ホンダ買うボーイ。

懐かしすぎる・・・。

ビリージョエルの歌声が印象的だった、初代CR-V。
僕も乗ってましたね~、初代。

毎週のように雪山に通ってた思い出。



C-RV audio (1)
いや、ここまでまったく面影なくさなくてもイイんじゃないの!?

ってぐらい、名前しか引き継いでいない感あふれる、新型CR-V。
ちょいとブルドッグ気味なのは、昨今の流行りなのでしょうか。

そして、随分見ないうちに…大きくなったねぇ・・・。
思わず、孫を見守るおじいちゃんの気分に。


さてさて。
新型CR-Vさんにオーディオインストールしちゃいますよ~。



C-RV audio (5)
はっきり言って、この車格に似合わない、今更7インチナビ。

しかも全車標準・・・・。
ダッシュボード全体の造形はシンプルで質感高く、
最近のホンダの中では出色のデキ。

なのに、なぜに・・・
もうどうせ標準にするんなら、9インチモニターとかの一体モノでいいのに。

そして、この時まだ僕らは、この純正ナビの恐ろしい罠に気づくべくもなく・・・。



C-RV audio (3)
シガーソケットは使えなくなっちゃいますが、
この位置がDIRECTORにはうってつけ。

視認性、操作性共に抜群であります!
しかも、センターコンソール肘掛内にシガーソケットはもう一つあります。
ここが一個なくなったって大勢に影響なし。
うむ。



C-RV audio (4)
メインとなる音源は、今や常識、ソニー・ウォークマン。

や、ウォークマン限定ってわけではなく、いわゆるデジタルデバイスです。
これで聴いてる限りは、純正なんかと比べる気にもならない
圧倒的過ぎる高音質化が望めます。



C-RV audio (2)
新型CR-Vの純正スピーカー設置位置は、
通常よりも少し高い位置にあり、こいつはオーディオ的に有利に働きます。

奇をてらうことのないドアの造形もホント、好印象。


スピーカーは、モレル・ハイブリッド603カスタム。
柴野さんと愉快な仲間たちに、相変わらず無理ばっかり言って
有りもしないシステムを無理やり構築させています。

ごめんね。
いつもむりばっかり言って。
でも、それに応えてくれる、そんなあなたにラブ注入(古っ)

まあ、無理聞いてもらえるぐらい、売ってるっちゃぁ売ってますからね!
と、最悪な開き直りっぷり。



C-RV audio (6)
ミラー裏にトウイーター、Aピラーにスコーカーをそれぞれ埋め込み加工。

純正然とした、非常にスッキリとした取付。
精度、質感ともに抜群に高いのであります。

厳密に向きと角度、面合わせを行って取り付けています。


フロント3WAYに加えて、ポン置きサブウーファーのフルシステム。
これらを、アンプ内蔵プロセッサーHELIX・P-SIX2で緻密に調律。


納車時の試聴でもオーナーさん、お口あんぐり。

  「なんすか!?これ!?」

  「こんなにも違うもんなんすか!?」

  「最高すね!!!!」


こんな時僕は、心の中でリトル修ちゃんと小さくガッツポーズをするのです。












と、ここまでは良かったんですが・・・。

純正オーディオの狡猾な罠にまんまとハマってしまいました・・・。

詳しくは書けませんが、今後の宿題に間違いありません。
ごめんね!!


そんな時代もありました・・・。

そうなんですよ、僕も昔はCR-Vに乗ってたんですよ~。
・・・初代ですが。

その当時は、バカみたいにスノーボードばっかり行ってました(^_^)v
optionのボードとnorthwaveのブーツがお気に入り。

s-IMG_7228.jpg
こちらは最新のCR-V。
恐ろしく洗練されましたねぇ・・・。
初代の汗臭いイメージは完全になくなっておりますなぁ。

s-IMG_7230.jpg
純正位置に楽ナビを設置し、上部の小物入れにワンオフ加工でDEH-P01を取り付け。
純正パーツは取り外してあるので、一瞬で純正に戻せます(^_^)v

ステアリングリモコンもシミュレートしてあるので操作性もばっちりです。

s-IMG_7233.jpg
画像がアレで超わかりにくいんですが・・・・。
バックカメラもガーニッシュに埋めこみ加工してあります。

s-IMG_7229.jpg
スピーカーはFOCAL 165KRをチョイス。
ドアインアーとミラー裏加工でインストール。
もともとお持ちのJLオーディオのサブウーファーを
ラゲッジにポン置きボックスで設置。

シンプルなシステムですが、さすがのFOCAL。
とっても楽しめるシステムに仕上がりました(^_^)v
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10