「ヴェルファイア」と「エスクァイア」って限りなく似てますよね・・。

それこそ、「ベンザブロック」と「変なズゴック」並に。


そんなわけで!!!(なんで怒ってるの)
s-IMG_0186.jpg
ヴェルファイアにナビ&オーディオをインストールでっす!!

ところがどっこい。
このクルマにはメーカーオプションのナビが装着済み(-_-;)
フリップダウンモニターもバックカメラもステリモも勿論付いちゃってます。

さてさて、どうしたものか・・・・。



s-IMG_0190.jpg
とりあえず、メーカーオプションナビは取り外しちゃいましょう!!
ええ、きっとなんとかなりますって。

選んだナビは、ALPINEのBIG・X10インチモデル。
いや・・・10インチって・・・ねぇ・・。
さすがに、デカイにも程がありますが、画質の方は・・まぁ、それなり。

正直、個人的にはそれほど魅力を感じませんが、
ナニよりも今回のインストールにはこのモデルが必要なのです。


メーカーオプションナビと、ディーラーオプションナビ(ナビレス含む)とでは
パネルの形状が異なっていますので、そのままでは取り付けが不可能なのです。

このBIG・X10インチモデルは、パネルも専用品になるので
オーディオレス車用パネルを取り寄せる必要もありません。

それに、純正8ワイドナビからわざわざ変更するのに、
画面サイズが小さくなるってのもアレですし( ̄ー ̄)


結果から言うと、メーカーオプションナビ付車でも
社外品ナビの取り付けは可能です。
ETCもそのまま利用できますし、
クリアランスソナーも画面割り込みはしませんが機能します。
ステアリングリモコンも利用可能。
バックカメラは、純正の画質が悪かったので、今回は交換しています。



s-IMG_0187.jpg
純正フリップダウンモニターも、とりあえず取り外しちゃいます。

アルヴェルオーナー様ならご存知かと思いますが、
純正フリップダウンモニターは、画面サイズの割にカバーパネルがでかい(^^;
そのかわり、天井面にほぼフラットに取り付けられています。

今回取り付けたのは、ALPINEの最新鋭機種です。
プラズマクラスター、HDMI、前後独立ソース、などなどひたすら高機能。
しかも、このモデルは半埋め込みタイプなので天井からの突出が極めて少ないのです。


ここで、勘のいい方ならお気づきでしょうが、
純正フリップダウンモニター付車用の取り付けキットなんて設定されていません。
純正フリップ外したらわかりますが、天井にでっかい穴が開いちゃいます。


「取り付けキットが無いから、取り付けられません。」
なんて、口が裂けても言えないのがAV KANSAI。
無いものは作っちゃえばイイのです!!!


ってわけで。
やっぱり、こちらもスッキリと取り付けちゃえました(^^♪



s-IMG_0192.jpg
さらにさらに、オーディオも。

フロントスピーカーは、FOCAL・165KRX2をインストール。
ウーファーはドアインナーでガッチリと取り付け。
デッドニングもヘビー目に行っています。

トゥィーターはミラー裏に埋め込み加工。
純正然としたデザインで、カスタムなのに違和感ありませんね~。



s-IMG_0193_20141031203931595.jpg
加工部のアップ画像です。
デザインもさることながら、精度高く美しい仕上がりです。



s-IMG_0191.jpg
大型センターコンソールの冷温庫を加工して、Bitoneの表示を取り付け。
USBとHDMIケーブルも同じところから取り出しています。
勿論、フタを閉じればなんにも見えません。

フロント2WAYマルチ、リア2WAY、サブウーファーをBitoneで精密に制御。
アンプはロックフォードのパワーシリーズを奢っています。

バンバン鳴らすこともできますし、時にはしっとりと聞き惚れるような音質にすることも。
4種類のプリセットを駆使して、あらゆるシーンに対応できます。

しかも、ウーファーボックス以外は全て隠して取り付けてあります。
圧倒的な高音質でありながら、その存在は表にでない。

まさに羊の皮を被った狼系。
ついでに言うなら、ジムの皮を被ったガンダム(言わない方がいい)




他店で施工を断られても、諦めずに一度当店にご相談ください。
自分の理想をかたちにできるかも知れませんよ~( ̄ー ̄)

BMWもイイけど、メルセデスもね☆

僕ら世代は「☆」マークを見ると、すぐさま「つのだ☆ひろ」を思い浮かべる
そんな、メリージェーン世代な修ちゃんブログにようこそ(ナニ?)


そういえば、神戸店てんちょの西村クンの愛車も
BMW・X1からメルセデス・Aクラスに替わりましたね~。
や、だから何?って聞かれても困るんですが。



s-IMG_0184_20141028215157a10.jpg
大人気、メルセデス・Aクラスにガッツリオーディオインストールです!!

このままパイオニアコンテストにも持ち込めちゃう仕様です( ̄ー ̄)



s-IMG_0178.jpg
スピーカーは勿論、パイオニア・RSシリーズの3WAY。

Aクラスのドア内は、樹脂が多用されていて剛性に乏しいので、
RSのウーファーを鳴らし切る為に、あらゆる工夫をこらしています。
システムなりの必要コストは、きちんとかけたほうが断然結果が違います(^^♪

トゥィーターは、ミラー裏に埋め込み加工。
弩定番ですが、やはりベストな位置です。



s-IMG_0181_2014102821515885f.jpg
スコーカーは、Aピラーに埋め込み加工。

純正風のネット生地で張り替えて、違和感を最小限に抑えています。
取り付け角度は厳密にトゥィーターと合わし込んでいますので
位相の管理も比較的ラクに行えます。


それにしても・・・店舗前駐車場が溢れかえってますね・・・。
ここのところいつも満車で、お客様にはご迷惑おかけしておりますm(__)m



s-IMG_0182.jpg
ヘッドユニットはRS-D7XⅢ+RS-P99Xの絶対コンビ。

基本的にデッキの設置場所がない、Aクラスですが
この美しい取り付けはどうですか?

どう見ても純正で用意されてるようにしかみえません(>_<)

加工は非常に手間がかかりますが、これからのAクラスの定番に
なりそうな予感がしますね( ̄ー ̄)



s-IMG_0176.jpg
完全にフラットで使い勝手の確保されたラゲッジですが・・・



s-IMG_0177.jpg
カバーを外すと、どーーーーーん!!!

RS-A09Xが2台、RSのウーファーが誇らしげです(^^♪
他に、RS-A99X、RS-P99Xも隠されてたりしますが(^^;

当然ながら、カバーをすると荷物の積載にも問題ありません。
全くユニットを魅せないインストールも勿論「アリ」ですが、
こんなさりげないカッコヨサもやっぱり「アリ」なんですよね~。


取り付け方は、それこそ千差万別。
システムプランはもとより、取り付け方、デザイン、
それら全てのあらゆる引き出しを持っている当店だからこそ
叶えられるコトがあります。

お気軽にご相談ください!!

最近は、目が覚めるとだいたい「床」

ホントに身体によくないと思います、ええ。

自宅に帰るのが基本的に深夜なので、
この時間帯はおなかが減ってしょうがないのです。
今日もお昼食べれませんでしたし(-_-;)

そんな僕を暖かく優しく包み込んでくれる、愛
s-IMG_0173.jpg
赤福!!!!!
どーーーーーーーーーーーーん!!!!!!

お福じゃないよ!?
赤福だよ!!

12個入りなんですが、独りで全部いただきました。
ええ、誰にもあげません。

赤福、独り占め・・・・・ああ・・・うっとり・・・・・。



s-IMG_0170_20141026211611678.jpg






!?







































s-IMG_0172.jpg
ぐはっ!!!
赤福の次は、コロッケだとぉぅ!?!?!?!

なんですか?僕を幸せ殺しする気ですか?

ハスラーのCMって、わりと若い人置いてけぼりっすよね?

Dr,スランプとか知ってるのかしら???
ねぇ?(誰に聞いてる)

そんな、全力で増産ちゅのスズキ・ハスラーさん!!
s-IMG_0166.jpg
オレンジとホワイトの2トーンカラー!
こいっぁ鮮やかでエエですなッ!!

余談ですが、ハスラーのCMって最初はイラストじゃないですか?
その後実写に替わるんですが、後ろの雲がちゃんと恐竜の形してるって気づいてました??

いや、ほんとにどうでもいいんですが。



s-IMG_0169_201410262116336aa.jpg
ヘッドユニットは、サウンドナビ・Z80Premiであります~。
ホントにたまたまディスプレイ品がありまして(^^;

そうなんです。
ちょくちょく来店していただいてる方はご存知かもですが
中古品だったりディスプレイ品だったりがあったりします。

それってつまり。
来ないと「損」です( ̄ー ̄)



s-IMG_0168_20141026211631bc3.jpg
ホームオーディオではELACのスピーカーで楽しんでおられるオーナー様が
カーで選んだのは、FOCAL・165W-rc。
豊かな低域に、よく伸びる高域。
所謂ドンシャリに近いんですが、絶妙に下品にならないのがミソ。
ユニットの繋がりも良く、ジャンルを選ばず楽しめますね~。



s-IMG_0167.jpg
ドアアウターでガッチリとインストール。

純正然とするのにも程があるっ!!
ってぐらい、あまりにも純正風です(^^♪

突出もほとんどなく見た目スッキリで、ナイスサウンドが楽しめる。
ハスラーのこのアウターは、ズバリ、アリでしょう!!

本当に走れるクルマ・BMW 135M

コンパクトなボディに直6 3Lツインターボを載せちゃうって発想がすでにアレです。
しかも、320PSってんですから、これまたタマゲタもんです。

s-IMG_0162.jpg
そんな、リトルモンスターのオーナーのN様が、またしてもバージョンアップ。

ほんの数か月前に、DEH-P01とスピーカーの取り付けを行ったばかりなのですが、
あまりの音の変わりっぷりにえらく感激していただきまして( ̄ー ̄)

ホームオーディオをどっぷりと嗜んでおられるので、
ぶっちゃけ「カーオーディオをナメていた」そうです。

「所詮はカーオーディオでしょ?」的なイメージだったそうですが、
実際に体験してみると、想像以上、むしろ想像を絶したと言ってもいいぐらいの
衝撃体験だったそうです。

普段それほど乗らなかったこのクルマも、今では用が無くても
オーディオを聴くためだけに乗るそうです(^^;
かっ飛ばせるクルマですが、集中して聴くためにやたらユックリ運転してると
イラッとした軽自動車にぶち抜かれるコトもしばしばだとか(-_-;)

320PSなのにッ!!



s-IMG_0165.jpg
今回のバージョンアップは、DEH-P01からRS-D7XⅢに変更。
アンプもP01純正アンプから、RS-A09X、RS-A99Xに変更。
スピーカーケーブルはアクロリンクを奢っています。

初めてのカーオーディオが、この数か月で一気にハイエンド(>_<)
勢いが止まりません!!!

本物を知る人は、やはり本物を求めてしまうものなんですねぇ( ̄ー ̄)

遂に発売されちゃいました!!!

s-img_recommend.jpg
超絶クォリティーなサウンドが更なる進化を果たしました!!

やっぱり2WAYで使うのがベストなんですが、まさかの2WAY革命が起きました。
Z80もそうですが、もはやハイエンドオーディオ。

調整機能をいかに使いこなすか?が鍵なので、
「モノは売るけど調整は他所でやってね」なトコロで買っちゃう前に
とにかく相談してください!!

いつも言われるんです。
「あぁ・・・先にココに来とけばよかったわ・・・」
って。

なんかすごく悲しいです。

高い買い物ですので、少しでも安くってのは勿論そうだと思いますが
結果的に高くつくコトってよくあります・・・・。



s-key_concept.jpg
同時に、DS-G50の後継・DS-G500も発売開始!!

DS-G70かな?とか思ってたんですが、「+20」どころか「10倍」
これには「はらたいら」もビックリですね!!

シットリ、艶やか方向ではなく、情報量、解像度重視になっております。
上も下も鳴りっぷり良くなってますが、チャキチャキ寸前の絶妙なさじ加減。
まさに正統進化。

サイズはDS-G50と全く同じなので、基本、無加工で交換可能です。
しかも、今回はユニットごとに購入可能なので
トゥィーターのみとかウーファーのみとかでの交換もOK。

さらに!!
待望のダッシュポン置きマウントも用意されております。

自分のペースで楽しむカーオーディオ~

山下達郎風に言うならば、超常連のY様。
僕が知っているだけでも、モビリオ・MBクォート時代からのお付き合い。

s-IMG_0161.jpg
N-BOXに買い替えると同時に、サウンドナビをお買い上げいただきまして。

それ以来、オーディオ熱がフツフツと(^^♪
やっぱ、調整能力に優れたイイ音の機会を手にれると
いろいろと欲が出てきますね~( ̄ー ̄)




s-IMG_0160_201410212148411bb.jpg
MBクォートからDS-G20にスピーカー変更したのを皮切りに。
サブウーファーの追加と順調にステップアップしておられます(^^♪

カーオーディオ歴が長いので、ナニが必要でナニが不要か?を
よくご存知なので寄り道が少なく確実に良い方向に進んでいますね~。

ダッシュポン置きマウントを利用していましたが、今回はピラー埋め込み加工です。
正直言って、N-BOXはDS-G20をマウント設置でも十分すぎるほど
イイ感じに調整可能なんですが(^^;

しかも、ダッシュボードのデザイン的にも、これがまたポン置きがシックリくるのです。
さらに追い打ちをかけるのが、例の車検対策ミラーの存在・・・・。
どう考えもトゥィーターのベストポジションに居座っております。



s-IMG_0155.jpg
一番スッキリしたデザインなら、この位置しかないでしょうね~。

一般的には、もう少し低い位置がベストでしょうけど(-_-;)

N-BOX限定になりますが、この位置にもメリットがあります。
トゥィーターをリスナーの耳の高さ付近まで持ち上げて取り付けしても、
普通のクルマよりも距離を稼ぐことができます。
しかも、割とリスナーに正対した向きで設置しても、
それほど突出したデザインにならなくて済みます。

ぶっちゃけ、生地を巻くのがちょっと厄介ですが(>_<)


N-BOXオーナー様、ご相談お待ちしております~。

38周年の根拠はイカにっ!?

場合によっては5秒で泣ける第二弾!!

s-IMG_0144.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・。

同じクルマですやん???

否、否、無限大に否。
同じエスティマですが、違うオーナー様です。
以前紹介したエスティマさんは、エクステリアは完全ノーマルでしたが
今回のエスティマさんは、ビルシュタイン+ローダウン、エアロとアルミで武装済み。


ホントにたまたま、ほぼ同時期に大規模なハイエンドの作業が重なったんです(^^;



s-IMG_0149.jpg
しかも、同じくメーカーオプションナビ付車(-_-;)

システム的には、以前のモノとスピーカー以外はほぼ同じだったりします。
恐ろしい偶然のイタズラです~。

純正ナビはそのままに、AXM-P01+CD-7Xをメインソースに
アンプはBRAX・MX4が2台、こちらのスピーカーはモレルです。



s-IMG_0152.jpg
AXM-P01の表示部は、この位置に埋め込み加工。
実は、元々H700の表示部が埋め込みされていたのですが、
取ってつけたようなボコーーンと飛び出した代物でしたのでヤリ直したのです(^^;

ふたそのものは純正同様開閉可能なので、純正ETCへのアクセスも問題ありません。



s-IMG_0148.jpg
スピーカーは、モレル・38th LEの3wayモデルです。

完全専用設計のこのスピーカー、価格もさることながら特筆すべきはその音質。
既存のモレルなしからぬ、初っ端から結構な鳴りっぷりを披露してくれます。
とはいうものの、やはりそこはモレル。
ウーファーに関しては、少々神経質な感じしますね~。
この辺はエージングでどう変わるかが楽しみです(^^)

ドア上部に、スコーカーをワンオフバッフルで埋め込み加工。
システムプランどころか、取り付け位置までほぼカブってますが(^^;



s-IMG_0151.jpg
スカンジナビアほどのインパクトはありませんが、かっこいいトゥィーターです。
洗練されたデザインに惚れる人が続出するのも頷けます(^^♪

全てのユニットのデザインが完全に統一されているのも大きなポイント。
持つ喜びも満たしてくれますね~。



s-IMG_0153.jpg
ラゲッジは漢のカバーレス仕様。

MX4は拘りの受注生産シルバー仕様。
BRAX・MX4は、盛大に熱を持つアンプですので、上方に空気抜きは必須。
標準で冷却ファンを備えてはいますが、追加装備は絶対に必要です。

サブウーファーは、モデルチェンジしたての新型ULTIMO10。
旧モデルに比べて、レスポンスが向上している感じですね。
モレルのウーファーといえば、「鳴らない」の代名詞でしたが
この新型はちょっとその評価には当てはまらないですね~。


奇をてらわないスッキリしたデザインと、フラット仕上げのラゲッジ。
カスタムデザインを施したアクリルが実に美しい仕上がりです( ̄ー ̄)



いやぁ、それにしても実に贅沢であります・・・・・・・。

今宵の獲物もガス喰いです。

エコ全盛の昨今ではありますが、またしてもガス喰いな一台が。


s-IMG_0134.jpg
AUDI・TTRSであります~。
鮮やかな紅が眩しすぎる一台です!!

今回の作業は、ナビゲーションの交換です。
ナニやら最終型のTTは、世間一般ではナビ交換が難しいと言われているそうです。
たしかに、対応している取り付けキットも発売されていないようではありますが(^^;

特にナニも難しいコトなく実にスムーズに交換可能です。
ご相談ください!!!



s-IMG_0137.jpg
今回選んだナビは、パイオニアの最上級・VH0099Hです。

HUDの取り付けに問題はありませんが、ベストな位置に持っていくには
ちょこっとした加工が必要ですね~。
フロントウィンドーが狭いクルマなので、視界の確保は重要なのです( ̄ー ̄)

CSユニットは、グローブボックス内に固定していますので
表にはほとんどナニもでてきません。




s-IMG_0136_20141016214725a85.jpg
そのままHUDを設置すると、これぐらい低い位置になってしまいます(-_-;)
バックミラーの下端よりも、さらに10cm程度低くなってしまいますので
ちょっとアウトな感じですが・・・・普通は、こうなっちゃいます。

今回は、ちょこっとした加工を追加して、視界を確保していますが
その見返りとして少々見栄えが悪くなったりします。

このあたりのさじ加減は、お客様と相談しながら決めないとですね。
ひたすら見栄えを重視するのもアリですし、とにかく利便性を追求するのもアリ。
すなわち、ライフスタイル次第で取り付けも変化するってことです。



s-IMG_0135.jpg
同時にスピーカーも交換しています。
DS-G20をそれぞれ純正位置に設置して、インテリアの仕上がりは
完全にノーマルのまんまですが、バイアンプ接続を行い、
タイムアライメントとレベル調整を施してあります。

普通の接続方法よりも、確実に音質アップができるのでオススメです!!


あと、シート下にはやはり、「例の」チューンナップウーファーを取り付け。
完全に純正の見た目ですが、出音は全くの別物。

オーナー様にも「ここにまかせてよかった」とうれしいお言葉を頂きました。
ありがとうございました!!

どいつもこいつもエコエコ言いやがって!!

お前はアザラクかってのさ!?

などと、声を大にして叫んでみると、下手すりゃ逮捕されるような
世の中が来そうで怖い。

エコ全盛の昨今ですが、ガソリン炊きまくって生きていきましょうぞ!!


s-IMG_0139_201410142134331b0.jpg
そんなコト言いながら、燃費カー代表みたいなホンダ・FIT3!!

ですが、よく見てくだされ。
FIT3はFIT3でも、「RS」であります!!
おそらく、FIT3ファミリーの中でも一番のガス喰いじゃないですか??

僕のレヴォーグさんも、メーター読みで「リッター6.3Km」
ガス喰って生きていきます。



s-IMG_0142.jpg
ガス喰いのお供には、やっぱりグッドサウンドが必須でありますね~。

ついに新型が発表されてしまいましたが、あえてのZ80Premiです。
だって!!
発売まで待てないんですもの!!(誰?)



s-IMG_0141.jpg
スピーカーは、同じくDIATONEのDS-G20をチョイス。
トゥィーターは憧れのAピラー埋め込み加工。
専門店ならではの加工で、自慢できる逸品であります~。

G20は音のハリも良く、J-POPとかには最適ですにゃー。


シート下には、チューンナップウーファーを取り付け。
そ~~~~っと鳴らして、あくまでフォローに徹しさせています。


ナビスペシャルパッケージ車なので、バックカメラもステリモも
全て純正を利用可能です。

あっさりした仕上げで、感動の音質を手に入れることが可能です。
色々とご相談ください!!

BMW三昧な日々・セカンドシーズン

BMW三昧な日々を送っている、AV KANSAIであります~。

今回はとある事情で詳細が明かせませぬ・・・・。
や、ただ単にセキュリティーのインストールだから。なんですが。

s-IMG_0133.jpg
うちのデモカー(まだ音はでない、んむ)と同じ、青のF31・Mスポーツ!!

このボディーカラーは、イイですよ~~。
印象に残るので、悪さはできませんけど~( ̄ー ̄)

作業は、ほとんど終了しておりますので
明日、最終調整とチェック完了後の納車となります。

同時にレーダーとテレビキャンセラも取り付けています!!
ありがとうございます!
もうしばらくお待ちくだされ~。



s-IMG_0073.jpg
紹介作業は、こっちです(^^;

新型の画像が発表されていますが、自分的には断然コッチ!!!
最終型のAudi・TTです~。

個人的に、でっかいハネがあんまり好きじゃないんですが
このデザインはアリですね!
や、でかいハネが好きじゃないとか言いながら、プジョー・205T16とか好きなんですが( ̄ー ̄)



s-IMG_0077.jpg
ふむぅ・・・。
どこからどう見ても純正のようじゃが・・・。
純正です。

奥様公認なんですが、完全なYN仕様であります!!
純正ナビはそのままに、BitPrima・AP8.9をインストール。
内臓アンプでDLSの3WAYをフルマルチ駆動しています。

運転席のシート下には、チューンナップウーファーも取り付け。
これしか入らないんじゃない???ってぐらい、相当ギリギリです。
個人的には、チューンナップウーファー界隈ではお気に入りの一台です。
しっかり鳴るし、深い低音が楽しめまする~。
ナニを取り付けているかは、ヒ ・ ミ ・ ツ ☆ きゃっ



s-IMG_0076.jpg
ふむぅ・・・どこからどう見ても純正のようじゃが・・・。
純正です(二回目)

否、スピーカーは替わってます!!
DLS・R6.2にスコーカーを追加した、3WAYシステムを構築しています。
TTクーペは、ごくごく簡単な加工で3WAYが組めちゃうのです(^^♪

・・・・憧れの3WAYを目の前にして・・・ヤル??ヤラない?
普通はヤッちゃうよね!!

・・・・なんとなく下品ですか・・そうですか。

BMW三昧な日々

もともと、BMWの作業が多めのAV KANSAIなんですが。

ここのところ、軒並みBMW・F31 3シリーズツーリングの作業が目白押し!!
・・・メジロ推し?
そんなにメジロ好きでもないのですが。


s-IMG_0108.jpg
やっぱり僕のようなオッサン世代では、フォグといえば「イエロー」なんです。
今乗ってるレヴォーグのフォグもイエローにしたいんですが、
ナニやらアイサイトVer3のカラミで「NG」なんだとか。

うぬぬぬぅ・・・・。
どうせ、ぴぴぴぴウルサイだけのアイサイトだし!!
やってみますかね??


んで。
このF31は、コーディングを施して「ポジションランプ」の光量UPをしています。
なかなかの光ップリで、これはイイもんだにゃー。



s-IMG_0109.jpg
ピンボケ画像で申し訳ありませぬ。

RS-D7XⅢのフェイスを分離して、純正デッキ下にパネル加工で取り付け。
見やすい場所ですし、ギリギリですが灰皿モドリンクホルダーも使えます。



s-IMG_0114_20141009215904f79.jpg
ドアポケットを半分潰して、ドアアウターをワンオフ。
モレル・イレイトリミテッドのウーファーをガッチリと取り付けています。

純正スピーカー位置には、インナーでスコーカーを。
ミラー裏にはトゥィーターをそれぞれ取り付け。
あっさりした取り付けですが、まさかのEQ無しのフラットモード!?

イイ音しちょります!!

ロードスター戦記

いや、ただ単に似てるなぁ・・・と。


新型が発表されてますが、現行ロードスターの最終型であります!!
s-IMG_0101.jpg
純粋に走りを楽しむ為に「買っちゃった」ってだけあって、
勿論MTですし、頭が重いのを嫌ってあえての「幌」。

ボディカラーも含めて、ビシビシとオーナー様のこだわりが伝わってきますね~。



s-IMG_0102.jpg
漢の職場にナビなんて要らねぇ!!な、漢のナビレス仕様。

とにかく軽く仕上げるのが最優先事項なので、
当然、DEH-970の内臓アンプのみで駆動しております。

DEH-P01と比べると、調整能力で見劣りしますが
元気に鳴らしてくれて、これがなかなかイイ感じなのです。
USB2系統、ブルートゥースまで使えて、しかも2WAYマルチが鳴らせて
35000円って・・・イイ時代になったものですなぁ・・・・。



s-IMG_0103.jpg
フロントスピーカーは、DEH-970と相性抜群の
DIATONE・DS-G20をチョイス。

ウーファーは、ご覧のようにインナーバッフルでの取り付けですが
ロードスターの純正ウーファー部は8インチでも楽勝なほど余裕があるので
やたらめったら巨大で強固なバッフルの作成が可能です。

しっかりとデッドニングを施してあげると、イイ感じに鳴ってくれます(^^♪


トゥィーターはAピラーに埋め込み加工。
リスナーに向けずに、ピーキーにならないようにしています。
おおらかに鳴ってもらいたいのです~。


内臓アンプでの2WAYマルチ駆動のみのシンプルなシステムですが
コストパフォーマンス抜群の仕上がりになっています。
なかなか、この価格帯でここまでの音は出せないって思いますね~。

オススメであります!!

ちょうどイイにもほどがある・リターンズ

ちょいと間が空いてしまいました~、すみませぬ。
楽しみにしていただいている、極一部のマニヤのみなさま、申し訳ありませぬ。


さてさて。
またしても、ホンダ・フリードであります!!
s-IMG_0053.jpg
今度はハイブリッド。
フリード・ハイブリッドは、すごく完成度の高いクルマですよ~。
サイズもちょうどイイし。ちょうどイイにも程があるし。



s-IMG_0055.jpg
奥様も使う機会が多いので、ナビ質と操作性は譲れないのです。

今回は、その辺を踏まえてパイオニア・楽ナビをインストール。
音質面での強化として、オーディソン・Bit AP8.9も取り付け。

フロント2WAYマルチ+リア+サブは勿論のコト、
フロント3WAYマルチ+リア+サブまで制御できたりします。
しかも!!
8ch出力のアンプも内臓されてたりします。
ガツン!とは無理ですが、この内臓アンプで密かにサブウーファーも鳴らせたりします。

サイズも非常にコンパクトで、YN仕様での音質グレードアップには最適ですね!!



s-IMG_0057.jpg
フロントスピーカーは、ウェルカムプランのDLS・RS6.2を取り付け。

ウーファーはドアインナー、トゥィーターはピラー埋め込み加工で
デッドニングモケーブル交換もすべて含んで税込14万円!!

セット価格で提供していますので、
通常作業よりもずいぶんお得なセットになっております!!
将来のバージョンアップも見据えたスピーカーチョイスになっていますので
「初めてのカーオーディオ・・・ぽっ」な人も
「ちょっとオーディオから離れてたけど、そろそろ復活したい・・・ぽっ」な人も
納得満足していただけます!!

是非是非、ご相談くださいませ~。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10