そういえば、今年の年始は

全然見なかったですね、クールポコ。

この時期ぐらいしか、もう出番なさそうなのに・・・。
や、僕が3が日の間テレビをあんまり見なかっただけかもしれませんが。



そんなわけで。

アルファード オーディオ (7)
漢は黙って、アルファード。

惚れこんで選んだエアロ取り付けたのはイイですが、
付けるはずのDRLが販売終了してて取り付け不可と言われたり、
グリルネットが上下逆についてたりと、なんだか微妙に不幸な感じ・・・。

オーディオと無関係な作業ではありますが、
クルマをかっこよくしたい!というベクトルは同じ。
お困りのオーナー様のために、僕らが人肌脱・・・漢字がちがうやん。
もとい。
一肌脱ぎましょう!!

取り付け不可と言われた追加DRLを加工取り付けし、
ブルーLEDも同時に増設。

オーナー様の思い描く理想のスタイリングに近づきました。

やっぱ、「無いから無理」とか「もう売ってないから無理」とか、
簡単に答えたくないですよね。
だって、この一手間でオーナー様がすごく喜んでくれるんですもの。

この商売冥利に尽きるってもんざます。



・・・・・・・。

・・・。

ただ、選んだLEDバルブがことごとく不点灯や点滅起こしだして
オーナー様には何度もご足労かけるハメになったのは
不徳の致すトコロでありんす。



アルファード オーディオ (10)
メディアプレイヤーから、ウォークマンに音源変更を行い、
驚きの高音質化を実現したのが以前の作業。
あ、勿論メディアプレイヤー自体は併用できますよ。

ただ、ウォークマンの音を聴いちゃうと、
もう戻れないのも事実・・・。


そして、オーナー様の次なる一手は・・・・。



アルファード オーディオ (9)
わかりにくッ!!??

どこの部分の画像?というトコロから説明せねばなるまい。

左手前に見えるのが、運転席。
その奥が、最初から取り付け済みのどこぞのオリジナルコンソール。


今回行った作業は、アンプの換装。
今までお使いのアンプは僕も大好きなARCの限定アンプ。

4chで10万と比較的低コストながら、
出音は立派なモノで、そこらの高級機にも勝るとも劣らない、
隠れた名機。

普通はこれで満足しちゃうんですが、
音の魔力に魅せられたオーナー様は
更なる音の深淵に踏み込みたくなりました。

次なるチョイスは、BRAX GRAPHIC GX2400。
4chで38万と高価なユニットですが、
ぶっちゃけ、これ買っておけばもう他の聴かなくても大丈夫!
と言ってしまえるぐらいの圧倒的な高性能。

んで、そのアンプをどこに取り付けたのか?というと、
ズバリ!さっきのどこぞのセンターコンソールの「中」

「なか」?
そう、中。

正確には横幅が同じなので、「下」かもです。

フロアマットの向こう側に、ヒートシンクが確認できると思います。
2段重ねにして、どこぞのセンターコンソールをアンプの形にカット。
いつもの「まぐれ」でびっくりするくらいピッタリでした。

冷却用の静音ファンも8台装着。
温度管理もバッチリです!



アルファード オーディオ (8)
ラゲッジには、DAITONE・SW-G50。

10万円以下のサブウーハーでは間違いなくベストバイ。
や、10万オーバーでもこれと勝負できるのは
BRAXかDLSぐらいじゃないですかね??

圧倒的過ぎるスピードと濃く深く諧調を刻みます。
ズドンと深く重い低域がダッシュボードセンターから
聴こえてくる体験を是非に!!


あ、いちいち言わなくてもわかってると思いますけど、
全ては「調整ありき」の話ですぜ。

よっぽどのコトでもない限り、当たり前の取り付け方で
充分まともな音にはなりますよん。
そこから先。
その上を体験するためのカギは「調整能力」に尽きます。

オーディオ以外のお尻も拭いちゃう♡

やぁ、みんな!
毎日元気にカーオーディオ楽しんでるかい?

そうかい、そうかい。
そいつはよかったじゃねーか(キャラが変わった!?)

僕はといえば、スポティファイの80年代プレイリストを
いろいろ聴き漁ってるYO!

次にナニをオススメしてきやがるのか?このアプリさんよぉ。
お!?なかなかヤルじゃぁねぇか。的な
楽しみもアリといえば大アリなのです( ̄ー ̄)

トンプソンツインズとか忘れかけてました(´Д`)
それでも、やっぱり青春時代(!)の曲は、
適当に覚えた英語詩で歌えちゃうもんですね~。



s-IMG_4331_20181106182635ed8.jpg
そんな青春時代のホロ苦さとは無関係な、
イカツめアルファード!

スタイリングに一目ぼれして選んだエアロでしたが、
取り付けたショップがどうもアレだったようで(-_-メ)

付いてるはずのLEDがエアロ取り付け後に、
販売終了してるから付けられないと言われたりとか・・・。

そんなショップばかりじゃないんですが、そんな店が多いのも
また疑いようのない事実なんですよね。
自分と立場置き替えたら、どう思うんでしょうね?


そんなわけで、今回は違う畑のお尻を拭いてみました (・ω・)ノ

無いと言われたLEDパーツをワンオフで製作したり、
追加LED施工したりでオーナー様の考える完成形に近づける
お手伝いができたんじゃないでしょうか (´▽`*)



s-IMG_4332_20181106182636d1a.jpg
同時にBIG-X9から、BIG-X・EX10に換装

エスカッションパネル全体がピアノブラックに変更され、
どう考えても純正の数倍は質感が向上しています。

9インチから10インチ。
同じALPINE製のナビ。
変わり映えしなさそうでしょ??

ところがどっこい、ヘイヘイ、那智黒です。
世代が変われば、まるで別物のように進化しちゃいます。
画質はもとより、操作性、レスポンス、機能。

ちょっと贅沢な換装劇だとは思いますが、
実際替えてみるといちいち妙に納得しちゃいますよ(´ω`*)



s-IMG_4333.jpg
元々設置済みのエム●スピードさんとこのコンソールを
使い勝手向上と見た目スッキリ化作戦の為、プチ加工しています。

照明の一元管理化、各種アクセサリー用電源のステルス化
充電ポートの増設などなど・・・。

ほとんど配線が見えなくなって、圧倒的なスッキリ感を実現。

一本だけ、妙に浮いてる太いケーブルは・・・。



s-IMG_4334.jpg
比較的お手軽に、圧倒的な高音質化が可能な
ウォークマン再生環境を同時に構築しています。

僕の愛用のZX2なら、なんとか置いておけるスペースを確保しました(・ω・)ノ
何故、いまさらZX2なの?最新鋭じゃないの?
ええ、ごもっとも(・∀・)

何故ならZX2にはフォントの拡大機能があるからです!!
我らLOW-GUNS!の強い味方なのです!


ワザとじゃないのよ?ワザとじゃないのよ!

冗談抜きで、アルファードかぶりなんです( `ー´)ノ


アルファード (1)
ちょっと見ないうちに・・・・えらくまぁ大きくなったねぇ・・・。

などと、しみじみ田舎のおばぁちゃんに思わずなっちゃうくらい、
以前の仕様から大幅な変化を遂げたT様の20アルファード(´▽`*)

大人し目のいじり方が多いなか、あえてのアグレッシブチューン。
攻めてます。
攻めまくりやがってます(`・ω・´)


納車して、しばらく間が空きましたので
音の確認&システムチェックしちゃいましょう(゚∀゚)
同時にサブウーファーの追加も承りました~。

ありがとうございます!



アルファード (4)
アルパイン・BIG-XにHDMI接続でメディプレイヤーを表示。

大画面で、再生画面を確認できるので選曲も楽々なのです(・´з`・)
しかも、このように2画面表示にしておけば、
ナビも同時に見れて、一石二鳥にも程がある。



アルファード (3)
既存のセンターコンソール(社外品)をプチ加工して
HELIX・DIRECTORを埋め込み。
視認性も操作性も良く、見た目もかっこいい(ΦωΦ)

これぞ、カスタムの醍醐味ですわいのぅ。



アルファード (2)
サブウーファーはDIATONE・SW-G50。

現在最高峰のサブウーファーの一つなのは間違いないですね( ̄ー ̄)

高強度のウーファーボックスは、容量およそ28L。
最低10LからでOKなスモルエンクロージュア対応ウーハーですが、
やっぱり10Lでは欲しいところがちょいと厳しめ(^^;

やはり最低でも25Lは欲しいのです(´・ω・)

「ある」と「ない」とでは、まるで別物業界を代表する、サブウーハー。
音の厚みだけではなく、空間再現や余韻といった空気的な
部分に多大な影響を与えるのです( ̄▽ ̄)



アルファード (6)
ドアポケット部を全て一体で造り替えたドアアウターバッフル。

抜群の質感の高さを誇る、純正然とした美しいインストールです(´▽`*)
アウター化は音質面での優位性だけにとどまらず、
このように所有する喜びも満たしてくれるのです。



アルファード (5)
整然と美しく埋め込みされた、トゥイーターとスコーカー。

ユニットそのものの美しさを格段に引き上げる極上の質感。

今まで味わったことのない、音楽環境に加え
いつまでも見ていたくなるような至高の空間ですね( ̄ー ̄)



ちゃんとしたショップだと、やっぱりちゃんとした音

いや、ホントは当たり前のコトなんですけれどもね・・・。

これが、なかなかどうして、ちゃんとした音ってなかなか・・・ね。


イイ商品を付けたからって、イイ音になるわけではないのが、カーオーディオ。
それが面白くもあり、難しさでもあるわけですが。

結局、いいショップ(人)との出会いが全てなのかにゃー(ΦωΦ)



s-IMG_3867.jpg
決して、画像の使いまわしではありません(゚∀゚)

たまにあるんですよ、「うちの店は絶好調だぜ!」と、
取り付け済みの空箱を重ねて撮影してるお店とかね( ̄▽ ̄)


大人気!!
弩新車の新型アルファードにオーディオインストールです( ̄ー ̄)



s-IMG_3868.jpg
メインヘッドは、サイバーナビの車種専用モデル、
AVIC-CE902ALを取り付け。

なぜかはわかりませんが、当店ではXSが全然売れてなくて
レギュラーのサイバーばっかり売れてます(・∀・)
何故だろう・・・(´_ゝ`)

ALPINEのBIG-Xと比べると、画面サイズが一回り小さくはなりますが、
画像でみるとそんなに大きさの違いは感じませんね~



s-IMG_3869.jpg
スピーカーは、パイオニアのV173S。

ドアインナーでウーファーを強固に固定し、
Aピラーにはトゥイーターをスッキリと埋め込み加工。

V173のトゥイーターは使い方が判っていないと苦労するユニットですが、
サイバーナビの調整機能を使いこなせば難なくいい音聴かせてくれます。

ただし、エージングには結構な時間がかかりますので
再調整には必ずお越しくださいです( `ー´)ノ



s-IMG_3870.jpg
普っ通~~~のラゲッジの画像。

なんですが。
なんですがッ。

この下には、パイオニアの10インチウーハーが隠されておりまする( ̄ー ̄)
最低域をフォローするサブウーファーの役目は非常に重要で
音の余韻や、響き、広がりとか全然変わっちゃいます。



s-IMG_3871.jpg
な、なんとビックリ!!

まさかのスペアタイヤ装備車!?
この型のアルヴェルで初めて見ました・・・・(´・ω・)

通常ですと、ウーファーは右側に付けるのですが、
スペアタイヤ装備車は左側へのインストールになります(´・ω・`)

見た目に大きな変更を加えることなく、純正とは比較にならない
別物の音楽体験が楽しめます。

オーナー様の好みに合わせた調律を行い、
どんどん理想の音に近づけていきましょう!!

高度な調整機能を備えたシステムを採用しておけば、
結果的に「長く、安く、いい音楽環境」を楽しめるのです~(´▽`*)


THE ・ 向上心

このブログを読んでくれている、おっさん連中のなかには、
「The END」って言葉を初めて見たのが
「ミサイルコマンダー」って人が8人はいてるんじゃないかと想像します。

ミサイルコマンダー。
知らない?
あら、そう。



アルファード (10)
近頃、なんだかコンペで大活躍系のThe・アルファード。

さらなる上を目指して、日々の調整も欠かしません。
そんな「The・向上心」の塊のオーナー様ですが。
さすがに、長年使いこんだスピーカーのへたりには勝てませぬ(ノД`)・゜・。

勿論、そのままでも抜群にイイ音聴かせてくれるんです。
オーナー様の好みという点においては、なにも問題ありません(*'▽')

ただし、これがコンペで表彰台狙うとなると話は別。
みんな、本気で勝ちに来てる人たちばかり。
そんな中で、勝ちにこだわるのであれば、
ユニットの変更も当然ありうる話です( `ー´)ノ

オーディオコンペも、クルマのレースやバイクのレースと同じ。
レギュレーションの範囲でできることは全てヤル。

勝利が目的なんですから。
ヘタったショックでわざわざエントリーします?
っちゅう話ですわ(・∀・)



アルファード (11)
10L近い容量を誇る、フルMDF製のエンクロージュアーに収まるのは
BRAX ・ MATRIX ML6P+MR6。

この垂涎のハイエンドユニットを考えられる最高の環境にインストール(*'▽')
エンクロージュアー内部には特製の吸音材を充填してあります。



アルファード (12)
同一平面上にユニットが並び、且つレツキッカ
車両に対して厳密に水平軸を合わせこんであります。

正直なところ、見た目はアレと言わざるを得ませんが、勝てば官軍。
結果を残せば、これが一つのカッコイイの指針になるかもです(・´з`・)

そう。
カッコイイってなに?
勝ったモノがカッコイイに決まってます。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10