お手軽ですが、効果はバツグン!!

BMW・1シリーズのスピーカーを交換しました(^^♪

s-IMG_0751.jpg
こだわりアイテムで武装した、カッコイイF20ですね~。

外装にも内装にもこだわるオーナー様のことなので、
当然ながらオーディオにも拘るのです。んむ。



s-IMG_0754.jpg
現状、デッキは純正のままですが、いずれプロセッサーが導入されますよ、きっと( ̄ー ̄)

めちゃめちゃ音が化けますからね~。
ちょっと驚きますぜ、キシシ。



s-IMG_0752.jpg
通常は、トゥィーター付車用のウインドーフレームカバーに交換して
純正位置に隠し込むんですが。

ここもやはり拘りのオーナー様。
躊躇なく、加工しての埋め込みを選択されました(^^;
漢前すぎます。



s-IMG_0753.jpg
ユニットは、DLS・UP4iを選択。

純正位置にほぼ無加工で取り付けられるユニットの中では高級な方ですが、
これまた躊躇なく。
拘りどころを良く理解されておりますな!!

今後、ドア加工して16cmスピーカーを追加してフロント4WAY化も考えられますし、
夢が膨らむばかりです~。

深夜の食欲魔人再び。

いろんな差し入れや、お土産を頂きますが・・・。

s-IMG_0256_201504282122309de.jpg
自分で作るタイプの差し入れは初めてかも(^^;

いつもは、いただいた瞬間に無くなってしまうことが多いのですが・・・。
今回ばかりは、職場で作るわけにはイキませぬ。
そもそも調理場が無い。
あと、シャワーもない。

何故、無いか?



そんなモノがあると、泊まり込みが当たり前になるからに決まってます!!!


なので、家に持って帰ってから作ってもらいました(^^♪



s-IMG_0257_20150428212231bda.jpg
有名な和歌山ラーメンです(^^♪

実に美味そうであります!!!!!!!
深夜の食欲魔人も大喜びです。

その日の夜に、2人前。
次の日の夜に、残り1人前を完食。
ホントは、その日のうちに3人前食べようと思ってましたが、
時間も時間だったので、さすがに嫁ちゃんに怒られました(>_<)

いつもお世話になっているうえに、嬉しい差し入れまで・・・。
A様、ありがとうございました!!

BMWばっかりじゃない!!AV KANSAIは軽も熱い!!

やるところはキッチリやってる、かっこいいN-WGN!!

s-IMG_0708.jpg
ジェントルなイジリ方が、マニヤックでよいよい。
質感の高いチョイスで余裕が感じられますね~( ̄ー ̄)

さてさて。
そんなN-WGNにガッツリオーディオインストールです!!



s-IMG_0704.jpg
またか!?とか、これしかないの!?とか言われても、
やっぱりコレがいいのです(>_<)

2WAY最強の呼び声も高い、圧倒的な調整能力と
バツグンの駆動力を誇るアンプで敵なしの高音質!!
ナビはバカでも、それがイイ!!と言ってしまいたい!!
否、言う!!



s-IMG_0702.jpg
僕のレヴォーグを聴いて、一発で決めてもらったスピーカー、DS-G500。

せっかくなので、ワンオフのアウターバッフルでダイレクターリングでの取り付け。
精度高く、さりげないデザインで実にカッコイイのです(^^♪



s-IMG_0705.jpg
トゥィーターもダイレクターリングで取り付け。
精密にリスナーに向けて角度をつけてあります。

大型のトゥィーターでも、デザインと工作精度でスッキリとした取り付けを実現しています。



s-IMG_0700.jpg
何の変哲も無さげなラゲッジですが、実は全面的に作り替えています。

この下にサブウーハー・SW-G50と15Lのシールドボックスが隠れています。



s-IMG_0701.jpg
このように左半分は、小物を入れれるようなスペースを設けてあります。
洗車道具やタオルとか、収納があれば便利ですよね~。

右半分は、強固なウーハーボックスだったりしますが、
純正のラゲッジ面と高さも同じですし、リアシートのスライドにも一切干渉しません。

勿論、荷物の積載も全然OKです(^^)


全然派手な取り付けではありませんが、実にイイ音を聴かせてくれます。
拘りのオーナー様にも大満足いただけました!!

マリオの車として、キッズたちに大人気とか??

実際、マリオカートに登場するんだそうです、メルセデス・GLA。

s-IMG_0746.jpg
GLAのオーナーさんですら、気づかないほどの絶妙すぎるカスタムを
随所に施してある、拘りすぎのオーナーさん。

全て気づいたあなたは、マニヤ。
否、弩マニヤ。
むしろ変態。



s-IMG_0742.jpg
Aクラスや、CLAクラスでも定番となったデッキの取り付け加工。
今までのようにフェイス分離をせずに済むのでコスト的にも少し安くなります(^^♪

とは言え、造る側としてはフェイス分離の方が断然楽だったりしますが(^^;

DEH-P01の内蔵アンプでパイオニア・RS1000の3WAYをフルマルチ駆動しています。



s-IMG_0741.jpg
一般的には加工を避けたがる傾向の、最近のメルセデスですが・・・。
うちではアウターバッフル化が当たり前のように行われています( ̄ー ̄)

樹脂製のインナーパネルが、ドアフレームにリベットで固定されているという
ホントにくそ迷惑な構造のドアですが、そんなコトは音に拘るマニヤには関係なし。
あらゆる手段を駆使して、マニヤの要望に応えていきます!!

そして、これまためっちゃよく鳴るドアになりました!!



s-IMG_0743.jpg
トゥィーターはミラー裏にワンオフ加工で埋め込み。
スコーカーはAピラーに埋込加工。

それぞれ、ガッツリリスナー向けにしてあります。
通常はRS1000だとリスナーに向けないコトが多いのですが、
情報量をとにかく無駄にしたくないので、あえてのリスナー向け。

調整の難易度は跳ね上がりますが、これまた弩マニヤの熱い要望です。
応えねばならんのです(>_<)



s-IMG_0748.jpg
シンプルにも程がある、シンプルの鏡の中の鏡にも程があるラゲッジ。

普段は荷物を普通に積めて、イベントの時の音質劣化の要因を極限まで排除したら
こんなにアッサリしちゃいました(^^;



s-IMG_0744.jpg
こんなにガッツリオーディオマシーンなんですが、
実は普段は奥様がお子様を乗せて爆走しているという・・・。

なので、キッズ大喜びのリアモニターも増設。
シートの形状があまりにも特殊なので、今回はフリップダウンモニターを取り付け。

勿論、取り付けキットなんてありませんが、そこはなんとでもなっちゃいます( ̄ー ̄)



当初の予想ではドアの鳴りがちょっとイマイチかも・・・でしたが、
杞憂に終わりました。
めちゃめちゃシッカリと鳴る、イイドアに仕上がりました。

ドアがまともじゃなければ、絶対にイイ音にはなりません。
逆に言えば、ドアがしっかりしていると、イイ音になる可能性は
飛躍的に高くなるのであります~。

加工が無理と言われた方や、音を諦めていた方、
まずはご相談ください。
なんとかなったりならなかったりですが、なるべくなんとかします!!


なんだか近頃BMWの「Xシリーズ」ばっか作業してる気が。

特に、X3が多いのですよ?


って言いながら、今回はX5なんですが(^^;
s-IMG_0695.jpg
今回の作業は、音質とは直接関係ありませんが
純正機能を大幅に向上するちょっとした工夫を( ̄ー ̄)



s-IMG_0696.jpg
純正リアエンターテイメントシステム搭載のこのクルマ。
リア用モニターは左右それぞれで独立した映像を楽しむコトができるスグレモノ。
リア専用のDVDプレイヤーも装備しているので、
恐ろしい種類の組み合わせが楽しめます。


が。


実は音声はヘッドフォンでしか聴くことができない仕様。
大人が楽しむ分には、むしろ歓迎なのですが
小さなお子様には不評極まりなく。

クルマの中でヘッドフォンするのは、確かにちょっとアレかもですね、キッズ的に。



s-IMG_0699.jpg
左右独立機能はそのままに、ヘッドフォンの音声をリアスピーカーから
出力できるように加工してみました(^^)

勿論、純正機能にも簡単に切り替えられます。
右と左でそれぞれ違う音を聴くことができ、それぞれボリュームも変えれます。

これでキッズたちの好感度もうなぎのぼりだね!!

最近よく耳にするトヨタあるある。

オーリス120Tを買いに行ったのに、何故かヴォクシーを買っていた。
あるある。

や、なんか最近この話を立て続けに聞いたもので(^^;



s-IMG_0694.jpg
今回はすでにパイオニア・DEH-930とTS-V172が取り付け済み(^^♪
スピーカーはそのままに、サウンドナビ・Z90Premiへと変更です!!



s-IMG_0691.jpg
DEH-930や、940、970も相当にイイ商品なんですが、
さすがにサウンドナビとの比較は厳しいですね。

もう、圧倒的としかイイようがありませぬ。
アンプの性能も調整機能も、そもそも素の音の違いがデカイ。



s-IMG_0692.jpg
ここは、オーナー様がご自分で取り付けされています。
角度も悪くなかったので、そのままでOKでした(^^♪


s-IMG_0693.jpg
ドアもオーナー様が施工済み。

ぶっちゃけちゃいますが、そのへんのショップよりもキチンとしたデッドニングされてました(^^;
なかなかヤリよるわい( ̄ー ̄)


今回作業させてもらったのは、ナビの取り付けとケーブル交換、
それに当然ですが調整一式。
オーナー様も驚かれていましたが、まったく別物のサウンドに生まれ変わりました。
取り付けも勿論大事なんですが、調整や使いこなしの方が実は重要だったりします。

まぁ、使いこなしってコトは取り付けにもつながってくるんですがね~。
なんにせよ、一度キチンとうちに相談してくださいまし~。

変えたくないけど、変えなきゃならないときもある。

AV KANSAIで働くようになって、はや15年・・・(ぐらい、多分)

入社する前からのお客様、ホントに長くお付き合いしていただいています。
ありがとうございます( ̄ー ̄)


s-IMG_0686_20150421220219684.jpg
アベニールから、いろんなクルマを経て今はハイエース。

来店いただくたびに、昔のIASCAの話や古いオーディオユニットの話で盛り上がります(^^♪
いつも、奥さんお子さん一緒で、仲良し全開の家族で来られます。



s-IMG_0689.jpg
長年愛用してきた、DYANUDIO・ESOTARのトゥィーターがついにアウト。
代替商品もありませんし、もはや修理も不能・・・。

散々悩んだあげく、やはりDYNAUDIOの音が大好きだということで
ESOTARからESOTECのトゥィーターに変更。

元々ドアに取り付けていた、スコーカーをピラーに埋込加工し
トゥィーターはドアミラー裏に取り付け。

ESOTARの圧倒的なまでの存在感と、音のオーラはやはり敵いませんが
ユニット間の繋がりと定位は逆に安定しました。

というか、そもそもハイエースにESOTARのトゥィーターを取り付けるコト自体
相当無理なインストールでしたし(^^;



s-IMG_0687.jpg
ワンオフアウターバッフルでウーファーをがっちりと固定。

ハイエースは、こんな感じでアウターバッフルを作成してあげると
想像以上にイイ音になりますよ~。

バカっ速業界を代表する一台!!

弩新車のBMW・M4でございます!!( ̄ー ̄)

s-IMG_0677.jpg
なんてヤラシィフェンダーの膨らみ・・・。
このボリューム感・・・たまりません!!

さて。
この、現代を代表するバカっ速マシーンに
ガッツリオーディオインストールしちゃいました~(^^♪



s-IMG_0644.jpg
ドアの下半分を全面的に造り直して、モレル・イレイト6MWをインストール。

とはいうものの・・・・。
圧倒的なまでの上質感で、どこをどう加工したのかわからないかも??です( ̄ー ̄)
M4とはいっても、最近のクルマはコストダウンの影響で革の質がイマイチ。
オーナー様的にも、どうにも納得ができなかったので、
今回のドア作成と同時に、最上級の本革で巻き直しています。
手触りも質感も純正とは比べ物になりません(^^♪



s-IMG_0645.jpg
先代のピッコロをミラー裏に埋め込み加工。
精度高い加工で、スッキリとした取り付けが可能です。



s-IMG_0648.jpg
パイオニア・RS-D7XⅢをフェイス分離加工で取り付け。
表示部を常に目につくところに設置することで、操作性も抜群なのです。

勿論、純正ナビのガイド音声や、ゴング音、PDCもすべてが動作します。



s-IMG_0641.jpg
ラゲッジには、プロセッサーとパワーアンプを取り付け。

通常は、このように完全フラットなフロアで荷物も何の問題もなく積めちゃいます。
で。

s-IMG_0643.jpg
カバーを外すと、アクリルで装飾された美しいアンプが姿を現します。

イタリアのシンフォニというメーカーのアンプです。
全然メジャーではありませんが、このアンプは本当にイイ音を聴かせてくれます。
4chで24万円と少々お高くはありますが、この音を聴けば納得できると。


s-IMG_0685.jpg
最後は、コレ!!!!!

とてつもなく、カッコイイ・・・・・・・・・・・・・・・・。
純正のドリルドローターから、380φのスリットローターに変更し
APレーシング(!)の6PODキャリパーを装着。

赤、黒、黄、青(Mの純正ね)のキャリパーだけはイヤ!!
って、我儘なオーナー様の願いで、わざわざリペイントしました。
しかも、この色・・・めっちゃカッコイイのです。


s-IMG_0684.jpg
勿論、リアも同時に交換。
360φのスリットローターとフロントと同サイズの6PODキャリパー。

ド迫力です、マジで。

そして、特筆すべきはその圧倒的過ぎる「効き」。
恐ろしくカッチリしたタッチから、強烈なストッピングパワーを生み出してくれます。
それでいて、深いトコロでは実にコントローラブル。

これで、安心してバカっ速体験ができるってもんです( ̄ー ̄)


新型が出ましたが、まだまだ大人気なのです!!

全然衰えることのない、不動の人気車ヴェルファイア。

s-IMG_9001_201504172041409b2.jpg
・・・・・・・・。
・・・・。
・・。

すいません、外見撮るの忘れてました(-_-;)
しかも、前の店舗前での画像だし・・・・。




s-IMG_9003_201504172041349c3.jpg
デッキは、サウンドナビ・Z60のレギュラーです。

調整能力こそプレミに劣るものの、つかいこなせる人が使うと
アレなところのプレミよりもイイ音にだってできちゃいます!!



s-IMG_9004_201504172041350fc.jpg
スピーカーは、FOCAL・KRXの3WAYをチョイス。

フルマルチで鳴らせない、この環境下でもめっちゃイイ音になってます(^^♪
やはり、「使いこなし」と「ノウハウ」「経験」がモノを言うのです~。



s-IMG_0674.jpg
今回のメインはこれ!!

やっぱ外装のドレスアップをしているクルマは、オーディオもちゃんとしなきゃ!!です。
サブウーハーとアンプの追加で更なる音質向上を!!
アンプは、フロントスピーカー用ではなく、サブウーハー専用のD級モノラルアンプです。

冗談抜きで、ちょっとしたアンプならサウンドナビの内蔵の方がイイ音しちゃうのです(^^;
なんでもかんでもアンプつけるのは、ちょこっと考えた方がエエですよ???


ラゲッジ全面を造り替えて、レザーフィニッシュのカスタムオーディオを製作。
シートのスライドも跳ね上げも一切機能を損なっていません。
それでいて、どうですか!?この存在感!!



s-IMG_0673.jpg
夜間は、ブルーのLEDが妖しくも美しく演出してくれます( ̄ー ̄)

こいつぁ、意味なくラゲッジを開けてしまいたくなりますね!!!
しかも、サブウーハーの追加で音質面でもグッとレベルアップ!!
音の厚みが増し迫力も臨場感もケタ違いです。

BMW・X4にもハイレゾをど~ぞ。

ちょっとだけ韻を踏んでて素敵でしょ?

s-IMG_0665.jpg
街中ではあまり見かけませんが、何故かうちではよく見かけます(^^;

使い勝手を無視した、デザイン重視のSUV・・・ふつうは買いませんよね(-_-;)
とは言うものの、実際こ~ゆ~類いの車でそれっぽい使い方してる人って
あんまりいないので(独断)これでイイのです!!



s-IMG_0670.jpg
インターフェイスを使って、HDMI経由でBitPLAYを取り付け。

やはり、文字がクッキリはっきりで見やすいですね~。
これで、レジュームができて操作性がよくてキビキビ動けば完璧なんですが・・・。
あ、あとipodにも当たり前に対応してください!!いや、マジで。



s-IMG_0671.jpg
とにかく音はイイのに、残念すぎるコントローラは普段見えないこの位置に。

確定ではありませんが、今月末から来月にかけて
念願の新型コントローラが発売されるとかされないとか。
これで、くっそダサイコントローラともおさらばできるかも!!



s-IMG_0666_20150414214724e9b.jpg
スピーカーはモレル・イレイトリミテッドを選択。

ドアポケットを加工して、ワンオフでアウターバッフルを作成。
純正を意識したデザインで、スッキリとした取り付けが可能です。

なにより、音のコトを最優先に考えると、これに勝るものはありません(^^♪
大加工なので、コストはそれなりにかかりますが、効果は絶大であります!



s-IMG_0667.jpg
ドアアウター部の拡大画像です。

純正ドアからの突出は最大で5mm程度に抑えてあります。
質感高く、精度もバッチリですね~。



s-IMG_0669.jpg
スコーカーはAピラーに埋込加工。
純正風のメッシュ生地でまいてありますので、違和感も少ないのです。

トゥィーターはミラー裏部をワンオフして取り付け。
イレイトリミテッドのトゥィーターは、極々当たり前のサイズなので
めちゃめちゃスッキリしますね~。


ハイレゾのシステムは、とにかくプレイヤーが問題。
それ以外はホントに文句のつけようがないほどの圧倒的な高音質。
DSP・Proだと、普通の音源でも今までより全然イイ音になりますので
ハイレゾ音源持ってない方にもオススメです( ̄ー ̄)

「ある意味ハイレゾ」どころか、「立派なハイレゾ」シリーズ第二弾!!

第二弾と「段田男」って割と似てますよね~。


s-IMG_0664.jpg
段田男とは全く無関係ですが、シュッとしたカッコイイいじり方のF31d!!

拘りのパーツ満載なのです~(^^♪



s-IMG_0663_201504122138113de.jpg
結果的に「YN仕様」になっていますが、それが目的ではありませぬ。

純正のルックス、機能を一切損なわず、且つレツキッカ、めっちゃイイ音に!!
ってのが目的なのであります( ̄ー ̄)

純正デッキはそのままなので、ステアリングでのコントロールや
ハンズフリー、PDC、ゴング音、ナニもかもが機能します。

しかも、現段階では純正デッキからのアナログ入力のみなので
例のくっそダサイコントローラも必要ありません。



s-IMG_0659.jpg
スピーカーは、FOCAL・100KRSをセット。

10cmの超薄型スピーカーなので、純正位置にも撮りつけが可能です。
そこそこ低音も伸びるので、シート下ウーファーとのつながりも
純正とは比べ物になりません。

音の一体感がまるで別物です!!



s-IMG_0662.jpg
さっきの画像でも、チラッと見えてましたがトゥィーターも純正位置に。

基本的に、F31(30もね)はトゥィーターがありませんので
どうしても「こもった」「もやもや」したボケた音になるのです(^^;

純正部品のトゥィーター付車用グリルを用意して、その中にスピーカーを取り付けています。
見た目は全くの純正ですが、よ~~~~く見ると、スピーカーが確認できると思います(^^)



s-IMG_0658.jpg
F31なら、ラゲッジ下に割と大きなスペースがありますので、
アンプやプロセッサーもなんとか隠せます(^^♪

オーディオの要である、プロセッサーはHELIX・DSP。
Proではありませんが、その音質は折り紙付き!!
コントローラはくっそダサイのに、音はとにかくくっそ素晴らしいのです。
嗚呼、ジレンマ。

アンプ内蔵ではありませんので、外部アンプが必要ですが
拡張性や発展性といった、後々まで楽しめる要素があるのは魅力です!!



s-IMG_0657.jpg
極々簡単ではありますが、カバーも同時に作成。

こ~やってフタしてしまえば、ほ~ら。
完全なYN仕様のできあがり~です(^^♪

車はホントにすばらしいのに、とにかく、音がくっそダメなのがBMW。

比較的、簡単な作業ですが効果は絶大!!
これで、ドライブする楽しみが何倍にもなりますね!!

BMWオーナーさんは是非ご検討くだされ~。

誰も支持してくれないのですが・・・

「N-BOX」と鋼の錬金術師の弟ってなんか似てますよね??
や、ちゃんと見たことも読んだこともないんですが。


s-IMG_0635.jpg
そんなわけで、弟そっくりな「N-BOX」さんのオーディオバージョンアップです(^^♪

いつもいつもありがとうございます!!


s-IMG_0640.jpg
以前はDS-G20だったんですが・・・
勢い余ってDS-G500に変更しちゃいました!!

せっかくのDS-G500なんだからダイレクターは必須です( ̄ー ̄)
質感、見た目ともにグッドであります~。

ただ、残念なコトにたま~~~~に新品でもキズだらけのコトがありますね。
もう少し品質管理を徹底してくれい!



s-IMG_0639.jpg
N-BOXで懸案なのが、助手席側ピラーのミラーの扱い・・・。

正直言って、あのミラーじゃあな~~んにも確認なんてできませんぜ?
これがなければ、もっともっとスマートに美しい取り付けができるのですが・・・。
この取り付けが最もスッキリとしたギリギリの妥協点ではないでしょうか。

まぁ、とっちゃえば車検が通らないだけなので、強者は挑戦してみてもイイかも?(ダメです)



s-IMG_0636.jpg
ウーファーはドアインナーで取り付け。
DS-G20からだと、ほぼ無加工での交換が可能です(^^♪
が、
鳴りっぷりが全く別物なので、デッドニングは追加したいところですね~。



s-IMG_0638.jpg
ついに!!秘密兵器も投入!!

定在波を効果的に減衰させ、反射も的確に抑えるコトができます。
全国のゲームセンターで取り扱いがありますので、お試しください。
価格はプレイヤーの腕次第で変動しますのでご了承くださいm(__)m





半分ぐらいはマジですよ?


ゴルフ7の作業は何故か「YN仕様」が多いのです。

ホントに。
実際に統計をとったわけではありませんが、なんだかそんな印象がありますね~

s-IMG_0632.jpg
そんなわけで、ゴルフ7にオーディオインストール(^^♪

BMWと並んで、オーディオ施工の多い輸入車ですね~。



s-IMG_0633.jpg
今回は、特に「YN仕様」で、というわけではありませんが、
結果的には素敵に「YN仕様」に。

純正デッキはそのままに、DIATONE・DS-G20を取り付けました。



s-IMG_0634.jpg
助手席のシート下に、薄型のチューンナップウーファーも同時に取り付け。

純正のもっさりした音から、メリハリの効いた元気な音にしています。


チューンナップウーファーは、シートをスライドすると見えちゃうので
完璧な「YN仕様」とは言えませんが(^^;

各スピーカーもそれぞれ純正位置に取り付けしているので
見た目はホントに純正のまんまですが、音は断然よくなりました。


まずは、フロントスピーカーの交換だけでも十分楽しめますので
一度御相談くだされ~~( ̄ー ̄)

夜の食欲魔人

s-IMG_0517.jpg
疲れた脳に最高のプレゼント!!

ただ単に、甘いモノ大好き!!ってだけとのもっぱらの噂ですが、あえて無視。
ありがとうございます~(^^♪


s-IMG_0522.jpg
和歌山から走って持ってきてくれました!!
当たり前ですが、普通の人は走って来ません。

そして、走って帰っていきました。
当たり前ですが、普通の人は走って帰りません。


s-IMG_0557.jpg
この匂いがたまらん!!

s-IMG_0558.jpg
551も美味いですが、個人的にこっちが断然んま!!


s-IMG_0574_20150406205438f69.jpg
阿倍野といえば、だんご!!
ハルカスよりも、断然だんご!!


s-IMG_0599.jpg
山口百恵も大好き!!


・・・・・・

・・・
ロックンロール・・・ういろう・・・


s-IMG_0600.jpg
定番ですが、実にありがてぇ!!
確実に満足できる、後世に伝えていかなければならない、至高の食べ物。

それが、シュークリーム。


s-IMG_0654.jpg
このツヤツヤ感とぬめり感がたまらねぇ!!
見た目って、ホントに大事( ̄ー ̄)

s-IMG_0656.jpg
こいつぁ、夜に見ちゃイケねぇ類いのヤツだ・・・。



ホントにいつもいつも、ありがとうございます!!!
スタッフ一同、相当喜んでおります!!

バカっ速業界で定評のある一台!

や、バカっ速業界とかそんなモノはこの世に存在しませんが。

そんなファンタジーな業界の中で異彩を放つ、この存在感・・・。
s-IMG_0627.jpg
最新鋭のモンスターマシーン、ニッサン・GT-R 2015モデル。

スーパーカーでもない、スポーツカーでもない、孤高の存在ですね。



s-IMG_0626.jpg
絶対にヤッちゃイケませんが、サツに追いかけられても逃げ切れちゃいますけど(^^;

そんな中学生みたいなコト、しちゃいけませんし、そんな人はGT-Rに乗らない。
ジェントルな乗りこなしこそが似合うのです。
そこで、ユピテルの指定店専売モデルのレーダーを取り付け。

アンテナ受信部はダッシュボード内に隠してしまえるので
非常にスッキリとした取り付けが可能です。

GT-Rのダッシュボードは、異常に高いのでレーダーの設置に向いていません。
専売店モデルだと、表示部がコンパクトなうえに取り付けの自由度が高いので
あらゆる取り付け方に対応できます。

今回は、この位置に取り付けましたが、ぶっちゃけ視認性はいまいち(-_-;)
ですが、とにかくスッキリの優先度が上なので、オーナー様的には全然OK!!

油断は大敵ですが、安心感はけた違いです( ̄ー ̄)

こいつぁ春からテンション上がりまくりですぜ!!

まさにホットハッチの鏡の中の鏡にも程がある!!
日本語がオカシイですが、ビックリするくらい生粋のジャパニーズ!!

s-IMG_0631.jpg
シトローエン ・ DS3レーシング!!!

なんなんでしょ??
ちょっと奥さん、カッコよすぎやしませんこと???
おほほのほ。

いや、マジでなんかオカシイんですが、かっこよすぎて。
とゆーか、スキ過ぎて!!



s-IMG_0629.jpg
今回の作業は、ナビゲーションの取り付け(^^♪

実はすでに他店でポータブルナビの埋め込み風加工が施されていましたが
オーナー様的には「ナビ質も操作性も機能性もナニもかもアウト!!」とのことで
使い慣れたサイバーナビをインストールすることになりました~。

純正のインフォメーションディスプレイをコンソール下部に移設して
その空いたスペースにサイバーナビ・AVIC-VH0099をインストール。

エアコン吹き出し口等一体になった大型のコンソールパネルを
ワンオフ加工して、同色のオレンジにリペイントしています。



s-IMG_0628.jpg
モニターを立ち上げると、こんな感じになります(^^♪

リアのパーキングセンサーも問題なく使えます~。



s-IMG_0630.jpg
インフォメーションディスプレイは、この位置に移設します。
というか、ココはすでに加工済みでした(^^;

純正デッキは外すと色々と厄介なので、そのまま残しています。
勿論、この純正デッキを移設して、この場所にナビ本体を設置することも可能ですが、
今のサイバーナビのナビ本体へのアクセスは、そんなに頻繁に行うモノではないので
コスト増を抑えるためにも今回の作戦が正解だと思います( ̄ー ̄)

ざ~~~っとネットを検索しましたが、DS3(C3もね)でインダッシュナビを
この位置に設置した例は発見できませんでした(^^;

他店では「あ、そんなのうちじゃ無理ムリ」って断られた加工でも
念のため、一度うちにご相談ください。
もしかすると・・・解決できるかもですよ???


最高のクルマと、最高の音楽のある暮らし

それは、つまり最高の人生とも言えるのです。
さらに言い換えれば、クルマを通してお客様のより良い暮らしのお手伝い。

大袈裟かもしれませんが、影響力はバカにできないと思います~( ̄ー ̄)



s-IMG_0625.jpg
BMW・F31 320i ツーリングMスポーツ。

お車の乗り換えに伴い、車両の手配からご依頼いただきました(^^♪
ありがとうございます!!

オーディオのみならず、中古車販売も新車販売もヤッてます。
車両買い取りや、下取りも是非ご相談ください!!


今回は、極上の3シリーズツーリングを探してきました~。
車検もたっぷり、走行も3000kmと言うことなし!!
内外共に非常に美しいのです!!



s-IMG_0621.jpg
同時にオーディオもガッツリいっちゃって頂きました(>_<)
BMWでは定番加工の、DEH-P01をフェイス分離しての取り付けです。

純正デッキ下部のパネルを加工してフェイスパネルを埋め込み。
視認性も操作性もバッチリです。
しかも、DEH-P01はイルミの色を変えられるので、
ダッシュ周りのイメージに違和感なく馴染みます(^^♪



s-IMG_0624.jpg
基本的には、USBやipodメインで仕様してもらう感じなんですが

「やっぱ、俺ってばCDじゃん??」な、

アーバンリゾートな兄貴の為にちゃんとCDも再生可能です。



s-IMG_0622.jpg
スピーカーは、以前からお使いのFOCAL Kシリーズ2WAYに
今回新たにスコーカーのみ追加して3WAYへとバージョンアップです(^^♪

トゥィーターは、ミラー裏(ウインドーフレームカバー)へ埋め込み加工。
スッキリとした精度高い加工が実に美しいのです~。

スコーカーは純正位置にインナーバッフルで取り付け。
Aピラー加工でもOKなんですが、大げさになるコトを嫌った結果、この位置に。
奥まっていて、且つレツキッカ、下を向いてますが全然問題ありませんぜ~。

ウーファーは、ドアポケットをガッツリ加工して超強固なアウターバッフルで取り付け。
フロント3WAYが、綺麗にドアに縦一列に並ぶ理想のレイアウトが完成しました(^^♪

シート下の純正ウーファーも、2chアンプのPRS-D700を追加して
サブウーファー的に鳴らしています。

BMWの究極のオーディオ理想形。
フロント4WAY・フルマルチシステムの完成でっす!!!

今まで、体験したことのないカーオーディオの世界が待っています。
人生観変わる!?とまでは言いませんが、心は確実に豊かになります( ̄ー ̄)
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10