しかないんですが。
今ナウ、インプレッサといえば「この」くるま。
インプレッサaudio (1)
4ドアセダンだったり、クーペだったりしてたのが、
今やすっかりワゴンスタイリングが馴染んでおります。

まぁ実際乗って見て初めてわかるコトかもですが、
相当に完成度の高いクルマです、インプレッサ・スポーツ。



インプレッサaudio (4)
漢のナビレス仕様( ̄ー ̄)
ポータブルナビすら拒むその姿は、まさに武士(もののふ)

その潔さや、よし。

DEH-P01で3WAY+サブウーファーをフルマルチ制御。
左右シート下にETONのSR4chアンプを取り付け。
このETONのSRシリーズのアンプ、比較的リーズナボーながら
完全に格上の音を聴かせてくれます。
オススメじゃよ?( ̄ー ̄)



インプレッサaudio (5)
スピーカーはDLSのリファレンスシリーズ。

Aピラーにスコーカーとトゥィーターをインストール。
大袈裟になりがちな取り付けですが、極力突出を抑えて
違和感が出ないようにデザインしてあります。

ピラーにダブルで取り付けるのは、好みの分かれるトコロ。
この存在感が大好きな人もいますし~。



インプレッサaudio (2)
ミッドバスは、ワンオフのドアアウターで強固に取り付け。

ユニット付属のグリルは使わずに、サランネットでの保護のみ。
若干上向き手前向きに角度を付けてありますが、
ドア面からの突出はほとんど気になりません(^^♪



インプレッサaudio (3)
サランネットを外せばご覧のとおり(´▽`)
普段は隠れていますが、脱いだらホントはすごいんです、を地でイク仕様。

インナーでの取り付けでも問題ないんですが、
やっぱりアウターバッフル化は効果絶大です( ̄ー ̄)


次なるバージョンアップを考えちゅの弩マニヤのみなさんにオススメですぞー。

DIATONE サウンドナビ200PREMI 絶好調!

フルモデルチェンジだった前回の「100PREMI」のときよりも
今回の「200PREMI」の方が何故か良く売れております。

しかも、「100PREMI」からの載せ替えが多いのも特徴かもですね(^^♪
いやはや、まったく有り難ぇ話でございます。

当店も常時5台は在庫するように心がけているので、
「あ!そうだ!200PREMI買いに行こう!!」と思い立ったが吉日。
いつでもWELCOMEでございます( ̄ー ̄)

と言いますか、なんか4,5台在庫が無いと、ちょっと不安になります(*‘ω‘ *)


n-box audio (1)
いつもお世話になっております!
N-BOXのY様、またしてもバージョンアップしていただきました。
ありがとうございます!!



n-box audio (3)
なんと!!
今回のバージョンアップはトトロの移動!!

このブログの熱心な読者(弩マニヤめ)なら覚えているかもしれませんが、
このY様のN-BOX、ダッシュボードセンターの一番前にトトロがいたんですよね。

今回の作業では、なんと!?このトトロを右ピラー付近に移動しました!
すごいね!ビックリだね!
などと君子風に言ったところで誰にも分らないと思いますが。

この位置が音質的にもっともドンピシャな位置。
ほんの少し前だと、耳(?)がガラスに干渉してしまいます。
こんなちょっとしたコトでもガラッと音が変わってしまうんですから、
オーディオってホントに奥が深くて楽しいですね~(^^♪











や、ネタですよ(´・ω・`)
いや、実際トトロは移動してるんですが。



n-box audio (2)
内蔵アンプの名機、80PREMIから200PREMIに交換しちゃいました!!

素の状態での出音が全く別物なので、全く参考にはならないんですが、
80PREMI時の設定をコピーして、登録してみました。

・・・・・・・。

・・・。

うん。
まるで使い物にならねぇのは確認できました。

一から全部やり直した方が断然速いです(^^;


Y様、いつも物欲を刺激するお誘いしてスイマセン( ̄ー ̄)
ホントにありがとうございます!!

アルファロメオ ・ ジュリエッタにオーディオインストール。


アルファロメオといえば、やっぱり真紅でしょう。
大昔のアルファの赤は、オレンジになっちゃってますが(-_-;)
というか、サビがひでぇ・・・。


s-IMG_2830.jpg

アルファロメオ ジュリエッタ・クァドリフォリオベルデ
いいエンジンなんですが・・・・MTが無くなった・・・残念すぎる。

今や日本で買えるアルファロメオには、MTが無いんですよね。
TCTの出来がどうのこうのじゃなくて、アルファロメオはMTで乗りたいにゃー。


さて。
落ち込んでばかりもいられないので、オーディオの話。

鮮やかすぎる真紅のボディ、ジュリエッタ・クアドリフォリオベルデ。
後期型に変わり2DINナビが標準装備になりました。
クッソ高い取り付けキットを買わなくて済むのはありがてーコトですね。



s-IMG_2833.jpg
お子様の為に、どうしてもBD再生できる環境が必要です。

見た目は、まぁ、その、ね?アレですが(アレってゆーな)、
ほとんどのクルマに取り付け可能なパナソニックの9ワイドナビ。

勿論、パナソニックなので音の方はもれなく「アレ」なんですが、
各種条件を考慮すると、これしかありませぬ(-_-;)

どう考えてもオーディオプロセッサーが必須なのでありますよ!!



s-IMG_2834.jpg
フロントスピーカーは、モレル・ハイブリッド602。

アルファロメオのドアは、いつも失敗しらずのいいドアなんです。
ジュリエッタも例外ではなく、しっかりとイイ響きっぷりです。

ただ、ドアハーネスのカップリングがボディ側ではなくドア側なので
ドアへの入線は非常に厳しい(-_-;)

ドアパネルの脱着やフェンダーの脱着は、絶対にしたくないし
板金に穴を開けるのもなんだかなぁ・・・です。
ケーブルは大事なユニットの一部なんですが、
そこまでのリスクを背負ってまで交換するモノじゃありません。
純正返しでの配線でも、余裕でイイ音にできますし。

この辺は、オーディオシステムとのバランスだと思います。
超ハードなハイエンドシステムでコンペに参戦して優勝狙うのなら
したほうがエエんでしょうけど( ̄▽ ̄)



s-IMG_2832.jpg
今回はお子様の為にも重点が置かれてるので、
9ワイドのHDMIモニターを2台取り付け。

ヘッドレスト直後方へ特別なステーでガッチリと固定されちょります( ̄ー ̄)
パナナビはHDMI出力も備えてるので、
リアシートでも滲みのない鮮やかな画面で楽しめます。

しかも、リアスピーカーも贅沢にモレル・ヴィルタス602に換装しています。

通常、当店ではリアスピーカーの交換はほとんどしませんし、
勿論リアドアのデッドニングもほとんど行いません。
リアドアデッドニングなんてしなくてもイイ音にするのになんの問題もありませぬ。

うちのデモカーたちも一切やってませんしね( ̄ー ̄)


DIRECTORのプリセット変更を利用して、
一人でドップリと音楽に浸りたい仕様や、
家族みんなで楽しみたい仕様など、
シチュエーションに応じた、様々な音の出し方が可能です。

様々な引き出しを備えたAV KANSAIに、是非ご相談ください(^^♪



プレミアムな軽といえば、ホンダ・N-ONE

絶対にハイフンを忘れちゃいけません。
エラいことになっちゃいますよ~(/・ω・)/


N-ONE audio (1)
ニューネクストニッポンノリモノといえば、N-ONE。

鮮やかなブルーが目を惹きますねー。
N-ONE、イイくるまだと思うんですが、
個人的に、どうしても気になって仕方ないコトがありまして・・・。


・・・・・・。
・・・。

ボンネット、開いてるように見えますよね・・。
あの隙間がどうしても、気になる(-_-;)



N-ONE audio (5)
プレミアムな軽に相応しいオーディオーはやっぱり200プレミでしょ!

質感高く、実に高級感ムンムンですにゃー。
N-ONEのコクピットにピッタリじゃぁないですか!



N-ONE audio (4)
当店オススメのDIATONEプランでのインストールであります。

もう一台のクルマにはDLSの3WAYをインストール済みですので、
こっちにはDS-G20を選択。
お気に入りのスピーカーをそれぞれ取り付けるのもイイですが、
クルマごとに方向性が違う音を楽しむってのも贅沢ですね。

N-ONEのAピラーは、フロントガラス側が外にえぐれてる・・・
ん~、表現が難しいんですが、埋め込みに適した形状じゃないんです。
勿論、埋め込みができないってコトじゃなくて、
かっこよくならないと言いますか・・・。

なので、今回はミラー裏に埋め込み加工。
こっちの方がスッキリして印象イイですねー。


ナビパッケージ車なので、純正ステリモと純正バックカメラ付きですが、
勿論、なんの問題も無く利用可能です。

や、問題ないと言えば語弊がありますけど、
ぶっちゃけ純正カメラは画質がよくねーーーーー!!

音質最優先派の方でもハイエースOKざます( ̄ー ̄)

ダッシュボード奥行きが狭く、ガラスが近い。
左右距離差が大きく、スピーカー位置も低い。

正直言って、音質を求めるにはハイエースは厳しい環境です(T_T)
でも、諦めるコトはありません(*´▽`*)

相当なレベルの音が堪能できちゃいまっす!!



ハイエースaudio (1)
カーオーディオは、当たり前ですが「まず、クルマありき」
オーディオカーなら、「まず、音ありき」

例えば、このハイエース。
このクルマを選んだ理由は「トランポ」に使うから。
や、アメリカの次期大統領じゃありませんぜ?

「トランポ」としては最強ですが、オーディオベースとしては難しい・・・。
でも、イイ音は譲りたくない。
じゃ、どうする??

ハイエースでイイ音にすればイイんです!!



ハイエースaudio (2)



・・・・・・・・・・・。

・・・・・・。

・・・。

なんで、一番最初にウチに来てくれないかなぁ・・・(-_-;)
もうね、垂涎のユニット群がすでに取り付け済み。

あ、このドアの画像はうちで再加工したモノですが。


ハイエースで最もネックと考えるのが、スピーカーの取り付け場所。
純正位置は、ほぼ「くるぶし」の辺りにあるうえに、
インナーバッフルと呼べないような薄いバッフルしか付きません。
勿論、サウンドナビやオーディオプロセッサー等で
キッチリ調整してあげれば、十分に楽しめる音にはなりますが・・・。

オーナー様の希望する音は、そのレベルじゃなかった。
徹底的にピュアオーディオを追及したい旨を
違うお店で相談したところ、現在のスピーカー達が選ばれました。


ボクら的に今考えうる至高の二大スピーカーのひとつ。

「モレル・スプリーモ 3WAY」

これをBRAX・MX4 2台でマルチ駆動。

どう考えても、現在最高峰の組み合わせです。
あ、もうひとつは「DLS・スカンジナビア 3WAY」ね。


以前はアウターバッフルだったんですが、今回はドア全体を造り替えました。
純正然としながらも、どうですか?このカッコヨサ!!



ハイエースaudio (3)
ウーファー取り付け部周辺の拡大画像。

複雑なラインの構成がわかりますねー( ̄ー ̄)



ハイエースaudio (4)
ドア上部にスコーカーを取り付け。

一体成型ならではの美しい仕上がりです。
うむ、マジでいい造形だ(´▽`)



ハイエースaudio (5)
AピラーにはピッコロⅡを埋め込み加工。
大型のトウィーターですが、実にスッキリとした取り付けを実現しています。

それにしても、モレルのユニット群はホントに美しいですね~。



ハイエースaudio (6)
メインソースは、当店ではおなじみのメディアプレイヤー改。

コントローラーのDIRECTORをナビ上部にダッシュ加工(!)で取り付け。
このパネルの向こう側には16cmのガイドスピーカーがインストールされています。
まさかのまさかです。
ガイド音声用のスピーカーをワザワザ、ダッシュボード加工して取り付けているのです。
しかも、ガイドスピーカーまでも「モレル」だったりします(^^;

まぁ、さすがにそんな事情でも無い限り、さすがにダッシュ加工してまで
この位置にDIRECTOR取り付けるなんて無茶はしませんΣ(゚Д゚)
や、操作性はバツグンなんですがね。


恐ろしいほどのハイエンドユニットずくめの状態からのヤリ直し。
プレッシャーしか無いって、どう考えても割に合わねー!!( `ー´)ノ

まぁ、そこはさすがにAV KANSAI。
オーナー様にも大満足していただけました。

ハイエース界隈で、この音を超えるのはなかなか難しいんじゃないでしょうか?

今さらだけどタイトル忘れてた!

s-diatone20161210-3.jpg

まさかのDIATONEによる迫害を受けた、前回の試聴会・・・。
三菱電機のWEBサイト上で告知されていなかったなんて・・・。
あんまりだ(T_T)

いや、まぁ常日頃から無理難題吹っかけてますからねぇ( ̄ー ̄)


まぁそれはさておきですよ。
三菱電機の有名人「O草さん」曰く、

「このままでは、僕の気が済まない!
  もう一度、きちんと試聴会ヤラせてください!!」

うぅむ、熱い。
営業さんでもないのに、この熱さ。
だから、みんなついてくるんでしょうね~(*´▽`*)


そんなわけで!!
「新型サウンドナビ・200Premi試聴会 リベンジ大開催!!」

いつ??
「2016年 12月 10日 11日」

どこで??
「AV KANSAI 大阪・堺本店」

時間は??
「適当に!」

適当でいいの??
「イイんです!」

イイのか・・・
「11:00~19:00ぐらい」

答えるんかい。
「新規でお見積りいただいたお客様にUSBプレゼント!!」

やったね!!
「やったね!!」


数に限りがございますので、終了しちゃってたらゴメンなさい。

他店施工のスズキ・ハスラー、やり直し~の巻っき。

有り難い話ではあるのですが、
業界的にそれってどうなの!?と思います。

や、だから、アレですよ?あれ。

商談してる最中に、お客様によく言われるんです。
「最初からココに来とけば良かったわ」
って。

僕ら的には嬉しいお言葉なんですが・・・(゜-゜)



ハスラーaudio (1)
そんなわけで、このハスラーのオーナー様もそんな一人。

現行サイバーナビ、スピーカー前後交換、デッドニング、チューンナップウーファー・・・。
所謂、フル装備に近いインストールがすでに実施されちょります。

「音が悪くて、いろいろやってみたんですが・・・
  多少改善しても、納得できる音には程遠いんです。
    せっかくの新車が全然楽しくないんです。」

いや、これはマジで困りました(-_-;)
すでに、もう結構な金額を突っ込んじゃってますよね、どう考えても。
新車に乗るのが楽しくないって相当問題です"(-""-)"

金額に見合う(や、見合う程度じゃダメなんですが)音を造るのが
カーオーディオ屋の仕事なんですがねぇ・・・。

何度も繰り返していますが、ホームオーディオとカーオーディオは全く違う世界。
完成しているシステム(基本的な音の保証ができている)を使い、
「組み合わせ」で理想の音を求めるホームオーディオに対し、
未完成のユニットをあらゆる工夫を施し、理想の音に近づけるカーオーディオ。

理想の音は同じでもアプローチは全く違います。
カーオーディオはスタート地点で相当不利なわけですから、
調整・取り付け・技術・経験、あらゆる知識を総動員しなけりゃイカンのです。

そりゃ、ちょっと知識あれば、誰でもスピーカーの交換なんてすぐできます。
自己責任でヤルなら全然かまいません。
むしろ、やってみた方が面白いです。
苦労も判ってもらえるし(^^;

でも。
少なくともプロ(お客様からお金を頂く)なら、付けるだけとか
マジで勘弁してください(T_T)
そんなコトばっかしてるから、「カーオーディオなんて・・」って
思われちゃうんです。



ハスラーaudio (3)
最新サイバーの最上位モデル。
セキュリティ機能や通信機能に特化した高級機なんですが。

あんまりパイオニアの悪口言いたくないんですが・・・・。
これはマジでアカンやつ。
選曲してもフリーズ、地図を開いてもフリーズ、ボタン数回連打でフリーズ。
よく売ろうと思ったな?マジで。

だからと言って、これを今さら変えるとかやっぱ厳しいッス。
それでなくてもいっぱいお金使っちゃってますから(-_-;)

音調整してるだけでも、すぐにフリーズしちゃうツンドラナビなので
オーディオプロセッサーを追加しちゃいましょう( ̄ー ̄)

もうすっかりお馴染みのHELIX・PP82DSPを取り付け。
同時にスピーカーをDS-G20に変更です。



ハスラーaudio (2)
ウーファーはインナーバッフルで強固に取り付け・・・の前に。

ドアをバラしてビックリ!!
デッドニング済みと聞いていましたが・・・・これがデッドニングなのか??
材料はレアルシルトを使っていますが、圧着が一切されてないんですが・・。
サービスホールの大きさに切って、ペタって張り付けるだけ。
あと、適当にアルミテープ貼っとけ的な。

うぅぅぅむ・・・・(ーー;)


デッドニングといえば、なんと!?フロアの制振も施工してありました!!
・・・・・・カード大のレアルシルトを部分的に貼ってあるのは、まぁイイのですが
これまた圧着されていない・・・(-_-;)
しかも、端部の処理をしていないので、ザクザク手が切れます。
手が切れるのは、まぁどうでもイイんですが、そんなデンジャラスな
ところに平気で電源ケーブルとか配線するのは勘弁してくれ~ぃ!



ハスラーaudio (4)
トゥィーターはAピラーに埋込加工でスッキリと取り付け。

画像で見るのと、実際に自分のクルマに施工されたの見るのとでは
イメージが全然違いますよ??
皆さん、一様に喜ばれます(^^♪
加工賃4万円(左右でね)と少々コストがかかりますが、
満足度の非常に高い加工です。



結果的に、前回のオーディオ作業と同じぐらいの費用になっちゃいました(-_-;)

ですが。
オーナー様の喜びようは、桁違い。
試聴した瞬間、大声で笑いだしちゃうほど。
「なんやこれ!?別物すぎて笑いが止まらん!」
「あかん、ニヤけてまう」

すぐさま、次のバージョンアップの御依頼を頂きました(^^♪

高価な買い物です、カーオーディオって。
でも、必ず満足させます。

否、満足するまで付き合わせてもらいます。


プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10