さて。ハイレゾでも聴いてみるとするか。

最近の問い合わせというか、興味の中心はみなさんハイレゾ一色で。
とは言っても、一番問い合わせ多いのは、断然ドライブレコーダーですが(^^;

そんな話題の最先端メディアもようやく本格的に車内で楽しめる時代に。



s-IMG_0536.jpg
遠路はるばるランキングを堂々の更新!!
しかも過去記録を大幅に(^^;

ゴルフ7・GTIにガッツリオーディオインストールです!!



s-IMG_0545_20150228205045cbc.jpg
音源は「Astell&Kern」のAK100。

光出力は96/24までと言われていますが、実は192でもOKだったりします。
とはいえ、受ける方が対応していませんが(-_-;)



s-IMG_0528.jpg
ラゲッジボードの下に、簡単なラックを作成してアンプとプロセッサを設置。

スペアタイヤの出し入れにも支障はありません。



s-IMG_0531_20150228205042025.jpg
これが今話題の、ハイレゾ対応プロセッサー「Helix・DSP Pro」

こんな小さな筐体で、想像を遥かに超えた高音質を奏でます。
こいつは、相当「イイ」

RS-P99X・・・分が悪いかも。



s-IMG_0523.jpg
純正のドアデザインが、実にシンプルでかっこいいので
アウターバッフルのデザインもシンプルにかっこよく(^^♪

ゴルフ7のドアは、デッドニング不要と思えるほどに穴が少ないのですが
強度が十分なのかというと、そうでもない(>_<)

強固なバッフルとそれを支える土台作りの為に、しっかりとしたデッドニングは必須。

スピーカーは、モレルの最新鋭「ELATE MW6Ti」
取り付け前に充分なエイジングを施した特別品なのです~。
だって、さ。
遠路はるばるにも程がある程遠いところからのご来店なので
そんな頻繁に調整に寄ってもらえないじゃないですか?

なので、最初からある程度決まった音で楽しんでもらおう、と。
嗚呼、なんて優しいのかしら・・・ぽっ。



s-IMG_0524.jpg
スプリーモ・ピッコロⅡはAピラーに埋込加工。

これぐらいのサイズのトゥィーターなら、何の問題もなく綺麗に埋込できます(^^♪
純正近似のメッシュ調生地で張り替えしていますので質感も抜群なのです!

勿論、ガッツリリスナー向けにインストールしてあります。



s-IMG_0527.jpg
助手席下に、チューンナップウーファーを取り付け。

中高域に比べ、質感が足りないのは否めませんが
「無い」よりも断然「有り」の方が楽しいのです(^^)

何よりスペースを全く犠牲にしませんし、ついでに安いし( ̄ー ̄)


Helix・DSP Proは、調整も非常に簡単でありながら
恐ろしく奥の深い懐の持ち主であります。
44.1聴くだけでも、相当な高音質ですので
ハイレゾはまだまだこれから・・・とお考えの方も是非一度ご相談ください。

そして、実際に体験してみてください。
全く新しいハイエンドの世界が待っています。

ハドソンのゲームじゃありません!

いやぁ・・・今ハドソンって無いんですねぇ・・・。

ボンバーマンやスターフォースとか、めっちゃ楽しかったんですが。
バンゲリングベイやチャレンジャーも好きだったなぁ。


s-IMG_0515.jpg
懐かしい話とは全く無関係な最新ノアメリカンマッスル「チャレンジャー」

そこが魅力なんでしょうけど・・・デカイ、無駄にデカイ(-_-;)



s-IMG_0509.jpg
勿論、オーディオインストールは行っていますが、
今回はどっちかって言うと内装張替がメイン(^^♪

アメ車オーナーさんはご存知ですが、どうにも内装の質感がチープなのです。
そのイメージを完全に拭い去るべく、内装全面張り替えであります!!

どうですか!?
この圧倒的すぎるクオリティったら!!


s-IMG_0511.jpg
ドア!!

ピシッと筋の通った美しいステッチ。



s-IMG_0512.jpg
フロントシート!!



s-IMG_0514.jpg
リアシートもフロントにイメージ合わせて、この通り!!!



s-IMG_0513.jpg
ルーフもバイザーも一切抜かりありません!!

もうね、ビックリするくらい全くの別物な空間。

本当は開発者も設計者も、こんな仕上げにしたいんじゃぁないですかね???

散々悩みに悩みぬいた結果、導き出した答えはコレ!!

オーナー様にとって、「カーオーディオ」なのか「オーディオカー」なのかで
システムプランは全然違うモノになります(^^♪

普通は「カーオーディオ」のお客様が圧倒的ではありますが。


s-IMG_0499.jpg
弩新車のトヨタ・エスクァイアにオーディオインストールです(^^)

エンブレムが、どうみても「トランスフォーマー」



s-IMG_0501.jpg
安直にも程があるネーミングの「DIATONE・スペシャルプラン」をインストールしました。

ミニバンですと、BIG-Xを取り付けるケースが割と多いのですが、
今回はひたすらに「音」重視です。

リアスピーカーなんて無駄無駄無駄ァ!!



s-IMG_0502.jpg
スピーカーは勿論DS-G500。
トゥィーターをAピラーにダイレクター装備で埋め込みです(^^)

アルカンターラの手触りに惚れ惚れしちゃいますなぁ。



s-IMG_0505.jpg
スペシャルプランは、ドアアウターでの施工です(^^♪

エスクァイアはノアヴォク系なので、デカイスピーカーは微妙にアウトですが、
ドアアウタアーならどんなスピーカーでも好きなモノを取り付けできますし
見た目もイケてるし、音も良く鳴るしでイイことずくめ!!



s-IMG_0506.jpg
音質最優先とは言うものの、リアシートへの若干の媚は必要です(^^;

全く家族を無視していては、パパ失格なのですよ~。
フリップダウンモニターでお子様も大喜びなのです。



s-IMG_0504.jpg
ユピテルの最新鋭レーダー・Z260を取り付け。
取り付け方を選ばす、自由な位置へインストール可能です。

もはや、必需品のドライブレコーダーも取り付けています。
バックミラーの右横からチラッと覗いているのが「それ」です。

非常にコンパクトで、ドライバーの視野をスポイルすること無く、
スッキリとした取り付けが可能です。
最近は、この機種ばかり売れております!!

オススメ!!!

こんなBMW、今まであったかしら???

今までのBMWのCMとイメージが全く違ったり、
BGMがミスチルだったり、
そもそもデザインがミニバン(?)風だったり・・・・。

と、既存のイメージを一新するインパクトを持った、新世代BMW。
「218 i ・アクティブツアラー」

BMW初のFF採用とか、話題に事欠かない感じですね~。


s-IMG_0493.jpg
こう言っちゃぁナンですが、BMWの造ったイプサム??
とか思ってたりしましたが(^^;

走りだせば、「あ、これはBMWだ」とすぐ分かります。
内装は今までのBMWの雰囲気を残してはいますが、
随分と受ける印象は違います。



s-IMG_0494.jpg
弩新車のアクティブツアラーに、早速オーディオインストールです(^^♪

ステアリング下の小物入れ部にDEH-P01を埋め込み。
最近のBMWは、この位置にデッキの取り付けができるコトが多くて
デッキパネル分離加工が不要になりますし、パネル作成コストも抑えられますね~。



s-IMG_0518.jpg
フロントスピーカーは、BMWではおなじみのDLS・UP4を取り付け。

ミッドレンジは純正位置に設置。
トゥィーターはドアミラー裏に埋込加工しています。

DEH-P01の内蔵アンプ駆動が前提なので、
非常に鳴らし易いDLSのスピーカーはめちゃくちゃ重宝します(^^♪

施工ついでに、エスカッションパネルをキャンディレッドでペイント。
深~い紅色が実にエロさと高級感を醸し出しておりますぞぃ。



s-IMG_0520.jpg
同様に、モニター周辺もペイント。

キャビンのイメージが一新しますね~。



s-IMG_0495.jpg
どんどん取り付ける位置が無くなってきている、最近のBMWですが
アクティブツアラーには、こんなベストポジションが用意されていました(^^♪



s-IMG_0496.jpg
ホントに問い合わせが急増しているのが、ドライブレコーダー。

ユピテルの専売店モデル、DRY-WifiV1dを取り付け。
フロントガラスに直接貼り付けるだけの、スッキリ取り付けが可能なスグレモノ。

ナニかあってからでは遅いのです。
「転んでからのギプス」
よりも
「転ばぬ先の杖」
なのです。

もしくは
「太ってからのライザップ」
よりも
「腹八分目」
なのです。

5ナンバーの高級車といえば・・・

僕的に、真っ先に思い出すのは「プログレ」ですが。

s-IMG_0483.jpg
外観の画像を撮り忘れておりまする・・・ちーん。

でもでも、どう考えてもこのクルマは「トヨタ・エスクァイア」ですよね!?
そんなわけで、弩新車のエスクァイアにBIG-X10インチ取り付け~(^^♪

エスカッションパネル、丸ごと入れ替えの大技ですが(^^;

んまぁ、何度見てもデカイっすね!!



s-IMG_0485.jpg
同時にスピーカーも交換しました。
DIATONE・DS-G20をバイアンプ接続しております(^^♪

BIG-Xは4chアライメントが使えるので、サイバーナビほどではありませんが
結構な調整能力があるのです。
サイバーは、4chレベル調整がありますが、BIG-Xには無い・・・。
ですが、BIG-Xはパラメトリックイコライザーが使えるので、十分イケます。



s-IMG_0486.jpg
基本的に「ノア・ヴォクシー」と全く同じ構造のドア。

奥行きの大きなスピーカーを取り付けるときは、要注意ですぞ??



s-IMG_0487.jpg
今回のメインは、実はコレ( ̄ー ̄)

奥様がメインで乗られる(!)ので、ステアリング連動バックカメラは必須。
車種専用設計なので、ガイドラインとかは見事にドンピシャです。

BIG-Xの恐ろしいまでの高機能っぷりを味わうだけなら
ぶっちゃけ「どこで取り付けても」一緒ですが、
高機能のみならず、本当の隠された高音質の部分も楽しみたくはないですか?

是非、当店にご相談ください!!


新世代ホンダのドアは良くなってきました!!

個人的に、否、「超」個人的に、と重ねて前置きしておきますが。
少し前までのホンダのインテリアデザインが、どうにも好きになれませんで(-_-;)

ところが、FIT3辺りからどうも様子が変わってきています。
イジクリまわしすぎて、収拾がつかなくなっちゃった的なデザインから
「ふつうに」凝ったデザインに変わってきています。

個人的に大歓迎であります(^^♪


s-IMG_0475.jpg
これは、ホンダ・ヴェゼルのフロントドアの画像。
デッドニングが30%程度完了した感じですかね~。

ここから、勘と経験を頼りにドンドンいい感じの響きに変えていくのです!
各ハーネスのビビリ止めは勿論のこと、クリップやカプラーも徹底的にやっちゃうよ~。



s-IMG_0478.jpg
こちらが完成したドア画像。

DIATONE・DS-G500をダイレクター利用でドアアウターバッフルでの取り付け。

ヴェゼルオーナー様にしかわかってもらえないかもですが、
恐ろしく純正風のインストールになっております(^^)

ドアそのものも、シンプルで飽きの来ないデザインでイイ感じ。
しかも、内張りの強度というか精度というか、とにかく仕上がりがイイのです。
FIT3で感じていた印象そのままに、ヴェゼルもイイ感じのドアですね。



s-IMG_0480_20150220203234fe4.jpg
Aピラーにはトゥィーターを埋め込み加工。

ダイレクターリングつけてるので、ガッツリリスナー向けです(^^♪
スッキリとした埋め込みができますので、仕上がりの質感も極上です。

クルマに乗るたびに、手触りを確認したくなります( ̄ー ̄)



s-IMG_0479.jpg
ヘッドユニットは、弩定番のサウンドナビ・Z90Premi。

内蔵アンプのドライブ能力の高さ、圧倒的な調整機能、などなど
高音質の理由はいろいろありますが、根本的に「素」の音が断然イイのです。



s-IMG_0482.jpg
コンソール下のちょこっとしたスペースを利用して
USBの差込口を埋め込み加工(^^♪

かっこはいいのですが・・・・・ぶっちゃけ使いやすさは微妙(-_-;)
さしっぱで使う人や、ipodメインのひとにはバツグンなんですが(^^;


たくさんのお客様に、お立ち寄りいただきましての感謝の気持ち!!

大阪オートメッセ2015も無事に終了いたしました。

お客様のクルマも本日、無事に旅立っていきました・・・ほっ。
搬入や搬出の手伝いをしていただいた関係者様にも
感謝いたします。

さてさて。
3日間の開催期間ちゅ、ナニか収穫があったのか?と、聞かれれば
どこも見に行けねぇYO!!!
と、答えるしかないのです(-_-;)

金曜と日曜の2日間会場にいましたが、たくさんの方々に視聴していただき、
ありがとうございました!!
概ね、好評だったと思います。
否、好評だったに違いない!!


んで、まったく収穫が無いってのもアレなので。
試聴中のお客様の同意を得た上での、
レアショットを披露します。


s-IMG_0492_201502172102107a9.jpg
みんな熱心だ( ̄ー ̄)



んで、メッセとは関係ない画像も。

s-IMG_0471.jpg
ついに発見!!!

以前僕が、このブログで提唱した「最高のオーディオレスの使い方」を
リアルに実践されている方がッ!!!!

めっちゃ使いやすい~( ̄ー ̄)

毎度おなじみのこのイベント!!

大阪 オートメッセ2015!!開催中~~~!!

ストックのままのクルマじゃなく、カスタムしたクルマしか展示していないっていう
なんとも大阪らしいイベント(^^;

毎年2月の初めに行われるのですが・・・この時期ってなんとかならんもんですかね???
せめて3月にしません??

毎年毎年、わかっちゃいますが年明け早々から大忙し!!
もう少し、ほんの少しでイイのでこの老体を労わっちゃくれまいか?



さてさて。
本来ならば、昨日に「搬入完了~」なんて感じの記事を載せるのがスジ。
ええ、搬入作業とか設営とかしてられません(-_-;)
展示車両の完成が当日になるのがもはや恒例なので、
ギリギリまで作業が続くのです・・・。

まぁ、それでもなんとか今年も無事、全てのクルマが完成しました(>_<)
よかった、よかった。

いや、マジで。



s-IMG_0491.jpg
こちら、お世話になっているフェリソニさんところのブース。
メルセデス・S400HV、BMW・428i共に、当店で施工しております。


S400が、次期ハイエンドスピーカーの大本命(個人的にね)の
DLS・新型スカンジナビアを日本初公開です(^^♪
期待以上の出来栄えに驚き!こいつぁマジでイイ音です!!

・・・・・・でも、ね。
デザインが、ね・・・・。


428iは、イタリアのシンフォニのハイエンドスピーカー。
ハマる人にはめちゃくちゃハマるスピーカーですが・・・・。
普通にインストールして、この音が出る訳じゃないので要注意です(^^;
使いこなしとノウハウ、センスが問われる挑戦し甲斐のあるスピーカーです。



s-IMG_0490.jpg
こちらは、ステーショングループの「オートステーション・K2」さんとこのV60と
「ウイニング」さんとこのCLA45です。

お店のキャラクターを非常に良く表している、この2台(^^♪
是非、体験してください~。



s-IMG_0489.jpg
同じくサウンドステーショングループの「サブライム」さんとこのハリアーと
「ジパング」さんとこのBMW・5シリーズです。

話題のハイレゾと、パイオニアXシリーズを体験してもらえます~。



s-IMG_0488_201502131939048b5.jpg
うちからは、レヴォーグとアストンマーティンの2台。
アストンは参考出品なので、基本、試聴できませんが
レヴォーグは勿論、試聴可能。

比較的低コストで、シンプルな取り付けの内蔵アンプシステムです。
これから、オーディオを始めたい方や、次のステップアップをお考えの方にも
参考になると思います。


BRAXのメーカーブースに展示してあるのは、うちのデモカーのBMW・X4。
話題のハイレゾが体験できます(^^♪
しかも、このクルマ。
聴いたらきっと、驚きます( ̄ー ̄)
是非、体験ください!!


明日2月14日と、明後日2月15日はインテックス大阪・6B号館に集合です!!
リアルに人生変わる体験になるかもですよ~~。


「6」にもいろいろあるわけで

BMWの誇る、世界一美しいとまで言われるクーペ、「6シリーズ」

その中でも極めて異彩を放つのが「6シリーズ カブリオオレ」
s-IMG_0451.jpg
閉じているときも美しいのですが、オープンにしたときの流麗なコトったら!!


・・・・・・。

・・・。

それにしても、こんなクルマ乗ってる人って絶対堅気のヒトじゃないよね!!
や、マジメに働いてるオーナーさんなんですが(^^;



s-IMG_0449.jpg
駐車中も安全に録画が可能なドライブレコーダーを取り付け。

電圧を管理していますので、危なくなったら電源が落ちる安心仕様です(^^♪
駐車中はLEDの点滅で、ちょっとしたセキュリティ代わりにもなりそうです。



s-IMG_0447.jpg
以前から愛用されているレーダーも同時に取り付け。

次は、オーディオのほうもお願いします!!

これまた滅多に見かけませんが、オーディオ施工してるとなると・・・

そりゃぁ、ねぇ。

ロータス・エヴォーラに乗っている。
それだけで相当なコトなんですが、さらにカスタムする!?
しかも、オーディオですよ。

恐ろしいほどの拘りのオーナー様であります!!

s-IMG_0437_20150207232741615.jpg
ルーフの位置、低ッ!?

となりのレヴォーグがオデッセイのようだ・・・。



s-IMG_0438.jpg
今までも順調にヴァージョンアップをしてきましたが、
ついに禁断の果実、パワーアンプに手を出すことに!!

サウンドナビのオーナー様にとって、パワーアンプ導入の決断は
結構勇気がいるものです(^^;
内蔵アンプの出来が素晴らしいので、外部アンプの質には相応のレベルが
当然ながら要求されます。

そんな中、今回選んだアンプはイタリアの新鋭・シンフォニのプレスト2chを二台。
このアンプ、その超小型の外見からは到底想像できない、
鮮烈な音を聴かせてくれます。

こんなスポーツカーや、スペースが限られているクルマの強い味方。
そのアンプを左右それぞれ1台づつ使って、音離れ、セパレーションを
格段に向上する作戦です(^^♪



s-IMG_0439_20150207232740fa2.jpg
今まで頑なに拒んできたピラー加工も、ついに(^^;

絶対位置は勿論ですが、ダッシュボードとの干渉も避けられます。
無駄な反射や反響を抑えて、更なる高音質が狙えます。

生地も純正相当のストレッチスエードを採用し
質感も抜群であります。

上の2枚の画像を見ていただければわかりますが、視界もほとんど遮りません。
これなら、音質と質感、デザインとの共存が可能です。

「なに」を優先するかは、オーナー様次第です。
クルマの使い方でも勿論変わります。

心配なコトはお気軽にお問い合わせください。
納得いくまでご説明いたしますので。


それこそ、「もうわかった、いやマジで許して」って泣きがはいるぐらいに( ̄ー ̄)

2代目アルファロメオ スパイダース

なにやら、トライブな一派風のタイトルになってますが。
あの人たちとは、わかりきったことですが一切関係ない記事が延々と続きます。


s-IMG_0452.jpg
めちゃくちゃ綺麗なアルファロメオ・スパイダー!!

しかも嬉しいコトに左ハンドルのMTでありますぞ!?
二名乗車、MT、左ハンドル、オープン・・・ここまで来ると、漢の車を通りこして
もはや修羅の車( ̄ー ̄)

見事であります!!



s-IMG_0456.jpg
内装もお洒落に決めてあります(^^♪
鮮やかな白のレザーにアクセントの緑が素晴らしい。
シートには、クアドリフォリオの刺繍が誇らしげですね~。

サイバーナビVH0099でDIATONE・DS-G20をバイアンプ駆動。
若干のパワー不足感は否めませんが、スカッと気持ちのいい音に仕上げました。

ドアスピーカー部のメッキグリルとか、なんとなんと!?
オーナー様自らの自作だったりします!!



s-IMG_0458.jpg
シートバックの空きスペースに、サブウーファーを設置。

純正グリルを外してありますので、ちょい見た目がアレですが
この部分もオーナー様自らメッキグリルを作成されるそうです(^^)

ウーファーは小容量でもしっかりと鳴る、JLオーディオの8インチ。
強固なウーファーボックスを作成し、結構な音で鳴らしてます(^^;

普段からオープンで乗ることが多い(!!)オーナー様なので
元気よく、ズバっと鳴ってくれたほうが気持ちよいのです!!


しっとりハイエンド、明るくJPOP、元気にR&B、ドカンとレゲェ。
好きな音楽は人それぞれ、音質の好みも人それぞれ。
何が正解でないが間違いではなく、楽しんだモノが勝ちなのです(^^♪

あらゆる引き出しを備えた、AV KANSAIにご相談ください!!
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10