や、や、ホントにたまたまなんですってば。

続くときは続くんですよね~( ̄ー ̄)

ガッツリハイエンドのBMW・1シリーズに続いて
これまたガッツリのBMW・3シリーズ!!

s-IMG_0866_2015053021201132c.jpg
大人気のBMW・3シリーズツーリングのMスポーツです(^^♪

ちょと前に、スピーカーの交換とプロセッサーは既に取り付け済み。
今回、更なる音質向上を図りました!!
ありがとうございます!


s-IMG_0860.jpg
元々、DLSのUP-4をそれぞれ純正位置に「YN仕様」で取り付けていましたが、
そこに6インチウーファーを追加して、フロント4WAY化しました!!

勿論、6インチ(16cm)スピーカーなんて取り付けるスペースなんて一切ありません。
ドア下部のやたらとデカいポケットの一部を切除して、
ワンオフのアウターバッフルで6インチの設置スペースを確保しています。

インナーで取り付けてあったスコーカーも、今回同時にアウター化。
同じくトゥィーターも埋め込み加工に変更してあります。
これで、全てのユニットがダイレクトに音を伝えてくれます( ̄ー ̄)



s-IMG_0861.jpg
特にこのアウターバッフルは極限まで薄く取り付けしてあります。

車椅子を積まれるので、純正以上の突出は避ける必要がありました。
とにかくシビアな加工になりますが、ほぼフラット以下で取り付けできました(^^♪


それにしても、やはりBMWのフロント4WAYシステムの音はめちゃめちゃ良くなりますね!!
以前のシステムでも、「めちゃ良くなりました!」って満足頂いていましたが、
さすがに今回は「全然違いますね!圧倒的にイイですね!」と大満足していただきました。

そうなんです。
BMWのフロント4WAYはまとめるのに若干コツが要りますが、
とにかく音の密度と濃さ、厚みが桁違いなのです。

ドアの大加工が必要ですが、とにかくイイ音を求めるのなら
試してみる価値というか、是非ヤルべきですね!!

チーム舞鶴のボス、BMWに乗るの巻。

関西方面に詳しくない方々にはピンと来ない話かもですが。
大阪と京都って聞くと、わりかし近い場所にあると思われるでしょう。

実際、県境が接していますので近いっちゃぁ近いんですが。
そんな京都の中において、「舞鶴」と言う響きには特別なモノがあります。

大阪(北摂地域限定かな?)住まいの人間は、原付の免許をとると
みんな必ず、舞鶴までツーリングするのです。
僕らの時代で言うと、DJ-1(Rではない)やHi(やはりRではない)、JOG。
TECH21カラーとかありましたね~。

なんで舞鶴まで行くのかというと、国道173号線の延々と続く山道を
ひたすら北上していくと突然開ける視界のその先に、
運が良ければ潜水艦の雄姿が拝めるのです!
テンションあがりまくるのであります!!


そんな舞鶴を代表するN様もついにクーペを卒業。
かと思ったら、次はBMW・F20かい!!!
s-IMG_0852.jpg
車両の手配から全て、当店にお任せいただきました!!
ありがとうございます!!

当然ながら、オーディオも載せ替えしました。
しましたどころか、バージョンアップも果たしちゃいました!!



s-IMG_0857_20150529210642eab.jpg
最近はちょびっと見かけなくなった感のある、DEX-P01+RS-P90Xの組み合わせ。
USBメモリでの利用がメインなので、CDプレイヤーのクォリティは
それほど必要ありませぬ。

とはいえ、プロセッサーのレベルが高いので出てくる音は、相当にハイクォリティ。
BMWではもはや定番のフェイス分離加工+ワンオフパネルでインストール。



s-IMG_0858_20150529210644e47.jpg
どうせナニも入らない、BMWのグローブボックスにデッキ本体を取り付け。
滅多に利用しませんが、緊急時にはCDの再生も可能です。



s-IMG_0853.jpg
スピーカーは、新たにモレルの3WAYを導入。
以前使っていた、BRAX・MATRIX3WAYのカッチカチサウンドから
しっとり優しい音色に生まれ変わりました。

音のリアリティでいえば、BRAXに分がありますが
モレルのこの優しすぎる音色は魅力的ですね~。
とはいうものの、少しは締めておきたいのでウーファーは
あえてのハイブリッドMW6をチョイス。
鳴らし易く、ダンピングの効くこのグレードはオススメです~。



s-IMG_0855.jpg
トゥィーターはモレル・ピッコロⅡをミラー裏に埋込加工。

大型トゥィーターですが、実にスッキリとしたカッコイイ取り付けが可能です。
勿論、ガッツリとリスナー向けに角度をつけてあります。



s-IMG_0856.jpg
Aピラーには、モレル・CDM880を埋め込み加工。

とにかくモレルのスピーカーは調整が非常に楽です。
今回も非常にスムーズに調整できました。
完全EQレスのフラットモードでも十分聴くコトができます。

以前のBRAXで苦労していたあの時間はなんだったのか(T_T)
オーナー様自身でも調整を楽しまれているので、その実感はひとしおでしょう!!


やはり、BMWはバツグンにイイ音になりますね!!
あのノーマルのクッソへぼい音が、ここまで変貌を遂げるとは
にわかに想像できないかもですが・・・。

一度、体験してみれば想像以上の音にきっと驚きますよ~~。

そういえば、この辺のマツダってカッコよかったですよね。

ユーノス・コスモとか、ユーノス500とかベラボーにカッコよかったです!!
個人的にはランティスクーペとか、ファミリア・アスティナとか大好きでした。

マツダご乱心の時のクルマ達なのでセールス的にはさっぱりでしたが(-_-;)


さてさて。
一週間ぐらい間が空いてしまいまして、申し訳ございませぬm(__)m
ナニやら、謎の病に侵されておりまして・・・・。
立場上、床に臥せるわけにもイキませぬ。
毎日出社はしておりましたが、完全な戦力外でありました( ̄ー ̄)

まだスッキリはしませんが、ぼちぼちと復活していきます~。


s-IMG_0846.jpg
生粋のピュアスポーツ、マツダ・RX-7。
最近は、ホントにこんなクルマが無くなりましたね(T_T)



s-IMG_0849.jpg
走行会にも頻繁に通っているオーナー様なので、
クルマを重くするのはご法度です。

でも、普段はイイ音でドライブを楽しみたい!!
贅沢な悩みですか??
そうでもないです。
クルマの楽しみ方ってみんなそうじゃないですか??
サウンドナビなら、そんな悩みも一発で解決であります。

とはいうものの、以前は他店でオーディオを組まれてて、
しかも、わりかし重量級システムだったんです(^^;

今回は、それらのほとんどを撤去して、サウンドナビの内蔵アンプで
BRAX2WAYを鳴らしちゃおう!!作戦を決行。

外部パワーアンプが常識のこの世界で、内臓アンプ化には
オーナー様も若干の抵抗があったのも事実。

特にマッキントッシュのふくよかな中低音にずっと慣れ親しんでこられたので
内蔵アンプでホントに鳴るのか??と思ってもなんら不思議ではりません。
むしろ、それが当たり前の反応だと思います。


結論から言いますと、余裕で前のシステムよりも音が良くなりました。
オーナー様も、さすがにちょっと驚いておられましたが( ̄ー ̄)



s-IMG_0847.jpg
以前のアウターバッフルは、雨を吸い込んでブヨブヨになってしまっていたので
今回、ここは新たに作成し直しました。

同時にデッドニングもハガレが大量に発生していたので
全撤去して追加施工しています。
低域の伸びも締りもグッと改善しました(^^♪



s-IMG_0848.jpg
アウターバッフルの拡大画像(^^)
グリルはFOCALの「それ」だったりしますが(^^;



s-IMG_0850.jpg
ドア上部の「岡本太郎的なオブジェ」が若干気になりますが(-_-;)

以前の施工で、この場所にトゥィーターが埋め込まれていたそうです・・・・。
なんでお金払って、この場所に埋め込まれちゃったのか・・・
謎は深まりますが、後ろを振り返ってばかりもいられません。

ちなみ、Aピラーはうちでは手を加えていませんので、
次回、バージョンアップの際には取り付け位置、角度も含め、ちゃんと見直したいですね~。







マッスルカーって言うとカッコイイですが、ハッスルカーだと残念ですね。

s-IMG_0845.jpg
どーーーーーーん!!

マッスルカー業界の中でも一際スタイリッシュなのが、このカマロ。
鮮やかなオレンジボディにマットブラックのボンネットとかセンス溢れ過ぎですが。

このかっこいいカマロに、オーディオインストールです!!


s-IMG_0841.jpg
純正デッキ上のインフォメーションパネルをダッシュ上に移設して、
サイバーナビを取り付け。

・・・・・と、言いたいところですが、ココまでは既に施工済みでした(^^;
じゃ、何に不満が??
ってコトなんですが、それはもう!!この世のものとは思えないぐらい
めちゃめちゃな音になっておりまして・・・・。

衝撃的に音が悪いって、なかなか無い体験でした(-_-;)
普通に取り付けて、こんなコトになる筈ないんですが・・・・。



s-IMG_0842.jpg
そんなわけで、ここはひとつ。
例のくっそダサいコントローラの「MATCH・PP82DSP」にご登場ねがいましょう!
内蔵8chアンプ、アナログは勿論、デジタル入力も備えています。
各種調整機能もめちゃ充実した、ニクイヤツなのです。

しかも、相当に音がイイのです、というか良くできるのです。

同時に、オーディオテクニカのHDMIアダプターを取り付けて、
iphoneでデジタルオーディオを楽しめます。



s-IMG_0840.jpg
ちょっと感心したのが、このドア。

一般的にアメ車のドアってのは、正直いってイマイチイマニ。
否、イマサンぐらいのコトが多いのですが。

カマロのドアは、実にちゃんとしていて良く鳴ります。
今回選んだスピーカーが、DLS・RC6.2ということもありますが
フロントだけでバスバス鳴ってくれます(^^♪

それぞれ、ドアインナーとミラー裏の純正位置に取り付けてあります。
ここまでほぼ「YN仕様」ですね(^^)



s-IMG_0837_20150515203114991.jpg
微妙にわかりにくい画像で申し訳ありませんが、
ラゲッジ奥のカーペット部分が、純正ではない新設の部品です。

このカバーの奥にウーハーボックスとアンプラックが隠されています。
後ろから見ただけでは、何のことはない普通のラゲッジですね(^^;



s-IMG_0839.jpg
シートを倒すと、ウーハーの存在が( ̄ー ̄)

キッカーのウーハーは非常に鳴らし易く、しかも薄型でも実に深く速い低音が楽しめます。
意外と安いのも見逃せないポイントです!!

気持ち強めにウーハーを使った音造りを施していますが、
フロントドアがめっちゃ鳴ってくれるので、恐ろしく低域の充実した
弩分厚いサウンドが堪能できます。

それでいて、す~~~っと綺麗に伸びる高域とがあいまって
かなりイイ音に仕上がっています!!

ここだけの話なんですが・・・。

個人的には、レヴォーグよりもXVの方が好きだったりします!!

や、そんな秘密にするほどのモノでもないんですが。


s-IMG_0825.jpg
そんなわけで、弩新車のスバル・XVにウェルカムプラン取り付け!!
です!!

どうです??
このボディーカラー!!
めっちゃ好きなパターン( ̄ー ̄)



s-IMG_0827.jpg
ヘッドユニットは、すでに取り付け済みの楽ナビ。
最新の楽ナビは今までのモデルと違って、ほぼサイバーナビレベルの
調整能力を持っていたりします(^^♪
結構イケるのです!!



s-IMG_0829.jpg
スピーカーは、DLS・RC6.2を選択。

ぶっちゃけ、取り付けスペースにめっちゃめちゃ余裕がないと
取り付けできないスピーカーだったりしますが、
XVもインプレッサもレヴォーグも、全然余裕でインストール可能でっす!!

しかも、このスピーカー!ホントに鳴らし易くて素晴らしいのです!!



s-IMG_0828.jpg
トゥィーターは、ダッシュポン置き。
めちゃくちゃシンプルですが、音は本格的なのです。

やっぱり鳴らし易いスピーカーは、全然楽しさが違いますね。
低音もしっかりでますし、綺麗に高音も伸びます。

トゥィーターグリルのデザインが、ちょっと個性的なので
そこが許せるのであれば断然オススメのスピーカーであります!!

コンパクトスポーツは大好きなんですが・・・

なんで、ドアが4枚のあるの!?

国産車もハリキって2枚ドアを作るべきですよ"(-""-)"
いや、マジで。


s-IMG_0820.jpg
そんな中、わりかしニッサンはがんばってますよね~。

ノートをここまでガッツリイジって、市販するとかブラボー以外に言葉がありませぬ。
これで、2枚ドアだったらまさに神なんですが。
そんな自分は、GA2シティ大好き!!



s-IMG_0823.jpg
すでにKENWOODのナビが取り付け済み。
こいつを最大限に活かすには、やっぱりバイアンプ接続が一番ですね!



s-IMG_0822.jpg
今回選んだスピーカーは、パイオニアのV172。

性能でいえば相当レベルの高いスピーカーなんですが、
普通に取り付けるととにかく高域がうるさいのです(-_-;)

そこで登場、バイアンプ。

トゥィーターもウーファーもそれぞれゲイン調整が可能になるので
エネルギーバランスがきちんと揃えられます。
しかも、4chでのタイムアライメントが使えるようになりますので
一般的な調整能力のナビであっても、驚くほどの高音質も期待できます。



s-IMG_0821.jpg
ウーファーは、ドアインナーで強固に取り付け。

デッドニングはすでに他店で施工済みだったんですが・・・。
まぁぶっちゃけ全然足りません。

次回バージョンアップ時には、是非ここも手直ししたいですね(^^;

「RS-D7X+P99X」からの載せ替えでも音が良くなるってのに!?

DE-P01からの載せ替えとか!!

や、なにに?って話ですよね、いやまったく。
DEH-P01からハイレゾプロセッサーのHELIX・DSP Proに交換しました( ̄ー ̄)

s-IMG_0803.jpg
なんか・・・このデッキの代わりにくっそダサいコントローラーも
見慣れた光景になりました・・・(^^;

んが!
早く新型のコントローラを発売してくれい!!



s-IMG_0806.jpg
スピーカーは、FOCAL・KRXシリーズの3WAYをチョイス。
ステラ(ムーブね)の純正スピーカーは、16cmながらもペッラペラの
なんとも頼りないスピーカーなのです。
取り付け位置そのものはバツグンなんですが(^^;

そこで、こんな情けないペッラペラスピーカーと別れを告げるべく、
ドア下部ドリンクホルダー部を大加工して、16cmユニットを取り付け。

本来スピーカーが取り付けられる場所ではないので、ホントに大加工が必要ですが
これがまた、驚くくらいに良く鳴るドアになってくれるのです(^^♪



s-IMG_0805.jpg
んで、この場所だけサイコー!!な純正位置には、
1L程度のエンクロージュアを作成して、スコーカーを取り付けてあります。

ステラ(ムーブね)は、このパターンでシステムを組むと絶対に失敗しません。
このヤリ方でおかしな音になってる場合は、なんか壊れてる!?ってぐらい( ̄ー ̄)



s-IMG_0804.jpg
Aピラーにトゥィーターを埋め込み加工。

フロント3WAYと8インチサブウーファーで、なんとも充実した分厚い音が楽しめます。
D7Xからの載せ替えでも、ホントに驚くほど低域が豊かになって
皆さん驚かれるのですが、さすがにP01からの変更だと
あまりにも変化が大きすぎて、全くの別物になってしまいます( ̄ー ̄)

現状はまだまだ操作性がイイとは言えませんが、
ここだけガマンすれば、これまでのオーディオとは違う体験ができるんです。

さぁ。
どうします???

僕的には、諦めてきたモノの全ては、いろんなトコロにありますが。

大人の男の人の場合、ここにあるそうです( ̄ー ̄)

s-IMG_0795.jpg
NEW!ヴェルファイア。
そうです。
今回も相変わらず、下唇は噛みしめ気味にお願いします。

弩新車のヴェルファイア・ハイブリッドE-Fourにオーディオインストールです!



s-IMG_0797.jpg
本当はBIG-Xプレミアムを取り付けるのですが・・・まだ発売前ってことで
とりあえず、手持ちのパナナビを仮付け。

オーディオプロセッサーは、プリセットの変更が可能ってのと
コントローラのカッコよさでオーディソン・AP8.9を選択。
現状、デッキ下の小物入れに簡単パネルで埋め込みしてありますが、
この場所はBiG-Xの時には使えませぬ・・・さて、どうしましょ?



s-IMG_0796.jpg
いちいち、質感の高いかっこいいドア。

全体的に内装の質感は相当高くなっています、新型。


スピーカーは、これまたデザイン重視でETONを選択。
って、インナーバッフルでの取り付けなので、ここは見えませんが(^^;


s-IMG_0798.jpg
トゥィーターは、Aピラーにスッキリと埋め込み加工。
オプションのアルミ製フラッシュマウントを装備して、
更なる質感とルックスを向上させています。



s-IMG_0800.jpg
実は今回のシステムは、リアがメインだったりします。

スピーカーはフロントと同じETON。
同様にフラッシュマウントも装備して、トゥィーターの埋め込み加工もしています。

純正然としたさりげないデザインですが、実に精度高くかっこよく仕上がっています。
基本的にうちでは、リアドアのデッドニングなんて無駄なコトはしませんが、
今回は事情が違うので、リアドアもしっかりとデッドニングしてあります。

リアドアなんて、もともと対して剛性も確保されていませんので
結構ガッツリと貼り込まないと、ドア的に全然ダメです(-_-;)

今回は相当頑張ってるので、リアシートでもめっちゃちゃんとした
クオリティーの音が楽しめます。


AP8.9Bitは、内臓8chアンプ装備なので、
前後とも2WAYマルチ駆動しています(^^♪
で、リアに座るときは専用のプリセットを呼び出して使うコダワリ仕様。



s-IMG_0793.jpg
今回の新型の最大のポイントは、スバリ!!ここでしょう!!

今までは床がフラットだったので、アンプやサブウーハーを取り付けると
どうしてもフロアのカサ上げが必要だったんです。

ところが!!
新型は、床下にめちゃめちゃ広大な空間があるじゃぁありませんくぁっ!!!
これを利用しない手はありやせんぜ、旦那。

そんなわけで、右側のみ使って大型のウーハボックスとアンプをインストール。
純正と高さも全く変わりませんし、荷物を積むのも問題なし。
しかも、見た目はご覧のようにどうみても純正( ̄ー ̄)

オーディオ的にみても、大きなウーハーボックスが確保できるのは
相当なメリットになります。

新型アル・ヴェル。
オーディオ界の目玉になりそうですな~~。

音質最高峰のハイレゾ対応オーディオプロセッサーといえば?

そう。
くっそダサいコントローラーが目印の、HELIX・DSP Proです(^^♪

最近の記事がこればっかりになっちゃってますが、
音はホントに素晴らしいのでっす!!


s-IMG_0788_2015050720503751c.jpg
パイオニアの誇る、ハイエンドオーディオ・RS-D7XⅢ+RS-P99Xから
ハイレゾプロセッサー HELIX・DSP Proに換装であります!!

コンペやイベントよりも、普段から普通に聴いている音を優先した結果
今までよりも高音質化が可能です。
特にハイレゾの音源を用意しなくても、今までのファイルも
グッと音が良くなるのが、このプロセッサーの大きな魅力なのです(^^♪



s-IMG_0783_201505072050391f3.jpg
D7XⅢが元々インストールされていた場所に、簡単なパネルを作成して
くっそダサいコントローラーと、BitPlayの受光部を取り付け。

見てくれはアレですが、操作性的に一番マシなのです(-_-;)
今月末に発売予定の、新型コントローラーが出てくるまでは我慢です。



s-IMG_0784_20150507205041523.jpg
スピーカー等は現状のモレル3WAYをそのまま利用。

トゥィーターはミラー裏に、スコーカーはAピラーに
それぞれガッツリとリスナー向けに取り付けています。



s-IMG_0785_201505072050439c2.jpg
ウーファーはドアアウターをワンオフしてガッチリと取り付けています。

純正然としたスッキリとしたデザインで取り付けが可能です~。



s-IMG_0790.jpg
実はこのクルマ。
ハイエンドシステムでありながら、5.1chシアターも堪能できたりします( ̄ー ̄)

そうなんです。
なんでも楽しみたい、我儘なオーナーさんなのです(^^♪
HELIX・DSP Proは10ch出力なので、
フロント3WAY+リア+センター+サブのフルコントロールも可能だったりします。



s-IMG_0789_20150507205038450.jpg
ちゃんとセンタースピーカーも装備してあります。

13cmのコアキシャル装備で、本格的なシアターが楽しめます!!


カーオーディオの楽しみ方はホントにそれぞれ。
いろんな楽しみがあるからこそ、もっともっと楽しくなるのです!!

「ある意味ハイレゾ」どころか、「立派なハイレゾ」シリーズ3rdシーズン!

最近では、「くっそダサい」で通用するようになってきた感のある、
HELIXのオーディオプロセッサー達ですが。

s-IMG_0782.jpg
メルセデスのEクラスに、完全なYN仕様での取り付けであります!!

そう、例のくっそダサいコントローラも不要な純正デッキ利用のシステムです。



s-IMG_0780.jpg
純正デッキのみのアナログ入力でも、HELIX・DSPは
48kHz/24bitに変換してくれるので、なんだか全然イイ感じになります。

USBメモリも、ipodも使えますシ、ステアリングから純正と全く同じように
コントロールすることができます。

つまり、操作的には完全に純正の「それ」
ナニかを変更したとか、追加したとか感は一切ありません。

それでいて、音だけは遥かに上質なモノに変貌を遂げるのです!!



s-IMG_0777.jpg
ドア周りも、まったく純正の状態。

スピーカー自体は変更済みなんですが、それすら当然見えません。



s-IMG_0779.jpg
よ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~く見ても、わからん・・・。



s-IMG_0776.jpg
HELIX・DSPは外部アンプが必要なのですが・・・・。

アンプどころか、プロセッサーすらも見えません( ̄ー ̄)
どうです?完璧なまでのYN仕様じゃぁないですか???


それでも、思わず頬が緩んでしまうくらい、聴きいってしまえる音になります。
こいつぁ春からオススメですぜ?

本当なら、このサイズが一番好き!!

これまた、めっちゃ珍しいクルマ!!

s-IMG_0767.jpg
スマート・ブラバス アルティメイト112!!
しかもカブリオレ!!
こいつぁ、たまらなくカッコイイですな!!



s-IMG_0765.jpg
もともと、KENWOODのナビが取り付け済みだったんですが、
更なる高音質を求めて、DIATONE・NR-MZ90Premiに換装。

圧倒的な調整能力を持った、このナビで今までとは全く違う次元のサウンド体験を!!



s-IMG_0764.jpg
スピーカーは、薄くてもしっかり鳴ってくれるキッカーの5インチをチョイス。

一見すると普通のドアなんですが・・・・・。
スマートのスピーカー交換は恐ろしく手間がかかりるのです。

ドアそのものの構造が、一般的なクルマの「それ」とは全く異なります。
スピーカーを交換するのに、外側のドアパネルを取り外す必要があるのです。
その工程も、とにかく手間がかかります(-_-;)



s-IMG_0766.jpg
トゥィーターは、Aピラーに埋込加工してスッキリと取り付け。

あまり大きく角度をつけずに、あくまでスマートらしさというか
雰囲気を大切に施工しています。
勿論、ガッツリリスナー向けにすることもできますが、
それが全てではなく、あらゆる正解が存在するのですよ~。


こういった「らしさ」的な感覚は経験とセンスがものを言いますが、
そもそも技術が無ければ話にもなりません(^^;

世界最速に殴り込み!!日本の底力!!

国産車で、ここまで割り切ったクルマも最近は滅多にみられなくなりましたね~。

s-IMG_0762.jpg

エンジンかけた時のサウンドや、アイドリング音が、全然国産車のそれじゃない( ̄ー ̄)
ウルサイのなんのって(^^;
明らかに、普通の車じゃありませぬ。



s-IMG_0760.jpg
こんなドライカーボンが奢られたパネルは加工したくないにゃー。

ってことで。
純正オーディオはそのままに、オーディオプロセッサーを追加しましょう、そうしましょ。



s-IMG_0757.jpg
選んだプロセッサーは、くっそダサいコントローラーが目印の
MATCH・PP-82DSPです。

MATCHなんてなんだか聞きなれないメーカーですが、
BRAXやHELIXでおなじみの、オーディオテックフィッシャーブランドです。
音質には定評あるメーカーなので、無論このMATCHも抜かりはありません。

しかも、このくっそダサいコントローラを見るとなんだか安心しちゃいます(^^;
音「だけ」は間違いない・・・そんな風に感じる今日この頃。



s-IMG_0755.jpg
PP82-DSPは、なんと8chアンプ内蔵のニクイヤツ。
サブウーファーこそ鳴らせませんが、この自由度はめっちゃ魅力。

これから、ドンドン高度になっていくであろう純正オーディオや、
重くしたくないスポーツカー、スペースの限られたコンパクトカーなど
多くのクルマにインストール可能な、これからの主流になりうるアイテムです。

とはいえ、やはり鳴らし易いスピーカーが有利なのには変わりなく。
またしても、DLSさんにご登場願ったわけで。
最後のRS6.2をインナーバッフルとミラー裏加工でインストールしました。



s-IMG_0756.jpg
ミラー裏の加工部はこんな感じです(^^♪

コンパクトでスッキリした取り付けが可能です。



s-IMG_0759.jpg
最も苦労したのが、このサブウーファー・・・・。

この場所は純正スピーカーが縦に2発装着されているのですが・・・。

なんと!!これッ!!
サブウーファーに見えて、リアスピーカーだったりします(-_-;)

こんな無意味なサブウーハー風リアスピーカーには別れを告げて、
本物のサブウーハーを取り付けしました!!
純正の樹脂製バッフルと同じ形になるように、MDFでウーファーボックスをワンオフ。
見た目はまったくの純正然としていますが、中身はキッカーのウーファーになっています。

よ~~~~~く見ると、うっすらと「KICKER」のロゴと「K」マークが確認できたりします(^^;



s-IMG_0761.jpg
同時にユピテルの最新鋭レーダーも取り付け。

いつの間にか、うちではこの位置が定番化してしまった感がありますが(^^;

何度も言いますが、ドライビングポジションからは半分ぐらい見えません。
それでも、ココでイイって言ってしまえるほど他にイイ場所が無いのです(-_-;)



純正オーディオからのアナログ信号を48kHz/24bitに変換するので
これがなかなかの高音質で楽しめます。
デジタル入力も備えているので、さらなる高音質化が簡単に楽しめます。

とにかく、コントローラがくっダサいのを除けば、ホントにイイ商品だと思います。

内蔵8chアンプって聞くと、あんまりいいイメージ無いかも知れませんが、
その音を一度聴けば、きっと気に入りますって( ̄ー ̄)
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10