おっさん世代でいう、コナンの相方

それは勿論、ジムシィなわけでして。


くっ!

結局一日しか我慢できなかった自分をココロの底から恥じたいと思います。

そんなわけで、今日のクルマは勿論!!


ジムニー オーディオ (1)

大人気!!スズキ・ジムニー

散々コナンの相方とか振っておいて、これでジムニーでなきゃ

訴訟モンであります。


最もベーシックなグレード+MTをチョイスする辺りのセンスは

さすがにたくさんのヘンタイカーを所有してきただけのことはあります。

  「ヘッドライト、ハロゲンなんですけど、もっと暗くできないですか?」

そんな質問初めて聞いたわ (゚д゚)




ジムニー オーディオ (6)

外装の徹底的なドレスダウンに比べて、オーディオは実に豪華 ( ̄ー ̄)

以前からお使いのモレル・ハイブリッド603改をインストール。

Aピラーにスコーカー、ミラー裏にトゥイーターをスッキリと埋め込み加工。

狭い車内ながら、高く広い音場を構築しています。




ジムニー オーディオ (2)

ドアは勿論アウターバッフル化。

薄型であればギリッギリ16cmも入らないコトはないんですが、

結局、グリル開口が小さすぎてせっかくの16cmが活かしきれませぬ ( ノД`)


それならいっそ、アウターバッフルはいかがですかい??

御覧のように、実に美しく純正然としたインストールが可能ですよー。


あと、アウター化のメリットに挙げられるのが、スピーカー背面と

ドア外板側の距離を少しでも稼げるトコロ。

ジムニーのドアは、スピーカーとドア外板の距離が近すぎて、

背圧の拡散処理をキチンと行わないと、低音がポコつきがちです。




ジムニー オーディオ (11)

純正のラゲッジボックスを撤去して、純正然としたウーハーボックスを取付。

高さは純正と全く同じにしてあるので、荷物の積み感も純正そのまま。

シートを倒せばフラットな空間に早変わりなのです .゚+.(・∀・)゚+.


正直、広い空間ではありませんが、8インチの薄型ウーハーを2発付けることで

速さと鳴りをなんとか確保できました。

これね。

ジムニーには必須な気がします。

あるとないとじゃ別世界です、マジで (ΦωΦ)




ジムニー オーディオ (5)

基本的には、ウォークメン+DSPで音楽を聴くんですが、

息子さんも運転する機会があるとのことで、ナビをおねだりされた模様。

パパ辺さん的には、

  「ナビなんていらねー」

な、人なんで勿論バックカメラなんて論外だったんですが

ここもパパに折れてもらって、バックカメラも取付ました。


ナビは、実をとってパイオニアの楽ナビ8インチを選択。

中の具が見えちゃってますが、8インチ用の純正パネルが欠品ちゅ・・・。

一旦これでイイでしょ? ( ̄▽ ̄) って聞いたら、

問題なし ( ̄ー ̄) 、と期待ドーリのお答え。

ありがてー。




ジムニー オーディオ (7)

散々悩んだのが、これ。

HELIX・DIRECTORの設置場所。


ウィンドースイッチの下に貼りつけるのが定番だと思いますが、

漢のMT車なので、シフトの位置によっては非常に使いにくい・・・。


結局、この位置にステーをワンオフして差し込み式にしています。

というのも、DIRECTORの後ろはリアシートのベルト警告灯。

普段は独りで走り回ってるので、全く問題ないのですが

実際問題、車検の際には確認できないとダメな模様。


簡単に外せりゃイイっしょ?ってことで、ワンタッチで脱着可能としています。




ジムニー オーディオ (12)

僕の余計な一言で出費増やして申し訳ない。

スペアタイアに付いているカバーが艶ありペイント仕上げだったので

  「これはアカンのんちゃいます?」

と、言った翌日にはこのカバーに変更されてました w( ̄o ̄)w

てか、めっちゃ斜め。



ジムニー オーディオ (8)

直しときました (〃▽〃)



ジムニー オーディオ (9)

あと気になるポイントは、このアンテナですかね?

昔のハイエースみたいにAピラーから手動で伸ばすタイプか、

もしくは右フェンダーから手動で伸ばすタイプがカッコ良くないですか??

そんな部品あるのか知りませんが。

提案するだけして、悩みを増やすイヤなヤツ ( ̄▽ ̄)



ジムニー オーディオ (10)

このミラーもなんでピアノブラック仕上げなのか・・・。

半ツヤ黒の梨地仕上げかもしくは、古いキャリーのミラーとか。



今、ペイント出してるグリルに次いで、

また来た時はどこか変わってる気がしてならねぇ・・・。



元祖!遊べる軽といえば、ジムニーとちゃいますか?

まだまだ納車まで時間のかかる業界を代表する、スズキ・ジムニー。

今日は、コナンの相方とか言わない日です、今ナウ決めた。



ジムニー ナビ (1)

このジムニー、なんと母上様が乗るんだとか (゚д゚)

アクティブママ?

お話を聞くと、前のクルマもジムニーで、

かなりスパルタンな使い方されてたようで・・・。

  「歳も歳だから、そろそろ安全装備付きのジムニーがいいわね」

いや、そこは普通ジムニーじゃないと思う・・ ( ゚Д゚)


納車時にすでにルーフラックがついている辺り、

やはりタダモノではないように思います。

しかも、買ったお店が宝塚の名店、PISTONとか。




ジムニー ナビ (3)

今回の作業は、ナビとバックカメラの取り付けです。

同時作業でオーディオの話もあったんですが、

よくよく考えたら母上様のクルマだった・・・。


オーディオよりも、普通にナビが使えて大きな画面がイイとのこと。

要望がハッキリしていて、見積もりの精度が上がります。

不必要なものは徹底的に排除できますので~。


スピーカーの交換が無いとなった時点で、ナビはパナに決定。

パイオニアよりも画面が大きく、取付キット不要なので

コストも抑えられます (´∀`*)




ジムニー ナビ (4)

走行中に見ちゃダメですが、パナの地デジはキレイですね~。

それに、選局も速いんですよね。

あと、純正スピーカーに限って言えば、パナナビでもそれなりに聴けちゃいます。

決して、社外品のスピーカーに替えちゃダメだぞ!

どうしても替えるってんなら、DSP必須な!

お兄さんとの約束だ (`・ω・´)ゞ




ジムニー ナビ (2)

忘れちゃイケねぇ、バックカメラ(汚い赤丸の部分ね)


特にジムニーは、スペアタイヤ背負ってるので

ガイド線をきちんと設定しないとアウトのヤツです。

  「軽だからカメラなんていらんでしょ?」

もう、そんな時代でもないのです。



そして、ナンバープレートで分かるように、ナビとカメラの取付の為だけに

西宮からわざわざお越し頂ける、この嬉しさよ。

感謝であります .゚+.(・∀・)゚+.




s-IMG_7816_202007281633566aa.jpg

作業はまだですが、新型ハリアーも入庫しておりますぞぃ。



s-IMG_7817_2020072816335830f.jpg

このアングルからですと、リアフェンダーのブリスター感が強調されて

おっさん的にはテンションの上がる瞬間だったりします。

あと、やっぱりこの位置のウィンカーは、ヤベー気しかしません・・・ (´・_・`)

勿論、法律的には問題ない範囲なんでしょうけど、

トヨタは自車の為に平気で法律を変えさせるからなぁ・・・。



s-IMG_7825_20200728163359da6.jpg

プリウスと同じような構造のドアなので、大きなスピーカーも全然平気。

インナーバッフルでも自由度が高いので、コストを抑えつつ、

いろんなスピーカーを選べる楽しさもがあるのは嬉しいポイント ( ̄ー ̄)




s-IMG_7782.jpg

そして、何故か今ナウ、ポルシェがわんさか入庫ちゅ。

全て異なるポルシェが4台、作業中だったり作業待ちだったり。


手前から、991カレラS、987ケイマンS、957カイエンターボ、

ここには写ってませんが997カレラは本日納車ー ( ̄▽ ̄)


なんだかくっそ忙しい毎日ですが、まぁびっくりするくらいに

全っ然儲からないのが悩みどころ・・・。


ありえねぇ規模のハイエンドオーディオで

ダッシュポン置き、ポン置きウーハーBOX、コの字カバーで

オーディオ組みませんか ( ̄▽ ̄)

ぶっちゃけハイエンドじゃなくてイイですけどー。



さ。

夢見がちな日々にサヨナラして、

老体に鞭打ち、勤労に勤しむとしますか。

勤労、納税、教育は国民の義務ですからー。


まぁ、できることなら不労所得・・・

そういや、今ナウ、再放送してますよね、デジタルリマスターで。

ホントに今の(昔から?)NHKの一部の番組制作姿勢はクソですよね。

まっかっかのクッソクソ。

僕は受信料払ってますので、言いたいことは言いますぜ。


「未来少年コナン(再放送)」

「美の壺」

「サイエンスZERO」

「地球ドラマチック」

「NHKスペシャル(人体モノ、宇宙モノ、イカモノのみ)」

しか見ませんがね。




ジムニー オーディオ (1)

そして、やはり、「 コナン 」といえばジムニーでしょう!!


思い起こせば去年の春。

桜の舞い散る季節に手配をかけた、スズキ・ジムニー。

予定では、次の桜の季節には納車のはずだったのですが。


待ちに待ったぜ1年2か月!!

ようやく納車と相成りましてございまする!!

その間、オーナー様は毎日毎日来る日も来る日もバイク生活を余儀なくされ、

まさか一年以上もバイク通勤する羽目になるとは夢にも思わず・・・。


何度か心が折れる時もありました。

  「僕、たしか注文しましたよね?」

と、ディーラーに注文自体したかどうかの確認したり。

  「ハイゼットのジャンボってどう思います?」

と、そもそも違うクルマのこと考えたり。

納車待ちの間に、オーディオシステム自体が変更になってしまったり、

取り付け予定のナビが販売終了になってしまったり。


でも。

それも、もう過ぎたコト!!

待ちに待った新車のおでましでっす!!!

さぁ、溜まりに溜まった欲望を思うがままに吐き出すがよいわ!!

いやっほぉぅい!!!!!

じゅぅわっちゅっちゅぅぅぅぅぅ!!!!!




・・・・・・。




・・・。



え?



緊急事態?



自粛期間ちゅ?



・・・・・・マジか・・・。




ジムニー オーディオ (3)

ジムニーには、なんと!?

9インチナビが取り付けられるのですよ~。

カナテクスさんとこの専用パネルで精度バツグンの美しいインストールが可能であります。


漢の乗り物、ジムニーとはいえど、やはり大画面ナビは魅力です!

否、必須。


専門家会議の面々もはっきり見えます。

7インチナビとか、何書いてるかわからねぇ、嗚呼、哀しき哉 Low-gun’s

スマホナビなんてとんでもねぇ、全く何も見えやしねぇ。


今回選んだナビは、大人気9インチオンデマンドナビのAVIC-CQ910DC。

所謂、カープライム生活が実現する夢のようなナビ。




ジムニー オーディオ (5)

漢は黙って、5MT。

楽しいでしょうねぇ・・・ジムニーでのMT生活。

それに加えて、カープライム生活までも構築してるってんですから

鬼に金棒、チョコボールに肉棒であります。


オーディオシステムは、iphoneをデジタル音源とするDSPを追加。

サイバーナビのアナログ入力を加えて、フロント3WAYマルチを構築。




ジムニー オーディオ (4)

またか・・・・。

他にないの???


しょうがない。

だってすきなんだもん。


スピーカーは、お馴染み「悪魔の紋章 ・ DLS」

プチスカンジナビアにスコーカーを加えた3WAYシステムです。


奇しくも、3個の「まる」が集合するその姿は、スコープドッグ的でもあり。

一部の男の子はそちら方面でもキュンキュンしちゃうかも。




ジムニー オーディオ (2)

ウーファーは、ドアアウターをワンオフしてインストール。

ポケットも半分以上が利用可能ですよ~。


ジムニーの純正スピーカーは、ドアにこそ付いてはいるものの、

なんと!?超薄型の10cmフルレンジユニット。

いい音なんてこれっぽっちも期待できない代物です。


カーメーカーにとって、オーディオなんてどうでもいいモノなんでしょうけど、

ちゃんとしたオーディオ組めば、クルマに乗るのが何倍も何十倍も楽しくなるんですけどね~。


オーナー様の強い拘りで、グリルは「THE・悪魔の紋章」をあえて選択。

プチスカンジナビアの標準は、一般的なメッシュグリルなんですが、

それをあえて、カッコ悪い方を選択する、その心意気やヨシ。


全てのユニットを悪魔の紋章とすることで、他では決して味わえない

「ゾワゾワ感」が堪能できます。

漢の乗り物!MT&ナビレスのジムニー

拘りの強いお客様が比較的多めのAV KANSAI堺店。

堺店が多いというか、僕のお客様に多いだけかも・・・。
思い当たる節が多すぎて、なんともかんとも。


純正オーディオを外せないとか、メーカーオプションナビだからとか、
の理由でナビやヘッドユニットをインストールしない例は結構多いのですが
簡単に取り付けができる恵まれた環境にありながら、
あえてのヘッドユニットレスを選ぶ強者が一人。



ジムニー オーディオ (1)
未だに納車待ち半年を誇る、現行ジムニーではなく
1世代前のジムニー JB23の最終型。



ジムニー オーディオ (5)
漢の乗り物、5MT。

おっさん的には、6速よりも断然5速。
リバース位置が「1」の向こうとか、ノブを引っ張ってシフトするとか
僕的には微妙に違和感が・・・。
理に適ってるのはわかっちゃいるんです。

わかっちゃいるけどヤメられないのが「男の子」ってモンじゃないですか?



ジムニー オーディオ (3)
これが噂のヘッドユニットレス。

2DINスペースがぽっかりと空いてます。
1DIN+1DINの小物入れ化して、プロセッサーオプションの
MATCH・URC-3を取り付け。

とはいっても、アナログ音源(ヘッドユニット)がありませんので
ソース切り替えの必要もありませんから、デジタル入力固定で使用。

単純にデジタル音源のボリューム制御に使っているだけです。

そう。
音源はDAPからのデジタルのみ。
CDはおろか、地デジもラジオも、勿論全てナッシング。

この見事なまでの割り切りっぷりには、潔さを通り越して
愛すら感じられます。



ジムニー オーディオ (2)
スピーカーは、悪魔の紋章でお馴染みの、DLS。

最上級ユニットのスカンジナビアの3WAYだったりします。


ドアポケットを全面的に造り替えて、強固なワンオフバッフルを作成。
紋章も、気持ち、誇らしげに見えなくもない。

否、見える。

クセが強めのデザインなので、はっきり好き嫌い分かれます。
今日来られたお客様は、

  「これだけはやめて」

って心の底から嫌がってましたけど。


別のお客様は、

  「これがDLSらしくて、むしろ好き」

って心の底から喜んでましたけど。


人それぞれ、好みはバラバラ。
それらも踏まえてのシステム提案ができるように
日々勉強なのであります。



ジムニー オーディオ (4)
Aピラーにスコーカー、ミラー裏にトゥイーターを埋め込み加工。

2つ揃って、こちらを見ている。


ジムニーのAピラーは細く薄いので、スコーカーを埋め込みしたりすると
結構、ボテっとなりがちなんですが、徹底的に小さく加工することで
最小限のひょっこり感に抑えることができました。

特にスカンジナビアのスコーカーユニットは、
大きなマグネットをぶら下げており、且つレツキッカ、
フレーム形状が独特でして・・・。

なかなかに、見た目スッキリとはいかない、クセ強めのニクイやつ。

この程度の突出であれば、許容範囲に十分おさまるのではないかと。

ようやく完成~!!カスタムジムニー JB64

いや、ホント長らくお待たせしました・・・。


大人気とはいえ、まだまだチューニングパーツが揃いにくい、
スズキ・ジムニー JB64。

納車待ち半年やら一年やらと言われていましたが、
未だに半年ぐらいはかかるようですね~。

オーディオ系のカスタムは2日で終わっちゃったんですが、
脚周り系はパーツが全然揃いません・・・。



ジムニー カスタム (1)
国防色のようなイケてるボデーカラーのJB64!!
分かりやすく言うと、ザクですよ、ザク。
ザクの色。


2インチリフトアップ+オーバーフェンダーでかっこよく決めました!



ジムニー カスタム (11)
AV KANSAI宝塚店の近くにある、PISTONウィッツさんところの
2インチアップコンプリートキットです。

画像からもわかるように、ショックはビルシュタイン製。
しなやかで余裕のある乗り心地が期待できそうですね~。



ジムニー カスタム (4)
ラテラルロッドや、スタビライザー、ブレーキホース、エスケープメンバー、
各種センサー類も全て変更済み。

全くこっち方面の知識がありませんでしたが、
これを機に、だいぶ頑張って勉強しました。

オーディオも勿論ですが、こっちの世界も相当奥が深いぜ・・・。



ジムニー カスタム (7)
一番納期がかかったのが、コレ。

RAYS・デイトナFDX-J、オリジナルペイントのブロンズ仕様。
スペアタイア分も発注しているのですが、
とりあえず先に4セットだけ届きました・・・。

まぁ、しょうがないのです。
先に、脚周り完成させなきゃ、ナニも進みませぬ故!!



ジムニー カスタム (5)
リアバンパーも拘りの変更。

バンパーの高さを切り上げるコトで、走破性を向上させる効果があります。
いや、そんなコト言っても普通の人はクロカン的な走りしないっしょ?

ええ、ええ。
ごもっともなご意見ですが。
理にかなった機能パーツってのは、それ自体が持つ美しさがあるのです。

「ファッションだ」とか言って、一括りにしちゃメッだぞ。


同時にナンバープレートの位置も変更。
現行ジムニーのオーナー様以外、誰がわかんねん?ですが
こういった小さなこだわりが完成度の高さを裏付けるのですよ~。

しかも、この位置にナンバープレートを持って来ようとすると
スペアタイアとガッツリ干渉してしまうので、
スペアタイヤそのものを右に少し移設しています。

そこまでしてでも、このスタイリングにしたい!
ブラボー!!

この拘りに、最大限の賛辞を贈ろうではありませんか!
というか、贈る。



ジムニー カスタム (6)
5ZIGENの2本出しスポーツマフラーに交換。

ちなみに、このマフラー。
純正バンパーに無加工で対応できる代物なのですが、
このクルマの場合はリアバンパーを切り詰めているために、
そのまま取り付けただけでは、バンパーとサイレンサーの間に
大きな空間ができて、ビックリするくらいカッコ悪いのです。

そのかっこわるさたるや、口を開けたビグロもビックリのダサさ。

そこで、ヒッチメンバーを急遽加工して、隙間を埋めるように取り付け。
ギッシリと詰まったメカニカルな感じにテンション上がるコト必至。

つまりは結果オーライ。



ジムニー カスタム (2)
トライフォースのエアクリーナーや、

ジムニー カスタム (3)
HBFのサブコン・フルセットも取り付けて、
エンジン系もプチチューン。

ボンネット開けた時のワクワク感もイイ感じです。



ジムニー カスタム (8)
なんだか、オマケ感が漂ってしまいましたが、最後はオーディオ。

ナビは純正装着のパナソニック。
くっそ音の悪いことで定評のあるパナソニックですが、
オーディオプロセッサーを導入することで劇的に改善ができます!!



ジムニー カスタム (9)
スピーカーは、FOCAL・ES130Kを取り付け。

ジムニーの標準スピーカーは10cmがドアについていますが、
スペース的には16cmでも入るには入ります。

薄型必須なのと、純正グリルの開口が狭いので、
今回は13cmを選びました。

オーディオに力を入れるなら、
断然アウターバッフル+16cmですけどね~。


トゥイーターはスッキリとミラー裏部に埋め込み加工。
エクステリアのタフ&ワイルドさと比べ、
インテリアのなんともスマートでジェントルなコトよ。

所謂、ギャップ萌え? (違う)



ジムニー カスタム (10)
右Aピラーの最も見やすい場所に、
Defiのブースト計を埋め込み加工して取り付け。

こいつは春から抜群の視認性ってヤツだぜぃ。



そして、今この記事書いてて気づいたんですが。
シートもRECAROに左右とも換装済み。
なんとビックリ画像がない・・・。


そこで、メンドクセーんですが、3枚上の画像に戻ってくだせぇ。
運転席のシートがRECARO・SR-7に変更されているのがわかりますよね?

わかるわけない?

い~や、きっとわかっているはずだ。
そうやってわかっていないフリをして、僕を困らせて楽しもうって寸法だ。


まぁ、少なくともこの画像からSR-7に変更しているのが分かったとしても
シートヒーターまで組み込み済みだとは誰も気づくまいて・・・キシシ。




プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10