どっちかというと、フィナンシェの方が好き

そりゃ、タルトでんがな! Σ(゚Д゚)

あまりにも難しいボケに良くつっこんだ!感動した!


頭のおかしな人達の集団だったり (カルトです)
ハッタリ忍者だったり (ナルトです、よく知らんけど)
振り向いちゃダメだったり (アムロです)
とかいろいろありますが。


アルトワークス (1)
最後のアムロは我ながらちょっと無理があったかなとか思います。

そんなわけで (*'▽')
今回のクルマは、おもしろ自動車メーカー・スズキのアルトワークス。

極めてスポーツ色の強いクルマ作ったり、
え!?マジで売るん!?それ?みたいなものも平気で作る
愉快なメーカー、それがスズキ。

そんなスズキのホットモデルの一台が、アルトワークス (´▽`*)
モータースポーツを嗜んでいた身としては、
ワークスという響きには畏敬の念を禁じえません(使い方あってます?)

RSとか、タイプRとかGT-Rとかよりも
もっともっと踏み込んだネーミングですよね、ワークス。



アルトワークス (4)
今回の作業は、ナビ&オーディオインストール (´▽`*)

ナビヘッドには、レギューラーサイバー・CZ902。
圧倒的過ぎるコストパフォーマンスを誇りますぜ~。

この音この機能で、このお値段はまさにバーゲンプライス (´艸`*)

予算が許せば、ワングレード上のスピーカーも狙えます!
もしくは、アウター化だったり、ピラー加工だったりと
ナビが安く買えたぶん、他にコストを割くのもアリ!

一旦の完成形として考えるなら、
レギュラーサイバ+1グレードUPスピーカーは
相当おいしいチョイスだと思います ( ̄ー ̄)



アルトワークス (2)
このワークスもスピーカーのグレードを上げて頂きました (´▽`*)

当店ではおなじみの、DLS ・ プチスカンジナビア2WAY。

フルスカンジナビア程のレンジは当然期待できませんが、
それでも同クラスの他社ユニットに比べ、明らかに鳴らし易く
よく伸びる低域はバツグンの気持ちよさ (・∀・)

しかも薄型ユニットなので、多くのクルマにインナーで
取り付け可能なのも嬉しいトコロ。

後々、アウターバッフル化してのバージョンアップやアンプ追加等の
バージョンアップにも余裕でついてくる懐の広さも魅力です (゚∀゚)



アルトワークス (3)
問題は、「皆まで言うな」のデザイン・・・・。

いや。
冗談抜きで、このデザインじゃなかったら、普通に倍は売れてますって。

カーオーディオでは「カッコよさ」も重要な要素ですからね~ (;´Д`)


とは言うものの、うちでは(僕だけか?)非常によく売れてます。
「悪魔の紋章」って呼び名も、認知度が上がってるようで
「YN仕様」ともども、広辞苑に掲載される日も近そうです ( ̄▽ ̄)


ちなみに、アルトだとミラー裏も埋め込み場所として使えそうですが、
  「ちょっと待った!!」

アルトのミラー裏部は、実はドアと一体成型。
一番最初の作業の時は、見事にスズキに騙されました (/ω\)


勿論、取り付け不可というわけではありませんけれども・・・。



アルトワークス (5)
もはやクルマを買うならセットになった感のある、バックカメラ。

アルトの純正オプションのバックカメラは、
後付けしたスポイラーに埋め込まれている独特なモノ・・・。

少し高い位置からの見下ろしになりますので、
距離感は十分つかめますが、なんせ大袈裟 (-_-)

付けたくもないスポイラーとセットだなんて、あんまりだわ!! (ノД`)・゜・。


そんなあなたに、このカメラ (゚∀゚)
元々はBMW用に開発されたカメラですが、簡単な加工で
まるで埋め込んでるかのように見えるアイデア商品。

しかも今では珍しくなった、CCDカメラ。
画質の美しさで群を抜くんだってさ、すごいね。
あたしゃ驚いたよ (まる子)







今ナウ!間違いなく世界一カッコイイクルマ!!

や、僕の中ではですよ?

ええ。
そうさ、そうさ。
やっぱり、ホットハッチが好きだーーーー!!! (´▽`*)


スイスポ (1)
冗談抜きで3ドアハッチがあれば買ってます (`・ω・´)

あと、スポーツじゃなくて、 GT-i ってグレードなら間違いありません。
カルタスかよ (゚∀゚)


いやぁ、それにしてもマジでカッコイイですよね!
キザシといい、スズキのデザインには妙に惹かれるモノがあります。

そして、この弩新車のスイフトスポーツにオーディオインストールです (´▽`*)



スイスポ (4)
ナビは大人気の、サイバーナビ AVIC-CL902。
所謂、レギュラーサイバーの8インチモデルってやつです (´-`*)

サウンドナビみたいに階段を案内することもありませんし、
音声認識で何を話しても「ラーメン屋」となることもありません。

そしてナニよりも魅力なのが、その価格!
8インチの大画面、高度な音質調整もでき、ナビ質もイイ。
これだけ揃って17万円ですよ???

一昔前なら、サイバーナビといえば30万とか40万とかだったのに (;´Д`)

イイ時代になったもんだぜ、ベイベー。



スイスポ (2)
フロントスピーカーは、人気のモレル ・ マキシモウルトラ602。

どう考えても価格以上のクオリティ。
お手軽プライスでモレルサウンドの片鱗が十分に味わえます。

比較的鳴らし易いのも魅力です (゚∀゚)

ウーファーは強固なインナーバッフルでガッチリと取り付け。
強めのデッドニングで十分な低域を引き出しています。
トゥイーターはAピラーにスッキリと埋め込み加工。

超さりげないインストールですが、
専門店ならでは感がビンビンに伝わります。

純正位置に隠し込んでるのと、露出してるのとでは雲泥の差がありますが、
ダッシュボード上にポン置きするのと、埋め込み加工するのとでは
音質面でそこまで極端な差はありません (・∀・)

ただし!
見た目の満足感は雲泥の差どころの話ではなく、比べ物にもなりません。
こんな抜群にカッコイイくるまで、大好きな音楽に包まれて、
気持ちいいドライブを楽しんで、さらに加えてコッコイイ!!!

こいつはまさにカーオーディオの醍醐味ってヤツじゃないですか ( `ー´)ノ



スイスポ (3)
そこにさらに便利機能もプラス。

あれば安心感も桁違いなのがバックカメラ (・∀・)
ガイドラインもしっかり調整しておけば、安心感もさらにレベルアップ。

こいつぁ頼もしいにも程があるぜ、なぁ?相棒 (誰?)



スイスポ (5)
頼もしい相棒のバックカメラであっても
やっぱりポン付けだとありがたみが半減するのが人情ってもんです。

そんな人情は要りませんが、それもまた必定。
人の心は紙一重なんです。

なんだかよくわかりませんが、カメラの取り付けもスッキリしたいもんです。
つまりは、そういうこと。

画像のように、車両センターにさりげなく取り付け( ̄ー ̄)


さぁ!!

今すぐ、服を着替えて街に飛び出そうぜ!
最高のクルマと最高の音楽と共に!!





だから、このキャラなんですか?

ヘンタイの特盛 (スティングレイ)

今年最後のビッグイベント!

「まいど大阪 秋の車音祭2018」

どうやら無事に終了したみたいです(他人事みたいに言うな)


勝った人も惜しかった人も負けちゃった人も。
すでに来年に向けて動いてる人たちがいっぱいですぞ??



さてさて。
まいど大阪のエントリー組といえば、言わずもがなの「ヘンタイ達」。
否、むしろ「弩ヘンタイども」の方がしっくりくるかにゃー。

そんなあからさまなヘンタイにも匹敵するヘンタイスティングレイ。


s-IMG_4368.jpg
ついこの前も紹介しましたが、所謂五代目スティングレイ。

見た目はそれほどヘンタイっぷりを感じるところがないように思えますが・・・。

よ~く見ると、ピラーの形状がなんだかおかしなコトに!?



s-IMG_4371.jpg
!?

バッフル面を同一にし、縦軸は垂直・センター向きに
厳密に設定してあります。

ユニットは垂涎のハイエンドユニット、BRAX MATRIX。

圧倒的な質感と空気感、加えて抜群の定位を実現。
今はまだほんの少~しヒステリックに響くところがありますがー( ̄▽ ̄)



s-IMG_4369.jpg
勿論、ウーファーもBRAX。

もともと、DIATONE・DS-G500を取り付けていましたが、
今回、念願の3WAY化に伴い、BRAX MATRIX3WAYを選択。

モレルの3WAYやDLSの3WAYでもよかったんですが、
オーナー様の強い希望でBRAXに決定。

以前のモデルのBRAXのスピーカーはくっそ堅くて
カッチカチやぞ!な音でしたが、このモデルは全然違います。

んでもまぁ違うとはいえ、基本的には固めのトーンには違いなく。
だから、とにかく楽器の音が溜まらない。



s-IMG_4370.jpg
あと、このルックスね!

機械好きにはタマランもんがあります( *´艸`)

まさに「THE・精密機械」


精度って言葉、大好きです。



s-IMG_4372_2018111219581240e.jpg
全体像はこんな感じです。

こう見ると、ピラーの存在感に圧倒されますが、
実際、運転席からみると全然印象が変わります。

右ピラーはさすがに視界が多少奪われますが、
実は左はほとんど変化が無かったりします。

トゥイーターの分は突出しますが、スコーカー部はピラーに収まるのです。



ただ、このへんのコトは「ヘンタイ」にとってはどうでもイイことのようです(ΦωΦ)

スティングレイのオーディオ班に、新たな仲間がッ!

割とマニヤックなオーディオのイジリ方する人が多い印象が・・・。

や、スティングレイに限らず、
カーオーディオ自体がマニヤックな世界なんですが |д゚)


特別、おかしなイジリ方してるスティングレイ乗りが、
独りでマニヤック度平均を引き上げてるだけかもしれませんが・・。
・・・全力で褒めてますよ??



s-IMG_4304.jpg
変態スティングレイ乗りのおかげで、
僕もある程度詳しくなりました、スティングレイ ( ̄▽ ̄)

これは5代目の前期、もしくは中期型。
34Sとか44Sとか言われてるタイプですね~。

僕的には34Sと聞けば、カルタス GT-i なんですけれども。
そうですよ、初めて買った新車がカルタスGT-iでした!


s-IMG_4307.jpg
このタイミングでサウンドナビを買ってくれるなんて、神か仙人。
もしくは、BRZのIさんぐらい (゚∀゚)

モデルチェンジ直前のこの時期は、
ビックリするくらいサウンドナビの売り上げが落ちます (+_+)

メーカーも代理店もそうなるコトわかってるんだから、
とっとと次期モデルの情報開示するなり、対策うつなり
早め早めにうごけばいいものを (-_-メ)


そんなわけで。
僕的にも新品を売る気勇気が無いので、
ディスプレイ品をお安く提供させていただきました。

音質面では、他の追随を許さない圧倒的な説得力を誇ります。

オーナーさんも、最初は

  「クルマで8インチ・・・?
    ん~・・どうなのかしらね?」

と、懐疑的ではありましたが。

実際、納車された際には大喜びで8インチ絶賛されてました (*´ω`*)



s-IMG_4306.jpg
300プレミでドライブするのは、大人気!!

DLSの誇る垂涎のハイエンドユニット・・・の、一歩手前。
プチスカンジナビア(*´ω`*)

プチとかいうから感じ悪いかもですが、その出音はまさにハイエンド。
自然で伸びやかな質感高い音が楽しめます(´▽`*)


トゥィーターは、スカンジナビアのそれ。
ちょっと大き目で独特なデザインが、好き嫌い分かれますが
まぁとにかく、まずは冷静に音を聴け。

ブルース・リーも言ってます!
考えるな、感じろ、と。


フォローになってないですか・・そうですか・・・。



s-IMG_4305.jpg
プチスカンジナビアと本チャンの違いは、このウーファーにあり。

プチスカンジナビアのウーファーは、1グレード下の
アルティメイトUP6というユニットになります。

グレード下とか言いますけどね、こいつもマジでイイ音聴かせますよ?
ユニットの奥行きも薄いので、あらゆる車種に取り付けられるのも
非常に大きな魅力と言えます。

純正然とした質感高い美しいアウターバッフル。
そこから聴こえる音は、まさに垂涎のハイエンド。

一番低いところはさすがにシンドイですが、
レンジを贅沢しなければ、密度高く端正なサウンドが堪能できます。

低いところがシンドイとはいいますが、他の高級スピーカーよりは
それでもなお、DLSの鳴りの方が有利という、この現実( ̄ー ̄)





いつもいつも、こんなタイトル(゚∀゚)

とか言いながら、タイトルじゃないところに書きますが。

僕ら世代で言えば、
探偵ごっこじゃない方のコナンの相方だったり、
あなたにもあげたくなったり、
ジョビジョバだったり。



s-IMG_4462_20180728210407b9a.jpg
日本が世界に誇る、世界最強の4WD・・・それがスズキ ・ ジムニー。

最近フルモデルチェンジを敢行しましたが、
一説によると、納車1年待ちだとかなんとか!?(>_<)
昔のポルシェかよ・・・。

そんな話題持ち切りのジムニーさんですが、この型も
まだまだ大人気!!

そんなジムニーさんのオーディオリフレッシュ作戦やっちゃいましょう(´▽`*)



s-IMG_4466.jpg
スピーカーは往年の名機、FOCAL Kシリーズ(*'▽')

ジムニーの純正スピーカーは、キックパネルに仕込まれた13cm(多分)
当然ドアに取り付ける場所なんてありませんので、
ワンオフアウターバッフルを作成してのインストールになります(゚Д゚)ノ

収納の少ない漢のクルマなので、ドアポケット残しバージョン。
ん~・・・もう何年も前の作業ですが、今見てもまったく遜色ないですね~。



s-IMG_4468_20180728210409d68.jpg
ミラー裏には極めてスッキリとトゥイーターを埋め込み。
Aピラーに埋め込みしたスコーカーは、Kシリーズのものではなく
ユートピアの3W2Be( ̄▽ ̄)

どちらも極々すっきりと取り付けられていますが、
各ユニットの振動面を同一面上になるように取り付けています。
位相管理が楽になるってコトはそれだけ音もよくなるってコトなのです。

さて。
ここまでは今回の作業ではなく、以前に行った施工内容。


今回のリフレッシュってのは・・・。



s-IMG_4467.jpg
DEH-P01からのDSP-PROmk2化!!(´▽`*)

P01は確かに疑うことのない名機。
これは紛れもない事実。

だがしかし。
旧世代機なのも、また疑いようのない事実。

時間の流れは残酷です。
1世代前の「名機・高級機」も最新の「レギュラー機」に負けてしまう・・・。
1世代どころじゃないですが、F4ファントムとかじゃぁ、やっぱ勝てないっすよ(ノД`)・゜・。

や、好きなんですよ!?ファントム。
でもね、ファントムに乗るか、ラプターに乗るかって言われたら絶対ラプターっしょ。


その残酷な現実を突きつけられての、ユニット交換。
でも、まぁこれがビックリするほど大正解(*´▽`*)

DSP-PROはRCAレベルで8chもの入力が可能なので
P900DVAのシアター出力を全て受け入れらます。

フロント入力のみで起こりがちな、5.1chお風呂モードにもなりません。
音声の遅延もほとんど感じられないレベルですので、
この時代になってようやくP900DVAの本領が発揮される時が来ました。

まさかのシアターブーム再燃(゚∀゚)


DSP-PROのアナログ入力時は、P900DVAをフルに楽しみ、
デジタル入力時はiphoneやウォークマンの超高音質で楽しむ。

まさかのフルメディア対応の一つの完成形が出現しちゃいました(`・ω・´)

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10