場違いなスーツ姿も、「プロデューサー意識の高さ」の表れだとか。

なんのコトだかサッパリですが、つまり、そういうコトだそうです。

s-IMG_0046.jpg
ちょうどイイの代名詞、ホンダ・フリードのバージョンアップです。

最近のA様のバージョンアップ方向が、少々違うベクトルだったりしますが
個人的には全然問題なし。
むしろ、がんばれと言おう。
と、同時に生暖かい声援をそっと贈ろう。

s-IMG_0047_20140929204459931.jpg
そう。
こーゆー方向。



s-IMG_9556_2014092920445754e.jpg
ええ。
こーゆー方向。



s-IMG_0050.jpg
今回の作業は、BitoneからAXM-P01への変更です。

同時にCD-7Xも導入して、デジタルソースも追加しました。
ラブライブナビ+Bitoneでも十分楽しめたのですが、
リモコン操作が可能なデジタルソースということで今回のシステムなわけです。

まぁ、単純にいえば、膨大な量の楽曲をお手軽に且つ高音質で楽しみたい。
もっとわかりやすく言うと、中の人最高!!
だ、そうです(^^;



s-IMG_0051.jpg
それだけに留まらず、フロント3WAY化も行いました。
勿論、中の人の声をより一層濃密に再生するためですよ。

楽しみ方は千差万別人それぞれ。
その人のライフスタイルに合ったシステムを一緒に考えましょう~。




ちょっとだけですよ、ほんのちょっとだけ

似てるなぁとか思ったんです、「N-BOX」と「コロポックル」

まぁ、どう考えても「ベンザ・ブロック」と「変なズゴック」ほど似てませんが。


そんなわけで。
大人気、NewNextNipponNorimonoなN-BOXさんです~。
s-IMG_0042_201409272027478df.jpg
圧倒的にN-BOXカスタムの作業が多いのですが、
個人的にはN-BOXレギュラーを薦めたいッ!!

どっちが好き??って聞かれたらですけれども。



s-IMG_0043_20140927202748cc1.jpg
以前からお使いのサイバーナビを載せ替えしました。
今回は、5,1chは完全封印して2ch固定の音質重視作戦です(^^♪

ポテンシャルそのものは決して悪くない、サイバーナビですが・・・。
2WAYフルマルチのタイムアライメントが組めないのがイタイのです。

その弱点をバイアンプ接続で克服してしまいましょう!!!
そうしましょう!!


s-IMG_0044.jpg
最近、このバスケ風グリルばっかりでアレですが(^^;

だってさ!!
鳴らし易いし、スキな音なんですモン!!(きもい)
しかも、アレです。
このDLS・RS6.2ならば「バイアンプ接続」で鳴らすコトもできちゃうんです。

そりゃぁ、買うってもんでしょう???



s-IMG_0045_20140927202745154.jpg
ウーファーは、ドアインナーで取り付け。

さっきの話の続きになりますが、RS6.2のウーファーは
奥行きが53mmと比較的薄く設計されていますので
とかく奥行きで悩まされがちなホンダ車でも安心です(^^♪

2chモード固定で「リア出力」でトゥィーター、「フロント出力」でウーファーを鳴らします。
4chの出力をそれぞれ割り当てるコトが可能にする調整範囲の拡大は、
音質面での多大な貢献が期待できるのです!!

なんか「モヤモヤ」してすっきりしないウーファーの音や、
繋がりの悪いトゥィーターも設定次第で化けちゃうんです。

前提として、「当たり前」のしっかりとした取り付けが必要ですが( ̄ー ̄)





さぁ、日本のプレミアムを騒がせてみます?

プレ騒スカイラインではありませんが、
このスカイラインのデザインは個人的にスキなのです(^^♪

s-IMG_0027.jpg
レイズのホイルと、ローダウンで決めたスカイライン。
やりすぎてない感じが好感度アップですね~。

なんか紹介するのが久しぶりな気がしますが、
今回の記事はウェルカムプラン+であります!!

実はウェルカムプランのお客様は、「YN仕様」を希望される方が結構多いのです。

合言葉は「YN」

そう、「Y-嫁 N-内緒」
つまり「嫁に内緒仕様です。

そんなわけで、作業はしてますがアップできない事情があったりなかったり。



s-IMG_0028.jpg
純正デッキに、ブルートゥース接続でオーディオを楽しんでおられます。

たまに、リンク切れしたりノイズのったりしますが十分つかえます。
ぶっちゃけ、ナビにリッピングしたモノより全然マシだったりします(^^;



s-IMG_0029.jpg
どう見ても純正にしか見えません・・・・否、純正なんです(-_-;)

外見上の差異はまったくありませんので、ぶっちゃけ画像映えはしませんが。

それぞれ純正位置に、DLS・RS6.2をインストールしてあります。
RS6.2は、密かにバイアンプ接続できるスグレモノ。
しかも、ユニット本体が非常に薄いので取り付け車種を選びません。

兄貴分のR6.2(めっちゃ奥行きデカイ・・・)よりも、
気持ち、鳴らしにくい面がありますが、それでもこのクラスのスピーカーとしては
恐ろしいほどのコストパフォーマンスを誇ります。


純正デッキを利用していますが、バイアンプ接続することで
より一層深い音質が楽しめます。

デッドニングも含めて、税込10万円でこの音が楽しめるのは
相当にお得なのでありますよ~(^^♪




しかも、YN可能ですし( ̄ー ̄)

場合によっては(人によっては)5秒で泣けるッ!!

傑作オーディオカーが、また一台完成してしまいました!!


s-IMG_0018.jpg
ビックリするぐらい純正状態エクステリアのエスティマですが・・・。

聴き始めて「何秒で泣けるか?」を判断基準にしている某S様が
「これはスゴイ・・・5秒で泣けた・・・」と、
目を真っ赤に腫らしてハンカチ片手に降りてきました。

オーディオマニアにもほどがある「パイオニアコンテスト組」をも
唸らせるその音質は必聴でありますぞぃ。



s-IMG_0019.jpg
どう見ても純正にしか見えないラゲッジですが・・・。

s-IMG_0020.jpg
カバーの下から顔を覗かせているのは、垂涎のハイエンドユニット
BRAX・MATRIX MX4が2台( ̄ー ̄)
1台あたり70万円超えというトンデモナイ価格のアンプですが
このアンプでないと味わえない感動があるのも事実。

取り付ける側としても、プレッシャーがのしかかるアンプであります(^^;


サブウーファーは、フロントスピーカーに合わせてDLSを選択。
DLSのサブウーファーは、BOX容量とアンプの性能を要求しますが
決まった時の音は、実に素晴らしい低音を奏でやがります。



s-IMG_0025.jpg
メーカーオプションナビ付なので、今回のメインユニットはAXM-P01。

ごくごくシンプルに、ハンドル奥の小物入れに取り付け。

このメインユニットは、純正ヘッドからのスピーカーレベルの入力が可能で
かつ2WAYマルチシステムまでの合成もできます。
デジタル入力を複数備えており、拡張性もバッチリ。
オーディオプロセッサーにRS-P99Xを選べば、ガッツリハイエンドにもなります。

ひとつだけ残念なのは、付属のカードリモコンがビックリするぐらい使いにくい(-_-;)
いや、マジで使いにくいんですってば。



s-IMG_0021.jpg
シンプルなデザインですが、実に自然なデザインです。
純正然としており好感度MAXですね~。

ドア上部を加工して、スコーカーを埋め込み加工。
スピーカーは、DLSの誇るハイエンドユニット・スカンジナビア3WAYです。

あまりにも自然すぎる響きは、感動すら覚えます。

画像からはわかりませんが、ドア内の制振処理や吸音処理は
相当気合いの入った仕様になっています(^^♪
最近、他店での施工済み作業の手直しが多いのですが、
皆さん揃って

「ドアのデッドニングはしてあるので、そのままにしておいてください」

って言われるのですが・・・・。


おぃおぃ、マジか・・・・。どこに拘ってるねん・・・そこよりもっと大事なコトあるんちゃう??
って、ドア内処理の多いコト多いコト。
反面教師として、気を引き締めねばと思います。



s-IMG_0022.jpg
スコーカー部のアップ。

この部分は、実は純正トゥィターのグリルがあったりします(^^;
グレードによって違うんですがね~。



s-IMG_0026.jpg
圧倒的すぎる存在感を放つ、スカンジナビアのトゥィーター。

さすがに競技専用を謳うスピーカー、ダイアフラム剥き出しとかスパルタン過ぎます。
小さなお子様が同乗する場合は、リアルの注意が必要です。


それにしても、このエスティマの音はホントにイイですねぇ・・・。
エスティマは、音造りのヤリ易いクルマで基本的にハズすことないんですが
それにしても、圧倒的です。



記事と直接関係ないんですが・・・

「店長ブログ」ランキングで、6位になっております!!

そして「ゴルフ6」の拍手が、自分的に大変なコトになっております。
あと、昔の記事ですが「ムーブ最強伝説」は今でも拍手いただいております(^^♪

いつも皆様、ありがとうございます!!


さてさて。
s-IMG_0007.jpg
BMW・F30 320ラグジュアリーに、オーディオ他いろいろインストールです。

あまり見かけない「ラグジュアリー」ですが、オーナー様のデザインへの
拘りで、「あえて」のチョイス(^^♪

やはり拘りは大事なのです~。



s-IMG_0010.jpg
普通の純正みたいな画像ですが・・・。

よく見ると、モニターの画面がフルスクリーンになっています。
純正では、実はできなかったりするんですよね~。

今回の作業は、AVインターフェイス+地デジで快適生活を手に入れるぜ!!と、
レーダーもやっぱり念の為あったほうが安心ですよね?と
純正のオーディオって・・・ほんまに残念な音ですよねぇ・・・を
大幅に改善計画です!!



s-IMG_0009.jpg
ほとんどの「F30」にはトゥィーターが装備されていません。

ドアの10cm程度の純正スピーカーに、高音を求めるのは酷ってもんです。
そこで、純正部品の「ウィンドウフレームカバー(トゥィーター付車用)」を手配し
FOCAL・100KRSのトゥィーターと交換しています。

これだけでも、「へぇ~・・・」ってぐらい効果あるんですが、
勿論ドア10cmスピーカーも交換しています。
ほぼ無加工で取り付けできる、BMW用スピーカーでは最も優れたスピーカーです。


プロセッサーとして、最近大注目の「オーディソン・Bit8.9」を取り付け。
純正位置にそれぞれ設置したFOCAL・100KRSと、シート下純正ウーファーを
フルマルチで鳴らし、フロント3WAYシステムとして再構築しています。

オーディオ的には無い方がイイんですが、リアスピーカーも鳴らせるように
してありますので後席に乗られた方にも快適オーディオを提供できます。

スピーカー交換で音質グレードアップを図り、
プロセッサーで更なる高みを手に入れました。
オーナー様の好みに応じて、いろいろと設定変更が可能ですので
長く付き合っていける商品じゃぁないでしょうか?

BMWの音質アップも是非ご相談ください~。

「ゴルフ三昧」

って書くと、仕事してないみたいじゃないですくぁっ!!(誰に言ってますか?)

今回の画像もゴルフ6であります。
前回のゴルフ6さんと、実は同じ日の納車だったりします(^^;


s-IMG_9997.jpg
とにかく、文句のつけようがない完成度のクルマですよね~、ゴルフ6ってば。
窓が落ちるのと、天井の内張りが剥がれ落ちるのは、
フォルクスワーゲンの伝統なのでしょうがないですけれども。



s-IMG_0001_201409162101086af.jpg
既に装着済みの「楽ナビ」を取り外して、サウンドナビZ80Premiを取り付け。

今、僕も自分のレヴォーグに「80Premi」取り付けていますが、
ギャーギャー言うほど、ナビ質も悪くないですけどね?
バージョンアップを行っていない、2世代前のサイバーより使えますよ~。

・・・・・・。
比較対象が限定的過ぎますが。

それよりも、ナビなんてそんな頻繁に使うものでもありませんので(勝手に決めるな)
運転中はず~~~っと耳に入る「音楽」にこそ拘ってほしいものです。んむ。



s-IMG_9999.jpg
スピーカーは、すでにFOCALのゴルフ6用キットが装着済み。

ミラー裏のトゥィーター取り付け方とか、埋め込み加工風で結構イケてますね(^^♪
まぁ、角度がちょいとアレですが。
お手軽に音質アップが図れるので、スピーカー交換「のみ」をお考えの
オーナー様にはオススメかもです。

んでも、サウンドナビやDEH-P01等を導入するつもりならば
是非是非、もうすこし本格的なスピーカーを選んでいただくと
さらに楽しめるコト請け合いなのです!!


お気軽システムも、「お、おい・・・・マジか・・・」みたいな超ハイエンドでも
なんでもお気軽にご相談ください~。

やりたいと思っててもなかなか実行できないのが・・・

男の浪漫代表・「オーバーフェンダー」じゃないでしょうか?

そんな、デキそうでデキない、漢の夢を叶えた一台。
s-IMG_9991.jpg
嗚呼・・・・なんて麗しいフロントフェンダーの膨らみ。

これはもう、思春期の男の子じゃなくてもトキメキまくりです。
否、むしろ、おっさんの方がトキメクかもですね。



s-IMG_9992.jpg
このアングルからですと、より一層のボリューム感が感じられて
この画像だけで、ごはん3杯はイケますよね!


s-IMG_9996.jpg
さてさて。

そんな浪漫溢るるゴルフ6に、サウンドナビをインストールです!!
ゴルフ6は、何の問題もなくデッキの交換ができるので嬉しいですね~。

あまりにも違いがありすぎて、比べるのもアレですが。
圧倒的過ぎる音質向上を実現しました。


バックカメラも純正のものを再利用しています。
が、
画質が全然悪いのです・・・・純正品。



s-IMG_9994.jpg
スピーカーは、FOCAL・165WRC。
そうです、「DIATONE・スーパープラン」をお買い上げいただきました。

ありがとうございます!!
個人的にも、色々とビックリするような嬉しい出会いで、感謝感謝であります。


ウーファーは、ドアアウターをワンオフして強固に設置。
デザイン的にも、純正然としてスッキリとした飽きの来ない秀逸な仕上がりです。
トゥィーターは、ゴルフなら定番のミラー裏に埋め込み加工。
あまり大型のトゥィーターは無理ですが、この位置は安定感抜群ですね~。



s-IMG_9995.jpg
運転席の下には、ARCのチューンナップウーファーを取り付け。

フォルクスワーゲンなら、ほとんどの車種でこの位置に設置可能です。
ギリギリですが(^^;

あと、場所的にはハッキリいって「ベスト」な位置ではありませんが、
クルマ的、ライフスタイル的に最も「ベター」な位置だと思います。

この場所じゃないと!!ではなくて、こんな場所?でもなんとかしてみせます。
いろいろな引き出しがありますので、お気軽にご相談ください!!

9月15日は、AV KANSAI堺店に集合ですよ~??

デジタルメディア評論家として有名な、

あの!!

「麻倉 怜士」先生

を招いて、KEFの最新スピーカー「リファレンス 5」の試聴会開催します!!!
s-IMG_0033.jpg


14:00~17:00までの予定です。
参加費無料!!

皆様、こぞって参加くださいませ~。










s-IMG_0032.jpg

せっせと、設置準備をするスタッフ。








それを、こっそり撮影してるだけの僕。

嗚呼、なんてダメなヤツ!

リトルモンスター再び!?

今度のモンスターは、メルセデス!!

s-IMG_9985.jpg
A45 AMGです~(^^♪
2Lターボで360PSとか・・・全然意味の解らない世界の出来事・・・。

コンパクトボディに、超絶パワーの組み合わせ。
まさにリトルモンスター。



s-IMG_9973.jpg
モンスターマシンなのに、純正オーディオは全然モンスターじゃない・・・。
どうにもつり合いがとれちゃいません(-_-;)

そんなわけで。
モンスターマシンに相応しい、モンスター級のサウンドを奢っちゃいましょう!!!


Aクラス、に限らずですが最近のメルセデスのドアは
具合がよろしくありませぬ。
まだ、16cmスピーカーが装着されている分、BMWよりはマシですが、
スピーカーの取り付け方とか全然ダメ。

今回選んだスピーカーは、FOCAL・165KRX2。
この巨大なスピーカーをワンオフのアウターバッフルでガッチリインストール。
巨大なインナーバッフルで、よく鳴ってくれます(^^♪



s-IMG_9975.jpg
ミラー裏にトゥィーターを埋め込み加工。

スッキリとしたデザインで違和感なく取り付けていますが、
トゥィーターのアルミハウジングがその存在感をアピールしています。
カッコイイですね~。



s-IMG_9978.jpg
今回の最大の見せ場は、ズバリ!!ココでしょう。

灰皿を撤去して、DEH-P01をインストール。
コマンドシステムには手を付けずに、すべてのソースが利用可能です。
BMWと違って、メルセデスはシステムがシンプルなので
ナニも難しいことを考えずに高度な機能を確保したままオーディオ施工が可能です。
これは、大きなメリットですね~。

デッキの取り付け場所が相変わらず見当たらないのが、唯一のネックですかね(^^;



s-IMG_9979.jpg
通常ならフェイスパネル分離加工で、フェイスのみ取り付けるのですが、
今回は分離せずにそのままインストールしています。

画像のように、キチンとフェイスオープンもできますし、あたりまえですが
その場でCDの挿入も可能です。

一筋縄ではいかない加工なので、オーナー様の「男気」が必要ですが( ̄ー ̄)
デザインも極々自然ですし、ナニより圧倒的な操作性がたまりませぬ!!



s-IMG_9983.jpg
なんの変哲もないラゲッジ画像ですが・・・。
s-IMG_9984.jpg
ラゲッジ下には、薄型の10インチサブウーハーが取り付けされていますが、
左側に小物入れを確保することで使い勝手も損ないません。

フロア面の高さも純正と同じですし、カバーの上に荷物を積んでも平気です。



オーディオ設置が難しいクルマでも、お気軽にご相談ください。
意外と簡単に解決するかもですよ~( ̄ー ̄)

僕も意外だったのですが、F20は初めての作業だったり(^^;

コンパクトなボディに320PSものエンジンを積めこんだリトルモンスター、
BMW・M135i

s-IMG_9931.jpg
見慣れた「1シリーズ」のはずなのに、そこかしこから漂うタダモノじゃない感(>_<)

こいつは、たまらなく刺激的じゃぁありませんか!!


・・・・・・ですが。
純正オーディオの音の悪さもタダモノじゃありません。

今回は、どう考えてもドライブの邪魔にしかならない、
この腐りきった純正オーディオを一新しま(^^♪


s-IMG_9937.jpg
ピンボケですいません(-_-;)

名誉のために言っておきますが、僕が撮影したものじゃありませぬです。
見に来てくれている人には関係のない話なんですが(^^;


最近の欧州車では当たり前になってきていますが、
純正オーディオを取り外すと色々と厄介なコトが起きちゃいますので、
当店お得意のフェイス分離加工で、DEH-P01をインストールしました。

勿論、純正機能はそのまま生かしてあります。



s-IMG_9932.jpg
DEH-P01の内臓アンプで、フロント3WAYをマルチ駆動。
PRS-D700でシート下純正ウーファーを鳴らす、フロント4WAY完結システムです。

DEH-P01を取り付けて、尚且つ、BMWという優秀なオーディオベースに
乗っているのならば挑戦する価値が大アリのシステムであります。

比べ物にならないとかってレベルじゃありません。
ちょっと頑張ってるホームオーディオも食っちゃうレベルの音が楽しめます。

ホームオーディオを嗜むオーナー様も、ここまで音が良くなるとは
想像してなかったようで( ̄ー ̄)
「これは、すごい・・・。ここまで聴かせるとは思ってなかった・・これはマジですごい・・」
と、感動していただけました。



DEH-P01付属のアンプはいいデキなんですが、若干非力なのも事実。
そりゃぁ、定価10万円の商品の付属アンプに、そこまで求めるのも
正直キツイ話ではありますが(^^;
内臓アンプで鳴らすのが前提なので(あまり重くしたくないの)、
スピーカーは鳴らし易さバツグンのDLSをチョイス。

最新のGOTHIA・3WAYをフルマルチで鳴らしています。
スコーカーは、純正スピーカー位置にインナーで設置しています。



s-IMG_9933.jpg
ウィンドゥフレームカバーのミラー裏部にトゥィーターを埋め込み加工。

端正なデザインで、純正のインテリアに自然に馴染むように加工しています。
大げさにならずに、でも確実に存在するデザイン。
我ながら、いい仕事をしてるなぁ・・・と。



s-IMG_9935.jpg
純正ドアポケットの一部を加工して、アウターバッフル化。

純正のドアデザインに馴染むよう、造形してあります。
もともと、スピーカーの設置スペースではない部分に取り付けを行うので、
巨大なインナーベースの作成が不可欠です。
結果、固定が恐ろしく強固なモノなり、ウーファーのドライブ能力を
一層高めてくれるのです!!

つまり、わかりやすく言うと。

「結果オーライ」

です。

カテゴリー的にはエブリーなんですが・・・

はたして、このクルマを「エブリー」と簡単に一括りにしてしまってもいいものか??

s-IMG_9923.jpg
全身フルカスタムにもほどがあります(-_-;)

手が入ってないトコロを探す方が大変なこの一台に、
オーディオインストールしました~。



s-IMG_9926.jpg
クルマのキャラ的には、9ワイドのBIG-Xをワンオフパネルで
取り付けて・・・って感じなんでしょうが(^^;

やはり、車内でイイ音を優先したいとのことで、今回もやっぱりサウンドナビです。

ダッシュボードのみならず、あらゆるパーツがペイントで仕上げられているので
作業はめちゃくちゃ気を使います(-_-;)



s-IMG_9924.jpg
エブリーのドアは左右非対称なうえに、非常に剛性が低いのです・・・・。

ドアインナーで取り付けるにしても、アウターバッフルで取り付けるにしても
デッドニングと防振処理はしっかりしてあげたいのであります。
特に右ドアがヘロヘロっす(*_*;



s-IMG_9925.jpg
スピーカーは、修ちゃんオスsメプランでの施工ですので
DLS・RS6,2をインストールしました。

DLSのスピーカーは、比較的鳴らしやすく低域もしっかり
伸びるのでオススメなのです。
唯一の難点(?)は、トゥィーターのグリルデザインが独特すぎるところですか。

ずばり、「バスケットボール???」
もしくは、「パンナム???」

・・・・・・すいません、パンナムってもうとっくに潰れた航空会社。
しかもパンナムのロゴは、DLSのグリルを90度回転しないと・・・。

音造りの難しいクルマといえば・・・

メルセデス・ゲレンデと、トヨタ・ハイエース、あとホンダ・フリード(^^;

そんな3TOPの一角を担う、ハイエースさんにオーディオインストールです。
s-IMG_9919.jpg
難しいからと言って、手をこまねいているのはダメダメです。

だからこそ、挑戦したいものよのぉぅ。



s-IMG_9922.jpg
挑戦の手助けをしてくれる、あまりにも頼りがいのある助っ人が
サウンドナビ・Z80Premiであります(^^♪

一聴しただけでわかる、その圧倒的なポテンシャル。
高度すぎる調整機能と相まって、あらゆるシステムを別次元に引き上げます。



s-IMG_9921.jpg
もともと設置済みだったスピーカー、モレル・マキシモ6。

あくまで「個人的に」ですが、TEMPO6よりも断然マキシモ派です。
パッシブネットワークを撤去して、フルマルチ駆動に変更し
更なるポテンシャルを引き出すのです!!

最悪といっていいクラスの、純正スピーカー取り付け位置ですが、
タイムアライメント、クロスオーバーを駆使してダッシュボード上に
ステージを展開するコトができます。



s-IMG_9920.jpg
トゥィーターは、純正マウントを利用してダッシュポン置き。

ものすごくシンプルなシステムですが、全然聴かせるシステムになりました。
やはり、マキシモの底力は侮れませぬ。

巧く調整してあげると、上のクラスも余裕で食えちゃうかもです( ̄ー ̄)
是非、お気軽にご相談ください~

デモボードがちょっとだけリニューアル☆

s-IMG_0003.jpg
ちょっと前からなんですが、希望の多かった「サウンナビの内臓アンプ」での
聴き比べができるようになりました!!

これで、より一層サウンドナビの実力を体感していただけます。
ちょっと驚きますよ??



s-IMG_0005_20140904213820941.jpg
8種類のスピーカーを切り替えて試聴していただけます(^^♪

◎ DYNAUDIO ・ ESOTAR2 2WAY
◎ morel ・ELATE MW6+ピッコロⅡ
◎ ETON ・ MAS160
◎ FOCAL ・ 165WRC
◎ DYNAUDIO ・ ESOTEC SYSTEM242
◎ DLS ・ R6.2
◎ DIATONE ・ DS-G20
◎ HELIX ・ P236Precision

が常時試聴可能になっています。


興味のある方も、そうでない方も、お気軽にお越しください~。
スピーカーの視聴はともかく、サウンドナビの内臓アンプの実力を
体感したいって方もどうぞ~。

お待ちしております~。

最近見かけなくなってきましたが、見るとテンション上がるのは?

答えは、マニュアルトランスミッション!!

漢の仕事場でありますな~。


そんなわけで。
s-IMG_9900.jpg
最終型のトヨタ・セリカでっす(^^♪

6MTの超軽量ボディ・・・なんて魅惑的な響きなの・・・。
好き嫌いのハッキリ別れるデザインですが、
自分的には全然アリ!!です。

んでもまぁ一番スキなのは、160系のカルロス・サインツ時代のがスキ!!



s-IMG_9905.jpg
漢の職場には、やはり漢のナビレス( ̄ー ̄)
デッキ下の「AV KANSAI」エンブレムが誇らしげであります。

ヘッドユニットは、コスパバツグンのDEH-970。
内臓アンプでフルマルチ駆動が可能な逸品です。
35000円って価格も魅力的です~。


s-IMG_9903.jpg
超変則的なドアデザイン(-_-;)

ドアアウターにするのも、手こずりそうです・・・。
今回は、インナーバッフルでFOCAL・165KRXSをインストールしました。

薄型ユニットの中では、ピカイチの性能を誇ります(^^♪



s-IMG_9907.jpg
今回は、埋め込み加工ではなく、ダッシュポン置き。

画像でみると、なんか全然違和感なく周囲に溶け込んでますが(^^;

画像にはありませんが、ラゲッジにはチューンナップウーハーも取り付け。
チューンナップ業界最強との呼び声も高い、キッカーのハイダウェイです。


お客様のK様からご紹介いただきました。
ありがとうございます!!

もひとつおまけに。
ありがとうございます!!



プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10