たくさんのご来店、ありがとうございました~!!!

28、29日とDIATONE試聴会を開催していたわけですが。

二日間とも、非常にたくさんのお客様にお越しいただきました。
わざわざお時間いただきまして、ありがとうございます。

同じスピーカーを「パッシブ」で鳴らした場合と、「マルチ」で鳴らした場合の
音の違いや、サブウーファーの「有り無し」を体験していただきました。
なかなか、実際に体験できない試聴なので、よかったんじゃぁないかと思います(^^)

お客様にも好評でした~。

来月はパイオニアのセミナーを開催する予定もありで
まだまだ忙しくなりそうです( ̄ー ̄)


ご来店いただいたお客様並びに、休日返上でお手伝いいただいた
DIATONEのお二人に感謝します。
ありがとうございました!!



s-IMG_9677.jpg
視聴のデモや、接客、駐車場の案内整理などなど行いながらも、
勿論ですが通常業務もあるわけでして・・・。

そんな弩ハードなスケジュールの中、無事納車できました・・・
弩新車のBMW・Z4にセキュリティのインストール行いました。

オススメセキュリティの「ユピテル・ゴルゴ」を取り付け。
純正キーレスでもリモコンでも操作可能ですし、
駐車環境に応じて、センサー感度のステージを簡単に変更できる優れモノ(^^♪


・・・まぁビックリするくらい、誰も助けちゃくれないのがAV KANSAIスタッフ。
それぞれ自分の仕事をキチンとこなしてくれるのだけが救いです・・・(-_-;)
営業時間内は接客のみでしたので、営業終了後から
「たった独り」ですべて終わらせました・・・。

人間、ヤレばできるもんです。



s-IMG_9682.jpg
こちらのレガシィも同じくセキュリティのインストール。

ユピテル・ゴルゴを取り付けました。
恐ろしく敏感なセンサー感度でも、めったなコトで誤発砲しない優れモノ。
日本の住宅環境を徹底的に考えて設計されております(^^♪



・・・・・・。

・・・。

今回もまたビックリするくらい、誰も助けちゃくれないAV KANSAIスタッフ。
それぞれ自分の仕事をキチンとこなしてくれるのだけが救いです・・・(-_-;)
営業時間内は、ほぼ接客のみでしたので、営業終了後から
「たった独り」ですべて終わらせました・・・。

人間、ヤレばできるもんです。
マジで。

こ、こいつは・・・なかなかいいアンプだにゃー。

どうもこんばんは(わ)。
尊敬する人物は「ファーザー(勿論、父のコトではない)」です。

今日、紹介するのはガッツリとハイエンド組んでいるプリウスです(^^)
s-IMG_9646.jpg
いつもお世話になっている、M様のプリウス。
G'sのエアロで武装して精悍な面構えです。


s-IMG_9645.jpg
タイトルのとうりなんですが、このアンプ。
イタリアの「シンフォニ」ってメーカーの商品です。
パッと見てわかるとうり、実に洗練されたデザインでカッコイイですね~。

「理にかなったモノはカッコイイ」
と、常々思っている自分としては、このデザインはきっとナニかあると( ̄ー ̄)

結果。
ナニかありました。
実にイイ音を奏でます。
神経質にならない情報量の豊富さに加え、繊細になりすぎない表現力。
感情豊かに鳴りあげるのに溢れかえるコトもありません。

ん~・・・こいつはイイにゃー。

某イタリア製の「黒いアンプ」からの交換だったんですが、
全然こっちの方がイイですね(^^♪
お客様にも「めちゃめちゃ良くなりました!!」と喜んでいただけました!!



s-IMG_9644.jpg
全体像はこんな感じです。

「荷物、積まれへんやん」

いやいや、そこは抜かりなく。
s-IMG_9643.jpg
ワンオフマットを作成して、フルカバードになります(^^)

しかも、サブウーファーの音がちゃんと抜ける仕様になっています。
高級車に採用されるものとほとんど同じ素材を使用していますので質感も極上。
フィッティングもバッチリです(^^♪



s-IMG_9642.jpg
ラゲッジオーディオ部をバラすついでに、テールランプも交換。

クリアテールはクリアテールなんですが、内部のリフレクター部を赤で仕上げる
凝った造形になっています。

クリアテールが大嫌いな自分でも、こんな仕上げならアリですね~。




さてさて。
いよいよ明日は「DIATONE・試聴会」が開催されます!!
CX-5だけの予定でしたが、もう一台の参戦も決まりました(^^♪

時間の指定も予約も必要ありませんので、お気軽にお越しください。

ステラって言っても、トマール猿人じゃないほうのステラですが。

最近は、一週間に10日ほど顔を見せているY岡Bros.の若い方。
通称「ジュニア」のステラがまたしてもバージョンアップです!!

s-IMG_9627.jpg
そうです。

トマールの方ではありませぬ。
生粋のスバル車、正式には「ステラ・リベスタ」とか。



s-IMG_9628.jpg
モレルから、あえてのパイオニア・RSⅡに変更です。

Aピラーにガッツリとリスナー向けに角度をつけてインストール。
事情があって、ドアの画像は見せられませぬ(-_-;)

や、たいした事情じゃないんですが。
ぶっちゃけ、音重視のあまり、あんまりカッコよくない、もとい「カッコ悪い」のです。

それでも、コンペでイイとこいったら「これはこれでカッコイイ」じゃないでしょうか??



s-IMG_9629.jpg
サブウーファーもDIATONE・SW-G50から、これまたパイオニアに変更です。

箱がデカイ・・・(-_-;)


音はめちゃめちゃ良くなりましたけど!!
これから、もっともっと煮詰めてイッテくれることでしょう!!




s-IMG_9626.jpg
フォルクスワーゲン・ティグアン Rラインもオーディオやってます。

以前のクルマから継続の、FOCAL・165Kと、チューンナップウーハーの取り付けです。
ヘッドが純正なので、イジれるところが少ないですが
全然楽しめるサウンドになりました(^^♪

スピーカーはそれぞれ、純正位置にインストール。
チューンナップウーハーは、運転席のシート下に設置。

パッと見、どこにも変更点が見当たりませんが、音を聴けば誰でもよくなったのがわかります。
これで、ドライブもグッと楽しくなるのです~(^^)

今日の「いいとこ」探し、終了~

カテゴリー的には「A3」ですが、実際は「S3」だったりします(^^;

s-IMG_9620.jpg
ものすごく「個人的に」ですが、僕はこのあたりのアウディがスキですね~。
これよりも少し古いA4に乗ってたコトも影響してるかもですが。

なんとゆーか・・・あんまりヒカリモノが好きじゃないのです(-_-;)



s-IMG_9622.jpg
いつもお世話になっている、I様のS3がまた進化しました。

取り付け済みだった、マクロムの「MOS6」をリアスピーカーに移し
フロントには、ETONのハイエンド MGSの3WAYをインストール。

アウディ(フォルクスワーゲンも)のミラー裏はものすごく小さいうえに
ドアを組む際に一番初めに取り付けておかなければイケない部品ですが、
トゥィーターを巧く埋め込むことができました。
一回り大きくなっていますが、まずサイズの違いには気づかないですね( ̄ー ̄)

Aピラーにはスコーカーを埋め込み加工。
こちらもギリギリですが、スッキリとした取り付けが可能です。
s-IMG_9623.jpg
運転席側は、こんな感じです(^^)

8cm級のユニットなので、なかなか迫力がありますね~。



s-IMG_9625.jpg
ナビ(ヘッドユニット)は純正をそのまま利用。

スピーカー出力をオーディソン・Bitoneに入力してフロント3WAY+リアを鳴らしています。
アンプはパイオニア・PRS-A900を2台、リアシートの背中に背負わせています。

ぶっちゃけアウディのラゲッジ下は、それほどスペースに余裕がありませんが
今回は、スペアタイアも積んだままで積載スペースもほとんど犠牲になっていません。


s-IMG_9624.jpg
Bitoneのコントローラは灰皿部に埋め込み。

シフトが「P」の位置ですと、若干使いにくいですが(^^;


グローブボックス内に、DVDチェンジャーとipodデジタルアダプターを設置。
Bitoneにデジタル入力することで、純正とはまったく比較にならないサウンドになります。

オーナー様から「ビックリしました。全然よくなりました、イイ音です」と
お褒めの言葉をいただきました(^^♪

お客様に喜んでいただけると、ホントにうれしいですね~。

BMWのフラッグシップでも、やっぱり音はダメ(-_-;)

そうなんですよ~。
最高級グレードであっても、同じような音質なんですよね、BMWって。
装備されているサウンドシステムによる違いもほんの僅か。

高額な純正オーディオオプションを選ぶなら、
社外品オーディオを検討してみてはいかがですか?


s-IMG_9609.jpg
BMW・F01 750iL

リアドアがやたらと長い、つまり、そういうクルマです。
が、このオーナー様はドライバーズカーとして選ばれていますので
音の悪さにはウンザリされております。

そこで、純正システムに追加する形で、音質向上作戦を決行であります(^^)



s-IMG_9610.jpg
オーナー様の意向は「あんまり加工はしたくない」「USBメモリを使いたい」

それらを踏まえて、フロントスピーカーはETONのトレードインをチョイス。
このスピーカー、ちょっとバカにできません。
むしろ、かなりイイ。

ドアの2WAYと、シート下ウーファーも交換しましたがつながりもスムーズで
純正で感じるあの「もやもや」もスッキリと。
これだけでも、割と聴けちゃう感じになるのですが、さらに一歩踏み込みます(^^♪



s-IMG_9611.jpg
パイオニアのチューンナップウーハーのコントローラーではありません!!
ソックリですが、違います。マジで。

実はこれ、HELIXのオーディオプロセッサーのコントローラーなのです。
どう見てもチューンナップウーハーの「それ」ですが(-_-;)

標準オーディオの音声を入力し、各種調整を施こすことができますし、
デジタル入力を追加することも可能です。

純正入力時もS/N良好で、グッと高音質化が期待できます。
さらにデジタル入力時は、ビックリするくらい変化します。

綺麗に上のほうが抜けていく、この感じは純正じゃ絶対味わえません。
操作性もほぼ純正同様で、この高音質化はある意味驚きですよ?



s-IMG_9631.jpg
本日からお預かりしている、BMW・ミニクーペ(!!)の
オーナー様から差し入れを頂いちゃいました~。

判る人にはわかるかもしれませんが・・・。
海を越えてやってきた、うどんの国からやってきた!!

そうです、四国は香川県からお越しいただきました!!!
遠いところ、ホントにありがとうございます!!

ご期待に沿えるよう、全力でがんばります~( ̄ー ̄)
もうしばらくお待ちください!

直接オーディオとは関係ない、こんなコトもやってます。

全身フルカスタムが施された、ニッサン・エクストレイル。

s-IMG_9618.jpg
これは、マジでかっこいい!!!

マットブルーでラッピングを施し、バンパー類はあえての樹脂ままの黒ペイント。
まずお目にかかることのできないであろう、激レアのルーフラック。
インパクトバツグンのフロントサイド出しマフラー!
バンパーから覗くインタークーラーは伊達ではありませぬ。
画像では見えませんが、ヘッドライト内のプロジェクター部に
Defiのメーターがインストールされていて、実際動作します。

クルマのチョイスも含めて、久しぶりに唸った一台であります(^^♪



s-IMG_9619.jpg
今回の作業は、オーディオ的なモノではなく、
DefiのメーターをAピラーに埋め込みする加工です。

もともと、センターメーター前に3連並んでいましたが、
今回のカスタムでめちゃめちゃスッキリした上に、カッコよくなりました~(^^)
見た目のインパクトも抜群ですし、レザーで巻いた質感も上々です。


オーナー様は、俄然オーディオにも興味津々なご様子なので
次回はガッツリオーディオで紹介させてください!!

お待ちしております~

純正を全く使わないってのも一つの方法かも・・・。

「とにかく、サウンドナビをインストールしたい!!」


魂の叫びにも似た、熱すぎる要望を受けクラウン・マジェスタ、完成しました(^^♪

s-IMG_9612.jpg
このクラスのクルマには、メーカーオプションのナビが装備されているコトがほとんど。

最初は、特に気にならないんです、ええ。
ところが暫くして、ふと、気になり始めるのです。

「なんか・・・音悪いなぁ、このクルマ」

それに気づいてからでは、手遅れなのです。
そう。
この手のクルマは、デッキの交換が難しいのです。
そればかりか、単純にスピーカー交換すらできないコトも多々あります。

よく相談受けるのですが・・・
コスト面や、操作性の面で多少の妥協が必要だったりで
簡単にはイカないのです(-_-;)


そんな面倒な、純正ナビのシガラミを脱ぎ捨てたら、
なんともスッキリと解決しちゃったりします。



s-IMG_9613.jpg
一つの答えが、コレ。

純正デッキは勿論撤去できませんので、各種配線を延長して
グローブボックス内に移設してあります。

空いた2DINスペースに、そのままドーーーンとサウンドナビをインストール!!
そうです。
サウンドナビなら、最高の音質は勿論のこと、
「ラジオ」 「CD・DVD」 「地デジ」 「USB・ipod」「ナビ」
と、あらゆるソースが一体になっています。

純正ナビからの音声等を一切無視することで、
あまり小難しく考えなくても、普通に操作が可能です。

純正モニターには、とりあえず映像出力を接続してあるので
下でナビ画面を見ながら、地デジ・DVDの映像を見ることもできます。
バックカメラは、純正を活かしてありますので進路予測等もそのまま。



s-IMG_9617.jpg
スピーカーは、前後共にDIATONE・DS-G20を取り付け。

リアはドアインナーと純正位置へトゥィーターを取り付け。
フロントはドアインナーとピラー加工でトゥィーターを埋め込み。

スピーカーも交換しちゃえば、純正がマルチだろうがなんだろうが
なんとでもなります。

しかも、オーナー様曰く
「あかん、鳥肌たつほどエエですわ」
ってぐらい、びっくりするほど高音質化できるのです。


純正の音に納得できない「こだわり派」の方、是非ご相談ください。
いろいろな解決方法がありますので、一緒に考えていきましょう。
そして「最良の妥協点」をみつけましょう!!

やっぱりみんな、DIATONEが気になって仕方がないんじゃ・・・。

そうなんです!!

6月28日(土)/29日(日)の二日間にわたり、
AV KANSAI大阪・堺店において、
DIATONE試聴会を開催します~。


お馴染みのDIATONE・デモカーのCX-5がやってきます(^^♪
DS-G20をZ80Premiの内臓アンプでマルチ駆動し、
SW-G50も装着されています。

単純に、サブウーファーレスの仕様になるわけではありませんが、
サブウーファーのON/OFFは可能なので、
サブウーファーを取り付けた場合の音質の変化も実感していただけるのでは!?

どなたでも参加いただけますが、駐車場に限りがありますので
乗り合いで来ていただけると僕の好感度があがります(^_-)-☆

午後のひと時を持て余したそこのあなた、是非お越しください!!
サウンドナビの実力を目の当たりにして、あなたはナニを思うだろう・・・。
その圧倒的過ぎる音質に触れて、狂喜するもよし。
現代最先端の技術に触れて、愕然とするもよし。

とにかく体験してみるべし!!



s-IMG_9608.jpg
そんな中、タイムリーなことに「DIATONE過ぎる」マジェスタの作業ちゅ。

前後スピーカーをDS-G20に換装しちゃいます( ̄ー ̄)
どうしてもリア席の方にも、イイ音で聴いてもらいたいとのこと。

贅沢ですが、その心意気やヨシ。
期待に応えてみせまする!!


s-IMG_9607.jpg
純正デッキの移動ちゅ。

サイズ的に入るのは入るのですが(^^;
まぁ、なんとかなるでしょ~( ̄ー ̄)



s-IMG_9603.jpg
プリウスオーナーの切なる悩みの一つに、リア周りの騒音が挙げられます。

その対策に、フェリソニの「制振吸音遮音ブロック」を施工しています。
右のリアタイヤハウスの画像です。
s-IMG_9604.jpg
こっちは左側。

画像だけ見ると、なんてことなさそうですが・・・・・・。
なんとゆーか、施工中の姿はちょっとした仙人です、マジで。

もくもくとブロックを貼り続けていくその姿は神々しくもあります(ない)
150枚ぐらい貼らないとダメなのでっす!!

同時にリアサイドパネル内の制振遮音シートも施工しています。
ほとんど同じ場所の作業なので、同時に発注していただけると助か、もといありがたいっす。
工賃もお安くできますし~(^^♪

よくよく考えてみると、初のCR-Zでした!!

いつもいつもお世話になっている、M谷様の通勤快速マッシーンに
オーディオインストールしました(^^♪

s-IMG_9596.jpg
通勤の時間を少しでも楽しくするのに選んだのが、ホンダ・CR-Z。

燃費と走りを巧く両立しているのです( ̄ー ̄)



s-IMG_9593.jpg

s-IMG_9594.jpg

当初は、オーディオを変更する予定ではなかったのですが・・・・。

やはり、普段からキチンとしたオーディオを聴きなれている人にとって
純正オーディオの音質は、もはや拷問。

とうとう我慢できなくなって、ご来店いただきました(^^;

今回のテーマは極力軽くシンプルに。
フロントスピーカーは、比較的リーズナボーでありながら
余裕の音質を誇る、DIATONE・DS-G20をチョイス。

ウーファーはドアインナーで取り付けし、トゥィーターはドアミラー裏に埋め込み。
基本的に一人乗りなので、トゥィーターはリスナー向けに設置しています。



s-IMG_9595.jpg
純正ナビ付なので、今回のヘッドユニットはDEH-P01です(^^♪

なんだか、ちょこっと久しぶりな気がします・・・。
純正ナビ上部の小物入れを撤去して、DEH-P01をインストール。
ワンオフパネルを作製し、スッキリとした取り付けを実現しています。

勿論、ナビのオーディオもすべて聞けますし、
ガイド音声、ハンズフリーも常時利用できます。

音質の方は比べるまでもありませんね(^^♪
オーナー様曰く
「もう、純正でもエエかな・・・と思ってたけど、全然ちやうな。当たり前やけど」
「これは、楽しいな」

と。
最高の褒め言葉であります!!



和歌山では、このクルマのことを「アテンダ」という。

って聞きましたが、和歌山の人から。
ホントかな??

s-IMG_9566.jpg
最近のマツダの「赤」はイイ仕事してますね~。
CX-5しかり、アクセラしかり。

もうすぐ発売と言われている「CX-3」にも期待したいところです~。


そんなわけで、アテン「ザ」ワゴンのディーゼルMTであります(^^)
このサイズのMTってどうよ??ってのが個人的な意見なんですが、
やっぱりMTは楽しいのでヨシとします。


s-IMG_9570.jpg
今回もやっぱり、サウンドナビ。
明日も明後日もサウンドナビ。
ああ、サウンドナビ。


・・・・・・ちょっと疲れてるんです、そっとしといてください。



s-IMG_9569.jpg
今回は、僕の「オススメプラン」を選んでくれました!!

ありがとうございます!!


サウンドナビでDLS・R6.2を鳴らすこのシステムは、
リーズナボーでありながら上級クラスを余裕でカモれる組み合わせ。

特にアテンザは低音がしっかり伸びるので、ますますイイ感じなのだぁ(誰?)


ドアミラー裏にスッキリとトゥィーターを埋め込み。
パッと見、まるで純正のような仕上がり。



s-IMG_9568.jpg
ぶっちゃけだいぶ狭い、アテンザのリアスペース。

窓も小さいし、お世辞にも超快適~♪とはいえませんが、
そんな空間をわずかにでも和ませるリアモニターはいかが??

ヘッドレスト直後方にガッチリと固定できるステーを使っていますので
某クション等で売ってるペラペラステーとはわけが違います。

せっかく拘ってカスタムするんですから、少し高くてもイイモノ選ぶ方がイイと思います~。



s-IMG_9574.jpg
いつもいつも、ホントにありがとうございます。

ボリューミーなシュークリームをいつも差し入れてくださるi様。
早速、オヤツにしようと箱を開けたところ・・・

・・・・・・。

( ゚Д゚)

・・・。

すでに半分ほどイカれてやがる・・・。
油断したぜ!(誰やねん)

「愛」がなければ、ただのネタ。

や、カテゴリも「フリード」にするべきか、はたまた「愛」にするべきか
2,3秒悩みましたけれども。
結局、「愛」をカテゴリに追加するのがメンドくせー!!


s-IMG_9551.jpg
以前に、紹介したことのあるホンダ・フリードですが・・・。

今回、圧倒的すぎるバージョンアップを果たしました!!

フロント周りは、FOCAL・165KRX2で固め、アウターバッフやピラー埋め込み加工と
全く隙の無い仕上がりであります。
各スピーカー部は、それぞれLEDの間接照明も仕込んであります(^^♪



s-IMG_9558.jpg
ラゲッジには、サブウーファー、アンプもすべてFOCALで統一した
カスタムオーディオがインストールされています。

ご覧のように、LEDの間接照明が妖しさと美しさを演出しています。



s-IMG_9556.jpg
( ゚Д゚)

・・・・。

( ゚Д゚)

・・・・・・。

(=゚ω゚)ノ

・・・・・・・・・・・・。

こ、これはッ!?
とある筋では、カリスマ的人気を誇る某「ラブライ◯」の超限定クラリオンナビ!?
いや、まさか・・・そんなはずは・・。

そう、そのナビは東京の一部トヨタディーラーでのみの販売のはず。
しかも、トヨタ車を購入しないと、手に入れられないはず・・・。

それが、何故フリードに!?!?


まぁ、そのあたりの入手経路に関しては、ズバリ「愛」の一言で片づけられますが、
今回のバージョンアップは、このナビだけに留まらないッ!!!!
s-IMG_9560.jpg
勘のイイ人は、ピンと来たかも知れませんが。

そうです、この限定ナビの音声案内は「ラブラ◯ブ」の声優が担当しているのです。

もうお分かりでしょう・・・・。
このセンタースピーカーに見える、FOCAL・130KRは・・・・・。

ズバリ!!
ガイド音声専用スピーカーなのです!!なのですッ!!!!
しかも、パワーアンプも奢っております!!

愛すぎる・・・。


やっぱマニヤってすごい(^^♪
んでも、マジでガイド音声はめっちゃイケてました。

あと、オーナーさん曰く、「このナビ、わかってるなぁ・・・にこまきやん」
とか、一般人にはまったくわからないことを呟いていたことを記しておきます。

やはり、最強の伝説は本当だった・・・。

知ってる人は知ってると思いますが、このブログの前身たる
「修ちゃんの部屋」から言い続けているコトの一つに、
ムーブ最強伝説があります。

完成度??
乗り心地??
燃費??
走行性能??

何それ??
そんなの関係ありませんYO!!
オーディオベース車としての話に決まってるじゃぁありませんか!!

そうです。
この僕の持論に共感していただいた方々に、実際に多数お買い上げいただいております!!
こんなにうれしいことはない。

そんな「ムーブ最強伝説」に新たな仲間が。
s-IMG_9545.jpg
新型のカスタムですが、旧型とかあんまり関係ありません。
そう、ムーブであることが大事なのです!!

そして、何故か「ムーブ最強伝説」の仲間達は、外装ノーマルが多いのです(^^;



s-IMG_9549.jpg
「こればっかりやん!?」
とか、言わないでください。

ホントにイイんですって。

そんなわけで、なんとかの一つ覚え的に、やっぱりサウンドナビZ80Premi。
新車購入時にディーラーオプションでナビ装着済みだったんですが
思い切ってサウンドナビに交換しちゃいました。

買ったばかりのナビを買い替えるのは、勇気が必要ですが
この音を聴けば納得するしかありません。
絶っっっっっっっ対に純正では不可能な、圧倒的過ぎる高音質の世界が手に入ります!!!



s-IMG_9546.jpg
今回はサウンドナビで鳴らしますので、当然ながら2WAYシステム。

選んだスピーカーは、度さなる試聴を経て決定したFOCAL・165WRC。
このスピーカーにサブウーファーをプラスしてあげるとバツグンであります。

勿論、ムーブではドア下部を大胆に加工したアウターバッフル化は必須!
作業的にはちょいと大がかりではありますが、その効果は絶大。



s-IMG_9548.jpg
Aピラー最奥にトゥィーターを埋め込み加工。

今回の主役は完全にドライバーなので、ガッツリリスナー向けにインストール。
スッキリとしたデザインで巧く純正に馴染んでいます(^^♪

明るくカラッとした音調は、だれからも好まれるサウンド。
繋がりも良く、ダッシュ上にパンッと広がるステージ。
女性ボーカルは勿論、JPOPメインの人とか最高じゃないでしょうか??


ん~~~・・・。
それにしても、やっぱりムーブは外さないですねぇ( ̄ー ̄)

「カッコイイ」にもいろいろありますが。

わかりやすい「カッコイイ」代表が、
このマセラティ・グラントゥーリズモじゃないでしょうか?

s-IMG_9521.jpg
どこからどう見ても、だれが見ても素直にカッコイイと思わせるデザインは
ある意味優秀なんだと思います。

このクルマの後、いろいろと影響を強く受けた(パクった)デザインが
溢れだしたのがその証拠でしょうね~。



s-IMG_9527.jpg
今回の作業は、ナビゲーションの取り付け。

純正デッキは取り外すことができませんので、配線延長加工を施し
ラゲッジの底に隠してあります。
時計合わせた後は使いませんし( ̄ー ̄)

純正デッキ位置に、現存する唯一のインダッシュナビ・サイバーVH0099を取り付け。
ワンオフパネルを作成して、スッキリとした設置が可能です。

リアスピーカーは勿論、サブウーファーも含めたすべてのスピーカーから
音がちゃんとでます(あたりまえ)

あまり利用価値は無いかも知れませんが、一応ナビからの映像出力を繋いでいますので
インダッシュモニターを立ち上げなくても、DVD/DTVの映像を見ることができます。
できますが・・・・画質が圧倒的にちがう・・・。
純正モニター・・・ヘボすぎです(-_-;)



s-IMG_9525.jpg
参考までに、インダッシュを収納している状態の画像がコチラ。


純正のALPINEナビの圧倒的過ぎるにも程がある使いにくさは
マセラのオーナー様の間ではもはや伝説。

タッチパネルでの操作、バックカメラへの対応、当たり前ですが地デジ、DVDの視聴。
それら全てが、この加工であっという間に手に入ります!!

あ、あとUSBメディアやipod・iphoneへの対応も!!

木曜日から、なんだかヤバめのスケジューリングです・・・。

お預かりのちゅのクルマが・・・
s-IMG_9535.jpg

電動シャッター完備の預かり専用ガレージに入りきりませぬ・・・。
作業ピットに4台押し込んでおります(*_*;

s-IMG_9536.jpg
デモカー用駐車場もすでに預かり車用ガレージに(-_-;)

どうするAV KANSAI!?
とゆーか、どうする修ちゃん!?

否、否、無限大に否!
なんとかなります、なんとかします!!!

この程度、いつも掻い潜ってきた修羅場の一つにしか過ぎぬわッ!!!
かかってきなさい!


・・・ホントにはかかってこないでください。
お願いします。




そんなことより、まだ3月からお待ち頂いているお客様が居るという、この事実!

もうしわけございませぬぅぅ。
もう少々お待ちをぉぉぉ。

後ろに「アルファー」ってつくのは・・・

自分の中では、ガルバルディ以来ではないでしょうか?(どうでもいい)


そんなわけで、今日のクルマは「プリウスα」です(^^)
s-IMG_9513.jpg
どこから見ても、めっちゃプリウスαです。

エクステリアは完全ノーマルですが、その中身はハイエンドオーディオだったり!!


s-IMG_9517.jpg
ヘッドユニットは、パイオニア・RS-D7XⅢ。

お得意のフェイス分離加工で、
コントローラ部のみルーフ前部に埋め込み。
純正位置には、2DINの楽ナビが取り付けられています。


s-IMG_9515.jpg
フロントスピーカーは、垂涎のユニット DLS・スカンジナビアであります!!

この存在感・・・シビれますね。
それ以上にシビれるのは、その音なんですが(^^♪

巨大なトゥィーターですが、実にスッキリとした取り付けを実現しています。


s-IMG_9516.jpg
ドライバー側はこんな感じです(^^)

死角もほとんど純正と変わりありません。



s-IMG_9514.jpg
ウーファーは、ガッチリとドアアウターバッフルで取り付け。
純正風のサランネットカバーも装備していますので
恐ろしいヒールアタックから、ユニットをしっかりと保護します。

デザインも純正然としていて嫌味がありませんね~。



s-IMG_9520.jpg
アンプは以前からお使いのラックスマン。

ここは・・・そろそろ新しいモノに交換したいところですねぇ・・・。
次、待ってます( ̄ー ̄)



s-IMG_9519.jpg
サブウーファーはBEWITHのコンフィデンス。

実は、フロントスピーカーもコンフィデンスだったんです(^^;
スカンジナビアに交換後、オーナー様に試聴してもらったところ

「これは、スゴイな・・・全然良くなった。とゆーか、めっちゃイイ」

と、大喜び(^^♪
早速、次のバージョンアップ作戦を練って帰られました。

ありがとうございます!!
お待ちしております~



やっぱり今日もバタバタでっす!!

移転してから一か月・・・。
あっちゅう間だったような、長かったような。

とにかく一日がやたら短いっす。
もしや、自転がはやくなってるのでぁ!?とか思います(思いません)


s-IMG_9499.jpg
そんななか、FD2・シビック タイプRにセキュリティ取り付けてたり
オーディオ取り付けてたり(^^♪

なんか、他店で「FD2はイモビの関係でセキュリティが付けられない」とかなんとか。

???????

いや、普通に取り付けできますけれども。



s-IMG_9501.jpg
以前からお使いのオーディオを載せ替えです(^^)

Bitoneのコントローラは、「ここに付けて!」と言わんばかりの
絶妙な空間が用意されています。



s-IMG_9502.jpg
スピーカーは、ボストンProの5インチ。

ウーファーはドアインナー、トゥィーターはAピラー加工でそれぞれ取り付け。
スッキリとしたデザインで、飽きが来ませんね~。

あとは、ラゲッジにウーハーとシート下にアンプのシンプルな取り付け。
純正ナビのダレダレな音質にガッツリと喝を入れてやりました(^^)



s-IMG_9497.jpg
同時に、BMW・E90にバックカメラの取り付け。

純正モニターにカメラ映像を割り込ませられるので
イメージを一切損ないませんし、進路予測タインも使えます。

トランクリリースノブ一体の埋め込み型カメラが使えますので
リアビューもスッキリとした仕上がりになります。

後付け感が一切なく、機能のみグッと向上させることができます(^^)

レアなクルマが続きます~

個人的に、ホントに買おうかどうか悩みまくったんです・・・シトロエン・C6。

s-IMG_9494.jpg
このお世辞にもカッコイイとはいえない、圧倒的過ぎるデザイン!!
ジワジワキマス!!!

ジワジワキマクリヤガッテマス!!


s-IMG_9493.jpg
特に印象的なのが、このリアガラスですよ!!
なんなんでしょうか!?このデザインは!!

ジワジワキマス!!
じわじわキマクリヤガッテマス!!


s-IMG_9484.jpg
今回の作業は、オーディオのグレードアップです(^^♪

純正デッキはそのままに、Bit-tenDを追加し、DEH-P01の
純正アンプで鳴らしています。

DRCと呼ばれるコントローラは、ステアリング下の小物入れにスッキリと。
純正オーディオや、デジタルラインの切り替えがワンタッチで可能です。


s-IMG_9485.jpg
オーディオテクニカのデジタルトランスポートを使って、
iphoneからデジタル信号を取り出します。

Bit-tenDで精密に調整してありますので、純正オーディオもビックリするぐらい
音が良くなっていますが、デジタル入力時は格別です(^^)


s-IMG_9488.jpg
DLS・RS6.2をそれぞれ純正位置に取り付け。

完璧なYN仕様ですが、音質の変化は相当なモンです。
純正スピーカーもJBLが採用されていますが、比較になりません( ̄ー ̄)


s-IMG_9486.jpg
サイバーナビのオンダッシュが、標準装備されていますが・・・
さすがに、もう古くなってきましたので最新のポータブルナビに交換しました。

我ながらビックリしましたが、詳細な位置合わせだけで「ほぼ」無加工で取り付け可能です。
ちょいとばかり問題がありますが、そのあたりはヒ・ミ・ツです(^^)


s-IMG_9490.jpg
もともと、社外品のバックカメラがついていましたが、あえて交換しました。
オーナー様的に、貼り付けカメラが気に入らなかったのですね~。
しかも、カメラのケーブルが、いろんなところに露出してたり(^^;

今回もエイタックさんとこのバックカメラを取り付けました。
勿論、ケーブルの露出は皆無です!

ポータブルナビでも、パナソニック・ゴリラはバックカメラに自動で切り替わります。
リアビューもものすごくスッキリして、大満足なのであります!!

クルマもカッコイイけど、名前もカッコイイ!!

めちゃめちゃ激レアなクルマを紹介です!!
ランドローバー・ディフェンダー90のKAHN コンプリートでっす!!

s-IMG_9432.jpg
オーナー様曰く。
でっかい軽トラ、とのこと(-_-;)

や、そんなコト余裕がなければ言えませぬ・・・。

しっかし、この類のクルマは好きな人にはたまらんのでしょうねぇ・・・。



s-IMG_9431.jpg
新型サイバーナビ・VH-0099をインストールしました(^^)

現存する唯一のインダッシュタイプのナビ・・・・。
ヤリにくい世の中になったもんだねぇ・・・。

この型のディフェンダーさんなら、パネル加工で2Dinナビも取り付けが可能ですが
完全に純正に戻せるインダッシュがオススメですね~。

ナビ本体は、助手席前の小物トレー部に、パネルを用いて取り付け。
本場イングランドのカスタム市場には、いろんなパーツが出回ってます( ̄ー ̄)

エアコンパネル下の「KAHN」のエンブレムが誇らしげです!!



s-IMG_9428.jpg
ナビ部は、こんな感じです。

アシストグリップのツィード巻きは、KAHNコンプリートのオリジナルです。
ちょいとグイグイ来てますね!!>ツィード+本革



s-IMG_9427.jpg
バックカメラは、この位置がベストじゃないでしょうか??

強固なリアバンパーの中ですし、水も土もかかりにくいのです。
しかも、サイバーナビ専用カメラですのでガイドラインの設定が豊富に可能です。

バンパーも、タイヤも見切れてませんが、接近警告ラインを巧く設定してやれば
壁ギリギリまでのバックも余裕です(^^♪

リアウィンドーウォッシャー付近だと、視野は広いのですがタイヤが邪魔で
死角も多いのです。
あと、ナンバー灯部への埋め込みも可能ですが、
夜間のハレーションがヒドイのです~。

ちょいとケーブルが見えちゃってますが、極力、穴開け加工をしたくなかったので(^^;
絶対サビてきます、こ~ゆ~クルマは。



s-IMG_9429.jpg
じゃーーーーん!!

めちゃめちゃカッコイイシート!!
使い古された素材のツィードですが、パンチング+ダイヤキルトの
この組み合わせは参考(パクリ)にしたいですね~。

リアシートは勿論のこと、センターコンソールや、
ステアリング(オリジナル)も巻き替え済みです。


s-IMG_9425.jpg
補強用のロールバーにも、ツィードが巻かれてたり(^^♪

画像にはありませんが、各部グリップ部も同じようにツィードが巻かれています。



初めての作業でしたので、いろいろとイイ経験させていただきました!!
同時にセキュリティーも取り付けたのですが・・・。
配線の加工と処理がめちゃ大変(-_-;)
通線もシビアですし、とにかく、線を通すトコロがない。
これも、また滅多にできないイイ経験です。

うちを信頼して、クルマを置いて帰っていただけるコトに感謝です。
ありがとうございました。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10