フレアワゴン(所謂、スペーシアね)でガッツリオーディオ!

時の流れは、

はやく、

やさしく、

そして、残酷。


気付けば、もう2週間以上音沙汰無し。

寂しさのあまり、気が狂いそうになっている人もちらほら(いません)


寂しい思いをさせてゴメンよ。

もう心配しなくても大丈夫だよ、

僕はいつも君たちのそばにいるよ。


ええ。

ご時世的に、そばに居てもらっても困るんですが、

所謂ソーシャルディスタンス万歳。


つまり。

そばに居なくていいから、とっとと更新しろっての。




フレア オーディオ (1)

へぃへい。

仰ると~~りでございます、っと。


そんなわけで。

久々更新のクルマは、マツダ・フレアワゴン(スズキ・スペーシア)

新規のお客様で、且つレツキッカ、一発目から本格的な

システム希望という、言うなれば 「あなたは神か」 的なお客様。

いやはや全く、ありがてぇ話でやんす。




フレア オーディオ (5)

ナビは新型サイバーナビ・CL910。

今ナウ、音質とナビ質で大人気のサイバーナビですが、

メインソースじゃぁゴザイマセン。

あくまで、バックカメラと良質なナビとしての用途限定。

僕的にはスマホナビが一切信用できません。

細街路じゃ一瞬で自車位置見失うし、方角も進行方向もメチャメチャ。

走行車線の指示もなければ、まともなガイドもしてくれません。

ハッキリ言って、「オモチャ」以外のナニモノでもありません。


「餅は餅屋」とはよく言ったモンで、

やはりナビは車載専用に限ります、いやマジで。




フレア オーディオ (4)

メインソースは、ズバリ!!

ウォークメンのデジタル接続であります。


音の要のDSP(プロセッサー)は、HELIX・DSP.3。

アンプレスのDSPなので、勿論、外部アンプが必要です。


システム規模に応じて、各種アンプを選べるので

システムアップは勿論、コストや、積載スペース等でも

後々楽しみが広がりますの。




フレア オーディオ (3)

スピーカーは、当店弩定番のDLS。

アルティメイトシリーズの16cm3WAYをインストール。


ウーファーはドアインナーで取り付け。

薄型でも良く鳴るウーファーなので、キツめのデッドニングをオススメします。


トゥイーターは、ドアミラー裏部にスッキリと埋め込み加工。

スコーカーは、すでに見えちゃってますが、Aピラー前部に埋め込み。


この3WAYのレイアウトは非常に理に適っています。

3WAYの成否は「真ん中のユニット(スコーカー)」が決め手なんです。

スコーカーの取り付け位置は、「できるだけ前(奥)」で「できるだけ外」

これが叶えば、第一段階はクリアしたも同然。


最終的な音場の高さや、広さ、奥行の決定権は、トゥイーターが持っているので

スコーカーを一番奥に設置できていれば、トゥイーターは広さを出すために

ドアミラー裏がエエですよね。


絶対的な正解が存在しないカーオーディオの世界では、

セオリーが重要になるのは間違いない事実ですが、

最近の超高精度なDSPの登場で、想像もしなかったインストールが

実現できるようになってきました。


調整の難易度もグングン上がってしまいますが、

実に面白く、ヤリ甲斐があります。




フレア オーディオ (2)

こっち見んな。

いや、やっぱこのデザインは・・・・。

冗談抜きで普通のデザインにしてくれ、いやマジで。

毎日見てても、悪い意味で飽きません。


僕も個人的に、このユニットを愛用しているのですが、

スコーカーだけは「ガワ」をバラシて、「具」だけを剥き出しで使ってます。


音はいいのになぁ・・・。



フレア オーディオ (6)

ラゲッジにはパイオニアの出来合いBOXをポン置き。

サブウーファーは、プチ加工取り付けでオーディソンの10インチに変更。

ZAPCOの4chアンプ2枚で、フロント3WAY+サブウーファーを

フルマルチで駆動しています。



DLSのUPは、しょっぱなからキチンと結構鳴ってくれる系なんですが、

エージングが進めば、ぞわぞわとリアリティーが増してきます。

結局。

くっそダサいスコーカーがエエ仕事してくれるのよねぇ・・・。



く、くやしい・・・。

こんな見た目のヤツに、屈するなんて・・・的な。



そういや、今ナウ、再放送してますよね、デジタルリマスターで。

ホントに今の(昔から?)NHKの一部の番組制作姿勢はクソですよね。

まっかっかのクッソクソ。

僕は受信料払ってますので、言いたいことは言いますぜ。


「未来少年コナン(再放送)」

「美の壺」

「サイエンスZERO」

「地球ドラマチック」

「NHKスペシャル(人体モノ、宇宙モノ、イカモノのみ)」

しか見ませんがね。




ジムニー オーディオ (1)

そして、やはり、「 コナン 」といえばジムニーでしょう!!


思い起こせば去年の春。

桜の舞い散る季節に手配をかけた、スズキ・ジムニー。

予定では、次の桜の季節には納車のはずだったのですが。


待ちに待ったぜ1年2か月!!

ようやく納車と相成りましてございまする!!

その間、オーナー様は毎日毎日来る日も来る日もバイク生活を余儀なくされ、

まさか一年以上もバイク通勤する羽目になるとは夢にも思わず・・・。


何度か心が折れる時もありました。

  「僕、たしか注文しましたよね?」

と、ディーラーに注文自体したかどうかの確認したり。

  「ハイゼットのジャンボってどう思います?」

と、そもそも違うクルマのこと考えたり。

納車待ちの間に、オーディオシステム自体が変更になってしまったり、

取り付け予定のナビが販売終了になってしまったり。


でも。

それも、もう過ぎたコト!!

待ちに待った新車のおでましでっす!!!

さぁ、溜まりに溜まった欲望を思うがままに吐き出すがよいわ!!

いやっほぉぅい!!!!!

じゅぅわっちゅっちゅぅぅぅぅぅ!!!!!




・・・・・・。




・・・。



え?



緊急事態?



自粛期間ちゅ?



・・・・・・マジか・・・。




ジムニー オーディオ (3)

ジムニーには、なんと!?

9インチナビが取り付けられるのですよ~。

カナテクスさんとこの専用パネルで精度バツグンの美しいインストールが可能であります。


漢の乗り物、ジムニーとはいえど、やはり大画面ナビは魅力です!

否、必須。


専門家会議の面々もはっきり見えます。

7インチナビとか、何書いてるかわからねぇ、嗚呼、哀しき哉 Low-gun’s

スマホナビなんてとんでもねぇ、全く何も見えやしねぇ。


今回選んだナビは、大人気9インチオンデマンドナビのAVIC-CQ910DC。

所謂、カープライム生活が実現する夢のようなナビ。




ジムニー オーディオ (5)

漢は黙って、5MT。

楽しいでしょうねぇ・・・ジムニーでのMT生活。

それに加えて、カープライム生活までも構築してるってんですから

鬼に金棒、チョコボールに肉棒であります。


オーディオシステムは、iphoneをデジタル音源とするDSPを追加。

サイバーナビのアナログ入力を加えて、フロント3WAYマルチを構築。




ジムニー オーディオ (4)

またか・・・・。

他にないの???


しょうがない。

だってすきなんだもん。


スピーカーは、お馴染み「悪魔の紋章 ・ DLS」

プチスカンジナビアにスコーカーを加えた3WAYシステムです。


奇しくも、3個の「まる」が集合するその姿は、スコープドッグ的でもあり。

一部の男の子はそちら方面でもキュンキュンしちゃうかも。




ジムニー オーディオ (2)

ウーファーは、ドアアウターをワンオフしてインストール。

ポケットも半分以上が利用可能ですよ~。


ジムニーの純正スピーカーは、ドアにこそ付いてはいるものの、

なんと!?超薄型の10cmフルレンジユニット。

いい音なんてこれっぽっちも期待できない代物です。


カーメーカーにとって、オーディオなんてどうでもいいモノなんでしょうけど、

ちゃんとしたオーディオ組めば、クルマに乗るのが何倍も何十倍も楽しくなるんですけどね~。


オーナー様の強い拘りで、グリルは「THE・悪魔の紋章」をあえて選択。

プチスカンジナビアの標準は、一般的なメッシュグリルなんですが、

それをあえて、カッコ悪い方を選択する、その心意気やヨシ。


全てのユニットを悪魔の紋章とすることで、他では決して味わえない

「ゾワゾワ感」が堪能できます。

YN仕様ってヤツぁ楽じゃねぇぜ・・・まったくよぅ。

密やかな漢達の嗜み。


それが、YN仕様。


あるものは策略を巡らせ、

またあるものは大胆に、

またあるものは開き直り。


世の旦那たちは、あらゆる苦難と試練、制約、

さらには強大な敵である嫁に立ち向かい、ある時は懐柔しながら、

手を変え品を変え、戦いを挑み続けるモノなのです。


嗚呼、花のYN仕様道

探究者どもに、幸あらんことを。




スペーシアギア audio (1)

今回、嫁に挑むのはスズキ・スペーシアギア YNカスタム

所謂、遊び心あるなぁ、で有名なあのクルマ。


嫁を欺くためには手段を問わない、YN道の上段者には常套手段の

  「 納車前にある程度揃えておく 」


純正オプションだと言い張る予定の「 WORK CRAG T-GRABIC 」

いや、WORKが純正オプションって・・・思うでしょ??


どっこい。

嫁という生き物は、買った時に付いていたものは純正だと思いこむ修正があるのです。

YN求道者たる者、この修正を有効に利用しない手はありません。


嫁に見せる前が、最大のチャンス!

このタイミングであらゆる「具」をインストールしちゃいましょうぞ!



・・・・・・。

・・・。

怒られるわ、フェミの連中に。

謝罪要求と降板を求める署名活動とかしないでね、っと。




スペーシアギア audio (2)

スピーカーはパイオニアのトレードインできるセパレート2WAY。

全て純正位置でのインストールですので、

スピーカー交換した形跡は一切わかりません。


純正のチープ過ぎるにも程があるスピーカーから、

安価でも社外品に交換するだけで、随分クオリティーが向上します。

デッドニングとかは、この段階では当然不要でありますぞぃ。


足元には、フットライトを前後左右4か所に追加設置。

他にも、内外全ての灯火をLED化や、ホーンの交換などなど・・・。


いらんっちゃぁいらんのですが、

漢の子ってのはね、クルマを買ったらいろいろイジリたい生き物なんです。




スペーシアギア audio (3)

ナビは拘って、サイバーナビ・AVIC-CL910DC。

所謂、プライムビデオナビの8インチモデル。


新型のサイバーナビは、画面が完全にフラットなので

最近多い、こんな感じのナビ取り付け位置には、ホントにドンピシャ。

この一体感は、痺れます。

松重的に言うと、ジンジンキタキタァァァァァァ!!




スペーシアギア audio (4)

ちょっと感心したのが、純正のアラウンドビューモニター(サテライトビュー)

勿論、社外ナビにも対応可能なんですが。

感心したのは、その演出。


サテライト感が半端じゃねぇ。

クルマの上空からぐんぐんカメラが降下していき、

そのまま車内に突入すると、あたかも見せびらかすかのように

ぐるんぐるん視点が変わります。

最終的には、そのまま各カメラ映像になっちゃうんですが、

この演出は、ちょっとおもしろかったです。



まぁ、実際使うときには、「もぅ!はよせぇや!!」ってなるのは必至。

俺のアルト、どこに置いてあると??

ここにあるとよ。



ええ。

実は僕、「 修羅の国 ・ 福岡 」 出身。




アルト ナビとか (1)

弩新車のスズキ ・ アルト X。

お祓い行った帰りに乗って来て頂きました~。


母上様のクルマだそうですが・・・。

アルミホイール必要か・・・サイドミラー、わざわざ黒にする必要あるか・・・。


家族さんからも、相当言われたみたいです。

でもね。

クルマを買うってのは、そ~ゆ~コトじゃないんだよ。

男の子ってのはね、自分だけの一台に仕上げたい生き物なんだよ。




アルト ナビとか (3)

いや、だから・・・

最新鋭のサイバーナビ、AVIC-CZ910。


母上様に必要なのか?と問われたら、

胸を張って答えよう!!

  「いらん!!」

と。


でもね。

クルマに乗るってのは、そ~ゆ~コトじゃないんだよ。

男の子ってのは、自分だけの以下略。




アルト ナビとか (4)

いや、だから・・・。

最新鋭のレーザー対応レーダー探知機、ユピテル ・ Z200L


母上様に必要なのか?と問われたら、

天を仰いで、答えよう!!

  「いらぬ!!」

と。


でもね。

クルマに乗るってのは、そ~ゆ~コトじゃないんだよ。

男の子ってのは以下略。




アルト ナビとか (2)

いや、だから・・・じゃねーーッ!!

これは要ります、マジで。


母上様も大喜び間違いなしのバックカメラ。

クルマに乗るってのは、こ~ゆ~トコも大事よね。


ソニー製CCDカメラを使った半埋込型のバックカメラは、

スッキリと目立たない取り付けが可能で、

リアビューを美しく保ったまま、大幅な視認性向上が可能です。


ただ、アルトはナンバープレート位置がバンパー下部にあるので、

車両最後端が見切れません。


ナビ自身の機能である、カメラガイド線をキチンと設定してあげることで、

接触限界までしっかりと寄せて駐車することができます。








・・・・・・。

・・・。


それにしても。


「堺」って漢字は、4つ目の宇宙人が銃を持ってるようにしか見えない・・・。








そろそろ見慣れてくるんじゃないかしら???

なにが?

や、なにが、って。
やーねー。
そんなのDLSの見た目に決まってるやないですか。

やれ「バスケットボール」だの
やれ「パンナム」だの
やれ「悪魔の紋章」だの。

散々な言われっぷりなわけですが。



キャロル オーディオ (1)
アルトじゃないよ、キャロルだよ。

常連のS様のキャロルをここで紹介するのは、
もしかして初めてかしら???

何故かって?
それはね。
担当の川端クンが、毎度毎度写真を撮り忘れるからに他ならねー!!


そんなわけで。
初登場(多分)のS様のキャロル。



キャロル オーディオ (5)
はじまりは、いつもナビ。

チャゲアスっぽく言う意味は全くありませんが。

サイバーナビの内蔵アンプでの2WAYマルチ、
チューンナップウーハーの追加。


オーナーの選んだ次なる一手は・・・。



キャロル オーディオ (4)
スコーカーを追加して、3WAYマルチ+サブのフルシステム化。


わりと筋金入りのDLSラバーのオーナー様的には、
このビジュアルはむしろ頼もしく映るのかも知れませぬ。

すでに埋め込み加工済みのミラー裏のトゥイーターに合わせ
AピラーにDLS・UPi25を埋め込み加工。

この、なんともむずがゆい、形容しがたい圧倒的な存在感は
DLSならではなのですが。

僕的には見慣れたにも程があるので、それほど気にならないのですが
世間一般、客観的に見れば、やっぱ絶望的なルックスですよね・・・。


冗談抜きで、なんとかならんのだろうか・・・・。
先日アップした、BLAMのなんとカッコいいことよ。


西川さん、マジで日本オリジナルのグリル作りません???



キャロル オーディオ (2)
ドアインナーでの取り付けだった、ウーファーはアウターバッフル化を敢行。

音ヌケが圧倒的に良くなり、
音質向上の次の一手にオススメです。

それにほら、見た目もグッとカッコよくなりますし。
音もよくなって、且つレツキッカ、見た目も良くなるとか抜群じゃないですか?


画像にはありませんが、
実は、このキャロル。
チューンナップウーハーまでもDLS製だったりします。

天晴ぞ、そのDLS愛(ラヴ)。
漢前にも程があります。

この勢いで、DSPをDSP-PRO2に変更して、
パワーアンプもDLSのCCi2で揃えません???


などと最後にしれっと営業してみるテスト。




プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10