いい音の探求は楽しいぜぇ~

やっぱりアレですよね?

拘る漢は、あらゆる分野で追及を怠らないモノですよね!



s-IMG_3514.jpg
いつもお世話になっております、北大阪方面からお越しのO様のタントカスタム。

自分のペースで着実な進化を遂げてきておりまする(*´▽`*)
始まりは、ウェルカムプランのスピーカー交換だけだったんですが・・・。
ふと、気が付けばいつのマニヤら3WAY+サブ、DSPによるフルマルチ( ̄▽ ̄)

ほら、これもアレですよね!きっと!
最初に進めたボクのプランが優秀だったってコトですよね!(黙れ)



s-IMG_3510.jpg
今回の作業は、DSPの機能を大幅に拡張するコントローラー、
HELIX・DIRECTORを新たに追加しました( ̄ー ̄)

今までは、例のクッソダサいコントローラーを使っていましたが、
ぶっちゃけ普段使いには、特段、問題があるわけではありませんでした。

問題があるとすれば、ボリュームノブの感度がシビアすぎて
微調整ができたもんじゃぁない!ってコトですか(大問題です)

DIRECTORの取り付けにより、スムーズなボリュームコントロールが可能になり
各種プリセットを呼び出すことで多様な鳴らし方もできちゃったりします。

意味ないですが、ワンタッチで「2WAYシステム」と「3WAYシステム」の
聴き比べなんてこともできます。



s-IMG_3512.jpg
愛用のDAP「Fiio X3」の専用ホルダーも同時に作成。

センターコンソールの無い軽自動車は、結構このDAPの置き場所に困るのです(T_T)
この位置なら、視認性、操作性共にバツグン( ̄ー ̄)

金属製のステーを使ってボルト留めしてあるので強度もバッチリざます!



s-IMG_3513.jpg
ラゲッジには、キッカーの10インチサブウーファーも設置済み。

鳴らし易く、比較的小さなエンクロージュアでも使える、よくできたウーファーです。
とはいえ、さすがにタントのラゲッジだと相当に窮屈ですねΣ(゚Д゚)



軽自動車のオーディオもおまかせください!
BMWばっかりじゃぁありませんぜ!


純正ナビ進化系の最終段階!!

始まりは、パナソニックナビの音をなんとかしたい・・・。
ただそれだけだったはずなのに・・・。



タントaudio (1)
手始めに、スピーカーを交換。
DLSのRS5Nをドアインナー&ダッシュポン置き。

すぐさまオーディオプロセッサー・PP82DSPの導入。
時間をおかず、デジタル音源の導入。

そしてついに!!



タントaudio (2)
ムーブ・タント系の最終兵器、3WAY化を決行!!

13cmスピーカーのRS5Nを取り外し、
新たにDLS・UP4i&RC6.2ミッドを導入。

ドア下部、ドリンクホルダー部を大幅に作り替え、強固なアウターバッフルを作成。
タントはドアのデザインが左右で大幅に異なるため、
治具を2つ作成する必要があり、手間も2倍(-_-;)

だがしかし!
このアウターバッフル化は飛躍的な音質向上が可能。
とにかく、めちゃくちゃ鳴ってくれます。
同時にドア制振も追加しています。

純正位置に800cc程度の簡易エンクロージュアを作成し、
10cmミッドをインストール。
16cmウーファーの強力な背圧を遮断し、安定した性能を発揮させるためには必須です。



タントaudio (3)
一緒にAピラー加工も行いました、勢いで( ̄▽ ̄)

やっぱダッシュポン置きと比べて、このオーディオーカー感がたまらんですね。
反射を最小限に抑え、位相の管理も行いやすくなります。

まぁ、難しいコトはおいといて、カッコイイのって大事ですよ(*'▽')


さぁあとは、助手席シート下のチューンナップウーハーを残すのみ。
あるに越したコトない業界代表なチューンナップウーハーですが、
KENWOODのそれは少々ヤバイですね"(-""-)"

μのBLACKBOX8、マクロム、ロックフォード、キッカーのいずれかに
変更したいところですね~。
それだけでも随分改善しそうです(^^♪

まぁ理想は、ラゲッジに10インチウーハーポン置きですが( ̄ー ̄)
ゼヒニー


デジタルの衝撃!

着実に進化を重ねてきている、O様のタント。


s-IMG_1494.jpg

すでにスピーカーの交換、プロセッサーの追加と
順当に来ていましたが。



s-IMG_1495.jpg
今回は、デジタル音源を追加しました( ̄ー ̄)

今までは、クッソ音の悪い界代表のパナナビからの
アナログ入力で鳴らしていました。
クッソ音悪いパナからでも、PP82DSPにかかれば
とんでもなくまともな音にすることができます

とはいえ、やはりアナログは所詮アナログ。


デジタル音源の追加には、オーナー様も感激されていました。
今まで聴いてたのってなんだったんだ・・・、と。



s-IMG_1496.jpg
デジタル音源の追加時に必要になるのが、HELIX用コントローラ。

デジタル音源の大半は、ボリューム変更ができないのです!
普通にそのまま繋ぐと、とんでもない大ボリュームで
どえらいことになっちゃいます(>_<)

最悪、トゥィーターとかぶっ飛びますからね(-_-;)



それにしても、圧倒的にも程がある音質向上っぷり。
しかも、結構お手軽に追加できるのに、効果は絶大!

デジタルプロセッサーを取り付け済みなら、是非、ご一考ください。
ちょっと驚きますよ~( ̄ー ̄)


最近のスマッシュヒット的なアイテムといえば・・・。

ゲーム&ウォッチ!!!
しかも「ファイア」が好きです!!

s-IMG_1192.jpg
そして、クルマは最新鋭のダイハツ・タント。

まさにゲーム&ウォッチとは逆の今を代表する一台。

車内は静かだは、広いは、走るは、と3拍子揃いまくりだそうです。
そう聞くと、なんだか最高のくるまのように思えますが・・・・

やっぱり音はちっとも冴えません(-_-;)



s-IMG_1191.jpg
しかも、装着済みのナビが「パナソニック」だってんですから、
そりゃぁ音も良くなかろうってモンです。ええ。

ホントに個人的な感想ですが、いろんなナビありますけれど
一番音質的にアウトなのがパナソニックじゃないですかね???


前回、ウェルカムプランで「DLS ・ RS5N」をインストールしていただいたのですが
どうにも音に納得ができませんで。
バイアンプ接続や、可能な限りの調整を行いましたが・・・。

そこで今回は、オーディオプロセッサーを導入しました。
ユニットは「Helix ・ PP82DSP」をチョイス。

カロXをも遥かに超える、圧倒的な調整能力を誇る、このユニットは
デジタル入力はもとより、アナログ入力でも相当イケるのです!

コテコテにイジリまわすのではなく、スピーカーの持つポテンシャルを
限界まで引き出してやるのです!!


オーナ様の第一声
「ウソやん!?こんなに違うの!?なんなん?コレ!!」

この言葉がすべてを語ってくれています( ̄ー ̄)

元の音源の質が大事なのは当然ですが、例えばですけど
めちゃくちゃ腕のイイ料理人にかかれば、ちゃんと「美味い料理」になりますよね?
素材を最大限まで活かし、弱点や欠点を巧く補う。

オーディオプロセッサーとは、そんなユニットなのです(^^♪



s-IMG_1209.jpg
さてさて。

そんなオーディオプロセッサーの頼もしすぎる相棒!!
「Helix ・ DIRECTOR」が山積み(*'▽')

次回ロットの入荷時期がまだ全然わかりませぬ(^^;
早く手に入れたい方はお急ぎくださいませ~~( ̄ー ̄)

「N-BO◯」に似てるような気がしますが気のせいです。

s-IMG_8639.jpg
・・・・・・。

・・・。

気のせいじゃない気がしてきました(ややこしい)
オーナー様も曰く「N-BO◯にしか見えない」と言ってましたが(^^;

早速新型タントカスタムにナビ取り付けました~。



s-IMG_8638.jpg
最新鋭の楽ナビ・MRZ-099Wであります(^^)

パイオニア初のワイドフェイス対応ナビです。
当たり前といえば当たり前なのですが、さすがのマッチングです(^^;

ひとつ驚いたのが、トヨタやダイハツはデッキ取り付け金具が
標準でついていたハズなのに、このタントはついていません・・・。
ちょいと焦りましたが。



s-IMG_8635.jpg
真四角にも程があるほどの真四角っぷりを披露してくれるタントさんですが、
バックカメラはあるに越したことはないのです(なんかややこしい)

ところがどっこい!!!

タントのバックゲートは、驚くなかれ裏表ともプラスティックの一体成型!!
ガーニッシュ等の取り外しが不可能だったりします。

そうなんです。
ゲート内の通線が非常に困難なのであります(>_<)


んでもまぁ、そこはそれ。
いつでもいかなるときも、なんとかなるもんです。
否、なんとかしなくっちゃなのです!!

そんなわけで、バックカメラもふつうに取り付け可能です(^^♪
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10