多分ですけど、知りうる範囲で最もヘンタイ。

もうね、のっけから失礼っぷり全開にも程があるのは重々承知。

長くお付き合いさせてもらっていますが、
そのヘンタイっぷりは、いささかも衰える様子がありません。

それどころか、もしや拍車がかかっているとかいないとか。
いや、実際かかっているとは思いますが。


ここでは書けないエピソードもたんまりあるにはあるんですが。
さすがに、これを披露しちゃうと
オーナー様の人格どころか、僕までも怪しまれそうなので
ここはひとつ、そっとしておいてあげようではありませんか。


さて。



パジェロ オーディオ (1)
いや・・・・・。

あの・・・。

もうね、なんというか、ね。
この時点で100%アウト。

このタイミングで、新車でパジェロ。
や、パジェロがどうのこうのとかではなくてですね。

実は、オーナー様は同じ型の前期型パジェロオーナー。

今年でパジェロが最後だということで、
このタイミングで、新車でパジェロ。

僕的には、その栄誉を称え、「漢の中の漢」の称号を贈りたいのですが
嗚呼、悲しいかな悲しいかな、世間がそれを許さない。



否。
社会的には、今ナウ、この画像の何がアウトかという論争は
パジェロだからとかっていうコトではなく。

普通~に、この養生貼りまくった状態で
自走してきたコトが問題視されているわけでして。

内装もスゴイことになってたりします。
使い捨てのビニール製ハンドルカバーは5枚重ね。
使い捨ての紙製マットは10枚重ね。
使い捨てのビニール製シートカバーは7枚重ね。

自称「環境保護論者」から非難の嵐は確実。
「Mr.海洋汚染」とでもいいましょうか。



パジェロ オーディオ (4)
頑なに拒み続けてきた、ナビゲーションをついに取り付け。

ええ。
前車のパジェロでは、ナビレスどころか、ヘッドレス。

ウォークマンで音楽だけ、否、むしろStingだけ聴ければイイという
あまりにも見上げた「漢オーディオ仕様」でして。


そんな、アンチナビ派にも納得してオススメできるのが
パイオニア・楽ナビ。

なんとビックリ!
サイバーナビよりも圧倒的に画質がイイんです。
惜しむらくはグレアパネルであること。
カーナビにこそノングレアだと思うんですがねぇ・・・。


んで。
気付いた人はほぼ皆無かと思いますが、
ナビ周辺のエスカッションパネルや、A/Cアウトレットとか、
全て前期型の新品パーツに換装してあります。

後期型は、シルバー&ピアノブラックで仕上げられていますが、
前期型は御覧のようにマットブラック仕上げ。

最初、オーナー様から同時に交換して欲しいと言われたときは、
正直言って「はい???」な感じでしたが、
交換後の印象は、「これはこれで確かにアリやな」

硬派というか、武骨な仕上がりは「らしい」と思います。
くっそ地味ですけどね。


こういう、他の人には一切理解してもらえない拘り。
僕は、好きです。



パジェロ オーディオ (2)
前車で使っていたのはFOCALのKシリーズ3WAY。

ウーファーのフェイズプラグが脱落するというトラブルに懲りて
次に選んだスピーカーは、モレル・イレイト3WAY。

や、フェイズプラグが無いから選んだわけではありませんよ?
オーナー様の好みとジャンルから相談を重ねて吟味した結果です。



パジェロ オーディオ (3)
ドアアウターバッフルをワンオフして、ウーファーを強固に固定。

パジェロの純正スピーカーの設置位置では、グリルとの兼ね合いで
非常に音抜けが悪いのです。

アウター化することで、設置の自由度は飛躍的に高まります。

全体のテーマである「武骨」にも、偶然マッチしてます ( ̄▽ ̄)



パジェロ オーディオ (7)
トゥイーターはミラー裏、スコーカーはAピラーに、
お互いの位置関係を厳密に揃えて埋め込み。

高さも幅も出し易いので、パジェロでは断然このインストールがオススメです。

そして、ナニよりもこの美しさにはうっとりしちゃいますよね~。



パジェロ オーディオ (6)
メインの音源は、ウォークマンのデジタル出力。

車内で飲み食いなんて一切考えられないオーナー様ならではの
ドリンクホルダーのウォークマンホルダー化。

最初の方でちらっと触れましたが、
この画像からもオーナーさんのヘンタイっぷりが伺えると思います。

新車時の保護ビニールを剥がさないどころか、
何枚かぶせるねん・・・ってぐらいのビニールたち。



パジェロ オーディオ (5)
HELIX・DIRECTORは、エアコンパネル下のフタ付き小物入れを
プチ加工して簡単埋め込みしています。

視認性もそこそこ、操作性もそこそこ ( ˘ω˘ )
ただ、見た目的にはバツグン。
どう考えても純正オプションのレベル。

そして、そのDIRECTORの下にちょこっと見えている、
「HI/LO切り替え付きシートヒータースイッチ」、勿論純正ですが、
このグレードのパジェロにはシートヒーターなんか付いていません。

ここでもヘンタイっぷりが炸裂するわけです。

社外品のHI・LO切り替え付きのシートヒーターを
純正シートに埋め込みし、その制御に純正スイッチを使ってね。
勿論、イルミ連動&HI/LOインジケーター点灯もね。
とのコト。

簡単に言ってくれるぜ。

いや、まあホントに簡単だったんでよかったんですけれども。



パジェロ オーディオ (8)
前車はパジェロはパジェロでも、よりによってのクーペモデル。

今回はロングモデルなので、オーデイオ的にはずいぶんヤリやすいのです。
クーペのラゲッジはくっそ浅く、クッソ狭いので・・・。


ラゲッジ最後部の若干色目の違う部分の下に、
DSPやアンプ、サブウーファーをインストールしてあります。

ここにユニットを積んでしまうと、3列目シートの収納は不可能になりますが、
最初から3列目シートが不要のオーナー様的には、
そんなコト一切関係ありませぬ。

というか、はなからシート外しちゃってますし。



パジェロ オーディオ (9)
フタをパカッと開けると、ウーファーボックス&ユニットラックが現れます。

純正のでっかいジャッキや、ジャッキハンドル、レンチなども
当然ながらちゃんと全て取り出せますー。



パジェロ オーディオ (10)
あ、そうそう。

せっかくの初めてのナビなので、バックカメラも取り付け。
スペアタイヤカバーをプチ加工して、スッキリと埋め込み加工。

パジェロはスペアタイヤを背負っていますが、
この位置(純正オプションもここ)が絶対にベスト。

加工自体はそんなに手間ではありませんが、
作業自体はわりとメンドクセー。


車体最後部からの見下ろし位置なので
後方視認性はバツグンです。

バックガイドラインをちゃんと設定してあげれば、
大柄なボディーのパジェロでも安心感がグッと増しますね。




そして。

皆様の想像どーり、
養生全開のまま、自走で帰っていきました。


見事なヘンタイっぷり。

その生き様や、よし。










真似はしたくないけどね。


切れ味鋭く!「DSPのある生活(くらし)」

キャンペーン開始以来、大好評の「DSPのある生活(くらし)」

詳細は⇒フルアヘッド

を、参照してもらうとしまして。


つまり、カーオーディオの「はじめの一歩」と言えば、
スピーカー交換が一般的だったんですが、
そこに一石を投じるといえば大袈裟かもですが、
それ以外でも音質をグッと向上することはできるんだよ?的な。



デリカD5 オーディオ (1)
切れ味鋭いってタイトルの意味は実はこっち ( ̄ー ̄)

通称「四枚刃」と呼ばれる、新型デリカ・D:5

うむ。
反りの腰無し・・・・・なんだそりゃ。
剃り残し無し。


デザインは賛否のわかれるトコロではありますが、
僕的にはここまで突き抜けたのなら、アリだったりします。
斬新にも程がありますよね。


そして、今回の作業は切れ味鋭い四枚刃デリカに

  「DSPのある生活(くらし)+」

をご依頼いただきました (´▽`*)



デリカD5 オーディオ (4)
新型になって、内装の質感が大幅に向上してますね~。

もともと使い勝手はもとより、基本性能の高さで人気の高かったデリカ。
新型はさらに磨きをかけてきて、弱点だった質感も良くなってるんですから
これは「買い」でしょうね ( ̄▽ ̄)

四枚刃が許容できるかどうかだけですね、あとは (゚∀゚)


実は今回のデリカさん。
一通り、オーディオインストール済みだったりします。

KENWOODのナビに、モレルの2WAYスピーカー、
シート下にはチューンナップウーファーが取り付け済み。
市販のインナーバッフルにデッドニングは未施工といった状態。

す ・ べ ・ て
DIYでの作業だそうで (´・ω・)

自分で作業してるわけですから、
当然マニヤ度は高めなわけでして。
必然的に、音に対する評価もシビアになりがちなのです。

しかも、長年付き合ってきたユニット(モレル)たちなので、
良くも悪くも音の感じは把握済み。


さてさて。
「DSPのある生活(くらし)」プランでどんな変化が訪れるのやら・・・。


丁寧なヒアリングと説明をして、こんなにも胡散臭い僕のコトを
信用して納得して依頼をして頂いている(ですよね??)わけですが、
オーナー様的には、そこはやはり当然ながら

  「期待半分・不安半分」

だと思います。

僕的には結果は見えてるんですが ( ̄▽ ̄)



デリカD5 オーディオ (2)
さっきも触れましたけれども、モレルのスピーカーが
オーナー様の手により取り付け済み。

ALPINEの市販バッフル(あの赤いヤツね)で
ちゃんと固定されています。

助手席のシート下からドア内まで、
それぞれスピーカーケーブルをせっせと入線していきます。

バラすついでにおかしなトコロ(主に危ないトコロ)は無いか?を確認。
簡単に修正可能なトコロはついでに治しちゃいます。

じゃって、後でトラブっても困るじゃろ?お互いに、さ。



デリカD5 オーディオ (3)
トゥイーターはダッシュポン置きなので、向きをきちんと設定して
両面テープでしっかりと固定しちゃいましょー。



デリカD5 オーディオ (7)
助手席下にDSP・PP86DSPを取り付け。

ギリギリですが、ヒーターダクトのカットも無しで設置可能です。



デリカD5 オーディオ (6)
こちらは運転席下のチューンナップウーハー。

本来なら、助手席下に移設するべきところですが、
RECAROシート化してある運転席側にしか
無加工での設置は困難でありました (´・ω・)



デリカD5 オーディオ (5)
「DSPのある生活(くらし)」は、純正デッキや社外デッキからの
スピーカー出力を利用した接続が基本ですが、
オプションでデジタル入力を利用するプランにも対応可能です。

今回のオーナー様はウォークマンをすでに持っていたので、

  「そりゃ、勿論ウォークマン使うっしょ!?」

  「そんなにちゃいますのん??」

  「アゴ外れるぐらいちゃいますよ」

  「じゃ、いっちゃいます」

  「よっ!ニクイね!そこにシビれる!あこがれるゥ!」

なんてヤリトリは一切なかったんですが、
ウォークマン利用のデジタル接続環境も構築しちゃいました。

まぁ、勘のスルドイ読者諸兄においては2枚目の画像の時点で、
デジタル化は想定の範囲だったと思いますが ( ̄▽ ̄)



さてさて。
DIY系マニヤの感想は?といいますと・・・。



想像以上の激変っぷりに、試聴ちゅのオーナー様、
口が半開きのままで半ば呆然 (*´▽`*)
よだれがこぼれる寸前で我に返り、大興奮で感想いただきました。

  「デッドニングしてないとか、はっきり言って関係ないですね!」

  「そりゃするに越したことないんでしょうけど、
    この音聴けるなら、優先順位はDSPが先っすね!」

  「あかん、ニヤケが止まらん (;´Д`)」


若干ネタ方面に盛ってますが、ほぼフィクション ( ̄ー ̄)

今後のバージョンアップに向けて、
妄想特急が暴走を始めちゃいそうです!






ekの前はミニカ?トッポ?

そういえば、お菓子にもトッポってありますよね (´-`*)

若かりし頃・・・
そう、アレはまだスノーボードに夢中だった頃・・・。

行き帰りの車中での必需品が、なぜかロッテのトッポでしたねぇ。
今じゃロッテは、基本的に買わない。
イヤな大人になっちまったね ( *´艸`)



s-IMG_4515.jpg
それはさておき。

散々トッポトッポ言っておいてアレですが、
今回のクルマはミツビシ ・ ek (*'▽')

根っからの拘り派なので、いろいろとメンドクセーことも多いんですが
オーナー様のキャラが素敵なので、なぜか付き合っちゃうんですよね (゚∀゚)

普通、自分の家にピザ焼き用の石窯とかないっすよ。
しかも、それをDIYで作るってんですから、
家族もたまったもんじゃねー ( ̄ー ̄)


や、めっちゃ仲良し家族なんですけどね。



s-IMG_4518.jpg
ナカミチ ・ CD-700


・・・・・・。


・・・。


ね?メンドクセーっしょ?? (・∀・)



s-IMG_4520.jpg
オーディオプロセッサーのHELIX ・ P-SIXに
CD-700のアナログとデジタル出力をそれぞれインプット。
さらに、どうしても使いたい!!と譲らないipodクラシック用に
オーディオテクニカのDDCも取り付け。
さらにさらに、将来のウォークマン化にも備えて、USBカードも取り付け。


・・・・メンドクセー ( ̄▽ ̄)

結局、CD、ipodクラシック、OTG系はデジタル
ラジオはアナログのフルソースの完成!

このどうしても譲れない系は田村直美をも凌駕するほど。
頑固なんだから、もう ( *´艸`)


でも。
こーゆー拘り、僕は好きです。



s-IMG_4516.jpg
実はこのek、3WAY+サブのフルシステムだったりします。


フロントスピーカーは、DLSの混成チーム (゚∀゚)
ウーファーがRC6.2、スコーカーとトゥイーターはUPi4。

それぞれをアウターバッフル化してガッチリとインストール。
デッドニングも強めに行っていますが、
左ドアのポケット部のビビリがひでぇ・・・。
僕ら的には、もう、埋めてしまいたい!!



s-IMG_4517.jpg
スコーカーは、ここ。

実はこの部分は、純正ではドリンクホルダーだったりします (´-`*)
ちょ~~ど、UPi4のスピーカーとほとんど同じサイズ。

しかもですよ。
この見た目のスッキリさと言ったら、ありゃしないですよ!



s-IMG_4519.jpg
トゥイーターはAピラーに埋め込み加工。

ekは、それほどダッシュボードが広くありませんので
僅かでもいいから奥行方向を稼ぎたいのです。
繋がりだけで言えばミラー裏でしょうけど、
そこは、ほれ。
ね?
調整技術で、ちょちょいのちょいです。



s-IMG_4521.jpg
手持ちのサブウーハーを手持ちのアンプで鳴らしています。

どちらも、相当年季の入った代物 (-_-メ)
ですが、所謂過去の名機と呼ばれたモノたち。

なかなかどうして、立派に役に立ってくれています ( ̄ー ̄)





走るー走るー俺~た~ち~

流れる汗は、そのままにしてると風邪ひいちゃう!!

季節の変わり目、皆様におかれましては風邪などひかれていませんでしょうか?
修ちゃん、心配。


さてさて。
爆風と聞いて思い出すのは、やはり、
「ばくはつ五郎」をおいて他にはありません。
そんなこと考えているから、いかしているんです。
謎は深まるばかりの秋の夕暮れ。



s-IMG_4326_20181101201912601.jpg
今回のクルマは、ミツビシ ・ ランサー エボリューション ファイナルエディション。
エボXじゃないよ、ファイナルエディションだよ!

ランサーといえば、モータースポーツを抜きでは語れません。
ラリーやダートラ、ジムカーナ。
エボ4が大好きでした。

ひとつの時代が終わった感をひしひし感じますねぇ・・・。



s-IMG_4329_201811012019164df.jpg
ミツビシのクルマにはやはり、DIATONEが似合います(あまり関係ない)

というか、純正OPのサウンドナビはプレミと書いてありますが、
やっぱりリミテッド相当なのでありました (;一_一)

イイんです!
どうせ最初からDSP導入予定でしたから( ̄▽ ̄)



s-IMG_4327.jpg
フロントスピーカーは、モレル ・ マキシモウルトラ602。

50000円と比較的お手頃プライスながら、
しっかりモレルってるところに好感度MAX。
フラグも立ちまくるってもんです。

もうすぐ、トーストを食べながら制服に袖を通しかけの
女の子とそこの角でぶつかるのです!!



s-IMG_4328.jpg
純正でも、トゥイーターはこのミラー裏部に取り付けられています。

当然露出はしていませんので、今回はせっかくなので埋め込み加工を。
これだけで、なんだかずいぶんとオーデイオカーっぽくなります( ̄▽ ̄)

Aピラーが空いてますので、今後の3WAY化にも無駄なく対応できますよん。





これぞまさしく、展覧会クォリティ!!

一回施工するのに丸一日かかるけど、今後3年間洗車しなくてもイイ。
そんな夢のWAXがあったとしても、多分買わない修ちゃんです。
や、クルマはいつでもピカピカにしてたいんですよ??

なかなか時間作れないのよねぇ・・・、これがまた。



そんなわけで。
いつ見てもキチガイじみて綺麗な、パジェロ!!

s-IMG_3250.jpg
シャッター付きガレージ保管じゃないってところに驚愕Σ(゚Д゚)
どこからどう見ても新車・・・否、新車以上にキレイ!!

作業するのに気を遣いまくりで神経すり減る系です・・・。



s-IMG_3252.jpg
フロントスピーカーは、ドアアウターでFOCAL・K2シリーズの3WAYを取り付け。
純正然とした非常に美しい造形に惚れ惚れしますねー(^^♪

そうなんです。
エクステリアは極上の純正状態なんですが、オーディオはガッツリなんです。
オーナー様は大のスティングマニアで、
生まれる前からスティングを聴いて育ったそうです(゜-゜)

なので、普通のオーディオでは全く満足できないのです( ̄ー ̄)



s-IMG_3253.jpg
ドアミラー裏にトゥィーター、Aピラーにスコーカーを埋め込み加工。

どちらもスッキリとした精度高い取り付けです。
純正位置等にトゥィーターを隠す施工も全然アリですが、
表に出すとやはり一枚役者が上感あります。
変な日本語ですが(*'▽')



s-IMG_3255.jpg
ソースユニットは、今ナウ現在最強の呼び声高い、SONYウォークマン WM1。
ホントは1Zがイイんですけどね・・・・。
高いよね・・・マジで。

車内で飲食するなんて考えられないオーナー様には、全く不要の
ドリンクホルダー部を加工して、ウォークマンを固定しています。
基本、プレイリストを作成したうえでリモコン使うので、これでイイのです( ̄ー ̄)



s-IMG_3254.jpg
漢のヘッドユニットレス( `ー´)ノ

ウォークマンからのハイレゾ信号を、オーディオテクニカの
DDC経由でDSP-PROに入力。
ARCの限定4chアンプ2枚で3WAY+サブをフルマルチ駆動。

サウンドナビでは到底たどり着けない至高の音の世界。
各チャンネルごとにEQが使えるのは、恐ろしい武器になります。

オーディオ業界のパワーバランスを根底から覆した、HELIX・DSP-PRO。
mk2に進化した今、その音は更なる高みに到達しています。
マイナーチェンジと侮るなかれ。

です。

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10