最近めっきり聞かなくなった言葉・・・

マルチメディアクリエイター。

そういえばハイパーメディアクリエイターとか、
もっと意味不明な肩書もありましたね。
3DO(知ってます?)でチキチキマシンとか作ってたましたよね ( *´艸`)



s-IMG_4450_2018120119521580b.jpg
今回のクルマはLEXUS ・ IS

紅いボデイーが異様にセクシーですね~。

マルチメディアクリエイターに負けないような、
マルチメディア対応が今回の作業ポイント!!



s-IMG_4452_201812011952168d4.jpg
まずは手始めに、車内でブルーレイが楽しめるようにしちゃいましょ!

とはいっても、最近のトヨタ系のメーカーオプションナビ(標準もね)は
ブルーレイ再生可能なモノが多かったりします。

「それ」が欲しいが為に、メーカーオプション選ぶ人も多いとか。

いやはや全く。
嘆かわしい事態じゃわい (`・ω・´)


この画像は、純正BDの画面ではなく、外部入力の映像です。



s-IMG_4457.jpg
車載BDにろくなものがそんざいしませんので、
ポータブルBDをグローブボックス内に取り付けちゃいました ( ̄ー ̄)

もともと持ち運ぶ設計なわけですから、振動対策も施されてます。


こいつからHDMIで映像・音声を取り出し、DSPに入力しちゃうぜ作戦。
これでBDも迫力満点、驚異の高音質で楽しめます (´▽`*)



s-IMG_4460_201812011952241ea.jpg
ちょっとわかりにくいですが、ヘッドレストの向こうに見える純正のフロントモニターと
リアモニターに同じ画像が表示されています。

最近のナビは映像の取り出しができないケースが多いのですが、
これならリアシートでも美麗なBD映像が楽しめますね~。



s-IMG_4453_20181201195218911.jpg
前後シートどちらも最高の環境で音楽を楽しみたい!
なんて贅沢三昧なオーナー様の要望に応えてくれるのが
HELIX ・ DSP-Pro。

なんと贅沢にも、前後共に2WAYマルチで鳴らしています (*'▽')

純正音源は勿論、BDのデジタル接続、ウォークマンのUSB接続。
多様なソースに対応させています。

そう!
これがいわゆるマルチメディアミックス!!
言ってて恥ずかしい!!



s-IMG_4455_201812011952193d7.jpg
フロントスピーカーは、最近出たBRAXの新型。
グラフィック GLの2WAY。

非常に精度高く、美術品のごときスピーカー。
こいつで聴く、女性ボーカルの張りと艶は、
ちょっとゾクゾクするレベルです (´▽`*)



s-IMG_4459_20181201195222c07.jpg
オーナー様的には、フロントと同じスピーカーでよかったそうですが、
さすがに前後BRAXって・・・。

リアスピーカーには兄弟ブランドである、
HELIXのコンペティションシリーズ 2WAYを選択。

や、十分すぎるぐらい贅沢なユニットなのはわかってます。
皆まで言うな (;´Д`)

ちょうど、ドアノブ部分に絶妙な空きスペースを発見したので
ちょこちょこっと加工して、トウイーターを埋め込み。

前後ともウーファーはドアインナーでインストールしています。
通常は行いませんが、今回はリアドアのデッドニングもしています。

まぁそりゃそうですよね、HELIXのCシリーズ取り付けて
デッドニングしないとか、バチ当たりにも程があります (`・ω・´)



やっぱりどう考えても、この型の「IS」が

レクサスでは至高のデザインだと思います。


s-IMG_3485.jpg
シュッとした漢前とはこのことですぜ。
ブランドイメージとしてのファミリーフェイスってのは分かるんですけど、
なんでもかんでもスピンドルじゃなくてもイイと思うんだけどねぇ・・・。

さてさて。

常連のT様、いつも和歌山から遠路はるばるお越しくださいます。
ありがてぇにも程があるってもんですね!!
今回は、大幅に予定を変更して、スピーカーの交換です( ̄ー ̄)

ホントはドライブレコーダーとレーダーの取り付けだけのハズだったんですが(^^;
ちょっとミッドウーファーの調子が悪いとか、話してたら・・・。
左の子が見事にトンじゃいました(T_T)

「ぬぅぅ・・・・予定外にも程がある、いやマジで」
「タイミング悪いっすねΣ(゚Д゚)」

「まぁ、いずれ変えようとは思ってたけど、いやマジか・・・」
「ハイレゾ化してからの予定でしたもんね(^^;」

「・・・・・・・。」
「・・・」

「・・・・・・」
「・・・」

「よっしゃ!!変えよ!!一緒に変えてまうわ!!」
「マジすかΣ(゚Д゚)」

「どうせ変えようと思ってたし、むしろ思い切りついたわ!」
「漢前にも程がありますね(*´▽`*)」


そんなこんなで。


s-IMG_3488.jpg
DLS・GOTHIAの3WAYから、
垂涎のハイエンドユニット・DLS スカンジナビア3WAYに変更でっす(^^♪

同時にアウターバッフル化もしちゃいました!

現行スカンジナビアのミッドウーハー付属のグリルデザインが、
好き嫌いのはっきりわかれる系なので、今回は通常のグリルを
別に手配してインストールしました。
リング状の加飾を入れて、ちょっとだけアピールしています(^^;

徹底的に純正然に拘るのもイイですけど、これぐらいの遊び心も欲しいですね~。


スコーカーは、ドア中部の純正位置に取り付け。
立体的で複雑な形状のインナーバッフルを作成し、
絶妙なクリアランスと角度を達成しています。

本来、純正トゥィーターが設置されているミラー裏付近は、
ワンオフのカバーを作成しスッキリと隠しちゃいました。



s-IMG_3489.jpg
ドアアウター部はこんな感じで。

純正然としながらも、明らかに他とは違うこの存在感。
ちょっと手を加えるだけで、このイメージアップは嬉しいですね~。



s-IMG_3487.jpg
GOTHIAよりもさらに大型化したトゥィーター。

ミラー裏でもよかったんですが、奥行き感も欲しかったので
今回はAピラーに埋め込みました。

大型トゥィーターらしく、ヒリつき感も皆無。
低いところを余裕で鳴らしてくれるので、調整の幅が広がります。

やっぱ、優秀なトゥィーターはイイですねぇ・・・。
しみじみと痛感します。

歳をとるとちょっとしたコトで、涙しちゃうそうですが
冷血漢の代表、僕、修ちゃんはちょっとやそっとじゃ揺るぎません。

そんな、血の代わりにLLC通ってる修ちゃんをも感心させる、
DLSのスカンジナビアとはいかほどのものか!?


実際自分のクルマにつけてみましょう!( ̄ー ̄)
想像以上の体験があなたを待ってるかも待ってないかも。

高級車にありがちな、高度なオーディオシステムって・・・

高価で複雑な割に、音がイイってわけじゃないってのが(-_-;)
しかも、スピーカーだけの交換では音質改善できないって・・・ねぇ?

メーカーサイドで、社外品に交換しにくいようにするのなら、
せめて、もっと納得のいくクオリティにしてくれって話のぱなしですよね???



s-IMG_2909.jpg
ん~~・・・、やっぱレクサスのデザインって、車種を問わず初代がエエですねぇ。

初期型のLEXUS・GS350。
この年式だと地デジも装備されてなかったんですよね(-_-;)



s-IMG_2906.jpg
標準装備のAV入力を利用して、メディアプレイヤーの映像を表示。
当然ながら純正モニターなので、テレビキャンセラーは必須ですが。

純正ナビ・オーディオはそのままに、オーディオプロセッサーを導入して
音の出方を根本から変えちゃいます。

オーナー様は、テレビ・ラジオ・DVDの音声は必要ないとのコトですので
めっちゃ割り切ったインストールが可能です。
リアスピーカーから、ナビガイド音声やラジオ音声をとりあえず聞けるように
してしまえば、あとはオーディオは自由自在。

オーナー様が「ナニを」必要とし、「ナニが」不要なのかを
こちらがしっかりと把握できなければ、システムの構築は不可能です。

条件次第では、比較的安価でも満足度の高いシステムもできちゃいます( ̄ー ̄)



s-IMG_2908.jpg
元々取り付け済みだった、パイオニアのV17をマルチ駆動に変更。
ドア上部に付けてあったモノをダッシュ端に移動。
ドア上部の二つの小さい丸っこいのは、穴塞ぎです(^^;

純正オーディオを無視したシステムなので、スピーカーの交換も自由自在。
好きなスピーカーを取り付けられるのって、なんて素晴らしいんだ!!

LEXUS・NXにもDSP-PROをどうぞ!

どうぞ、よろしくです(なにがやねん)

や、ですから。
LEXUS・NXにもDSP-PROを。
もしくは、V-eightを。



NX audio (1)
LEXUSのモビルアーマー的デザインのなかで、
もっとも完成度が高いのがこのNX(諸説あります)

すでにDEH-P01の3WAYシステムが構築済みのこのクルマ。
更なる音質向上を目論見、選んだユニットは・・・・。



NX audio (4)

もうこれしかないでしょう!?な、HELIX・DSP-PRO( ̄ー ̄)

DEH-P01用にパネル加工済みでしたので、
今回はそこを小加工して、DIRECTORを取り付け。

勿論、パネル全体を修正して埋め込むコトも可能ですが(^^;



NX audio (5)
純正のAV入力を利用して、メディアプレイヤーの画面を表示。

社外品のナビやモニターと違って、どうしても純正モニターの
映像は滲みがちです・・・(T_T)



NX audio (2)
レベルの高いコンテストでも上位入賞気味のこのNXですが、
スピーカーは何故かドアインナー( ̄▽ ̄)

劇的に改善するわけではありませんが、ここはいずれ是非とも加工したいポイント。
このあいだの記事でも書きましたが、コンペに限って言えば、
ネガな部分を残す意味なんてこれっぽっちもありませぬ(*'▽')



NX audio (3)
スピーカーは、モレルのハイブリッド602+CDM880。

全然普通~のインストールです。
極々当たり前の、うちでの標準的な施工内容。

特別なのは、調整。
カーオーディオは取り付けも大事ですが、最も重要なのは調整。
勿論、調整を活かせる取り付けがあってこそですが、
ウェイトで言えば7:3で調整です。

だから、僕らは調整能力の優れたユニットをオススメするのです。
(実際は調整能力が勝敗を決するんですが)

「もう少し、音を良くしたい」
「ちょっと、ここが不満」

そんなとき、ショップに相談しますよね?
その答えが、
「じゃ、アンプ変えよう」
「スピーカー、もっとエエのに交換しないと」

や、ちょっと違うんじゃない???
そのスピーカーも、アンプも、そのショップが売ったんでしょ??って。

まず、調整でじたばたしていこうぜ??

突き抜けちゃえば、アリになる。

最近のクルマって、デザインがちょっとエグイというか、
ドギツイというか・・・
なんちゅーんですか?シュッとしてないものが多いですよね(>_<)


そんななか!!
s-IMG_1478.jpg
レクサスの最新鋭に、とんでもない一台が!!!

俄かに信じられませんが・・・・新型のRXです~。


・・・・・・。

・・・・・・。

まさか、レクサスのデザイナーに大河原邦男氏が起用されるとは・・。

いや、それはさておきですよ。
市販車でここまで飛びぬけたデザインってなかなか無いっしょ!?

天晴であります。
ここまでイクと、カッコよく見えてきます!!



s-IMG_1481.jpg
これでもか!!
ってぐらいに、全面的にスピンドルにも程がある!


・・・・・・。

・・・・・・。

やっぱ、カッコヨク思えてきた。



s-IMG_1479.jpg
考えられうる範囲の全てのオプションを装着したってのもあるのでしょうが、
ここまでコッテコテにやっちゃうと、ちゃんとカッコよく見えるんですねぇ。

極めたものは美しい。



s-IMG_1480.jpg
モニター、でかっ!!!!!

パッと見のイメージでいうと、横幅50cmぐらいありそうです!(ありません)

今回の作業は、ドアのデッドニング作業。
いくらフルオプションのレクサスであろうと、
純正オーディオは、所詮純正。

逆立ちしたってハッチャけたって、ちゃんとした社外オーディオには勝てません。

機能と音質との両立を、どのレベルで妥協できるかが、
このクラスの車両でオーディオを考える上で、
最も難しいところですね~。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10