やっぱりアレですよね?いろいろ選べるのが楽しいですよね!

クルマを買おう!!
って決めてからのワクワク感。
アレもいいなぁ、コレもいいにゃぁ、あぁ、コレは違うかなぁ・・・

ある意味買ってからよりも、この期間の方が充実してるかもですよね(^^♪

これは、カーオーディオでもやはり全く同じで。
カーオーディオやるっ!!
って決めてからのワクワク感たるや。
アレにしようか、コレもいいなぁ、おっ!コレはなかなか・・・

色々と想像を巡らせて、思い悩む至福のひと時ではないでしょうか?



s-IMG_2884.jpg
マツダ・CX-5、他店施工済み車を全面やり直し!!

サイバーナビとソニックデザインのスピーカーがすでにインストール済み。
残念ながら、オーナー様の思い描く音には遠く及ばなったようです(-_-;)
スケール大きく、重厚ながら上品な音質。

・・・・・・・・。
・・・・。

うん(うん、て何よ?)



s-IMG_2881.jpg
現在考えうる最強のヘッドユニット、DIATONE・NR-MZ200PREMI。

気の遠くなるような細かな改善の積み重ねが創り上げる、
圧倒的な素の音の良さ。

どっぷりと音楽に浸りたい人にはうってつけなのであります。

今回は内蔵アンプでのフルマルチ駆動ですが、
この機種は恐ろしいほどに「アンプ映え(変な日本語)」します。
是非、「イイ」アンプの導入を前向きに考えて下され~。

音の世界が一変しますぜ( ̄ー ̄)



s-IMG_2882.jpg
当店イチオシのDIATONE・スーパープランでの取り付けです(^^♪

スピーカー、ARC AUDIO・BLACKシリーズの2WAYモデル。
スキャンスピーク製のこのユニットは良く鳴りますよ~。
トゥィーターも良く伸びますが、低いところまではあまり引っ張らないでね。



s-IMG_2879.jpg
ウーファーは、勿論ドアアウターで取り付け。

CX-5ですと、インナーバッフルでも可能なんですが、
こんないいスピーカー、インナーバッフルじゃ勿体な過ぎます( ̄ー ̄)
是非ぜひ、アウターバッフルでの取り付けをオススメします!

まぁ、ユニットが割と大型なので、
アウターバッフルでの施工がほぼ前提だったりするんですが(^^;


画像にはありませんが、ラゲッジにはARCのサブウーファーも設置。
さすがに、同じブランドで統一してるだけあって、
フロントへの乗っかり方も尋常じゃありません。
「いや・・・ちょっと、コレはぶ厚過ぎじゃない・・か・・な・・?」
と、ちょっとヤリ過ぎかも的な(*´▽`*)

鳴るシステムは抑えればイイだけなので、なんとでもなるんですが
鳴らないシステムはホントにつまらん音になりがちなのです。

「鳴らし易さ・鳴りの良さ」はオーディオではかなり重要な要素なのですよ~。

悪名高い、マツコネだってなんとかなりますよっと。

新車購入時はそれほど意識してなかったのに、いざ、
納車されてみると・・・・

「あれれ??なんか、このクルマ・・・音、悪くね??」
「・・・なんだか、ナビ、使いにくくね??」

うんうん。
ありますあります。
なんでも純正が一番間違いないって思いますもんね。
気持ちはわかります。

まぁ、マツコネに関しては他に選択肢がないという、
なんともクルマ選びをバカにした仕様になってます。

このクルマが欲しい!・・・でも、ナビが・・・。
いや、マジでなんとかせい!マツダ!



s-IMG_2782.jpg
後期型になり、さらに洗練されたマツダ・CX-5。

だがしかし!
決定的にダメになったのが、悪名高いマツコネの採用。
オーディオ回りのカスタムが一気に制限されちゃいました・・・。

オーディオ屋だから言うんじゃなくて、みんな喜んでないと思うんですけど、マツコネ。


だからといって、下を向いてばかりじゃいられませんぜ、旦那!
そう、そこの旦那!
いや、あなたじゃない、そう、そこの右の旦那!、そう、あなた!!

マツコネだってだってちゃんと音質改善できちゃいます!!
純正とは別次元の音質に生まれ変えれちゃいます!
自分の好みの音質に大幅に近づけるコトができちゃいます!



s-IMG_2785.jpg
これね、お馴染みのCX-5のマツコネモニター。

まぁ、マイナー前のCX-5はこの場所に2DINデッキがあったんですから、
加工次第で2DINデッキの取り付けは可能なんですが(^^;

せっかくなので、そこまでの加工せずに大幅に音質向上できるなら
それに越したコトぁないのです。

それを実現するのが、やっぱりって言うな!オーディオプロセッサーなのです!
今回は将来のハイレゾ対応も見越して、HELIX・P-SIX DSPを取り付け。

今回のCX-5は純正BOSEシステムなので、
P-SIXじゃないとダメなんですけどね、実際は。
勿論、BOSEじゃなければ、お馴染みのPP82DSPでも大丈夫!



s-IMG_2783.jpg
CX-5のドア内は樹脂が多用されているので、
加工は手間ですがスピーカー取り付けの環境としては優秀( ̄ー ̄)

純正でもでっかいスピーカー付いてたりしますが、
そこはやっぱり、所詮純正BOSE・・・。
ボヨボヨモヤモヤのなんとも締りの無いサウンド。

今回取り付けるスピーカーは、コスパ最強のBLAM・165.100。
相当に奥行きの大きなウーファーなので、インナーでの設置は
車種限定になるのですが、勿論、CX-5は全く問題ありません(^^♪



s-IMG_2784.jpg
トゥィーターはミラー裏にスッキリ・・・・いや、スッキリじゃないな。
存在感ありすぎのデカイトゥィーター(-_-;)

CX-5のミラー裏部は結構小ぶりなので、
このサイズのトゥィーターはちょっと大げさ感がでちゃいます。

とはいえ、やはり大型トゥィーターの魅力には抗えませぬ(*´▽`*)


純正とは比較にならない音質向上を果たした、このCX-5。
近所で見かけるCX-5とは、快適度も爽快度も桁違いにも程がある!!

どうです??
マツコネでも、ちゃんとした音になります。
好みのスピーカーを取り付けて、自分の好きな音楽を、
好きな音質で、誰にも邪魔されずに浸れるんですよ??

やらないなんてどうかしてますぜ!?

使い勝手はともかく、マツコネって名称はナイスですよね!

マイナーチェンジで質感も上がり、カッコ良くなったマツダ・CX-5。

上がったりカッコ良くなったりしているのに、オーディオ面では
格段にさがっちゃいましたけれども(-_-;)

s-IMG_1589.jpg
今尚大人気のCX-5のスピーカー交換の巻!



s-IMG_1592.jpg
マツコネ装備車(みんなそうなんですが・・)は以前のように
簡単にデッキ交換ができないので、オーディオグレードアップを
躊躇う方が多いように思います(>_<)

確かに、純正の各種機能を何一つ損なわずにってなると
厳しいものがありますが。
オーディオのみなら、何の問題もありませんです( ̄ー ̄)



s-IMG_1590.jpg
CX-5のドアはスピーカー取り付け部が樹脂製パネルなので
オーディオ的にはかなり有利だったりします。

金属には金属のメリットが、樹脂には樹脂のメリットが
それぞれありますが、樹脂のメリットの方がオーディオには向いてます。

しかもかなりの大型ユニットであっても取り付けが可能とくれば
オーディオベースとしてはイイってことですよね~。



s-IMG_1591.jpg
今回は、ウェルカムプランでDLS ・ RC6.2をインストール。

トゥィーターはダッシュッポン置きで、さらっとフィニッシュ(^^♪


マツコネ車はアンプ別体式オーディオですが、
マルチってわけでもないので、普通にスピーカーの交換は可能です。

勿論オーディオプロセッサーの取り付けも問題ありませんので
更なるバージョンアップにも応えることができます( ̄ー ̄)

まだまだ続くッ!?大人気のCX-5!!

オーナー様、ず~~っとボヤき続けてました、「なんでマニュアルが無いの!?」

s-IMG_9126.jpg
や、このクラスでマニュアルは・・・アレじゃないスか?

そんなオーナー様は、根っからのマニュアル党。
ロードスターからの乗り換えであります(^^)/


s-IMG_9124.jpg
DEH-P01は、引き継ぎでナビは新規にお買い上げ。
ありがたい話でございますm(__)m

インダッシュモニターが下になる、こだわりのレイアウトでのインストール。

モニターを見ることはめったに無いそうなので、これでOKなのです。
モニターを立ち上げた場合でも、ステアリングリモコンでDEH-P01の操作を
可能にしてあるので、それほど問題にはなりませぬ(^^)



s-IMG_9121.jpg
CX-5に超オススメのインストール例がコレ。

ドアアウターバッフルに、ミラー裏加工でトゥィーター埋め込み。
音の繋がりもバッチリですし、広大なステージが楽しめますよ~。

しかも、CX-5のドアはめっちゃ鳴りっぷりがイイのです!!
こんな優れたベース車で純正BOSEで満足してるなんて勿体ないですよ~。



s-IMG_9123.jpg
更に高みを追い求めるのであれば、ピラー加工でスコーカーをインストールできます。

ユニットの設置性の高さもCX-5の大きなアドバンテージになりますね(^^♪



s-IMG_9118.jpg
何の変哲もない、まっ平らなラゲッジ。

ですが・・・・。


s-IMG_9119.jpg
フタを開けた手前側は、十分なスペースを確保した小物入れスペース。

その向う側には、隠れて見えませんがPRS-A900が2台と
10インチサブウーファーがインストールされています。

これだけユニットを詰め込んでも、純正フロアと同じ高さでインストールが可能なのです。
使い勝手を一切スポイルすることなく、圧倒的な高音質を手に入れられるのです(^^)



s-IMG_9125.jpg
フットライトが足元を穏やかに彩っています。

「白」「青」が全盛の中、あえての電球色を指定する、その拘りが素敵すぎ。




サウンドナビに圧され気味のDEH-P01ではありますが、
3WAY+外部アンプで巻き返しを図れます!

勿論、高度な調整が必須ですが、そこは安心してオマカセください!!



オーナー様の理想の音を創り上げる為、納得のいくまでお付き合いいたします!!!

納車されたてほやほや!!弩新車のマツダ・CX-5!!

お待たせしました、S様!!
ついに!この時がやってまいりました~!!

s-IMG_7820.jpg
なかなか、うちに届きませんでしたが(-_-;)>CX-5

これからは、最高に楽しいカーライフを送れますね!!


s-IMG_7821.jpg
スピーカーは、DIATONE DS-G50を選択。
ドアアウターをワンオフで作成し、ウーファーを強固にインストールしてあります。
ダイレクターリングとグリルを装備し、音質的な効果も保護もバッチリです。
ミラー裏もワンオフで作成して、トゥィーターを埋めこみ加工で取り付け。

CX-5に限らずですが、マツダ車はドア内のパッキンがしっかりしているので
ウーファーをしっかり鳴らすことができます。
軽いデッドニングを施すぐらいなら、しなくてもOKなほどです。
ヤルんなら、逆にしっかりヤラないとアカン感じですが(^_^;)


s-IMG_7822.jpg
ヘッドユニットには、同じくDIATONE サウンドナビをチョイス。
内臓アンプでフロント2wayをマルチで鳴らし、
ラゲッジのサブウーファーのみ外部アンプで鳴らしています。


s-IMG_7817.jpg
コレだけ見ると、ただのラゲッジの画像ですが・・・(^_^;)
フロアの下には、12インチウーファーが隠れています。
純正フロアの高さに揃えてあるので、純正ラゲッジマットすらドンピシャです。
勿論、荷物の積載も問題ありません。


s-IMG_7819.jpg
こんな感じで、純正の工具やジャッキ等も簡単に取り出せます。

ラゲッジを見て、まさか床下にサブウーファーが隠してあるとは
誰も気付くまいて・・・。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10