だからワザとですってば

まだまだ続くスバル車ラッシュ!

そういえば、トヨタ・ラッシュってクルマありましたよね???
ややこしいな、スバル車ラッシュとかトヨタ・ラッシュとかハニーフラッシュとか。

もっとややこしいのは「トヨタ・ラッシュ」の作業が立て続けに!
トヨタ・ラッシュラッシュ。



さてさて。

ついにと言うか、やっとと言うか、ようやくと言うか。
僕もいよいよ他所のブログで
「祝!修ちゃん退院記念!!」
って記事を書いてもらえるような存在になりました。

これはもう神と名乗っていいですよね( ̄ー ̄)
修ちゃんが教祖だから、その名も修教。
くっそ胡散くさい似非新興宗教臭がプンプンしやがってますが。

どう考えても信者ゼロ。



s-IMG_3875.jpg
今回のクルマはまたしてもスバル!!

スバル・レガシィ アウトバックの弩新車でありますよ~(*'▽')
マイナーチェンジでさらに精悍な顔つきになりました。

とにかく「大きい大きい」と、本来ならば漢としては喜ぶべきフレーズが
まるでダメなモノ(カタカナで書くな)かのように扱われていますが、
なんだかんだ言っても結局女子は大きいのが好きなのよね(*´Д`)

弩セクハラですか。
そうですか。



s-IMG_3877.jpg
サウンドナビ( ̄▽ ̄)
ディーラーオプションのレガシィ専用サウンドナビが・・・。

まぁ確かにソースメニューとかは、サウンドナビのそれっぽいモノですが。
ま、いいや。
あまり多くは語るまい。
ああ、語るまい。

結局、オーディオプロセッサーを追加しているって時点でお察しください(゜-゜)

今回のプロセッサーはHELIX ・ P-SIX DSP mk2
内蔵6chアンプでフロント3WAYマルチが組めちゃう優れもの。
勿論、チャンネルの割り振りは自由に変更できるので
フロント2WAYマルチ+リアとかもOKです。

このレガシィのオーナーM様は、リアシートにお子様乗せるので
必然的にフロント2WAY+リアの選択になります。



s-IMG_3879.jpg
そんなお子様たちのために、やっぱり嬉しいリアモニター。

ALPINEの9ワイドモニターを左右それぞれヘッドレスト直後方設置しています。

モニターケーブルとかは、シートの中を通しますので、
ほとんど見えずに非常にスッキリとした取付ができます(^^♪



s-IMG_3876.jpg
フロントスピーカーは大人気のモレル・ハイブリッド602。

あくまで「個人的に」と前置きしておきますが
このハイブリッドシリーズはモレルの数あるラインナップの中で
最も戦略的要素の高いユニットです。

一番お手頃に、もっとも「モレルらしい」サウンドが楽しめます。
イレイトほど鳴らしにくくもないってのもポイントですね~。

僕的に、このユニットが12万程度で買えるって、この事実。
モレルがめっちゃ無理してるのか、代理店の明宝が無理してるのか( ̄▽ ̄)

あ、モレル押ししてますけど、イスラ●ルはめっちゃ嫌いなので(言わなくていい)



s-IMG_3878.jpg
トゥィーターはAピラーにスッキリと埋め込み加工。

純正然としたジャージ調の生地で巻き直してありますので
質感も極上のこの逸品。

どうです!?
あなたのクルマにも施工したくなったでしょう!?

ピラー埋め込み加工は、左右で4万円(税別!税別!)
でも、持ち込みで埋め込みだけしてくれ!ってのはお断りだぜ!

レガシィアウトバックのオーディオが大変身!

新型サウンドナビが発売されて、もうすぐ一週間。

100PREMIからの変更でも体感できるほどの、
高音質化を実現しておりますぞよ。

聴こえなかった音が聴こえる、いや、怖い意味じゃなくてですね。
ソースに収録されている情報を余すことなく引き出してくれます。



s-IMG_2747.jpg
スバル・レガシィ アウトバック。

個人的には歴代レガシィの中で一番好きなデザイン。
ただし!!
デカすぎますってば・・・。



s-IMG_2746.jpg
200PREMI絶賛の流れを受けて、ヘッドユニットは当然・・・

200PREMIと思った?残念!100PREMIでした!
イイんです、これで。
店頭ディスプレイ分を格安でお譲りしましたので(^^;

その分、スピーカーに贅沢してもらいました!!


s-IMG_2734.jpg
ドアアウターでガッチリと取り付けられているのは、ARC・BLACK6.0。

インナーでも設置可能ですが、このクラスのスピーカーなら
是非ともアウターバッフルで施工したいトコロであります( ̄ー ̄)

それにこんな感じのバッフルデザインなら、すごく自然に馴染んでるでしょ??
大袈裟にならず、且つ、純正には無い存在感。
しかも音質面でのメリットバツグン。

YN仕様や、KKN仕様じゃなければ「いつかはアウター」です( ̄▽ ̄)



s-IMG_2737.jpg
今回は「あえて」フラッシュマウントを使って、大きく魅せる取り付け。

アッサリ地味に埋め込むコトも勿論可能なんですが、
せっかくの専門店での加工なんですから、
多少アピールしたい気持ち、わかります。

純正近似のメッシュ生地での巻き替えなので、
手触りも質感も極上の仕上がり。

何度も何度も撫でていたくなる、そんな逸品に仕上がりました(^^♪



s-IMG_2715.jpg
音質優先(+コスト)で選ぶと、ウーハーボックスはポン置きが最強( ̄ー ̄)

鳴らし易く、量感たっぷりの鳴りが楽しめる、キッカーのCWR10を取り付け。
ウーファーの質は、アンプによるところが「大」ですが、
鳴らし易いユニットを大き目の箱で鳴らすのは、やはり大前提。

伸びやかでいて速い重低音が堪能できます~。
チューンナップウーハーでもエエんですが、
この鳴りっぷりと伸びの良さは、チューンナップウーハーでは
絶対に味わえない領域なのですよ~(^^♪


スバル車が続入てるような気がしますが、気のせいですよ?

や、実際続いてるんですが。
ナニをのたまってらっしゃるのかしら?ここの管理人ってば。


s-IMG_1957.jpg
「個人的に」今のレガシィも好きですが、この型のレガシィもエエですよね!
てか、スタイリングの完成度でいえば、このモデルが至高かも!!

さて。

ひょっとすると、10年ぐらい前の作業だったかもですが・・・。
ついにアンプがお亡くなりになってしまいました。

それまで全くトラブルらしいトラブルがなかったのですが、
その時はある日突然訪れたのです。
左のミッドロー・・・鳴ってへん!?



s-IMG_1963.jpg
そんなわけで、急遽決まったリフレッシュプラン( ̄ー ̄)

今まではDEX-P01Ⅱ+DEQ-P01Ⅱに
サウンドストリーム(!!)のA級アンプの組み合わせ。
それらでDYNAUDIO・ESOTEC2WAYをフルマルチで鳴らしていました。
どう考えてもイイ音にしかなりそうもない組み合わせ(*'▽')

数世代前のサイバーナビも設置されていますので、
ナビとオーディオを同時に一新!!
となれば、これはもうサウンドナビしかないでしょう!!

大絶賛欠品ちゅのサウンドナビ・100Premiを取り付けました(^^♪
アンプを撤去し、無謀に思われるかもですが内蔵アンプシステムに変更。

さすがに古いとはいえA級アンプ、しかも名機の誉れ高いサウンドストリーム。
そこから、内蔵アンプに変更するのって結構勇気いるんですが・・・。

結論から言えば、余裕でサウンドナビの勝利。
スピーカーの変更もケーブルの変更も無しですが、
どう考えても内蔵アンプの方が余裕で音がイイです。

やっぱり、名機と誉れ高いモノでも、時代の流れには勝てないのですね・・・。
悲しいけど、これ現実なのよね。

と、さらりとスレッガー風味も忘れない。



s-IMG_1962.jpg
既に装着済みのESOTECのトゥィーター。

ミラー裏にスッキリとした埋め込みをしてあります。
すでに10年ほど経過していますが、
うちでのメンテナンスと調整で、DYNAは、あと10年は戦える。

と、さらりとマ・クベ風味も忘れない。
・・・って、これで二か月後に壊れたら笑えませんが。



s-IMG_1958.jpg
って、これもミッションかいッ!?

音質最高峰のハイレゾ対応オーディオプロセッサーといえば?

そう。
くっそダサいコントローラーが目印の、HELIX・DSP Proです(^^♪

最近の記事がこればっかりになっちゃってますが、
音はホントに素晴らしいのでっす!!


s-IMG_0788_2015050720503751c.jpg
パイオニアの誇る、ハイエンドオーディオ・RS-D7XⅢ+RS-P99Xから
ハイレゾプロセッサー HELIX・DSP Proに換装であります!!

コンペやイベントよりも、普段から普通に聴いている音を優先した結果
今までよりも高音質化が可能です。
特にハイレゾの音源を用意しなくても、今までのファイルも
グッと音が良くなるのが、このプロセッサーの大きな魅力なのです(^^♪



s-IMG_0783_201505072050391f3.jpg
D7XⅢが元々インストールされていた場所に、簡単なパネルを作成して
くっそダサいコントローラーと、BitPlayの受光部を取り付け。

見てくれはアレですが、操作性的に一番マシなのです(-_-;)
今月末に発売予定の、新型コントローラーが出てくるまでは我慢です。



s-IMG_0784_20150507205041523.jpg
スピーカー等は現状のモレル3WAYをそのまま利用。

トゥィーターはミラー裏に、スコーカーはAピラーに
それぞれガッツリとリスナー向けに取り付けています。



s-IMG_0785_201505072050439c2.jpg
ウーファーはドアアウターをワンオフしてガッチリと取り付けています。

純正然としたスッキリとしたデザインで取り付けが可能です~。



s-IMG_0790.jpg
実はこのクルマ。
ハイエンドシステムでありながら、5.1chシアターも堪能できたりします( ̄ー ̄)

そうなんです。
なんでも楽しみたい、我儘なオーナーさんなのです(^^♪
HELIX・DSP Proは10ch出力なので、
フロント3WAY+リア+センター+サブのフルコントロールも可能だったりします。



s-IMG_0789_20150507205038450.jpg
ちゃんとセンタースピーカーも装備してあります。

13cmのコアキシャル装備で、本格的なシアターが楽しめます!!


カーオーディオの楽しみ方はホントにそれぞれ。
いろんな楽しみがあるからこそ、もっともっと楽しくなるのです!!

どっちがイイとか悪いとかじゃぁないんです。

使い方や、使い勝手、それこそデザインに至るまで
あらゆる要素をかみ砕いて、時間をかけて練っていくのが
僕のシステムデザインのやり方なんです。

「ああ、AV KANSAIで、否、岩田さんにお願いしてよかった」

この一言の為に、毎晩、坐骨神経痛とヘルニアに悩まされながら
頑張っているのであります。


と、セルフアピールも十分に行ったところで、今日のクルマ。


s-IMG_0236_20141129205842d83.jpg
大人気のBL/BP系レガシィのオーディオインストールです(^^♪

車での移動が多いので、オーディオは最重要事項なのです。



s-IMG_0230.jpg
パイオニアのDEH-P01を取り付けていたのですが、
2WAYシステムで勝負するために、サウンドナビZ90Premiに変更。

オーナー様からは「めちゃめちゃ良くなりました」と大絶賛いただきましたが、
これはP01よりサウンドナビが単純に優れているというわけではありません。
現在のスピーカーがモレルのイレイトMW6とピッコロⅡという組み合わせなので
DEH-P01の内臓アンプよりサウンドナビ内臓アンプの方が
鳴らし易かったってコトです。

イレイトMW6は、鳴らしにくいのですよ~。
馴染むとメッチャイイ音なんですが(^^;



s-IMG_0235.jpg
BL/BP系のレガシィは、スピーカー取り付け部にあまり余裕がありません。

イレイトMW6はギリギリでインナーでの取り付けが可能です(^^♪



s-IMG_0234_20141129205839b06.jpg
ピッコロⅡは、Aピラーに埋込加工。

ちょいと大き目のトゥィーターですが、この存在感はたまりませんな~。
大き目サイズのユニットでも、極力スッキリとスマートな取り付けを
心がけております、んむ。



s-IMG_0227.jpg
ついでに、みんな大好きバックカメラも取り付けました。

ガーニッシュの中央に埋込できますので、非常にスッキリとした取り付けです。
画像はボケボケですが(-_-;)


DEH-P01からサウンドナビに変更して、今回は大成功でした。
オーナー様にも非常に満足いただけました。

ですが、繰り返しになりますがDEH-P01よりもサウンドナビが
無条件に優秀なデッキという意味ではありません。

3WAY+サブウーファーのフルシステムはサウンドナビには荷が重いですし、
BMWや最近のオーディオ取り付けそのものが困難な車両の場合は、
フェイス分離ができるDEH-P01は圧倒的に優位です。
サブウーファーの出力もステレオですし。

つまり。
設置スペース、コスト、システムデザイン、インストール方法、
操作性、拡張性、利便性、デザイン、くるまの利用方法などなど・・・。
あらゆる要素が複雑に絡まってくるのでややこしい!!
ってのを、うまく纏めるのが僕らの仕事なのです。

商品は「使いこなしてこそ」なのです!!
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10