まさに「待ってました!」のナイスですね~。ナイスタイミングですね~。

なんだかにゃー・・・・。


う~~ん・・・。


イイのは勿論わかってるんですが。

もっと、こう、なんていうの??

ね?

あるでしょ?わかりますよね??


もっと、他にもいろいろライバル的なユニットがマジで必要ですって。





プリウス オーディオ (9)

すでに何度かのバージョンアップをして頂いている、新型プリウスさん。

いやはや、マジでありがてぇ話です(有難みが伝わりにくい)


今回の作業では、別物級の大幅な進化を遂げちゃうワケであります!!

とはいえ当然、別物級と言ってもキチンと以前の作業を無駄にしないように

いろいろと考えちょるのでありますよ。




プリウス オーディオ (10)

ドア周辺は以前、施工済みなのでほぼ手を付けていません。


アウターバッフルでインストールされているのは、

垂涎のハイエンドユニット、BRAX ・ GRAPHIC GL6

MATRIX譲りの高級ウーファーなんですが、

いらん差別化がされており、専用のグリルが用意されていません (´・ω・`)

MATRIX・MR6(ML6専用グリル)が使えるかと思い、

代理店側に確認してみたところ「やったことないからわかりません」


・・・・・そうじゃねぇだろぅよ・・・ (-_-メ)

「やったことないけど、やってみて確認します」

これが欲しいのよ、マジで・・・。


まぁ、とりあえず手元にHELIX製のグリルがあったので

モノは試しとばかりに合わせてみたら、これがなんとピッタンコ。

別の言い方をすると、「結果オーライ」 ( ̄ー ̄)


プリウスのドアは、デッドニング映えしますので

というか、デッドニングは必須項目です、プリウス。

板金側、樹脂パネル、内貼り側、ハーネス、ハーネスクリップ、ドアクリップ・・・

あらゆる「具」が信じられないぐらいイヤな音を出してくれやがります。


実は、今回の作業でもドアには全く手を付ける予定じゃなかったんですが

以前、念入りに施工したはずのドアなのに、まぁ盛大にチリチリ鳴いてくれちゃって・・・。

納車日の朝から両ドアバラして、ドアチューニングの見直しを (゜-゜)


ぬぅ・・・予定外だが、こればっかりはしょうがない。

イイ音で聴いてもらうために仕事してるんだからね、っと。



プリウス オーディオ (14)

今回の作業は、3WAY化に伴うDSP追加、アンプ追加などなど。

どうせDSPを取り付けるなら、アンプレス機がイイってことで

弩定番のHELIX・DSP-PROmk2に決定。

10ch出力あるので、「フロント3WAYマルチ+リア+サブ」が組めます。


このプリウスは通勤快速がメインですが、ファミリーカーの側面も持ち合わせており

リアスピーカーも鳴らせるようにはしておきたかったのですが、

元のシステムではフロント2WAY+サブをサイバーナビの内蔵アンプで

鳴らしていたのでリアモニターの映像のみしか楽しめなかったんです。


今回のDSP化で、リアセパレートモードも楽しめるようになり

大幅な機能向上も実現しました。


メインの音源は「どうせなら金でしょ?」のウォークマン WM-1Z。




プリウス オーディオ (13)

DSPの機能を大幅に拡張するオプションコントローラー、HELIX ・ DIRECTOR

シフトパネル下に金属製のLステーでぶらさげてあります。


プリウスオーナーあるあるで、このコンソールにモノを置くと

急ブレーキ踏んだら、前に転がっていって無くなってしもた! (;゚Д゚)

ってのがあるらしいので、DIRECTORとコンソールの隙間を

2分ぐらいで作ったパネルで簡単に塞いであります。


見た目はアレかもですが、めちゃめちゃ役に立ってるようです。




プリウス オーディオ (15)

3WAY化に踏み切った理由の一つに挙げられるのが、

GRAPHICシリーズにスコーカーが追加されたコト。

しかも、「ドーム型」ではなく「コーン型」

こいつぁ朗報以外のナニモノでもねぇでヤンスよ、てやんでい。


プリウスのオーディオ的弱点は、恐ろしく張り出したというか、

ドアウーファーにひさしのように被さるダッシュボードの造形。


ウーファーがいかに指向性が低くても、邪魔モノは無いに越したことありませぬ。

特に2WAYで攻めるなら、尚のコト。


「コーン型」スコーカーを導入することで、音の繋がりを一層改善し

奥行も幅も大幅な広がりが期待できます。




プリウス オーディオ (16)

絶妙な位置関係と、向きを吟味したうえでの緻密なインストール。

それぞれのユニットの、向きにも位置にも、その全てに理由があります。


ユニット選びにも理由があり、インストールの方法にも理由があり。


なんだか、いつも適当に「ほへぇ~」としてると思われてますが、

言うても、やっぱり、ある程度はそれなりに考えてるんだからね!!




プリウス オーディオ (12)

僕の中での勝手にバージョンアップ計画(やめなさい)

現在利用中のサイバーナビ ・ CL902を

最新鋭のプライムビデオナビ ・ CQ910-DCに換装するってのはいかが??


我ら Low-gun’s には嬉しい大画面化はもとより、

くっそ渋滞のお供に、相席食堂見放題とか捗りまくります。

し ・ か ・ も

すでに9インチパネルが装着済みなので、商品のみの無加工ボルトオンなのです!


おひとつ、

い ・ か ・ が ・ ?



なんだか今日は、豊作だったんじゃよ。

ピット作業は満車。
店舗前駐車場も満車(いや、マジで迷惑かけてます)
屋外作業もあったり、2台納車したり、ラジバンダリ。

バイク部の作業もあったりしつつの、お客様来店。

冗談抜きで忙しいのは、ほんにエエことじゃわい。
ありがてぇありがてぇ。

なんまんだぶなんまんだぶ(拝むな)



プリウス オーディオ (5)
昨日は30年前のポルシェ。

うってかわって、今日のクルマは最新鋭のトヨタ・プリウス。


恐ろしいまでの隔世の感がありますが。
どちらのクルマも当時の最先端には間違いありませんね~。


今回の作業は、リアモニターの取り付けと、サブウーファーの追加でありまっす!



プリウス オーディオ (6)
取り付けたリアモニターは、パイオニアの最新モニター、PW920T。

リアシートのお子様(3人!?)が、走行中に全員真ん中に集まってきて
フロントシート左右の間に、縦三つ頭が並ぶ状態に。

リアル「だんご3兄弟」とはまさに、このコト。


微笑ましくはありますけれど、危険なことに変わりなく。

  「いかん・・・。いかんぞ・・・・・・。
    こいつぁ、どうにかせんとイカンぞ。
    せや!
    リアモニターを追加すると言えば、
    嫁の財布のヒモも緩むに違いない!
    どさくさに紛れてサブウーファーも付けちゃおう!」

世のパパたちも苦労が絶えません。



プリウス オーディオ (8)
サブウーファーをポン置きBOXで設置しちゃうと、
どう考えてもその存在に気づかれてしまうので、
どさくさに紛れてラゲッジ下に埋め込みしちゃいました。


プリウスのラゲッジ下はあまり高さがありませぬ。

それに合わせて、薄型のサブウーファーを選択するのも
当然ながらアリなんですが、
今回選んだウーファーは、大型の本格派、DIATONE・SW-G50。

自信も音楽を嗜んでおられるので、低域の重要性は重々承知。
どうせ、加工して埋め込みするのならホンモノを、と。


強烈なダンピングファクターでお馴染みの、
ARC Audio ・ XDi650.1JEでドライブさせています。


埋め込みを施したラゲッジは、ウーハーの存在を感じさせないどころか、
純正とどこが違うのかすらわかりません。



プリウス オーディオ (7)
実際は、3分割のカバーになっており、
左右のカバーはそれぞれワンタッチで外すことができます。

簡単な小物入れを作成してあるので、
元々、ラゲッジ下にあったブツは全て収納可能としています。

長モノは入りませんが、あまり見せたくない洗車タオルとかブラシとか
お手軽にポイポイ収納しときましょう~。





リアシートでちょこんと大人しく画面に見入る様も、また
微笑ましいのであります。

まぁ、真ん中の子は相変わらず、シートの間に挟まってるそうですが。



s-IMG_6233.jpg
それはそうと。

記事タイトルの豊作ってのは、これのこと。

何故か今日のお客様は、皆さん、お土産持参。
甘いもの率の異常なまでの高いコト。

糖尿の予感がしてならねぇ・・・。



そんななか。



喜びの舞
丹波の黒豆を両手に、仕事を忘れて喜びの舞を披露する漢。



代表にバレてなきゃいいけど・・・。



なんか、すっかり漢前になっちゃいました!新型プリウス

クルマそのものの完成度とは、関係ないとは言うものの。

やはり、そのスタイリングは賛否両論でしたよね。
そう。
現行プリウスの前期型。

実際に運転すると、なんの文句もありません(オーディオ以外ね)
ホントによくできたクルマなのです、プリウス。

ただ・・・ね。
やっぱり・・・ね。

デザイン・・が・・・・ね?


トヨタもその辺りはよ~く理解しているようで。
前期型のオーナー様に、絶妙に最大限配慮した感じの
大幅なフェイスリフトを敢行してきました。



プリウス オーディオ (1)
ほい。

どうっすか???
この顔なら、

  「デザインがね・・・」

って、買い渋ってた人も全然イケるんちゃいます??
TRDのリップや、カナード、サイドステップがついてますが、
僕的にもこの仕様なら全然アリ!


さてさて。
この男前になったプリウスさんにもカーオーデイオインストールですよ~。



プリウス オーディオ (3)
弩新車で、ディーラーから直行してきて頂きました!

事前に綿密な打ち合わせと試聴を行い、
ジックリとユニットを吟味しています。

スピーカーとかは全然心配いらなかったのですが、
このサイバーナビ・CL902だけは、最後までヒヤヒヤでした!!

結構前からなんですが、パイオニアとパナソニックのナビが
欠品続き祭りに陥っておりまして・・・。

なんと、液晶パネルを造っていたメーカーがトンじゃった・・・。
たまたま、パナとパイオニアが同じメーカーのモニターを採用していたので
この2社がガッツリと大打撃を被っているというワケざます!

当初の納車時期は5月末~6月頭と聞いていましたが、
最近の新車事情的に、だいたいにして納期が早まっている気がします。
そう。
このプリウスも1か月早まって、4月末納車になりそう、と。


ぬぅ・・・。
ナビの納期は未定ながら、連休明けにはなんらかの
アクションがあるかも・・・なスケジュールだったので
僕的にも5月末納車なら、ナビもきっと間に合うぜ!イェイ!
と、楽観視してたんですが・・・。

まさか、ここにきての1か月短縮。
さぁ!どうする!?
まにやうのかッ!?

間に合うんですねぇ、これが。
どう考えても僕の日頃の行い以外のナニモノでもありません!



プリウス オーディオ (2)
サイバーナビの内蔵アンプでフロント2WAYマルチを鳴らす
シンプルな構成ではありますが。

フロントスピーカーは、なんと!!
垂涎のハイエンドユニット、BRAX・GRAPHIC 2WAY。

インナーバッフルでも取り付け自体は可能なんですが、
このクラスのユニットをインナーって・・・ねぇ?
コストは当然かさみますが、漢ならここは黙ってアウターバッフル。

BRAX・GRAPHICのユニットにはグリルの設定がありませんので、
兄弟ブランドのHELIXのグリルを拝借。
これも、たまたま店においてあった具なので、料金も頂いていません。

精度高く美しいアウターバッフルは、もはや純正にしか見えません。



プリウス オーディオ (4)
いや、マジでかっこいいですやん!!

流石にドイツ魂。
品質に関してはホントに何もいうことはありません。

ただひたすらに美しく、ただひたすらに精度を追い求める。
精度だけで音が良くなるわけではありませんが、
逆に言うと精度を極めた商品に悪いものはありません。


このBRAX・GRAPHICもご他聞に漏れず。

仮設定の段階でもうすでに、

  「あ、もう大丈夫」

と、思わず油断してしまうぐらい、いい音聴かせてくれます。


ストレスを一切感じさせることなく、どこまでも伸びるトゥイーター。
多少低いところ入力しても、なかなか歪みません。

  「え!?このトゥイーターって25mmやろ?
    なんなん?このポテンシャル!?」

思わず、調整中に独り言を言ってしまうぐらい
楽しく調整ができました。

サイバーナビの内蔵アンプでどこまで鳴らせるのかは未知数でしたが、
結果オーライ!!

窓の外まで広がる広いステージに、抜群の安定感を誇る定位。
弩新品で、この鳴り方。



こいつは、イイ商品を見つけちまったような気がするぜぃ。




遊び心を忘れない おとな達へ

まぁ、言い換えれば落ち着きないってコトかもですが( ̄ー ̄)
そんなあなた達のことが、僕は大好きです(*´Д`)



s-IMG_3565.jpg
エコ前提のハイブリッド車でも、ホイールはやっぱ替えたいし
ノーマルの車高では乗っていられない。

落ち着けw

と、言いながら隣に写ってる僕のC-HRも同じ仕様ですが( ̄▽ ̄)



s-IMG_3568.jpg
シフトノブ付近のドリンクホルダーを撤去して、iphoneホルダーを作成。

操作性も視認性も抜群のこの位置はオススメであります(^^♪



s-IMG_3571.jpg
パッと見ぃは純正???に見えるかもなドア画像ですが。

しっかりとアウターッバッフル化してあります( ̄ー ̄)



s-IMG_3572.jpg
ほれ。
このとおり(^^♪

保護用のサランネットを外すと、ユニットが姿を見せます。
落とし込みの化粧板に若干「おとな」が感じられますね( ̄▽ ̄)

スピーカーは、DLSの日本限定システムの
RMC6.2/wfとスカンジナビアtwの組み合わせ。
個人的に大好きなセットだったんですが、発売してた期間はごくわずか。

運よく手に入れた人は、大切に使ってほしいですね~。
あ、でもウーファーユニットはスカンジナビアの方が全然イイので
ウーファーの交換は大歓迎です( `ー´)ノ



s-IMG_3569.jpg
Aピラーにトゥィーターをスッキリと埋め込み加工。

シュッとしているとはいえ、さすがに大型ユニットだけあって
その存在感にはシビレますね~。

あと、クセの強いユニットデザインは好き嫌いの分かれるところですが
こいつがなかなかどうして、ジワジワとクセになる人、続出だったりします。



s-IMG_3574.jpg
ラゲッジには、サブウーファーとパワーアンプをインストール。


・・・・・・・・・・。

・・・・・・。

インストール????

はて。
このブログの管理人様は、御ボケになられ申したかのぉぅ・・・。
どこにもウーファーどころか、アンプもなにも見えやしませんがのぉぅ。



s-IMG_3575.jpg
へいへいへい!!

人様のコトを勝手に御ボケ認定してるんじゃないわよ!?

カバーを外せば、ほれ!このと~り( `ー´)ノ
普段は隠す。
イザとなれば魅せる。

これぞ「おとなの粋」ってもんじゃぁございやせんかぃ。





ビッグウェーブがど~のこ~の

と言う前に・・・
ショップ名間違ってたり、そもそもちゃんとリンクできてなかったりで
反省することしきり・・・なフリしてシレッと修正しちゃって知らんフリ。
しかもリンク先だけ修正して、ショップ名はそのままとかって、鬼畜っぷり。

それにしても、関東組は愉快な人材が豊富に揃ってますね(∩´∀`)∩



s-IMG_3554.jpg
エコカーがなんて姿・・・・。

・・・・・・・。

・・・。

あれれ??
なんかプリウス・・・かっこよく見えてきた・・・。

やっぱきちんとカスタムしてやると全然印象違いますね。
てか、この車高で普通に走れるのねΣ(゚Д゚)



s-IMG_3558.jpg
ある意味これも載せ替え繋がりのビッグウェーブかしら(強引です)

以前お乗りのウェイクからの載せ替えであります( ̄ー ̄)
ヘッドユニットはサウンドナビ・100Premi。
載せ替えと同時に200Premiに!!って勝手に盛り上がってましたが
あえなく却下。
や、そりゃまぁ、そうでしょうとも( ̄▽ ̄)



s-IMG_3556.jpg
発売当初は、スピーカー交換不可能とか謎の噂が囁かれてましたけど( `ー´)ノ
交換できないとか、普通ありえないっすよね。
サイズ的に難しいとかならわかるんですが(^^;

インストールしたスピーカーは、DLS・スカンジナビア(旧モデル)
鳴らし易く、良く伸びる超優秀な6インチミッドはドアインナーで強固に取り付け。
大きな樹脂パネル(柔らかいの、これがまた)があるので、
その辺を重点的に強めのデッドニングを行っています。

大型のユニットも楽々飲み込めるので、ユニット選びが楽しい一台ですね(^^♪



s-IMG_3557.jpg
旧スカンジナビの魅力といえば、やっぱりコレ!!

圧倒的な存在感を誇る、大型トゥィーター(´▽`)
プリウスのAピラーは意外と太さがあるので、スッキリとした印象かもですが
実物の迫力は相当なモンでありますよ~。

ハイエンドユニットでありながら、サウンドナビの内蔵アンプでも
しっかりと鳴ってくれるのも嬉しいポイントです。
すこしスピーカーケーブルに贅沢して、最短の結線で楽しむのが
サウンドナビらしいのかな?とか思います。

まぁ、100PREMI以降のサウンドナビは「アンプ映え」しますので
外部アンプを取り付けた時の変化には目を見張るものがあるのも事実。
なんですけど、それでもあえて内蔵で楽しむってのも全然アリ。



s-IMG_3555.jpg
店舗前駐車場
手前から、ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド M4( `ー´)ノ
ピット内にハイブリッド ハイブリッド。
作業待ち駐車場にも ハイブリッド。

ハイブリッドだらけにも「ボンドガール」

「程がある」と「ボンドガール」は確かに似てるんですが、
「ベンザ ブロック」と「変なズゴック」ほどは似てませんよね。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10