ガソリンを一滴も使わずに「40km」も走るってホントっ!?

オーナー様曰く。
仕事から帰ってきて、出勤まで充電しておくと「通勤距離往復40km」が
普通に走り切れるそうです・・・・・。

技術の進歩って恐ろしい・・・・。


そんな最先端丸出しのアウトランダーPHEVのスピーカー交換です(^^♪
s-IMG_9899.jpg
ディーラー様ですでにひととおり取り付け済みのオーディオを
一気にバージョンアップであります!!



s-IMG_9898.jpg
サイバーインダッシュ+DEH-P01という、「3WAYなら最高ですやん!?」な
なんとも通な組み合わせ。

これをベースにフロントスピーカー周り、デッドニング、総チェックを行いました。



s-IMG_9895.jpg
現存する最後のDS-G50(流通在庫を除く)をインストール(^^)

同価格のユートピア165WRCactと最後まで悩んでいましたが、
最終的に好きな音のスピーカーを選んでもらいました。



s-IMG_9896.jpg
ドアアウターの拡大画像です。

リスナー側に向けてわずかにスラントさせてあります。
ダイレクターリングを装着した状態ですと、
DS-G50のウーファーの外径は結構巨大なのです(^^;

カスタムグリルでデザイン重視の取り付けも勿論可能ですが、
今回は「保護」と「らしさ」を優先した取り付けになっています。



s-IMG_9897.jpg
ドアミラー裏の純正トゥィーター部に埋め込み加工を施しています。

助手席に人を乗せることが多いとのことなので、
今回はリスナー向けではありません。
こうすることで、左右シートの音質差を多少は改善できます。
多少ですよ?


取り付け方には、「これが正解」なんてありませぬ。
オーナー様それぞれのライフスタイルに合った、インストールをご提案します。

それが可能なだけの「引き出し」を備えているからこそ。
ですが( ̄ー ̄)ね☆

ちょっとしたX3ブームの到来!?

しかも、どちらも弩新車にガッツリハイエンドっ!!!

s-IMG_9892.jpg
発売したての新型BMW・X3にいきなりハイエンドオーディオ取り付けでっす!!

一気に現代的なフェイスリフトを受けて生まれ変わったX3さん。
どっちの顔が好みかは人それぞれですが、
新型の方がより一層SUV臭さが薄まってるのは間違いない、んむ。



s-IMG_9888.jpg
X3の美点は、ズバリ!!ここです!!

最近のBMWでは、当たり前の加工となりつつある、
デッキフェイスの分離加工が必要ありませぬ。

加工リスクが減るということは、コストに直結するので
お客様にとっても大きなメリットになりますね~。



s-IMG_9887.jpg
フロントスピーカー周辺は、このように仕上げました。

これまた、なんとも純正然とした美しいラインとデザインじゃぁないですか!

ワンオフでアウターバッフルを製作し、大型のインナーバッフルと共に
ウーファーを強固に固定しちょります。
そもそも、このウーファーの位置にはスピーカーの設置スペースなんてありませんので
大型のインナーバッフルを作成しないと、固定もままならないのです(^^;


純正スピーカー位置に、スコーカーをインナーバッフルで取り付け。
ピラーに埋め込み加工するのが理想なんですが、
この取り付け方だと、大げさ感が全くありません。
イイ音であることは当たり前ですが、オーナー様のライフスタイルに合わせた
あらゆる取り付け方を提案します。


トゥィーターは、ミラー裏にスッキリと埋め込み加工。
最小限の突出と、デザインで、極、自然な仕上がりになっています。



s-IMG_9886.jpg
バックミラー周辺には、レーダーとドライブレコーダーを取り付け。

ダッシュボード上には、邪魔になるものは一切ありませんので
視界もスッキリ!気分も晴れやか!!なのです(^^♪



s-IMG_9890.jpg
X3で一番厄介なポイントは・・・ずばり、ラゲッジ。

前後左右の大きさ的には標準サイズかもしれませんが・・・・
ラゲッジ下のスペースが、冗談抜きで狭すぎます(-_-;)

大型アンプなら1台、小型アンプでも2,3台が限界・・・。
この狭さは、人類が初めて遭遇する危機かもしれませぬ・・・・。


ですが!!
ヘコんばかりもいられませぬ!!

この危機的な狭い空間に、RS-P99Xと、
BRAX X4を2台(!!)設置せねばイカンのです。
無茶ブリにもほどがあります・・・。

結果的には前側がわずかに高くなってしまいました・・・。
これぐらいで勘弁してください(-_-;)

ゴルフバッグもなんとか積めますし!!



s-IMG_9879.jpg
この前の日曜に、K様からうれしすぎる差し入れいただきました!!!

風邪ひいたときしか食べることの許されない、モロゾフのプリンたちです!!!
しかも、10個!!
さらに、ナニやら見たことのない限定品!?

なんなんでしょ??
この、美味すぎるにも程がある、このお味ってば。

ありがとうございます!!!
にも程があります!!




あ、ちゃんと食べる直前に
「風邪ひいたぁ・・・」
って言ってからたべましたよ??

ナニが起こっているのか、わかる人にはわかるのです。

ですが、世間一般のまっとうで、且つ善良な市民の皆様は
わからなくて当然なのです。

つまり、ナニが言いたいかというとですね。
一週間地下雲・・・・・・。
・・・・・。
「地下雲」ってなに?
どうやったらこんな変換が一発目に出てくるのか・・・。

それはさておきです。
一週間近くものあいだ、更新をほったらかしにしてスイマセン。
ってコトです。

あまりにも忙しくなると、更新している時間すら無くなってしまうのです・・・
トホホ、ですよ。



s-IMG_9871.jpg
先日、火曜日には納車完了しておりました、
恐ろしく気合いの入ったレガシィさんです!!

前後オーバーフェンダーに、HREのホイール、
勿論、エンジン周りにも相当手が入っておりまする。

どこかのカリカリGTRとは違って、カブってエンジン始動が不可になることもありません。
そうです。
基本はジェントル。
優しくさりげなく、しかし実際は恐ろしく獰猛。

これぞまさしく羊の皮をかぶった系。
否、羊の皮では済みませんか(^^;



s-IMG_9873.jpg
今回の作業は、オーディオの交換です(^^♪

純正マッキンシステムを撤去して、DEH-P01をインストールしました。
ちなみに、上部の2DINナビと、テクニカのメーターはすでに装着済みのモノです。

DEH-P01を使ってのフロント3WAYフルマルチシステムを構築するのです!!



s-IMG_9874.jpg
純正マッキンシステムは、ひそかにフロント4way構成だったりします。

とは言っても、マルチではなかったりしますが(^^;

ウーファーはドアインナーで強固に取り付け。
スコーカーはAピラーに埋め込み加工。
トゥィーターはミラー裏の純正位置に埋め込み加工。
ユニットは、ご覧のようにDLSを採用しております。

DEH-P01の内臓アンプは、非常によくできたアンプですが
ぶっちゃけ少々パワー不足なのも否めませぬ・・・。

そこで、選んだこのDLS。
なんせ、鳴らしやすいのであります!!

グリルのデザインに若干クセがありますが、
これが慣れるとなかなかどうして、全然気にならないどころかむしろ「イイ!!」に。

今回のオーナー様も、ディスプレイやカタログを見る限りは
「ん~・・・・どうなんやろ・・・」
的な感じでしたが、実際に自分のクルマにインストールされた
「ソレ」を見るや否や、「カッコイイっすね!!」と、大絶賛( ̄ー ̄)



s-IMG_9875.jpg
レガシィのドアは、ぶっちゃけあまりお強度のある方ではありません。
さらに、スピーカー設置場所がそれほど広くないので
インナーバッフルでの設置時は注意が必要です(>_<)



s-IMG_9876.jpg
運転席下には、10インチ(!!)の薄型チューンナップウーファーを。

オーナー様自ら取り付けられていましたが、
「いくらやってもシート下には入りませんでした・・・」
とのコトでしたが、いれちゃいました!!

人間、ヤレばできるもんです!!

とりあえず、「これってどう??」的なコトでも
相談してみてください!!

3シリーズと言ってしまっていいのかしら???

続きを読む»

我が家にやってきた!!レヴォーグさんがやってきた!!

待ちに待ってた新デモカーが納車されました!!

って、いきなり大雨ですが(-_-;)
まぁ、いいさ。
ラリードライバーは、新車のシェイクダウン時にワザとぶつけますし。
むしろ、幸先がいいと考える。

んむ。超ポジティブシンキング。


そんなわけで、新デモカーがやってはきましたが・・・。
まさかの今日納車だったので、ナニも準備ができておりませぬ(^^;

s-IMG_9857.jpg
どこからどう見ても、オーディオレス。
オーディオレスの鏡。

さて・・・どうやって調理していこうかしら。
s-IMG_9858.jpg
とりあえず、ティッシュ置き場にしてみました。

最高にアクセスしやすいのは間違いないのです。





・・・・・・。

・・・。

実際は、DIATONE・サウンドナビ NR-MZ80premiを取り付けます。
スピーカーは、すでに終了しちゃいましたがDIATONE・DS-G50。
サブウーファーも同じくDIATONE・SW-G50で揃えます。

営業時間外のみでの製作、かつ、誰の助けも受けられないこの過酷な状況を
老体に鞭打ちつつ乗り越えねばならんのです!!

嗚呼、修ちゃんに「幸」多からんことを・・・・。

N-BOX人気はまだまだ衰えないようですッ!

N-BOXといえば、「やっぱカスタムじゃない?」ってぐらい
カスタムが多く走っておりますが。

個人的には、レギュラー(?)がスキだったりします。
ムーブもカスタムよりもカジュアル派ですし~。



s-IMG_9844.jpg
そんなわけで。
レギュラー(??)なんですが、バリバリのカスタム(^^;

ちょっとアレですよね。
このアングルだと、鋼の錬金術師の弟っぽいですよね。
や、詳しくは知りませんので細かいツッコミは遠慮ねがいますが。

で、このフルカスタムが施されたN-BOXレギュラー(???)の
色々加工・・・結果的にいろいろ手直ししちゃいました~。



s-IMG_9846.jpg
すでに、埋め込み加工済みのAピラーの再加工。

埋め込みそのものは、そのままですが生地を張り直しました。
もともとレザーで施工してあったのですが・・・・継接ぎだらけで・・・。

やっぱ、加工するならパリッとキチンと加工しないと
完成度が全然高まらないのであります!!

スエード生地で美しく張り替えられたピラーなら、
みんなに自慢できるコト請け合いなのです!!!



s-IMG_9850.jpg
ドアは、アウター加工に変更しました。

やっぱ、N-BOXにはリングアウターが似合うのです(^^♪
オーナー様の希望で、差し色に赤を添えてあります。

これぐらいの量なら、全然嫌味になりませんね~。
同時にドアデッドニングも施し、バイアンプ接続に変更しています。

同じスピーカー、同じデッキなのにビックリするくらい良くなりました。
低域の伸びもボーカルの艶もハリも比べ物になりません(^^♪



s-IMG_9853_201408082119318cd.jpg
明日から作業開始!!
弩新車の新型BMW・X3です~(^^♪

随分とイケメンになりましたね!!
前のちょいスパルタン顔も魅力的ですが、この顔もイイ面構えです。

RS-D7XⅢ+P99X、MGSの3way、BRAX X4といった
垂涎のハイエンドユニットをインストールするのです( ̄ー ̄)

フロント周りには全く問題ありませんが・・・・・・・・。
X3はラゲッジが・・・・ねぇ・・・・。

暫く、ラゲッジを眺めて頭を抱えそうであります(-_-;)

オープンの方が16倍はカッコイイ!!

いきなり失礼なタイトルですが、マジでオープンスタイリングは美しいのです。

s-IMG_9842.jpg
今は亡き、アルファ・GTVベースのオープンカー、アルファ・スパイダーです。

・・・・・・。
・・・。
なんでしょ?
このゾワゾワする感覚は。
カッコイイのかカッコ悪いのか、ものすごく微妙なんですが・・・大好きなのは間違いないんですが。

今ナウ、アルファ・156に乗ってる自分としては、
やはり「アルファロメオは好き」と再認識。

・・・もうすぐレヴォーグになるけどね!!



s-IMG_9841.jpg
すでにサイバーのVHが装着済みな、このスパイダーさん。
今回の作業は、フロントスピーカーのインストールです(^^♪

それにしても、シフトノブの「クワドリフォリオ」が眩し過ぎ!!



s-IMG_9840.jpg
スピーカーは、バイアンプ接続が可能なニクイヤツ、DS-G20を選択。

サイバーナビや、Big-X等のフルマルチ駆動ができないナビヘッドで
最良の音を聴こうと思えば、やはりバイアンプ接続ができるのは強みです(^^)
今回も当然ながら、バイアンプ接続で、4chアライメントを実現しています。

トゥィーターはAピラーに埋め込み加工ですが・・・。
???
どう見ても、未完成・・・。

そうなんです。
今回は、加工と取り付け、調整のみを行いました。
生地張りは、オーナー様懇意の業者様に依頼されるとのこと(^^)
生地張りしなくてイイ分、ちょっとお安く施工させていただきました~。



s-IMG_9839.jpg
ウーファーはドアインナーでの取り付けですが・・・・。

・・・。
どう見てもアウター?というか、中見えてる??未完成??

そうなんです。
この部分は、金属加工が本職のオーナー様自ら、グリルを
ワンオフで製作されるそうです!!
なんだかスゲー!!

音の方はバッチリと調整してありますので、
加工が終了して完成するのが楽しみな一台ですね!!

Be a Driver!!にもほどがある!!

AV KANSAIは、オーディオだけではございませぬ。

勿論、一番の得意は「オーディオ」ですが、クルマにまつわることは
なんでもやっちゃいます。

否、クルマにとどまらず、趣味やライフスタイル提案も得意です!!



s-IMG_9837.jpg
そんなわけで、「Be a Driver.」な一台、マツダ・アクセラスポーツです(^^♪

カッコイイですね~、アクセラってば。
今回は、オーディオではなくホイールの交換です。
しかも、お客様は親子二代に渡ってお付き合いさせていただいております!!

有り難いコトです、いやマジで。

アクセラスポーツは標準で19インチ装着の、なかなかニクイヤツ( ̄ー ̄)
今回は、タイヤはそのまま利用してホイルだけを入れ替えました。

チョイスしたのは、RAYS・G25。
鍛造でありながら、実にシャープでスタイリッシュなデザインです。
軽さとルックスを、高次元で両立するニクイヤツ( ̄ー ̄)

純正ホイルに比べて、相当な軽量化が期待できます!!


s-IMG_9838.jpg
ここまでカッコヨクなると、人間、欲がでてくるもんで(^^;

ほんの2cm程度ローダウンさせてみたくなりますよね~。
さらにカッコヨクなること間違いなし!!


剛力彩芽がプロデュース!?

s-IMG_9831.jpg
いや、それはジョア。

このクルマは、ノア。
しかも、弩新車のハイブリッドであります~。

今回は、修ちゃんオススメピウランを選んでいただきました~。
ありがとうございます(^^♪


s-IMG_9832.jpg
当然ながら、サウンドナビ・Z80Premiがメインヘッドです。

超個人的に、ですが「デカイ画面」にはあまり興味がありませぬ。
やはり、「音」が大事なのです、マジです。



s-IMG_9834.jpg
スピーカーは、オススメプランなのでDLSを取り付け。

ノア・ヴォクシーは、インナー取り付けの場合、少しスペースが厳しいのです(-_-;)
ここは、やはりアウターバッフル化がよろしいようで!!

この鮭の遡上デザインも巧く逃げれますので、オススメです!!



s-IMG_9833.jpg
Aピラーには、トゥィーターを埋め込み加工。
非常にスッキリとしたデザインで、違和感もありません。

ピラーのサイズも大きめなので、加工はやりやすいですね~。


今回は、ファミリーユースがメインのオーナー様なので
リアスピーカーはどうしても鳴らす必要がありました。
フルマルチでフロントを鳴らすコトができませんので、トゥィーターの
埋め込み角度はシビアな設定が必要です。

さらに、サウンドナビの特徴(だけど、なるべく使いたくない)の
マルチウェイアライメントを駆使して定位も位相も十分に追い込んであります。

この機能がつかえるだけでも、ほかのナビより圧倒的なアドバンテージがありますね~。



s-IMG_9835.jpg
アップし忘れていました(^^;

この間納車しました、IS FのT様から差し入れを頂いておりました!!
ありがとうございます!!

「柚子もなか」に加えて!!「純」までも!?
や、「純」の意味はよくわかりませんでしたが。

ほぼ独りでおいしく頂きました!!
ありがとうございました~。

個人的に、と前もって断っておきますが・・・。

レクサスの中で一番カッコイイのが、この型のISじゃないですかね???

s-IMG_9830.jpg
今回の作業は、IS・Fへのオーディオインストールです(^^♪

ギリッギリの、下品手前のナイスなデザインであります!!
これ以上やると、「ヤリスギ」になる絶妙な塩梅が素敵です。



s-IMG_9829.jpg
パッと見、何が変わってるのかわかりにくいかもですが(^^;

純正オーディオ部には一切手を加えずに、DEH-P01を追加インストールしました。
灰皿部に、当店お得意のフェイス分離加工でワンオフパネルを作成して取り付けました。

s-IMG_9826.jpg
アップにするとこんな感じです(^^)

純正パーツには一切手を加えていないので、完全にノーマルに戻せます。
DEH-P01本体は、グローブボックス内に設置してあるので
CDの再生も問題ありません。

USBケーブルは、センターコンソール肘掛け内に取り付けてあるので
手元でアクセスできて非常に便利です。


勿論、純正オーディオの機能はほとんど利用可能です。
ガイド音声や、レクサスの起動音もちゃんと鳴ります(^^♪



s-IMG_9828.jpg
スピーカーは、すべて純正位置に取り付けています。

DLSの誇る、GOTHIAの3wayを取り付けました。
気持ちよく伸びる低域、バツグンの繋がりの良さ、ヒリヒリしない高音。
実にスムーズで気持ちのいい音を奏でてくれます。



s-IMG_9827.jpg
純正と変わっているのは、唯一、この部分。

純正のトゥィーターと同位置ですが、トゥィーターのサイズが大きくて
一回り大きくなりましたが、スッキリとしたした取り付けを実現しました。

3wayの各スピーカーが、縦一列に並ぶこのレイアウトは
まとまり良く安心して聴くことができますね。


純正サブウーファーもアンプを追加して鳴らしています。
純正のままですと、ほとんど鳴っていないウーファーを
DEH-P01で積極的にコントロールしてあります。

ビックリするくらい、ちゃんとウーファーとしての仕事をこなしてくれています(^^)
キッチリと調整を追い込んであるので、ドスンとフロントに乗っかる
低音が気持ちいいのであります!!



作業までの打ち合わせに、ジックリと時間をかけて練り込んだので
隙の無い、いいシステムデザインができあがりました。

T様、ありがとうございました!!
次は、アンプとちゃんとしたサブウーファーですね( ̄ー ̄)

お待ちしております~。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10