ウィンカーポジションキットは・・・ねぇ

s-IMG_7518.jpg

ちょっとヤンチャなトヨタ ブレイド。
マフラーは左右4本だしでキメております(^_^)v

s-IMG_7520.jpg

ヤンチャな外装に似あわず、オーディオは本気です。
スピーカーは全てドイツのETONで武装。
フロントはアドベンチャーA1-160SG + MGS3-401の3way
ウーファー部は、アルカンターラ巻きのアウターバッフル。
質感もバツグンに高いのです(^_^)

s-IMG_7522.jpg

僕的には、絶対ドア上部がイイ!!って説得してたんですが・・・叶わず。
ど~~~~してもドリンクホルダーは、譲れないそうです・・・すんすん。
そんなわけで、Aピラーにスコーカーとトゥィーターをダブル付け。
取り付け位置とデザインのギリギリの両立ができたと思います。

s-IMG_7524.jpg

ラゲッジには、PRS-A900とETONの12-630HEXを装備。
アクリルの装飾が非常に美しいのです。
勿論カバーもありますので、荷物の積載も問題ありません。
↓こんな感じです(^_^)
s-IMG_7523.jpg

クルマは怖そうですが、オーナー様は超紳士です

s-IMG_7480.jpg

店舗前駐車場に停めてあると、道行く人が必ず振り返るクルマ、
それがポルシェ パナメーラ。
圧倒的な存在感を放つ、このクルマにガッツリハイエンドオーディオ!!

s-IMG_7491.jpg

デッキ周辺は、パネルをワンオフで作成しインダッシュモニター P900DVAと
CDトランスポート RS-D7XⅢをインストール。
純正はエアコン吹き出し口がシルバーで、デッキパネルが半ツヤの黒仕上げ。
質感がどうにも気に入らないとのコトで、全体をシルバーでペイント後
キャンディブラックを数回重ねています。
奥行き感のある重厚な仕上がりになりました(^_^)

s-IMG_7498.jpg

ウーファーはドアアウターでガッチリとインストール。
極力、フラットに収めるようにしながらも、上を向くようにしました。
勿論、普段はサランネットのグリルで保護もバッチリです!
デザインも秀逸です。

s-IMG_7494.jpg

トゥィーターベースは、全くの新規で作成してあります。
極限まで小さく仕上げ、デザインを揃えることで、
あくまで純正と言い張れるほどの質感を得ました。

これなら、ディーラーの人間にも気付かれないかもです(^_^)v

仕事車にも、勿論ナイスオーディオを!!

s-IMG_7513.jpg

一番長く乗っているクルマにこそ、
最高に気持ちよく聴けるオーディオを。

あたりまえのようですが、なかなか実践できずにいてる人が多いと思います。
クルマの構造的に難しい場合や、ど~せイイ音になんかならへんやん??
って、思い込んでいる場合。

まずは、お問い合わせください。

s-IMG_7509.jpg

たとえば、ハイエースのピラーだとこんな感じで埋め込みも可能です。
スッキリとしていながら、確かにそこにある存在感。
他のハイエースとは違う優越感。

ドアは、ペットボトルホルダー部にアウターバッフル化するのが理想ですが
純正位置でも、ノーマルとは比較にならないくらい音質は改善します。

諦める前に、お気軽にご相談ください(^_^)

避けて通れない急な呼び出し(実は少し嬉しい)

s-IMG_7515.jpg

急な呼び出しの主のクルマ、これから有名になるであろう86です。
オーディオのみならず、外装も相当に気合の入った一台。

パイオニアXコンテストで名を馳せる、福岡の板井さんが来店されました。

そして、向こうにみえるX5が、呼び出される相方さん(>_<)
今日、僕仕事ですよ?しかも、売り出しですよ?
とか、いいながら少し嬉しそうだったり。

・・・ツンデレ??


絶好調!! DS-G50

s-IMG_0832.jpg
いつもお世話になっています、O様のセレナがまたパワーアップしました!!
ありがとうございます!!!

しかも!
わざわざ、僕にお土産を持ってきていただいたついでに、
お買い上げいただきまして、感謝のことばもありませぬ・・・よよよ。

「ついでに」買っていただいた賞品が、DS-G50ってのがスゴすぎですが!!

s-IMG_7465.jpg
ドア画像です。
スピーカー取り付け位置がドア最下部なので、グリルでの保護は必須です!
以前は、インナーバッフルでの施工でしたが、せっかくのDS-G50ってことで
思い切ってアウターバッフルでのインストールです。
インナーで感じていた不満は、ほぼ解消されました!!

s-IMG_0837.jpg

デッキ周りはこんな感じです。
サブモニターとして、ALPINEの8ワイドを取り付けてあります。
通称もみじステー(自分の中だけかも・・)も、ちゃんとカバー作成してありますので、
外から見られてもすっきりと美しい仕上げとなっています。

s-IMG_0857.jpg

ラゲッジは、全てロックフォードで統一してあります。
今となっては、SW-G50が理想だと思いますが・・・(^_^;)
それでも、ロックフォードのユニット群はラインナップが豊富で、比較的リーズナブルなので
造り込みする際には強力な味方となります。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10