ああっ!!!夏休み終わっちゃうッ!!

や、そんなもんありませんが。
と言いますか、あったコトありませんが。

もう今日で8月も終わり。
・・・・・・あと4か月しかないですやん、今年ってば。
それよりも、来月には「ハイエンドオーディオコンテスト」がありますよ!!
みなさん、調整は進んでおりますでしょうか??



s-IMG_0243_201508312046390d8.jpg
このレクサス・NXもエントリーする一台。

毎夜毎夜現れては、深夜まで調整祭りが繰り広げられているのです。
その流れで、やはりとゆーか2WAYから3WAYに進化しました。



s-IMG_1206.jpg
今までは、モレルのハイブリッド2WAYだったんですが
スコーカーのCDM880を新たに追加。
既にピラー加工済みだったので、ここは再加工するしかありませぬ(-_-;)

同時に2cnアンプも追加しておりますが、
3WAY化は著しく音がよくなりますね!!

マイナス要素としては、コスト面ぐらいでしょうか。
調整の難易度は少し上がりますが、
自由度が広がることのメリットのほうが65536倍はあります。

コンペでは圧倒的な武器になりますね!



s-IMG_1207.jpg
再掲になりますが、問い合わせの多いNXへのデッキ取り付けの巻。

精度高く、非常に美しい取り付けです。
操作性も視認性も抜群ですが、
ここに取り付けるのは一筋縄ではいきませぬぞ~( ̄ー ̄)


興味のある方は、お問い合わせください。
ただし、全て現物合わせのワンオフなので、
パネルのみとかでの販売はありませんですわよ、おほほのほ。

超優秀なオーディオベース車、トヨタ・エスティマ

ホントにハズさないですね、エスティマは。

s-IMG_1241.jpg
来るのに3時間、帰るのも3時間な、割と遠距離系のO様の新兵器(^^♪

車両の手配から全て当店に御依頼頂きました!!
ありがとうございます~(*'▽')

走行3万Kmの極上アエラスにハイレゾオーディオをインストールしました。



s-IMG_1245.jpg
メインソースはオーディソンのBitPlay HDを、最新鋭楽ナビRZ09Wに
コンポジ接続で利用しています。

HDMI自体は、別に用意してあるので、スマホのミラーリングや
ポータブルのBDプレイヤーとも接続可能。

最近のナビとかだと、コンポジ接続でも割とキレイに表示されますよ??



s-IMG_1243.jpg
HELIX・DIRECTORが発売されているにもかかわらず、
例の「くっそダサいコントローラ」を採用ちゅ。

作業中に入荷したんですが、すぐに完売しちゃいまして(^^;

イイんです。
これはコレで使い勝手はエエですし、あまりにもさりげなく取り付けできてるので(^^;



s-IMG_1242.jpg
そういえば、スピーカー、アンプ共にフルパイオニアで
ハイレゾ組むのは初めてですね~。

性能でいえば、恐らく世界一のスペックを誇るRS1000の3WAY。
それぞれのユニットも、恐ろしいまでのスペックを秘めておりますのです。

ウーハーは、ドアアウターでガッチリと取り付け。
今回は、スタイルよりも「音」優先の、強度重視のインストールです。

スコーカーは、エスティマではお馴染みの、ドア上部にワンオフマウントで取り付け。
この位置関係が、エスティマのハズさない音の秘訣ですね!



s-IMG_1244.jpg
トゥィーターはAピラーに埋込加工ですが、リスナーには向けていません。

RSシリーズは、この設置方法の方がイイ結果になるコト多いのですが
車の形状や、目的によってはその限りではありません。

オーディオには、絶対的な正解がありませんので、
経験と知識を総動員して、ひたすらに完成度を高めていくのでっす( ̄ー ̄)



s-IMG_1247.jpg
RS-A99Xを2台使って、フロントLRでそれぞれ1台づつ利用しています。
立体感や音離れの良さなど、LR独立のメリットは計り知れません!!



s-IMG_1246.jpg
カバーをすると、ほれ、このとうり!

完全にフラットな空間に早変わりします。
勿論、荷物もガンガン積んじゃってください。

利便性は損なわず、驚異の音質を手にした、このエスティマ。
日々の通勤、週末のドライブ、買い物と大活躍。
普通に運転しているだけでも、楽しさは全く違います。

イイ音ってのは心も豊かにしてくれますよ~。

ルノー ・ ルーテシアRSにナビ取り付け~

昨日、チラっと紹介しました、ルノー・ルーテシアRS
純正パネル加工での、2DINナビ取り付け完成しました~(*'▽')


s-IMG_1237.jpg


やぁ・・・やっぱりいろいろありますねぇ・・・。
なんなんでしょうね??
対応しているっていいながら、な~~んも使えないユニットって。

使えないってのは正確じゃないですね、訂正訂正。
使い物にならない、の間違いでした!!

や、気にしないでください。
ただの皮肉たっぷりの独り言なので!
どんだけ、無駄な時間喰わされたコトか(-_-;)



s-IMG_1238.jpg
いろいろと障害はありましたが、見事に完成いたしました( ̄ー ̄)

どう見ても純正にしかみえません(^^♪
このスッキリ感と、究極の「判る人にしか判らない」感がタマリマセン!!

大加工ですが、全くそれを感じさせないのが「粋」ってもんでやんす。



s-IMG_1234.jpg
同時にバックカメラも取り付け。

車体中央にスッキリと埋め込み加工が可能です。
ルーテシアはナンバープレートが一番突出してる(!)ので、
ここが見切れていますので、安心して使えます。


画像にはありませんが、スピーカーも交換しています(^^)
純正はバスレフエンクロージュアに収まった、13cmスピーカーなんですが
これが、また奥行き方向の余裕が全くありません(-_-;)
あの、DSーG20ですら厳しいのであります。

普通に取り付けができて、尚且つキッチリと低音がでる、
DLS・RCS6.2を取り付け。
トゥイーターは、純正位置に隠せますので、YN仕様にも対応可能です。

大袈裟にしたくないけど、拘りも捨てきれない。
フランス車のオーナーさんにピッタリのインストールできます!!

ご相談ください~(^^♪

大人気!!新型アルファードにガッツリオーディオ!!

そういえば、こないだの定休日にですね、
三田(兵庫の山奥ね)のプレミアムアウトレットに行ってきたんですよ。

その帰り道、ベッタベタの「20系V6アルファード」が
ノーマルの「30系ヴェルファイア・ハイブリッド」を追い掛け回してたんですよ。
まぁ、よくある光景なんですが(-_-;)

でもね、走り方の余裕が全然違うんです。
やっぱり、新型に分があるんですねぇ。

と、ひとしきり感心しておりました、修ちゃんの午後のひと時。



s-IMG_1229.jpg
今回は、新型アルファード・ハイブリッドにオーディオインストールです(^^♪

エアロタイプじゃやない、普通顔のほうが厳ついってどうよ???



s-IMG_1224.jpg
完全に定番になりました、ALPINE・Big-X EX-10。
見慣れてきたとはいえ、冷静に考えるとやっぱデカイ(^^;

所謂ミニバンの為の便利機能満載のこのユニット。
今のところ、死角が見当たりませぬ・・・。
当分、独走しそうですね~。

唯一の難点は、パッケージの箱がデカすぎる(-_-;)
E.T.ぐらいなら、そのまま梱包できそうです。



s-IMG_1228.jpg
こちらも、定番のフリップダウンモニター。

意地のサイズ、12.8インチでプラズマクラスター装備のニクイやつ。
ちょいと画像ではわかりにくいかもですが、前席のナビソースは「USB」で
リモニターの映像は「地デジ」になってるのがわかりますか??

そうなんです。
最近のALPINEのリアモニターとナビの組み合わせだと
前後で独立ソースを楽しめるのですよ(*'▽')
まぁ、独立と言っても「DVD」「地デジ」だけなんですが、
それでも圧倒的に便利じゃないですか??


すっげーぶっちゃけると、リアで「アンパンマン」見せてるとき、
運転手としては別にアンパンマン聞きたくないじゃないですか??

や、聞きたい人も中にはいてるかもですが、少なくとも僕は聞きたい!
あれれ?

とにかく、前後で別の音を楽しめるのは、お互いにストレスにならなくて
長距離ドライブもより楽しめるコト請け合い!!



s-IMG_1225.jpg
勿論、BIG-Xつけただけでは終わる筈のない、AV KANSAI。

音は結構ちゃんとしたナビですが、拘る方にはやはり役不足。
アナログ入力も超イケてるプロセッサー、HELIX・PP82DSPを取り付け。
・・・って、画像では全然わかりません。とゆーか、写ってない・・・。

そうなんですよ~。
オーディオプロセッサーってば、完璧に縁の下の力持ちにも程があるのです。
表にはナニも出てこないのに、うらではしっかり仕事をこなしているのです。


そんなわけで、PP82DSPによる、詳細なチューニングで調律された
DLSの3WAYスピーカーは実に素晴らしい音を聴かせてくれます(^^♪


フロントスピーカーは、ペーパーコーンのRMC6.2とUP2.5iの組み合わせ。
また、このペーパーコーンがよ~~~く鳴る!!



s-IMG_1226.jpg
ドア上部に埋め込み加工してあるのが、DLS・UP2.5i。

さりげなく、スッキリしていながらも、この存在感はたまりませんな!!
音に拘りが無くても、カッコだけでインストールしてもイイぐらいです!



s-IMG_1227.jpg
ドア全体図はこんな感じです( ̄ー ̄)

今回、初めてベージュ内装の作業をしましたが、
全体がベージュではなくて、黒ベースのベージュになっていて
これは、ちょっとカッコイイぞ!?

ドアも、このベージュがスゲーいいアクセントになってます。

ホントに新型の内装はめちゃめちゃ良くなってますよね~。



さてさて。
s-IMG_1232.jpg
これ。
何の画像か、わかりますか??

オーナーさん以外には分かりにくいですが、
只今絶賛作業中のルノー・ルーテシアRSのコンソール周辺の画像なんです。


だから、なに??
って感じですけれども、気づいたオーナーさんもいてるかも・・・・。


実は、これ。
純正パネルを加工しての、2Dinナビ取り付けなのです。

そうなんです。
実は純正パネル加工でも、2Dinナビ、取り付けできちゃうんです!!!

ディーラーオプションの取り付けキットは、
あまり精度の高いとはいえない「嵩上げスペーサー」を挟み込むうえに
パネルの全長も少し長くなっています。

しかも、ナビ本体との抱き合わせ販売しかしてくれません(-_-;)
付けたくもないナビ代金支払うなんて、そんなバカな話ありません。



s-IMG_1233.jpg
実際、取り付けに際してはダッシュボードの切削加工も必要になりますが、
これはディーラーオプションでも同じなので、まぁOKでしょう。

それよりも、もっともっと大きなハードルがありまして(^^;
取り付け加工の難易度は相当高いですね。
右手のマメが全部潰れて、血豆も潰れるってほどハードでっす!

それに比べて、パネル加工はそれほどでもないんですが・・・。


今まで、純正オプションしか選べなかったとお嘆きの諸兄。
コストはそれなりにかかりますが、「なんとかなる」って選択肢、ありますよ。

毎日使うモノだから、こそ、です。

例えば、通勤のお供だったり。
そもそも、仕事の相棒だったり。

クルマに絡む時間が長い人には、是非オススメ!!


s-IMG_1220.jpg
スズキ ・ エブリーバンにオーディオインストールです~(^^♪

うちのスタッフの間では人気のこのクルマ。
標準は、ラジオのみだったりします(-_-;)



s-IMG_1222.jpg
ヘッドユニットは、パイオニアのDEH-970。

2WAYマルチが可能、USB2系統、B/T内臓と
至れり尽くせりのこのユニット。
値段も35000円と、お手頃なのも魅力です( ̄ー ̄)

しかも、ちゃんと調整してあげると、結構なレベルのサウンドが楽しめます!



s-IMG_1221.jpg
スピーカーは、鳴らし易さと取り付けやすさを兼ね備えた逸品、DLS・RCS6.2。

超薄型ユニットですが、そのサイズからは想像できない豊かな低域が楽しめます。
にわかに信じられないレベルの鳴りっぷりです(^^♪

エブリーのドアは、よく見ると左右でデザインが異なっています。
そして、左の方がビビリやすいのです(^^;

そのあたりも作業時に注意が必要ですね~。



s-IMG_1223.jpg
特徴的なデザインのトゥィーターは、ダッシュポン置き。

今後、埋め込み加工してもイイですし、
むしろ雰囲気はこの方がエエかもですが(*'▽')

まぁ、ちょいと向きが気に食わない感じではありますが(^^;


DEH-970+RCS6.2の組み合わせ。
「あらゆる」と言ってもイイ程の対応車種の広さを持ち、
調整次第ではバツグンのコストパフォーマンスを発揮します。

や、「あらゆる」って言っても、勿論
ダッシュサイド10cmスピーカーのトヨタ車は勘弁ですぜ?

キング オブ 名車!!メルセデス ・ 500E

もうね、ビックリしました。
まぁあ、綺麗キレイ。

キレイにも程があるにもボンドガール!!

s-IMG_1213.jpg
ぴっかぴか。

どこで保存してたの!?ってくらいの超絶クオリティです!!
・・・・・・。
絶対、洗車したくねぇ・・・。



今回の作業は、ヘッドユニットの交換です(^^♪

s-IMG_1214.jpg
内装も非常に美しいのです!
いやぁ・・・感心することしきり。
これは、マジですごいですねぇ・・・。


と、いつまでも感心してばっかりも入られないので。
元々、パイオニアのDEH-970が取り付けられていましたが、
同じくパイオニアのDEH-P01に変更しました(^^)

???
わざわざ?

と、思われるかも知れませんが、
超拘りのオーナー様にとって、すんごく重要なコトがあります。


それは。

「パワーアンテナ」

つまり、どういうことかと言うと。
DEH-970は、デッキのソースが「チューナー」以外でも
アンテナリモート線から12Vが出力されてしまうのです・・・。

これは、最近のナビ一体機もほとんどがこの仕様だったりします。
まぁ、ナビは「FM-VICS」を受信しておく必要がありますので、
常時アンテナ電源を立ち上げておく必要があるのはわかりますが・・・。

まさか、デッキまでがそんな状態だとは・・・。

対して、DEH-P01はソースが「チューナー」のときのみ、
アンテナリモートが立ち上がる仕様。

DEH-970は、走行中はアンテナが伸びっぱなし。
DEH-P01は、ラジオ受信時以外はアンテナが収納されている。

このスタイリングの差は、拘る人にはガマンできないのです!!!


カーオーディオはカッコも大事、とはよく言ったモンです( ̄ー ̄)
その心意気やよし!

オーディオ以外のあんなコトやこんなコト!


こいつぁなかなかに存在感がありますね~!!

s-IMG_1211.jpg
レクサス ・ RC-Fであります( ̄ー ̄)
このクルマぐらいになると、スピンドルグリルも全然アリです。

普通じゃない感漂いまくりなので、これぐらい下品な方がエエですね。
個人的には、ボンネットのダクトは無い方がエエですが(^^;

か、むしろ、もっとエグイガクトにするか!?



s-IMG_1212.jpg
HYPER FORGEDの最新ブランド!!

HF-LC5を装着しました(^^♪
ホイールの隙間から覗く、ブルーのキャリパーがエエ感じやないですか!

ん~~、これはカッコイイな。
RC-F、いいんじゃないですか!?

や、上から言ってますが、買えませんけどね(-_-;)



オーディオ以外でも、クルマに関することはいろいろやってます!!

クルマに関していなくてもいろんなコトやってますので、
とりあえず相談してみるのもイイかもですよ?

最近のスマッシュヒット的なアイテムといえば・・・。

ゲーム&ウォッチ!!!
しかも「ファイア」が好きです!!

s-IMG_1192.jpg
そして、クルマは最新鋭のダイハツ・タント。

まさにゲーム&ウォッチとは逆の今を代表する一台。

車内は静かだは、広いは、走るは、と3拍子揃いまくりだそうです。
そう聞くと、なんだか最高のくるまのように思えますが・・・・

やっぱり音はちっとも冴えません(-_-;)



s-IMG_1191.jpg
しかも、装着済みのナビが「パナソニック」だってんですから、
そりゃぁ音も良くなかろうってモンです。ええ。

ホントに個人的な感想ですが、いろんなナビありますけれど
一番音質的にアウトなのがパナソニックじゃないですかね???


前回、ウェルカムプランで「DLS ・ RS5N」をインストールしていただいたのですが
どうにも音に納得ができませんで。
バイアンプ接続や、可能な限りの調整を行いましたが・・・。

そこで今回は、オーディオプロセッサーを導入しました。
ユニットは「Helix ・ PP82DSP」をチョイス。

カロXをも遥かに超える、圧倒的な調整能力を誇る、このユニットは
デジタル入力はもとより、アナログ入力でも相当イケるのです!

コテコテにイジリまわすのではなく、スピーカーの持つポテンシャルを
限界まで引き出してやるのです!!


オーナ様の第一声
「ウソやん!?こんなに違うの!?なんなん?コレ!!」

この言葉がすべてを語ってくれています( ̄ー ̄)

元の音源の質が大事なのは当然ですが、例えばですけど
めちゃくちゃ腕のイイ料理人にかかれば、ちゃんと「美味い料理」になりますよね?
素材を最大限まで活かし、弱点や欠点を巧く補う。

オーディオプロセッサーとは、そんなユニットなのです(^^♪



s-IMG_1209.jpg
さてさて。

そんなオーディオプロセッサーの頼もしすぎる相棒!!
「Helix ・ DIRECTOR」が山積み(*'▽')

次回ロットの入荷時期がまだ全然わかりませぬ(^^;
早く手に入れたい方はお急ぎくださいませ~~( ̄ー ̄)

RBオデッセイ、進化の記憶。

カーオーディオの楽しみ方のひとつに、「バージョンアップ」があります。

ナニかを追加したり、変更したり。
それによってどういう変化が起こるのか?

想像しただけでもワクワクするってもんです(^^♪


s-IMG_1185.jpg
こちらのRBオデッセイも、着実にステップアップしている一台。

カーオーディオライフを満喫しているといってもイイでしょう(*'▽')



s-IMG_1187.jpg
元々、チューンナップウーファーを左サイドにポン置きしてたのですが、
なんと!!DIATONE・SW-G50をインストールしちゃいました!!

チューンナップウーファーも「ある」か「なし」かで言えば、絶対あ「あり」なんですが。
ある一定のレベルまでは楽しめるのですが、そこから次の一歩が踏み出せない。
もう少し量感が欲しくて鳴らしていくと、いずれ「ポコ」ついてくるのです。

SW-G50自体がバツグンにいいサブウーファーなので、
正直、チューンナップウーファーと比較するコト自体酷なんですが
その差は圧倒的にも程がある程の圧倒的な差。

深く、濃く、速く。
超低域まで正確に諧調を刻む、このウーファーはほんとにスゴイ( ̄ー ̄)



s-IMG_1186.jpg
フロント周りは、DEH-P01でFOCALユートピア3WAYを
フルマルチ駆動しています。

今回のバージョンアップでようやく、低域から高域まで揃った感じです。

やはり、バランスってのは最重要項目ですね~。

新型ヴェルファイアにガッツリオーディオインストールでっす!

いくらイケメンだとは言っても、
ゴリラの運転するクルマには乗りたくありません!
運転できても、めっちゃよそ見ばっかしてそうだし!
落ち着け、と。



s-IMG_1199.jpg
遠路はるばる、海を越えてやってきた、ぶどう饅頭の国からやってきた。
まさに、リアル「海越えてほめられにゆけ」であります!

弩新車の新型ヴェルファイアにハイエンドオーディオインストールです!!
さてさて、どうなりますことやら( ̄ー ̄)



s-IMG_1195.jpg
ちょいと旧式になりますが、このインダッシュとナビ、それにD7Xの組み合わせは
操作性も使い勝手も抜群だったりします。

リモコンもタッチパネルも使えて、尚且つオーディオミュートができますし。

CDもDVDモデジタル接続が可能なので、CD派にはたまらんのですよ。



s-IMG_1193.jpg
もうこれしかないでしょ?って感じのアウターバッフル(^^♪

超個人的には、ユニットを露出させずにサランネットで覆って
音ヌケと地味感を両立した取り付けにしたいですが(^^;


ドア上部にはスコーカーを埋め込み加工。
全体をレザーで巻き替えることで、質感も向上しますし、見た目もカッコイイのです!

パワーシートのメモリースイッチは、簡単な加工で移設ができますので
使い勝手も機能も全く損ないません。



s-IMG_1198.jpg
トゥィーターはAピラーに埋め込み加工。

この画像ですと、スコーカーとの絶妙な位置関係がわかると思います。
ウーハー、スコーカー、トゥイーターそれぞれの特性を駆使して
高く幅広いステージを構築することができます。

ピンッと、芯の通った定位感に圧倒的な情報量、
シャープな輪郭に広大なレンジ感。

さすがにハイエンドと言われるユニットは一味も二味も違います。
三味も違ってしまえば、それはもうサンミー。



新型アル・ヴェル。
ボディもでかいが、オーディオポテンシャルもデカそうです!!

このサイズまでなら許せます!ルノー・ルーテシア

クールでパッション!小粋でキュート!な、おフランスざますのルーテシアRS。

s-IMG_1180.jpg
いいね!!
ホントはもうちょっと小さい方がエエんですが、そればっかり言ってられねぇし!
しかも、実際買えるのか!?って言われると買えませんし!!

軽量コンパクトなハッチバックはやっぱり萌えますな~。



s-IMG_1182.jpg
今回の作業は、ウェルカムプラン+のスピーカー交換でっす(^^♪

ほとんどのフランス車は13cmスピーカーが標準。
このルーテシアもご他聞に漏れず、13cmスピーカーが付いてます。

専用設計のバスレフエンクロージュアに収まってはいますが、
なんせ低音がまるでダメ。
ルノー曰く、このエンクロのおかげで小口径ウーハーでも
迫力ある低音が楽しめるそうなんですが・・・。

ぶっちゃけ楽しめません( ̄ー ̄)
何度も繰り返していますが、スモールエンクロージュアのバスレフなんて
ホントにろくなことになりません。

今回は、エンクロージュアを活かしながらの容量アップを図り
DLSのRCS6.2 16cmウーハーをインストール。
全く鳴りっぷりが違いますにも程があります!



s-IMG_1183.jpg
ダッシュ純正位置にも取り付けは可能ですが、
せっかく専門店で施工するのですから、ピラー加工してさらにイイ音に!

突出もほとんどなく、スッキリとした取り付けが可能です。
スエード生地の質感も良いので、満足度の非常に高い加工です。



s-IMG_1184.jpg
ビックリするくらいボケボケなんですが(-_-;)

ヘッドユニットは、純正の楽ナビ・RZ09をそのまま利用。
最新の楽ナビは、タイムアライメントもレベル調整もできますので、
今回も当然のようにバイアンプ接続をしています。

2chのみでの調整よりも4chで調整できる方が圧倒的に有利。
フルマルチの優位は揺るぎませんが、バイアンプ接続+4chアライメントは
結構どころか、十分楽しめる領域までカーオーディオを引き上げてくれます。

お試しあれ~。

全世界待望!!全米が泣いた!!衝撃の結末を目撃せよ!!

や、そんなに待ってるわけでも、むせび泣くわけでも、括目するわけでもありませんが。


パッと見の印象で言えば、

「なんか、冴えねぇ・・・」

だったんですけれども。


s-IMG_1175.jpg
HELIX系のオーディオプロセッサーに対応した、インターフェイスユニット。

その名も「HELIX ・ DIRECTOR」


・・・さて。

ナニができるのでしょうか?このユニットを付けることで(倒置法)



s-IMG_1174.jpg
この状態が所謂「ホーム画面」的な感じです。

画面下部に見える、4個のアイコンをタッチすることで
それぞれ「ボリューム制御」「入力切替」「プリセット呼び出し」「設定」の
サブ画面に瞬時に切り替わります。

左のノブを回したり、押したりすることで各項目の変更が可能です。
ノブのクリック感も優秀ですし、プリセット呼び出しもわりと早く切り替わります。



s-IMG_1179.jpg
第一印象があまりよくなかったですが、実際付き合ってみると
「あれれ?なんかイイやん」
の流れから
「ずっと一緒にいたい!!」
と、心が揺れ動きまくりなのです!!

嗚呼、何故にそこまであなたは私の感情を揺さぶるの!?



ちょいと値段は高めの設定(税別40000円)ですが、
だまされたと思ってお試しください!!

たまにホントに騙しますが、私、嘘ツカナイアルヨ?

弩新車のハイエースに、いろいろインストールしちゃいましょう!

安定の人気っぷりのトヨタ・ハイエース。
ワイドボディだったり、ハイルーフだったりといろんな車体がありますが、
毎回、リアの荷室に「ナニか」が組み込まれてます(^^;

しかも、同じモノだったことがほとんどありません。
そのたびに、取り付け方法が異なっているのは当然ですが
精度や強度にもピンからキリまでありますね~。

オーディオインストールの障害になることもありますが、
便利に使えちゃうコトもありますので、とりあえず相談してみてください!!



s-IMG_1167.jpg
パッと見、純正状態のエクステリアですが、脚周りはしっかりと強化済み(^^♪

オーディオに加えて、セキュリティ、レーダー、ドラレコの取り付けでっす!



s-IMG_1170.jpg
ヘッドユニットは、最新鋭のサイバーナビ・ZH0999W。
トヨタ系の200mmワイドパネルに取り付けキット無しでドンピシャです。
ステリモも勿論使えますよ~(^^)


ハイエースワイドならではですが、デッキ左横の小物入れに
7ワイドモニターをサクッと取り付け。
ご覧のように、ナビ画面とテレビ、DVDを同時に見ることができます。

同乗者には涙ちょちょぎれ系の有り難さですね~(*'▽')



s-IMG_1169.jpg
スピーカーは、DIATONE・DS-G20を選択。
バイアンプ接続に対応したユニットなので、当然ながら
サイバーナビは「バイアンプモード」で利用します。

・・・・まぁ、今更標準でそんな機能積まれたところで、ねぇ?
バイアンプ接続可能なスピーカーを選んだからには、ナビに機能があろうがなかろうが
当たり前のように「バイアンプ」でイクのが漢ってもんです(そうでもない)


ハイエースのスピーカー取り付け位置は、これでもかってぐらい低い位置にあります。
しかも、内張りとの間隔がそれほどありませんので、
インナーバッフルの厚みがあまりとれません(-_-;)

やっぱりハイエースは是非是非、アウターバッフルでお願いしたいです!



s-IMG_1171.jpg
「アウターバッフル!!」って口うるさく言ってますが、
実はハイエースってば、インナーバッフルでもちゃんとした音になるんです。

今回のDS-G20のような、音の繋がりがイイスピーカーを選ぶと
音造りはグッと楽になりますね~。

しかもバイアンプ接続により、フロント4chタイムアライメントが使えますので
DS-G20の音が好きなら、断然アリなスピーカーですね。
これで、もう少し低域に余裕があれば文句無しなんですが(^^;



s-IMG_1172.jpg
トゥィーターをAピラーに埋込加工しているので、
音への悪影響を考慮してレーダーはこの位置に。

レーダーは、ユピテルの専売店モデル・Z260Csd。
もはや定番の逸品であります。

バックミラー付近ですから見やすいのは当然として、
警報時以外は自動で画面OFFにするコトができますので
モニターの眩しさが気になる方にも安心です(^^♪



s-IMG_1173.jpg
現代社会の必需品、ドライブレコーダー。
目の前の危険物保管所が爆発したときの映像もしっかりと収めます!
そして、放送局に売りつけてやるのだ~~~( ̄ー ̄)



・・・・・・。
不謹慎ですいません。


とはいえ、最近はホントに取り付けるコトが多くなりました。
やはりみなさん、「備えあれば憂いなし」ですよね。

「お盆休み」も未体験ゾーンの一つ・・・。

そうなんです。
この歳にもなって、世間一般に言われるところの「お盆休み」的な
連休ってモノをいまだに経験したことがありませぬ。


そこで発想の転換が大事になるんです。

「これから、まだ初めての体験ができる」

ポジティブにも程がある発想ですが、もしかすると体験できずに終わるって
可能性も視野に入れておく必要もありそうなのでまいっちんぐ。

無論、「青い」体験や「ひと夏」的な体験ではありませんよ???



そんなこんなで、やっぱり今年も通常どおり営業しております!!!
s-IMG_1164.jpg
新型ヴェルファイアが、まだまだバラバラ状態(-_-;)

盆休み直前にも拘らず、相当無理言って納期を詰めて頂いた
超ハイエンドデジタルケーブルがようやく入荷したので、
これからの作業がぐんと捗ります!!
ご協力いただいた関係各社の皆様、ありがとうございます!!



s-IMG_1166.jpg
実は、ドア周りというかスピーカー周りはほぼ終了(^^;

この画像だと、ドア上部のスコーカー埋め込み部と
ドア下部のウーファー部との絶妙な位置関係がよくわかります(^^♪

ダッシュ側のドリンクホルダーに、缶ジュース置いとかなければ
抜群にいい環境なんですが( ̄ー ̄)



s-IMG_1163.jpg
弩新車のハイエースワイドも作業ちゅ。
明日15日のお昼過ぎには納車する予定で、今ナウ作業を続けております。

セキュリティのインストールも同時に行っているので、
オーディオ作業と被ると、捗らないのです・・・・(T_T)

さぁって。
なんとか今日中に完成させましょうか!!
あと、3時間・・・・きってますね。

きっと、なんとかなるでしょう!!

そうです。
今まで、一度も完成しなかったインストールなんてないんですから。

てか、終わらせちゃうわよ~!!!

アウディ ・ A7にガッツリオーディオインストールです

やっぱり一目惚れってありますね~( ̄ー ̄)
例え、それがクルマであっても。

僕的体験で言えば、ルノーサンク ターボ2が、それ。
他に、プショー 205T16とか。
我ながらラリーカーが好きにも程がある。



s-IMG_1160.jpg
アウディ ・ A7 SLine。
まさか、このクルマに一目惚れして、尚且つ、手に入れてしまうとか!!

まったく・・・並じゃぁねぇな・・・マジで。



s-IMG_1154.jpg
しかも、思いっきり「超ハイエンドオーディオ」をガッツリインストール!!
恐ろしや・・・・ああ、恐ろしや(-_-;)

垂涎のアンプ BRAX・MATRIX MX4を2機。
プロセッサーに、AXM-P01+RS-P99X。

まさに、無敵。
使いこなせれば、これほどの武器はありませぬ( ̄ー ̄)



s-IMG_1153_2015081121100906f.jpg
豪奢なラゲッジの造りこみですが、カバーをすればこのと~り。
完全にフラットな空間に早変わりです。

強度も十分に確保してありますので、重い荷物を積んでも問題ありません。

A7のようなラグジュアリーなスペシャリティーカーには、
コテコテのインストールは似合いません。

あくまで、さりげなく。
余裕を感じさせるのがポイントですよね~。


s-IMG_1155_20150811211012408.jpg
スピーカーは、モレル ・ 38thリミテッドの3WAYモデル。

ウーファーはドア純正位置をアウター化していますが、
標準状態でバスレフエンクロージュァになっていますので
そいつを巧く取り込んでインストールしています。
勿論、バスレフ大嫌いの僕なので、色々と工夫を詰め込んでますが( ̄ー ̄)



s-IMG_1156.jpg
きわめて自然な取り付けを施しています。

純正のグリル部を完全に作り替えているのですが、
どこまでが純正でどこからが加工なのかわかりますか~(*'▽')



s-IMG_1157.jpg
スコーカーは純正位置にインナーで取り付け。

アウター化は勿論可能ですし、ピラーに埋込することもできますが
大袈裟になるのを嫌って、「あえて」の選択。

ナニを捨て、ナニを得るのか。

この辺のバランス感覚は、センスと経験がものを言いますね(^^)



s-IMG_1158.jpg
モレル・38thのトゥィーターは、精度高く、非常に美しいユニットです。

リスナーに向けずに、センター向けに取り付けることで
極力突出を抑え、左右ノデザインの共通化を図っています。

そして、このシルバーの筐体が醸し出す、この存在感!!


超高級機ばかりですが、さらっと感すら感じる、このスッキリした取り付けが
ハイエンドに相応しい余裕なインストールにピッタリですね~。


感情豊かに奏でられる音楽に浸り、ゆったりとしたクルージングを楽しむ。
これぞ、究極の高級車なのではないでしょうか。


羨ましい!!!

やっぱり売れているのね、新型アルファード&ヴェルファイア

コンパクトカー好きとしては、もう少し、このサイズをですね。
なんというか、あのですね、な感じなんですが!!


s-IMG_1147.jpg
またしても揃っちゃいました(^^;
しかも、この前と同じ組み合わせ!!
白いアルファードと黒いヴェルファイア。

あと、密かにピット内には20系のアルファードが入庫してたりします。


本日、白のアルファード納車完了しました。
詳細はここでは書けませんが、セキュリティのインストールです~。

もはや定番のユピテル・ゴルゴ XⅢを取り付けました(^^♪
きわめて誤発砲の少ない、非常に信頼性の高いセキュリティです。

これから、アル・ヴェルへのセキュリティ取り付けは増えそうですね~。



s-IMG_1146.jpg
今日は、一日中ひっきりなしに来店がありまして・・・。

いやはや、まったく。
安倍政権下で景気回復の兆しがある中、世間はまだまだ不景気ムード。
そんな中、たくさんご来店いただけることは非常にありがたいコトであります。

しかも、差し入れ率の高いこと高いこと(*'▽')


弩定番にも程がありますが、やはり安定の旨さの「もみじまんじゅう」
気づけば一瞬で8個食っちゃってました・・・。



s-IMG_1152.jpg
東大阪の差し入れ王、K様からまたしても「まい泉のカツサンド」
いつも、ホントすいません。ありがとうございます!!

スタッフ全員分とか、涙がちょちょぎれます!!



s-IMG_1149.jpg
「リバージュのシュークリーム」は修ちゃん的スイーツランキングの
上位に常にランクされていたりします(^^♪

Y様、ありがとうございます!!
スタッフには内緒で3個食っちゃったのは、ここだけの秘密でお願いします。



s-IMG_1151.jpg
同じY様でも、違うY様、あれ??
さっきのはシュークリームはアルファードのY様で、
このエクレアはアルファードのY様・・・あれれ???

奇しくも、同姓同名(違う)で同じクルマ(違う)のY様。
なんか、よくわからん感じになってきましたが、とにかくありがとうございました!!!


確実に、今夜の修ちゃんの血糖値は今世紀最高に上昇中!!

お待たせしました!!ヴェルファイアにBIG-X!!

2か月以上、お待たせてしまいました・・・・。
ホントすいません(>_<)

待つのは得意ですが、待たせるのは得意じゃないぞぉ(誰?)



s-IMG_0795.jpg
今年の5月に一旦納車しました、新型ヴェルファイア。

前後スピーカー交換、プロセッサー、サブウーファーと
一式オーディオカスタム済みなのであります( ̄ー ̄)

ALPINE・BIG-Xをお買い上げいただいたのですが・・・・・。
なんせ、発売前で納期が未定・・・
なのに、事前予約でバックオーダーまみれ・・・。

嗚呼、なんてこったの極み。



s-IMG_1142.jpg
とりあえず的に、パナソニックの7ワイドナビを取り付けていましたが、
あまりの画面のデカサと美しさに笑いが止まりませぬ(*'▽')

ステアリング連動の進路予測タイプバックカメラも同時取り付けで、
ようやくバカデカイこのクルマも安心して取回せるってもんです!!



s-IMG_1143.jpg
ミニバン必須のフリップダウンモニターも取り付けちゃいます。

メーカー純正と違って電動ではありませんが、なんなの!?このデカサ!!

前後席独立ヴォリュームや、独立ソース、プラズマクラスター装備とかとか
至れり尽くせりにも程があります!!


入荷待ちでご迷惑おかけしましたが、
それを一瞬で取り返せるほどの充実っぷり!!
しかも、アレです。

元がパナナビだっただけに、ALPINEに交換後の音質も
相当によくなりましたね!

パナナビもプロセッサー経由で調整して鳴らせば、
めちゃめちゃ良くすることは可能なんですが、
やっぱり「素の音」の大事さを痛感しました!!

全然苦労しませんもん( ̄ー ̄)



s-IMG_1134.jpg
カテゴリー分けはしてませんが、
弩新車のBMW・X5にレーダーとキャンセラ取り付け。



s-IMG_1135.jpg
定番の専売店モデル、ユピテル ・ Z260Csdを取り付け。

フロントガラス上部、ルームミラー付近にスッキリと取り付け出来ます(^^♪

あらゆる取り付けに対応可能な、専売店モデルのレーダーは
拘りのオーナ様にオススメでっす!!



s-IMG_1144.jpg
遠路はるばる系のN様から、徳島名物いただきました!!

徳島県民ならみんな知ってる、「ぶどう饅頭」であります~。



s-IMG_1145.jpg
僕は全く、四国や徳島とは縁も縁もございませんが、
何故か知ってる「ぶどう饅頭」

「海越えて ほめられにゆけ ぶどう饅頭」

ぶっちゃけ成分的に「ぶどう」が使われているのかはアレですが、
1本食べると立て続けに2本、3本とイッチャう不思議な魅力。

オーディオカスタムで人気のN-BOX!

そうなんですよね~。
よく考えたらN-BOXのオーディオ作業って結構多いんです( ̄ー ̄)


s-IMG_1129.jpg
綺麗に落とした車高とアルミホイルで、しゅっと決めたN-BOXカスタム。

外装が決まっても、肝心のオーディオがどうにもこうにもです!!
しかも、オプションのデカナビが装着されているので、
さらにさらに音の悪さが際立っております!!

と言いますか、作業前に元の音を確認するのですが、
どう考えてもナニか壊れてるやろ???ってレベルの音のひどさ(-_-;)

これではクルマに乗るコトすら躊躇ってしまう、ってレベルでありました。



s-IMG_1130.jpg
原因はこのナビにあり!

どうやっても、まともな音になりゃしねぇ!!


大画面に目がくらみそうになりますが、間違っても買っちゃいけません。
や、「俺は音なんてどうでもいいぜ!」なタフガイはどうぞお買い上げくだされ。

僕はこの音を聴いてるぐらいなら、自分の歌を聞いてるほうが
控えめに言っても65536倍マシです。



s-IMG_1132.jpg
N-BOXのスピーカー取り付け部は、余裕があるほうではありません。
可能な限り、大型mのスピーカーをインストールしたいのが人情。

アウターバッフル化すれば問題はないのですが、
コスト増加の問題があり、う~~んジレンマ。


今回は、鳴らし易さと今後の発展を考えて、DLS・RCS6.2をチョイス。
このスピーカーは超薄型なのに、結構しっかりと低域が伸びるのです(^^)
オススメであります!!



s-IMG_1131.jpg
そして、あえてのミラー裏にトゥィーターをインストール。

何故かって???




近いうちに、3WAY化するからに決まってますよ。
スコーカーをピラーに埋込する予定(ほぼ決定??)なので!!



s-IMG_1133.jpg
最近は、1日1台ぐらいのペースで取り付けている(大げさ)感のあるHELIX ・ PP82DSP。

こいつで、腐りきった純正ナビのサウンドを別物にしてやるのでっす!!
純正オーディオがマルチシステムでなければ、これを追加することで
「おお!!マジか!?」ってぐらいイイ音にできます。

今回は、さすがに純正オーディオの音が酷過ぎたので、
一瞬、イヤな予感が過りましたが、何の問題もありませんでした(^^;


純正オーディオだけではなく、社外品のナビやデッキでも勿論対応可能です。
今の音に不満を感じているなら、試してみてもイイんじゃないでしょうか??

その変貌っぷりに全米が涙します!!

BMW ・ 1シリーズ F20のオーディオ進化論

以前ここで紹介した、A様のF20が更なる進化を遂げちゃいました!

s-IMG_1137.jpg
全体にキッチリと手が加えられていますが、
全然イヤミがないのはさすがのドレスアップ上級者(^^♪



s-IMG_1139.jpg
純正ヘッドユニットはそのままに、オーディオプロセッサーを導入しました。

純正の操作性はそのままに、音だけが圧倒的に良くなるって寸法です(^^)
しかも、BMWの純正ってば「MP3」どころか「WAV」も再生できますしね~。

プロセッサーはHelix/PP82DSPをチョイス。
純正が2WAYマルチとかだと対応できないのが、残念でしかたありませぬ(-_-;)
圧倒的にも程がある程の調整能力を備えたこのプロセッサー。

「今まで聴いてきた音って、いったいなんだったの??」

って、なっちゃいます!!


s-IMG_1140.jpg
フロントスピーカーは、すでにDLS・UP4iに換装済み。

これだけでも、一聴して瞬時に判るぐらいに音は良くなってるんですが
今回の施工でさらに劇的に向上しています。

フロント3WAYフルマルチをちゃんと調律すると、
ビックリするぐらい別物の音を奏でてくれます。



s-IMG_1141.jpg
調整中の1コマ(^^;

ドリンクホルダーには、スタもん(うそ)が見守ってくれております。
PP82DSPは、ノートパソコンで調整をする必要があります。
ちょっと面倒くさいんですが、調整能力がバツグンなので
意外とスムーズに調整が完了します。

設定用USBケーブルをパソコンから取り外すと、
僅かに音が変わってしまうのが難点っちゃ難点ですが(>_<)




s-IMG_1136.jpg
おまけでもう1枚。

白のアルファードと黒のヴェルファイア。
普段は5台駐車できるんですが、この2台が揃うと4台でも厳しい(^^;

これから、2台とも作業を始めていきますので、ピットも手狭に(-_-;)

BMW ・ X5にリアモニター~

やっぱり、アレですよね。
小さなお子様には、リアモニターは必須ですね。
後ろの席でおとなしくモニター見ててくれるってのは
クルマを運転するうえでも安心感が桁違いです。

個人的には、フリップよりも断然ヘッドレストモニターですが、
車検の問題やらナニやらで、どうにも旗色が悪い(-_-;)



s-IMG_1128_20150803205140702.jpg
今回の作業はBMW・X5にリアモニターの追加作業であります(^^♪



s-IMG_1125.jpg
テレビナビキャンセラーを同時に施工しないと、もちろん走行中の視聴はできませんぜ。

BMW・X5は純正で地デジもDVDも視聴できますので、
今回は、このモニターの映像を分配する作戦でイキました(^^)
まさに、バイトするならタウンワークです(関係ない)



s-IMG_1127_2015080320513848c.jpg
オーナー様の希望でモニター剥き出しは「ヤッ!!」とのコトなので
A/tackさんとこのモニターカバーを使ってみました。

ALPINEの8ワイド専用ですが、ちゃんとビニールレザーを巻いてあるので
なかなか質感もエエ感じであります!

猫も思わずくっそ伸びをするぐらいの納得っぷりです。



s-IMG_1126.jpg
拡大するとこんな感じです(^^♪

ポン付感も完全に払しょくできて、質感もイイとなると
これはもうつけるしか!!

トヨタ・エスクァイアの純正オーディオに鞭をくれてやる!

働け♪働け~♪馬車馬のように~♪ピシ!ピシ!ピシッ!

僕の中で「ルフィ」といえば、ゴム人間じゃなく「魔法使いの卵」の方です!


と、さりげなく17年も昔のゲームネタをぶち込んでみるテスト。
オッサン世代にしか判らないうえに、さらにオッサンにもわかりにくいネタですいません。


s-IMG_1124.jpg
バットマンのCMでお馴染みの、トヨタ・エスクァイアにオーディオインストールです(^^)

純正ヘッドはそのままに、音質を劇的に向上しちゃいましょう!!



s-IMG_1121.jpg
ディーラーオプションの9ワイドナビがついちょります(-_-;)

んが!!
専用品なのに、ああ、それなのに。
ステアリングリモコンで曲送りできなかったりしますぜ???
超めんどいんですけど!!

それ考えると、ALPINEのBIG-X系は良く考えられてますね~。
やっぱ、純正品より断然社外品ッスね!!



s-IMG_1122.jpg
スピーカーは、ドイツの名門 ETON・Pro170をチョイス。

トゥィーターはAピラーに埋込加工。
別売りオプションの専用アルミフラッシュマウントを追加して
更なる質感向上を図っています。

ぶっちゃけ、音になんかメリットあるのかは微妙ですが(^^;
見た目にはかなり効果アリ!です。
カーオーディオは音質は勿論ですが、見た目も大事なのですよ??
カッコ悪いクルマとかヤじゃないっすか( ̄ー ̄)



s-IMG_1123.jpg
悪名高い、通称「鮭の川上り」グリル(-_-;)

音ヌケが悪いだけじゃなく、見た目も「???」です。
何故、このデザインにしたのか?開発担当者と膝を突き合わせて
小一時間ほど問い詰めたい!!

しかも、それほど奥行きに余裕がありませんので、
可能であれば「ドアアウター」で施工したいのです~。


今回は、ETON・Proなので、余裕でインナーバッフルでの施工が可能です。
見た目で変わったのは、唯一ピラー加工のみです。

画像にはありませんが、HELIX・PP82DSPも導入し
フロント2WAYマルチ+リアスピーカーを鳴らしています。
勿論、「音だけ」を考えたら、リアスピーカーなんて「億害あって0.1利無し」なんですが
ミニバンですとそうも言ってられませぬ。

ちょいとメンドくさいんですが、純正ヘッドの「フェダー」を使ってもらえば
プロセッサー経由でもちゃんと連動します。
普段は、フロント側に全寄せして最高の音質で楽しんで、
いざ、パパを演じる際にはセンターに寄せる。

嗚呼。
家族の喜ぶ顔が浮かぶではありませんか!?

BMW・F20 1シリーズのスピーカー交換

BMW・F20のスピーカーを交換しました(^^♪


s-IMG_1118.jpg
とにかく音が悪いと評判のBMWではありますが、
ちょっとしたコトで全く別物のようなゴキゲンなサウンドに変貌します。
クルマで聴く音楽なんて、って簡単に考えちゃイケません。

冗談抜きでワンランク以上格が上がった程の楽しさです。
クルマに乗るコト自体がさらに楽しくなります( ̄ー ̄)



s-IMG_1120.jpg
弩アップにも程がありますが(^^;

純正位置にすんなり取り付けられるスピーカーとしては
高級機に分類される、DLS・UP4をインストール。

通常の取り付けですと、200Hzでハイパスをかけるのですが、
ちょいと音が薄くなりすぎますので、今回はフルレンジで(*'▽')
一聴しただけで、音の変化を実感していただけます!!



s-IMG_1119.jpg
ウィンドウフレームカバー部に、ワンオフマウントを作成して
トゥィーターを埋め込み加工。

この加工が、音にはガッツリ効果テキメン!!
純正のあの曇ったぼそぼそのごわごわのぼにょぼにょサウンドから
すっきりはっきりクリアないい音に生まれ変わります!!


いいクルマにはいい音が必然。
それでこそ、本当の意味での「いいクルマ」なのではないでしょうか?
否、「いいクルマ」なのです。


プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10