ドレスアップで意外と忘れがちなのが・・・。

RKステップワゴンのラゲッジを作成しました~。

s-IMG_9015.jpg
ぬぅ・・・こうやって見ると、全くの別物のクルマに見えますねぇ・・・。



s-IMG_9009.jpg
ほい。

ドレスアップ的に定番の、ロックフォードのユニットをチョイス。

サブウーファーを中心にシンメトリーなレイアウトが好印象です。
飽きがこないデザインで長く愛用していだけるのではないでしょうか??


s-IMG_9013.jpg
カバーをすると、ご覧のとおり。
全くの純正風に早変わり(^^♪

勿論、荷物を積んでも大丈夫です。


s-IMG_9010.jpg
さらに!!

LEDの間接照明もちゃんと装備。
ナイトシーンでは俄然映えますね!

s-IMG_9011.jpg
実は、マルチカラーのLEDだったりします(>_<)

リモコンで自由に色が変えられますし、明るさも調整できたりします。
通常のLEDよりも割高にはなりますが、普通と違う主張をしたいのならば、アリ、かもです。

どろろん♪どろろん♪ヴェルファイア~♪(ドロロンえん魔くん風)

実質、ミニバン界の覇者たるトヨタ・ヴェルファイア。

s-IMG_9001.jpg
かなり、イイ具合にローダウンしちょりますが( ゚Д゚)

車両乗り換えに伴い、スピーカーの交換を行いました。



s-IMG_9003.jpg
ミニバン的にスタンダードなのは、ALPINEのBigXかと思いますが、
僕なら迷わず音で選びます!!

ナビは無いと困りますが頻繁に使うものじゃないですし、
地デジもDVDもドライバーが凝視するのは危険極まりなし。

となると、必然的に優先されるのは自然と耳に入ってくる「音楽」

ナニを重要視するのかは、その人のライフスタイル次第ですが、
「音質」を最優先したサウンドナビはその最右翼ではないでしょうか??



s-IMG_9004.jpg
以前使われていたロックフォードのパワーシリーズから、
FOCAL・165KRX3に大幅なバージョンアップです!!

オーナー様も、そのあまりの質感の違いに大喜び(^^♪

それに、この圧倒的な存在感は他にないですよね~。


s-IMG_9006.jpg
ウーファーはドアインナーでインストール。

純正グリル越しにイエローのい鮮やかなコーンがチラ見え(^^♪



s-IMG_9007.jpg
チェロキーでお世話になっている、Y様からうれしい差し入れ(>_<)

フルーツ満載のロールケーキ!!
女子力の高い僕にピッタリです!!(めっちゃオッサンですが)

ありがとうございます~。
晩御飯においしく頂きました!!!

これぐらいのサイズがちょうどイイ、個人的に!

今に始まったコトではありませんが、モデルチャンジの度に大きくなっていきますよねぇ・・。

個人的に小さいクルマがすきなので、
この世界も少しばかり住みにくくなってきましたねぇ(どこの世界の人??)


s-IMG_8995.jpg
そんな世知辛い世の中の救世主!?

メルセデス・CLAでございます。
以前作業したシルバーと随分イメージが違います・・・。

ひとことで言うと、めっちゃイカついです、ええ。
まぁ、どっちもカッコイイからええんですが!



s-IMG_8998.jpg
今回も、写真の撮り忘れがヒドイ・・・( ゚Д゚)

これまた人任せにしてた自分のミスなんですが。


気を取り直して。
純正コマンドシステムには手を加えずに、音質面での大幅なバージョンアップ!!

たばこを吸わない、ヘルシーなそこのあなた!!
ぜひオススメしたいのであります!!


スピーカーは以前からお使いの名機、FOCAL・165K2Power。
めっちゃギリギリですが、インナーでインストール可能です(^^♪
トゥィーターも純正位置に取り付け可能なので、完璧なまでのYN仕様が目指せます。

デッキ?
そこは、それ。

多少の説得はお願いします!!(>_<)

MEGANEって書いてメガーヌと読む。MAYUGEって書いてもやっぱりまゆげ。

外観の画像を撮り忘れているとか・・・人任せにしちゃった僕のミス。

s-IMG_8993.jpg
この画像からも判るように、鮮やかなイエローのメガーヌRS。

今回は、スピーカーのインストールです(^^♪
純正スピーカーは薄型の13㎝なので、アウターバッフルを作成して
PHDの16cmユニットをインストールしました。

お馴染みになりましたが、カーボン調の生地を利用して
まるで純正オプション化のような仕上がりになっています(^^)



s-IMG_8987.jpg
アップにすると、さらにカーボン調生地の質感がハッキリわかります。

ほぼ純正!!といっても良いぐらいの違和感の無さですね~。
これなら、質感に拘る方も安心できるのではないですか???



s-IMG_8986.jpg
ミラー裏のカバー部分に、トゥィーターを埋め込み加工。

さりげなく、でも確実に他とは違うこの優越感!



s-IMG_8992.jpg
クラスターパネル下、OBDカバー付近の空きパネルを利用して
ipodケーブルのコネクタを埋め込み。

ぶっちゃけ、メガーヌって小物入れの類がビックリするくらい無いのです。
グローブボックスも奥行きこそありますが、国産車に慣れた人が見たら
お口ポカーンですよ、マジで。

こんなちょっとした空きスペースに、ちょっとした工夫で
使い勝手も良くなるのです(^^)

復活の狼煙が上がるか!?アコード

今のアコードは「超アコード」とか言われてますが。
次期アコードは「激アコード」とかなんですかね???

もしかすると「アコー弩」かもですが。


s-IMG_8980.jpg
そんなわけで、新型のアコードにオーディオインストールです(^^♪

それにしても、随分と精悍な面構えになったもんですねぇ・・・。
自分の中でアコードといえば、リトラのアコードだったりしますが(^^;



s-IMG_8982.jpg
まるで埋め込み加工したかのようなトゥィーター取り付け部。

ドンピシャにも程があるほどのドンピシャっぷりを披露してくれた
純正ミラー裏パーツですが。
全くの無加工でこれほど、DLSのトゥィーターが似合うとは・・・。



s-IMG_8981.jpg
ドア全体はこんな感じです(^^)

スピーカーはウェルカムプラン適用のDLS・RS6Nをチョイス。

薄型ウーファーは、取り付けられるクルマが多いですし、
若干の鳴らしにくさはあるものの、やはり音がイイのが決め手ですね~。


s-IMG_8983.jpg
A/C操作部下の灰皿を撤去して、DEH-P01を取り付け。

視認性も良く、操作性も問題ありません。
灰皿部は、丸ごと撤去してあるので100%完全に純正状態に戻せます!!



s-IMG_8984.jpg
ちょいとアップにしてみました(^^)

勿論、常時ガイド音声も利用できますし、AUX利用で純正オーディオも楽しめます。

このアコードもそうなんですが、ホンダのクルマは比較的
純正オーディオの具合がよかったりします。

や、スピーカーの質は相当アレですが(-_-;)


今回のインストールでは、これでもか!!ってぐらい良くなりました。
音にグッと厚みが増し、目の前にパァーーーっと音場がひろがります。

FIT3もそうでしたが、最近のホンダはオーディオベースとしてアリですね!!

強烈にキツっいオーディオカーができました!!

BMWの誇る最新鋭クーペ 435i。
勿論、弩新車ですが・・・ガッツリにも程があるハイエンドシステム!!

s-IMG_8974.jpg
グリルのスモークペイントや、各部ダクト内メッシュ部を
ピアノブラックにペイントするなど細部のディテールにも拘っています(^^♪

フェンダー横の「プ」部はあえてブラックで残すあたり絶妙ですね~。

画像ではわかりにくいのですが、3Dデザイン製のエアロも装備してあります。
ホイールはフォージアートの21インチ・・・近づきたくないです・・・( ゚Д゚)



s-IMG_8975.jpg
ドアの完成画像です。

4シリーズのオーナー様なら、この圧倒的な質感とデザインが
よくわかっていただけると思います。

純正に備わっている無駄にでっかいポケットを全て潰して
ドア全体の7割程度を造り替えています(^^)



s-IMG_8977.jpg
ミラー裏にトゥィーターを埋め込み加工し、
Aピラーにスコーカーを埋め込みする音質最優先のインストールです。

Aピラーの生地もBMW純正の独特な質感に極力沿うものにしています。


画像からも、このクルマの圧倒的な質感が伝わればいいのですが・・・。



s-IMG_8978.jpg
RS-D7XⅢはこの位置に設置。

ワンオフパネルを作成し、リスナー向きに若干スラントしています。

iドライブコントローラ部や、シフトノブ周辺、メイン吹き出し口部の
微妙なシルバーパーツもキャンディーブラックでトーンを落として
独特の凄味を演出しています。


弩新車にも程がある弩新車、しかも最新鋭のクルマを
「ポンっ」と置いて帰って頂ける・・・。

ここまで信用していただけるのは本当にありがたいコトです。
置いて帰るオーナー様も相当なモンですが(-_-;)




拘りすぎて、納期がとんでもないコトになり大変お待たせしましたコトを
お詫びします。

ですが。

とにかく誠実に期待を決して裏切らないデキになったと自負しております。
ありがとうございました!!!

自分的に、オデッセイといえばアポロ13の司令船・・・

映画の話で恐縮ですが、ジーン役のエド・ハリスがかっこよすぎます。


s-IMG_8963_20140218210356f92.jpg
かっこいい繋がりで、高い完成度を誇るオデッセイ。

無限のフルキットに身を包み、各部ブラックアウト化、メッキレス化と
丁寧でセンスのいい仕上がりです。



s-IMG_8964.jpg
パイオニアのPRSシリーズ3wayを装備するこのクルマ。

ドアはカスタムグリルのアウターバッフル。
保護グリル越しにLED照明が見えます(^^)



s-IMG_8965.jpg
Aピラーに、スコーカーとトゥィーターを埋め込み加工。

なるべく突出しないようにスッキリとした取り付けを心がけています。



s-IMG_8966.jpg
灰皿下のわずかなスペースを利用して、DEH-P01をインストール。

外部入力で純正オーディオの音ももちろん聴くことができます。
ナビのッガイド音声も常時利用可能です。



s-IMG_8967.jpg
ラゲッジサイドにサブウーファーを埋め込み。

ここもフロントと同じく保護ネット越しに光ります(^^)
サードシートも問題なく収納できますよ~。


新型が発売されたとはいえ、まだまだ人気のクルマです!!
いろんな取り付けができるので、お気軽にご相談ください!!



s-IMG_8961.jpg
閉店後に訪れた弩エロイ「500E」

画像では紺色に見えるかもですが、実際は紫だったりします(^^;
このクルマにガッツリハイエンドを組むのです!!

まだ作業は先になりますが、こうご期待!!です!!



s-IMG_8962.jpg
いつものアレです(-_-;)

AVカンサイの日常といっても華厳の滝ではナイアガラの滝的な加工、
DEH-P01(RS-D7XⅢもね)のフェイス分離加工であります。

しょっちゅう行っているので、手慣れた作業ではありますが、
フェイス側の端子は、恐ろしくクリアランスが狭いうえに
非常に熱に弱い端子が何か所か・・・。


そして、木曜から入庫するクルマも同じ作業が待っているのです(>_<)

震えるぞ右腕(ダメです)燃え尽きるほど老眼鏡(ダメです)
と、気合いをいれて作業するのです~。

忘れられない名台詞ランキング!!

ランキングと言いながら、一個だけなんですが。

古~~~~~い軽トラ「ポーター」の荷台に、恐らくオーナー自身の手書きで


「いつかはクラウン、いつまでもポーター」


がんばれとしか言いようがありません。


s-IMG_8949.jpg
ポーターのオーナーさんじゃなくても憧れる、新型クラウン・アスリート。
しかもハイブリッドであります(^^)


どう考えても高級車のカテゴリーに属するクルマなのですが・・・。

「ビックリするくらい音が悪い(オーナー談)」
「ワゴンR純正の方が6億倍マシ(オーナー談)」
「高級車でもオーディオが高級ってわけじゃないコトを教えられました(オーナー談)」

・・・・・・。
・・・。

そこまで言う!?ってぐらいの不評っぷり(^^;



s-IMG_8942.jpg
今回は、ドアインナーでFOCAL・165WRCをインストールしています。

純正オーディオのシステム的に、普通に交換できるグレードもありますが
如何せん純正デッキ+アンプのデキがいまいち・・・いまに・・・。


それらを生まれ変わらせるのが!!
s-IMG_8945.jpg
オーディオプロセッサーのBitone。

センターコンソール内に、簡単なワンオフパネルを作って
コントローラを設置してあります。

ワンタッチで各種プリセットの呼び出しや、サブウーファーのボリューム等が
手元で変更できるので至極便利なのです(^^♪



s-IMG_8940.jpg
Aピラーには、トゥィーターを埋め込み加工。

独特な形状のトゥィーターですが、スッキリとした取り付けを実現しています。
極力質感を損なわないように細心の注意が必要です。



クラウンアスリート ハイブリッドの音が、まったくの別物に生まれ変わりました!!
ボヨボヨの低域、カラカラの中域、チキチキの高域だったのが嘘のようです。

オーナー様にも「これは感動やなぁ・・・」とうれしい言葉をいただきました。


その後、自宅ガレージでオーディオを聴くためだけに
何時間もクルマにこもってしまうそうです(^^;

嬉しいですが、家族的にも健康的にも若干の問題がありそうです(*_*;


純正の質感をほとんど損なうことなく、圧倒的な高音質を手に入れる。
しかも、サラウンドやハンズフリー等の機能もなにひとつ失わずに。

「これでようやく、ホントの高級車になったわ」




それでも、ガマンして純正を使い続けますか??

CMみたいに変形するならマジで買ってた!!

トランスフォーマー的なスタイリングではなく、
どちらかというとモスピーダもしくはメガゾーン的な変形ですが。

s-IMG_8925.jpg
22インチのアルミ、8ポッドキャリパ、ECU書き換えと
相当にアグレッシブなデュアリスであります(^^♪



s-IMG_8939.jpg
純正ナビにヘッドユニット・RS-D7XⅢを追加しています。
ワンオフでのパネル加工が必要ですが、スッキリとインストールが可能です。

純正ナビ無し車でも同じような加工が可能ですので、
デュアリスはデッキ周りの自由度が高いと言えますね~。


s-IMG_8932.jpg
ラゲッジ、どーーーーーん!!

BRAXの誇るハイエンドアンプ・MATRIX X4を2台!!
比較的リーズナボーでも質感高い鳴りっぷりのハーツのサブウーファー!!
カバーの下に隠れて見えませんが、キャパシターもしっかりと装備!



s-IMG_8937.jpg
フロントスピーカーは、ETONのフラッグシップ・MGSの3wayです(^^)

ドアアウターで強固にウーファーを固定。
デザインもさりげなくて好印象です。



s-IMG_8927.jpg
ドアミラー裏に、トゥィーターを埋め込み加工。
Aピラーにはスコーカーを埋め込んであります。

8cm程度の大きめサイズのスコーカーですが、実にスッキリとした取り付けです。
視界もほとんど妨げません。


肝心の音の方ですが、これはもう言わずもがな。
今回は少し優しめのセッティングにしていますが、バツグンの定位、質感、鮮度感と
どれをとっても文句のつけようがありません。

BRAX+MGS、絶対的な安心感を誇る組み合わせです!!




さてさて。
本日は、オートメッセの搬入日。
朝から、超バタバタ!!!!なんですけど!!

先程、全部の作業が無事完了しました。

14,15,16の3日間、南港インテックス大阪・6号館でお待ちしております!!
暇を持て余した午後のひと時を、インテックスで過ごすのオツなものかもです!!

FIT3とか、ダイターン3とか、ザンボット3とか。


や、後半の二つは今回の記事とは一切関係ないんですが。
「3」繋がりってことで、ひとつ。

そんなわけで。
s-IMG_8933.jpg
今回は青じゃなくて、黒のハイブリッドであります~。



s-IMG_8934.jpg
まいどまいど同じナビの画像ばっかでスイマセン(-_-;)

だって、バカ売れなんですもん!!
ほんっとに、最近はZ80ばっかり取り付けてますね~。

少々高額ではありますが、実際にこの音を体験してもらえば
絶対に納得してもらえます。
まさか・・・ナビヘッドでこれほどの音が聴けるとは・・・の想像できない世界です!!



s-IMG_8935.jpg
ホンダ純正のアウターバッフル(^^;

音の抜けは悪いですが、見てくれは悪くないですね!
スピーカー周辺が青く光る演出もあるので、好みで選択してもイイと思います。

FIT3は、前のモデルに比べてドアの出来が全然イイので
シンプルなシステムでも音質の差がハッキリ体感できますよ。



s-IMG_8936.jpg
今回のスピーカーはDS-G20をチョイス。

やはり、と言うべきか当たり前と言うべきか・・・抜群のマッチングを誇ります。

FIT3は、ダッシュの形状も結構イケてるので、G20のマウントを利用した
ダッシュポン置きでも、見栄えを含めても全然アリだと思います。


シンプルながら、その音質には目を見張る(耳?)モノがあります。
コストを低く抑えながら、音楽にドップリ浸るコトができます~。

レガシィはレガシィでも、普通のレガシィとはちょと違うッ!

遠路はるばる、名古屋からお越しいただきました!!
ありがとうございます!!!

s-IMG_8924.jpg
レガシィのヘビーデューティー仕様、アウトバックの弩新車です(^^♪
これまた、ボディーカラーが渋すぎです。



s-IMG_8914.jpg
サウンドナビ・Z80Premiを取り付けました。

高級感のあるフェイスパネルが、車両の質感の底上げを可能としています。
圧倒的にもほどがあるほどの高音質と共に、大人気のナビです!!



s-IMG_8915.jpg
じっくりと試聴していただいた末、DIATONEのDS-G50に決定しました。
ダイレクターリングの装着時は、バッフル面のスペースがギリギリになりますので
デザイン、インストール共に一気に難易度が上がるのです(^^;

苦労の甲斐あって、非常にスッキリした高強度のバッフルになりました!!



s-IMG_8918.jpg
Aピラーにトゥィーターを埋め込み加工。

レガシィは、ミラー裏を利用するケースが多いのですが、
今回はあえてのピラーであります。

ステージの幅や、つながりがどうだろう?とか最初は危惧してたのですが
実際の出音は全く問題ありませんでした。

やはり、レガシィは音響的に優れたクルマですね~。


納車時にバタバタしてしまいまして、本当に申し訳ございませんでした。
いろいろとご迷惑おかけしましたこと、お詫び申し上げます。

エージング終わったら、またドライブがてらお気軽にお立ち寄りください(^^)
お待ちしております!!

「アビス」と「キューブ」は何故かついつい観てしまう・・。

記事とは全然関係ない話なんですが・・・。

昔(割と大昔)正月の夜中に「アビス」って映画が良く放映されてたんです。
全然、観る気なくても、チャンエルをガチャガチャ回し(!)てたら、
何故かいつも、最後まで観てしまっている自分がいたり。

同じく、「キューブ」もよく放映されてましたよね~。
これもまた、観ちゃうんです、何故か。


s-IMG_8901.jpg
そんなわけで、キューブ!!



s-IMG_8902.jpg
以前からお使いのDEH-940に追加で楽ナビを取り付け(^^)

や~、やっぱキューブの無加工3Dinは素晴らしいですね!!
超使いやすいのですよ~。


s-IMG_8903.jpg
今は亡き、BOSTONの名機・SC-60も装着済み。

ドアインアーとダッシュポン置きですが、バランスのいいサウンドです。
やはり、フロント2WAYフルマルチは素直で飽きがこないですね。


勿論、DVDやDTVの音声もデッキ経由で聴けるので
バランスのいいサウンドが楽しめます(^^)

ガイドスピーカーを別に設置しているので、ナビ音声も常時使えます!!

嗚呼、便利にもほどがある!!

NはNでも、普通のNとはちと違うっ!

車名の後ろに「+」が付いただけと思われがちな、
N-BOX+さんですが・・・。

s-IMG_8896.jpg
むぅ・・・。
確かに、前から見てるとナニも変わらない・・・。



s-IMG_8886.jpg
ラゲッジはこんなコトになっていたりします!

各種カバー兼ボードの組み合わせで、多彩なアレンジが可能なのです~。
標準のN-BOXさんは、「猫の額」も真っ青なほど狭いラゲッジが特徴なのですが
N-BOX+さんはずいぶんと余裕がありますね~。

・・・とは言っても、サブウーファーとアンプでもう一杯一杯ですが(-_-;)


アクリル越しに見えるユニット達に、圧倒的な優越感を味わえますね!!
カーペット製のカバーを乗せれば、荷物を載せるコトも可能です。



s-IMG_8889.jpg
光ってみたり!(>_<)



s-IMG_8894.jpg
今回の選択したユニットは、FOCAL 165WRCのアクティブモデル。

このユニットの音に弩ハマる人、結構多いのですよ~。

トゥィーターは今回はミラー裏に埋め込みしました。
ワイドレンジなトゥィーターですが、つながり重視の結果です。



s-IMG_8892.jpg
ウーファーはドアアウターでインストール。
シートカバーに差し色で「赤」が入る予定なので、
この部分にもちょっとだけ「赤」をあしらってみました(^^)

確実な音質UPに貢献しつつも、大げさにならないこのアウターは
N-BOX的にアリじゃないでしょうか??


他にもいろんなバリエーションがありますので、
お気軽にご相談ください!!

なんと10日ぶり!?

ご無沙汰しております~。

いや、僕の安っぽいプライドの為に断言しておきますが、
さぼってたわけではございません。ええ。


ここだけの話(なんで?)

先週の木曜からインフルエンザを患っておりましたのであります!!
体温計に燦然と輝く「39.6℃」に、愕然としておりました・・・。

いや、マジできつかったです。
・・・まだ呼吸がしにくかったり、頭痛かったり、微熱があったりで
全然スカッとしないのですが・・・そんなコトも言ってられない会社勤めのこの悲哀。



s-IMG_8872.jpg
一週間ほど前の納車ですが(-_-;)

BMW・Z4にいろいろとインストールです。



s-IMG_8876.jpg
最近のBMWは、レーダーの設置場所に頭を悩ませますが、
Z4ならこの場所が一番無難なのではないでしょうか?



s-IMG_8874.jpg
いつものように、バックカメラを埋め込み設置。

車体のセンターに取り付け可能ですので、画像の歪みが少なくできます(^^♪
ギリギリですが、ナンバープレートが見きれますので、バックの際に参考にできますし。



s-IMG_8879.jpg
弩定番です、ベロフのイカリングに交換。

明るさもさることながら、特筆すべきはその信頼性ですよね。
綺麗な「白」に輝きます(^^)

同時にヘッドライトもケルビン数合わせを行っています。



画像にはありませんが、テレビキャンセラも装着。
DTVもDVDもナビもすべてが走行中でも使用可能になります。

ナビの測位精度もほとんどかわりません。
BMWオーナー様にはオススメの逸品であります!
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10