ここまでヤッて委員会NP 再び

どうも。

延べ施工台数数千台のAV KANSAIです。

毎日毎日、僕らはピットの中で揉まれてヤになっちゃってたら

こんな仕事とっくに辞めてますって話。


そんな、「ウソでしょ!?」な施工台数をこなしてきた

個人的な肌感と前置きしたうえでなんですがね。


スズキ・スティングレイのオーナー様って、

ヘンタイ(いい意味でね)率が高いと感じています、ええ。


全力で褒めてますよ、ええ。




スティングレイ オーディオ (1)

そんな、ヘンタイ揃いのスティングレー勢の中でも

ひと際ヘンタイっぷりの光る、Z様のスティングレー。


今回のバージョンアップでも、そのヘンタイっぷりを

惜しげもなく披露していただきました。




スティングレイ オーディオ (2)

前回までの作業で、ガッツリハイエンドシステムを

すでにインストール済みのスティングレーさん。


フロントスピーカーは、垂涎にも程がある、BRAX MATRIXの3WAY。

ウーファーはMATRIX ML6P+MR6を強固なアウターバッフルで取付。
 

思い返せば、一番初めの出会いって他店施工の

バージョンアップからのお付き合いでしたねぇ・・・・。

しかも、ドアデッドニングはオーナー様が施工してたっていうね。


嗚呼・・・人に歴史あり。

気付けば、MATRIXがインストールされているなんて、

その時は思いもよらなかったコトでしょう。


これも一重に、僕の魅力によるところが大きいですね!!

ですね!!

だよね!?




スティングレイ オーディオ (3)

Aピラーには、MATRIX ML3+MR3とMATRIX ML1を埋め込み加工。


前回のバージョンでは、位相管理をしやすくするために

同一平面上に、スコーカーとトゥイーターを設置するという

ヘンタイ度MAXの取り付けだったんですが。

今回の作業で、ここも変更させてもらいました。


同一平面上のインストールにはメリットもたくさんあるんですが、

設置スペースの厳しい車両では、どうしてもステージが近くなる傾向があります。

調整の難易度は下がるので、調律にかかる時間が短くなり

最終的な音質を向上することができます。


今回のインストールでは、同一平面ではなく、各ユニットは

それぞれてんでバラバラの方向を向いています。


スティングレイ オーディオ (4)

この画像だと、向きの違いが分かりやすい??


まぁ、これも前回にチョイスしたユニットがML3だったからこそ為せる業。

コーン型のスコーカーならではの、とにかく奥に、とにかく外に、です。


この変更で、調整の難易度は極端に跳ね上がりますが

と同時に、音場は一層奥に、一層広くすることができます。


自身の調整スキルを常に磨いて、日々練習を重ねるコトで

時間はかかりますが、難易度の高い調律も可能となっちょるのであります。




スティングレイ オーディオ (5)

当然ながら、これらの調律のキモはDSPなわけですが。

採用しているDSPは、HELIX・DSP-PRO2+DIRECTOR。

サウンドナビが付いていますが、アナログ音源としては

ほぼほぼ使っていません。

メイン音源は、WM-1Z。

所謂、金のウォークメン。




スティングレイ オーディオ (6)

今回の目玉作業は、アンプの交換。

採用したアンプは、BRAX GRAPHIC GX2400を2台。

この一見すると、何の変哲もないフラットなラゲッジの下に、

サブウーファーのDIATONE・SW-G50と、GX2400が2台、

さらにDSP-PRO2と、ETON XDA750が隠れているとは、

お天道様でも気づくめぃ。


いや、まぁさすがに軽自動車のラゲッジ下に、これらを全部隠し込むのは

至難の業にも程があるコトだけは伝えておかねばなるまいて。




いつもいつも、僕の無理な買って買って攻撃でご迷惑おかけします。


それでも、こんな僕から高価な買い物していただけるコトを誇りに

今日という一日を強くたくましく生きていくのでありますよ。



そんなわけで。

また宜しくですよ!!!!!




そこまでヤッて委員会NP

NPってなんやねん、って思ってましたが

ホントにたいした意味が無いそうで。

東京じゃ、この番組観れないとか悲惨すぎる。



キャロル オーディオ (10)
今回のクルマは、マツダ・キャロル。

所謂、スズキ・アルトです。

これの前に乗ってたクルマが、GT-Rってのが俄かに想像できませんが。

想像できませんが、僕的には全然理解できます。

というか、むしろこっちがイイ。

だって、このキャロルさんってば漢の乗り物、MT車。

GT-Rのマニュアルとはまた、全く意味が違います。




キャロル オーディオ (8)



キャロル オーディオ (7)

まずは、この2枚の画像を御覧くだせぇ。

所謂、「こっち見んな」代表の悪魔の紋章、DLSが

ドドーンとインストール済み。

そうなんです。

このキャロルさん、ガッツリオーディオ組んでたりします。

シート下にはチューンナップウーファーも装備し、

DSP&デジタル対応も全てインストール済み。




キャロル オーディオ (11)

今回の作業は、もろもろのバージョンアップ。

まずは、ドアスピーカー。

画像ではほとんど、その違いが判らないと思いますが・・・


ついに導入!

念願のBRAX GRAPHIC!!




キャロル オーディオ (12)

ミラー裏だったトゥイーター位置は、Aピラーに移動。

スコーカーは同じ場所ですが、取付自体を大幅に変更しています。

とにかく奥へ、とにかく外に。


トゥイーターの位置を変更するコトで、音場を更に高く、奥にすることができます。

数字にするとほんの数センチの話なんですが、

特に空間の狭い軽自動車では、その数センチの差が非常に大きく影響します。




キャロル オーディオ (9)

シート下のチューンナップウーファーから、

ラゲッジポン置きBOX+外部アンプ化。

チューンナップウーファー大好きな僕ですが、

できることなら、ちゃんとしたサブウーファーがイイに決まってます。

28Lの強固なBOXに取り付けられるのは、

みんな大好き!DIATONE ・  SW-G50。


とりあえず、サブウーファーに迷ったら、これを買っておけば100%間違いありません。

速く、濃く、深い。

魅惑の低音が、あなたを虜にすること必至。



今回のバージョンアップにあたっては、

これでもかっ!!ってぐらい丁寧なヒアリングをしています。

今のユニットや音に不満がないので、 「 特に 」 、です。

今よりも、どうしたいのか?

音色なのか?情報なのか?ステージなのか?

各要素と要望を的確に取り上げ、

取捨選択の上、最善のプランニングを構築していきます。



納車時は最も僕らの緊張する瞬間なんですが、

  「ここまで変わるとは・・想像以上でした」

  「圧倒的によくなりました」

今回も、無事任務完遂いたしました!!






おっさん世代でいう、コナンの相方

それは勿論、ジムシィなわけでして。


くっ!

結局一日しか我慢できなかった自分をココロの底から恥じたいと思います。

そんなわけで、今日のクルマは勿論!!


ジムニー オーディオ (1)

大人気!!スズキ・ジムニー

散々コナンの相方とか振っておいて、これでジムニーでなきゃ

訴訟モンであります。


最もベーシックなグレード+MTをチョイスする辺りのセンスは

さすがにたくさんのヘンタイカーを所有してきただけのことはあります。

  「ヘッドライト、ハロゲンなんですけど、もっと暗くできないですか?」

そんな質問初めて聞いたわ (゚д゚)




ジムニー オーディオ (6)

外装の徹底的なドレスダウンに比べて、オーディオは実に豪華 ( ̄ー ̄)

以前からお使いのモレル・ハイブリッド603改をインストール。

Aピラーにスコーカー、ミラー裏にトゥイーターをスッキリと埋め込み加工。

狭い車内ながら、高く広い音場を構築しています。




ジムニー オーディオ (2)

ドアは勿論アウターバッフル化。

薄型であればギリッギリ16cmも入らないコトはないんですが、

結局、グリル開口が小さすぎてせっかくの16cmが活かしきれませぬ ( ノД`)


それならいっそ、アウターバッフルはいかがですかい??

御覧のように、実に美しく純正然としたインストールが可能ですよー。


あと、アウター化のメリットに挙げられるのが、スピーカー背面と

ドア外板側の距離を少しでも稼げるトコロ。

ジムニーのドアは、スピーカーとドア外板の距離が近すぎて、

背圧の拡散処理をキチンと行わないと、低音がポコつきがちです。




ジムニー オーディオ (11)

純正のラゲッジボックスを撤去して、純正然としたウーハーボックスを取付。

高さは純正と全く同じにしてあるので、荷物の積み感も純正そのまま。

シートを倒せばフラットな空間に早変わりなのです .゚+.(・∀・)゚+.


正直、広い空間ではありませんが、8インチの薄型ウーハーを2発付けることで

速さと鳴りをなんとか確保できました。

これね。

ジムニーには必須な気がします。

あるとないとじゃ別世界です、マジで (ΦωΦ)




ジムニー オーディオ (5)

基本的には、ウォークメン+DSPで音楽を聴くんですが、

息子さんも運転する機会があるとのことで、ナビをおねだりされた模様。

パパ辺さん的には、

  「ナビなんていらねー」

な、人なんで勿論バックカメラなんて論外だったんですが

ここもパパに折れてもらって、バックカメラも取付ました。


ナビは、実をとってパイオニアの楽ナビ8インチを選択。

中の具が見えちゃってますが、8インチ用の純正パネルが欠品ちゅ・・・。

一旦これでイイでしょ? ( ̄▽ ̄) って聞いたら、

問題なし ( ̄ー ̄) 、と期待ドーリのお答え。

ありがてー。




ジムニー オーディオ (7)

散々悩んだのが、これ。

HELIX・DIRECTORの設置場所。


ウィンドースイッチの下に貼りつけるのが定番だと思いますが、

漢のMT車なので、シフトの位置によっては非常に使いにくい・・・。


結局、この位置にステーをワンオフして差し込み式にしています。

というのも、DIRECTORの後ろはリアシートのベルト警告灯。

普段は独りで走り回ってるので、全く問題ないのですが

実際問題、車検の際には確認できないとダメな模様。


簡単に外せりゃイイっしょ?ってことで、ワンタッチで脱着可能としています。




ジムニー オーディオ (12)

僕の余計な一言で出費増やして申し訳ない。

スペアタイアに付いているカバーが艶ありペイント仕上げだったので

  「これはアカンのんちゃいます?」

と、言った翌日にはこのカバーに変更されてました w( ̄o ̄)w

てか、めっちゃ斜め。



ジムニー オーディオ (8)

直しときました (〃▽〃)



ジムニー オーディオ (9)

あと気になるポイントは、このアンテナですかね?

昔のハイエースみたいにAピラーから手動で伸ばすタイプか、

もしくは右フェンダーから手動で伸ばすタイプがカッコ良くないですか??

そんな部品あるのか知りませんが。

提案するだけして、悩みを増やすイヤなヤツ ( ̄▽ ̄)



ジムニー オーディオ (10)

このミラーもなんでピアノブラック仕上げなのか・・・。

半ツヤ黒の梨地仕上げかもしくは、古いキャリーのミラーとか。



今、ペイント出してるグリルに次いで、

また来た時はどこか変わってる気がしてならねぇ・・・。



元祖!遊べる軽といえば、ジムニーとちゃいますか?

まだまだ納車まで時間のかかる業界を代表する、スズキ・ジムニー。

今日は、コナンの相方とか言わない日です、今ナウ決めた。



ジムニー ナビ (1)

このジムニー、なんと母上様が乗るんだとか (゚д゚)

アクティブママ?

お話を聞くと、前のクルマもジムニーで、

かなりスパルタンな使い方されてたようで・・・。

  「歳も歳だから、そろそろ安全装備付きのジムニーがいいわね」

いや、そこは普通ジムニーじゃないと思う・・ ( ゚Д゚)


納車時にすでにルーフラックがついている辺り、

やはりタダモノではないように思います。

しかも、買ったお店が宝塚の名店、PISTONとか。




ジムニー ナビ (3)

今回の作業は、ナビとバックカメラの取り付けです。

同時作業でオーディオの話もあったんですが、

よくよく考えたら母上様のクルマだった・・・。


オーディオよりも、普通にナビが使えて大きな画面がイイとのこと。

要望がハッキリしていて、見積もりの精度が上がります。

不必要なものは徹底的に排除できますので~。


スピーカーの交換が無いとなった時点で、ナビはパナに決定。

パイオニアよりも画面が大きく、取付キット不要なので

コストも抑えられます (´∀`*)




ジムニー ナビ (4)

走行中に見ちゃダメですが、パナの地デジはキレイですね~。

それに、選局も速いんですよね。

あと、純正スピーカーに限って言えば、パナナビでもそれなりに聴けちゃいます。

決して、社外品のスピーカーに替えちゃダメだぞ!

どうしても替えるってんなら、DSP必須な!

お兄さんとの約束だ (`・ω・´)ゞ




ジムニー ナビ (2)

忘れちゃイケねぇ、バックカメラ(汚い赤丸の部分ね)


特にジムニーは、スペアタイヤ背負ってるので

ガイド線をきちんと設定しないとアウトのヤツです。

  「軽だからカメラなんていらんでしょ?」

もう、そんな時代でもないのです。



そして、ナンバープレートで分かるように、ナビとカメラの取付の為だけに

西宮からわざわざお越し頂ける、この嬉しさよ。

感謝であります .゚+.(・∀・)゚+.




s-IMG_7816_202007281633566aa.jpg

作業はまだですが、新型ハリアーも入庫しておりますぞぃ。



s-IMG_7817_2020072816335830f.jpg

このアングルからですと、リアフェンダーのブリスター感が強調されて

おっさん的にはテンションの上がる瞬間だったりします。

あと、やっぱりこの位置のウィンカーは、ヤベー気しかしません・・・ (´・_・`)

勿論、法律的には問題ない範囲なんでしょうけど、

トヨタは自車の為に平気で法律を変えさせるからなぁ・・・。



s-IMG_7825_20200728163359da6.jpg

プリウスと同じような構造のドアなので、大きなスピーカーも全然平気。

インナーバッフルでも自由度が高いので、コストを抑えつつ、

いろんなスピーカーを選べる楽しさもがあるのは嬉しいポイント ( ̄ー ̄)




s-IMG_7782.jpg

そして、何故か今ナウ、ポルシェがわんさか入庫ちゅ。

全て異なるポルシェが4台、作業中だったり作業待ちだったり。


手前から、991カレラS、987ケイマンS、957カイエンターボ、

ここには写ってませんが997カレラは本日納車ー ( ̄▽ ̄)


なんだかくっそ忙しい毎日ですが、まぁびっくりするくらいに

全っ然儲からないのが悩みどころ・・・。


ありえねぇ規模のハイエンドオーディオで

ダッシュポン置き、ポン置きウーハーBOX、コの字カバーで

オーディオ組みませんか ( ̄▽ ̄)

ぶっちゃけハイエンドじゃなくてイイですけどー。



さ。

夢見がちな日々にサヨナラして、

老体に鞭打ち、勤労に勤しむとしますか。

勤労、納税、教育は国民の義務ですからー。


まぁ、できることなら不労所得・・・

これぞ!日本の物流の素晴らしさ!!

漢のエゴ全開の趣味業界を代表するのが、

  「カーオーディオ」

だと言ってしまうことに、さほど異論の余地はないように思います。


いい音で聴きたいって言っても、基本的に運転席中心ですからね。

勿論、助手席メインのセッティングもご希望に応じて追加しますけど。

僕的には、その時間あるなら運転席の調整をもう一歩でも追い込みたいのですよ。


そんな、ワガママの極みともいえる趣味の店。

それが、カーオーディオ専門店・・・。

そんな場所に奥様連れてくるとか無謀にも程があるのですが、

決済の権限を握られているケースが多いので

説得の為にはそれも仕方がありません。


そのコトをよ~~~~~~~~~~く知っているのが・・・・・。


スペーシアギア リアモニター (1)

再び登場、スペーシアギア・カスタムのM様。

自分のクルマじゃなくて奥様の、です。


新車購入時に希望の具をあらゆる手段を講じて、

取り付け済みにしておき、不審に思われたら

  「純正やで?最初から付いてたやろ?」

と、ネジ伏せると言う強者でもあります。


そんな強者が再来店、しかも奥様号ってことは

何らかの理由をこじつけて奥様の承認取得済みってことです。




スペーシアギア リアモニター (5)

最も説得材料として重宝するのが、やはりリアモニターですね。

お子様の幼稚園や保育園の送迎に大活躍する、このスペーシアでは

かぁいいかぁいい娘っこ3人を乗せて、奥様一人でてんてこ舞いの日常。


そんな折、そっと悪魔が忍び寄り、囁きかけるのです・・・。

日々の暮らしに疲れ果てた奥様のココロの隙間に、

そっとそっと、

じわじわと、

確実に広がっていく、悪魔の囁き。


そう、それがリアモニター。

具体的にはこうです。

  「後ろ用にモニターあったら、ちょっとは大人しなるんちゃう?」

  「画面の取り合いもせぇへんようになるやろし」

  「子供もやけど、お前も危ないから心配やねん」

たったこれだけでイイのです。


モニターが欲しいんじゃない(めっちゃ欲しい)

子供の安全と、疲れ果てた奥様のコトをちゃんと気にかけている(フリ)


そして、時間と共に、心の解れは広がっていき、

いつしかリアモニターを求め始めるのです。

悪魔がこの瞬間を見逃すはずもなく、

リアモニターを付けるのに乗じて、他の作業も勝手に追加するのです。




スペーシアギア リアモニター (4)

最新鋭のサイバーナビ910DCがインストール済みなので、

HDMI出力を2分配しそれぞれのリアモニターへ接続。

前でも後ろでも美麗な映像が楽しめます。

今のサイバーなら前後で別ソースを再生することもできるので、

ちょっと分かりにくいかもですが、前のモニターではYoutubeを再生し

リアではプライムビデオをストリーミングで映しています。


どうでもいいですが、後ろで再生するコンテンツが

「究極の対決! 世界の凄腕スナイパー」

とか、子供にみせたらアカンやつです。




s-IMG_7401.jpg

ある日、ふと、思い当たる節の無い荷物が届いた。

「ナマモノ」なのか「瀬戸物」なのかなんともはっきりしないが

やけに厳重なその荷物。



s-IMG_7402.jpg

送り主欄には良く知った名前があるので、

少なくとも爆発物ではない。

と思う。


それにしても。

住所は合ってるが、ここはAVショップではない。

この宛名だとオーディオ屋ではなく、いかがわしい方を想像するではないか。

それでもちゃんと届くあたり、我が国の物流は「さすが」と言わざるを得ないようだ。



s-IMG_7403.jpg

少々訝しく思いつつも、開封してみることにする。

・・・・・・・・・・。

・・・・・・。

・・・。

「御礼」はわかるが、

  「そんな会社、あるかーーーーーーい!!」

と、突っ込んだことは念のため報告せねばなるまい。



s-IMG_7406.jpg

いやっほぉぅい!!!!!!!!!

まさかまさかの

  「信玄餅」

しかも、桔梗屋さんの方の正確に言えば「桔梗信玄餅」

僕が甘いもの好きだってのは世界共通のテーマであることは

ご存知のとーりですが、「桔梗信玄餅好き」であることは知らないはず。


こいつは嬉しい誤算だぜ!

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10