音で選ぶ←わかる  見た目で選ぶ←わかる  ロゴで選ぶ←???

いや、マジできっかけはメーカーロゴなんです。

いろんな選び方があって、もちろんイイんですが・・・。


ロゴ? (゚△゚;ノ)ノ

うん、ロゴ ( ̄ー ̄)


長く生きてると、いろいろとあるよね・・・うん。




ノア オーディオ (1)

僕だけで考えても、20年近くお付き合いしていただいているK様。

弊社とのお付き合いでいうと、創業当時からのお付き合い。

もしや最長??


そんなK様、マイペースでバージョンアップを楽しんでいます。

元々は、ほんっっっとに J-POP しか 聴かない人だったんですが・・・・。

どこで道を誤ったのか、踏み外したのか、それともこれが正解なのか。

今は、クラシック 「しか」 聴かない人になっちゃいました。

  「クラシック??あんなもんの何がええの??」

と、全否定だった日々が懐かしい・・・。

まさか 「ヒラリー・ハーンが・・」 とか 「メンデルスゾーンは・・・」 とか

そんな言葉を聞く日が来るとは夢にも思いませんでした。




ノア オーディオ (2)

多分、きっかけはこのスピーカー。

BRAX ・ MATRIX (先代ね)


長いカーオーディオ歴があるだけあって、

今までいろんなスピーカーを聴いてきてます。

KEFとかも使ってましたよね~。


そんななか、ふとした出会い(イイ状態の中古ね)から

始まったBRAXとの生活。


今まで一切興味のなかったジャンルでも、

  「聴いてみよう」

と、思わせるナニカを感じ取ったんだと思います。




ノア オーディオ (3)

Aピラーに、スコーカーとトゥイーターを埋め込み加工。

同一平面バッフルでインストールすることで、

ある程度の位相ズレを抑える効果が期待できます。


僅かであっても、音がよくなるのであれば・・・。と、

保護グリルも外しちゃってます。

中の具ぅ、剥き出しなので取り扱いは慎重に、です。




ノア オーディオ (4)

DAPとして、ウオークメン WM-1Aを導入。

いや、そこは金でしょ??

わかってます、ええ、わかってますとも。

DAPを導入する 「だけ」 なら、金を買ってます。


実は、今回の最も大きな変更作業は、アンプの交換だったりします。


今まで使ってたアンプは、パイオニアの名機 ・ PRS-A900。

スピーカーは前述のBRAX・MATRIX(先代ね)3WAY。


抜群の情報量と解像度を誇るBRAXのスピーカー(先代ね)は、

音が少々硬い。というか、むしろカッチカチ(先代はね)。

対する、A900ってアンプは、なんだかのんびりした音のするアンプで、

カッチカチ VS のんびり~ の組みあわせで、ビミョーに高相性でした。


今回新たに交換したアンプは、BRAX・GRAPHIC GX2400。

ここで、タイトル。

そうです、アンプの良しあしよりも、BRAXであることが重要だったのです。

なぜか?

  「だってロゴがめちゃめちゃかっこイイですやん」

それだけか・・・・ ○| ̄|_


まぁ、いい。

それならそれで、まだBRAX・DSPというモンスターが控えてる。


ここまで揃えて、初めて 「フル BRAX」ですよ (・∀・)ノ


あ、サブウーハーとキャパシターもBRAX化しなきゃですね ( ̄▽ ̄)




ホントによくできたミニバン、トヨタ・ノア

まずナニよりも、ナビが交換できるのが素晴らしいやね~(そこ?)


熟成を重ね、表には見えないあらゆる部分が改良されています。
やっぱトヨタはクルマ作りがんまいのであります。


まぁ、ノアボクに関して言えば、収納が少ないというか
収納が少々使いにくい、って声もチラホラですけれども。



ノア オーディオ (1)
各種安全装備を新たに装備し、お買い得感満載なノア W/B。

前期型からの買い替えが多いのも頷けます。
そんな弩新車のノアさんに、オーディオインストールであります~。



ノア オーディオ (6)
ナビゲーションは、パナソニックの最新鋭ナビ。

新型ストラーダの10インチ・BDモデルです!
モニター枠の大きさはそのままに、インチアップに成功したニクイやつ。

あらゆるクルマに取り付けられる(可能性が大)のがウリの大画面ナビです。
ですが。
こと、このノアボクに関しては微妙と言うかギリギリというか。

モニター位置を手前にスライドさせれば、勿論問題無いのですが
それでなくても「飛び出しクン」とか揶揄されがちなナビなので
極力、一番奥の位置で取り付けたいのです。

ですが。
その位置で取り付けすると、ディスクの入れ替えがちょいと面倒なコトに・・・。

せっかくのBD付きなんですから、ディスクを使うケースも多いと思います。
「飛び出しクン」上等!で利便性をとるか、
ちょっとのメンドクセーをガマンして、スタイリングをとるか。

人生最大の選択。



ノア オーディオ (3)
最初にちょろっと触れたノアボクの弱点に、収納の使い勝手を挙げましたが
もう一つの弱点は、フロントスピーカーの選択肢の狭さ。

車内空間を少しでも広くするために、ノアボク系のドアは
ドア自体の薄さもさることながら、ドア内貼りも少々薄め。

インナーバッフルでの取り付けの場合は、
あまり奥行のあるスピーカーは選べません。

薄型で高性能なユニットも増えてきていますが、
それも限られた機種のみ。


俺は、このスピーカーを聴きたいんだ!!!

そんな、あなたにオススメなのが「アウターバッフル化」

ドアにどでかい穴をあけるわけですから、それなりに勇気と男気。
あと、もう少しのコスト増ね。

これらをクリアできるのであれば、アウターバッフル化はオススメです。

世界中に溢れる、魅力的なスピーカー達。
あらゆるスピーカーが、アウターバッフルだと取り付け可能になります。



ノア オーディオ (2)
自然に溶け込んだ美しいラインが絶妙過ぎるのであります。

この仕上がりなら、質感に拘る人でも文句ないでしょ??
自然で美しく精度高く、尚且つ、他の人とは違う。


こいつは贅沢だぜ。



ノア オーディオ (4)
今回のオーディオカスタムの内容は、
大画面BDナビからのアナログ音源と、
超高音質のウォ-クマンからのデジタル音源、
そのどちらも高次元で楽しめる、オーディオプロセッサー(DSP)を使って
フロント3WAY+リアを鳴らす、ファミリー対応システムです。

奥様もしょっちゅう運転されるとのコトなので、
「ママモード」はアナログ音源のみを使い、
ひたすら純正同等の操作性・利便性を追求しています。
ナビからの信号をDSPで緻密に調律し、
フロント3WAY+リアを鳴らしています。

「パパモード」では、デジタル音源のみとし
機能性よりも音質重視となり、
フロント3WAYのみを鳴らします。

「パパモード」「ママモード」の切り替えは、ボタンを押すだけのワンタッチですし
リアスピーカーのON/OFFは連動で切り替わります。



ノア オーディオ (5)
選んだスピーカーは、おフランスざますのBLAMざます。

最近、モデルチェンジした「シグネーチャーモデル」の3WAYざます。
BLAMの魅力はなんと言っても、そのカッコヨサ。
これに尽きると思います。

存在感抜群のトゥイーター&スコーカー。

比較的大き目ながら、ノアボク系のAピラーなら、
何の問題もなくスッキリと美しく収まります。


他の人とあまりカブらずに、且つレツキッカ、かっこいいユニットを
お探しのあなた!

BLAMからは目が離せませんぞぉ~~。




トヨタ・ノアHVにガッツリオーディオインストール!!

ノアって聞くと、世間一般にはまずブライトさんでしょう。
次いで泉 野明(いずみ のあ)
個人的には宇宙空母を推しておきます。


s-IMG_2216.jpg
まぁ、普通はコレですよね(*'▽')
トヨタ・ノア。

家族大好きパパママノアなのに、
がっつりハイエンドオーディオシステム取り付けです!!
ありがとうございます!!



s-IMG_2203.jpg
ヘッドユニットは、もはや常識のBIG-X。
ファミリーカーで「あればイイのになぁ・・・」的なコトはほとんどできちゃいます!

どう考えてもサイバーナビよりも上です(-_-;)
頑張れサイバーナビ!というか、なんとかしろパイオニア!

今やナビヘッドがメインソースってのはほとんどありません。
今回もご他聞に漏れず、メインソースはSONY・ウォークマン NW-ZX2。

そうです!!
ナビの音もダブルゾーンもハイレゾも!!
なんでも超絶高音質なハイエンドシステムでっす( ̄ー ̄)



s-IMG_2204.jpg
ハイレゾの音がイイのは当たり前なんですが、
今までの音源データをZX2+HRD5経由で聴くと
もう今までの音には戻れません。

DSP-Pro・・・本当に恐ろしい魔性のユニットです・・・・。



s-IMG_2201.jpg
スピーカーは、FOCAL・165W-RCの3WAY。
スカッと明るい絶妙なドンシャリっぷりが実に気持ちイイのです。

現行ノア、ヴォクシードアスピーカー設置部にあまり余裕がありません。
大型のハイエンドユニットを取り付けるにあたっては、アウターバッフルは必須。

ですが。
純正のドアデザインが、あまりにも微妙なので
バッフルのデザインは非常にセンスが要るのです。

スピーカーの保護用にバータイプのグリルを配置して
カスタム色強めですが、嫌味のない好感度高めのデザインになりました( ̄ー ̄)



s-IMG_2202.jpg
こんな感じなのです(^^♪

どうです??
全然ヤラしくないでしょ???



s-IMG_2206.jpg
スコーカーとトゥィーターは、Aピラーに埋め込み加工。

助手席の奥様も音楽好きなので、左右でなるべく音質差を減らすために
左右シートのど真ん中を狙って取り付けています。

ん~・・・
かっこいいですね、165W-RCは( ̄ー ̄)



s-IMG_2205.jpg
たまたま設置済みの汎用センターコンソールボックスを
プチ加工してDIRECTORを取り付け。

結果的にすごく操作性も視認性もイイ、抜群の仕上がりになりました。
オーディオ設定を複数登録できるので、

パパ的には「独りでじっくり音楽に浸りたい」仕様
ママ的には「EXILEのライブをイイ音で楽しみたい」仕様
キッズ的には「リアシートでアナ雪を観たいー」仕様

とか、いろんな我儘に応えられます。



s-IMG_2207.jpg
キッズ的にもイイ音を楽しんで欲しいとのコトで、
贅沢にもモレル・ヴィルタスNano(定価10万!?)をインストール。

プチデッドニングも施してあるので、まさかのリアシートでも結構な音で
楽しめちゃいました( ̄ー ̄)

それにしても、贅沢だ( ゚Д゚)



s-IMG_2213.jpg
ハイブリッドなので、ラゲッジ右端にメインバッテリーが鎮座しちょりますので
左半分を利用して、サブウーファー・SW-G50とアンプ・H400X 2台、
サブウーハー用モノラルアンプ等、大量の機材をスッキリと隠し込んであります。

勿論強度も十分なので、荷物を積んでも多少ダンスされても大丈夫。
ライバルはズバリ、イナバです。



s-IMG_2214.jpg
右半分は独立したカバーになっていますので、メンテナンスは勿論、
ちょっとした荷物も中に隠せて超便利!!


独りでの深夜ドライブは勿論、家族揃ってお出かけでも
あらゆるシチュエーションをそつなくこなし、且つオーディオは
圧倒的な高音質を誇るこのノアHV。

さすがにDSP-Pro、ZX2等の現状考えうる最強システムなので
金額的には高額になっちゃいますが、いつでもどこでも
どの席でも誰もがイイ音を楽しめる満足度の高いものになりました( ̄ー ̄)

剛力彩芽がプロデュース!?

s-IMG_9831.jpg
いや、それはジョア。

このクルマは、ノア。
しかも、弩新車のハイブリッドであります~。

今回は、修ちゃんオススメピウランを選んでいただきました~。
ありがとうございます(^^♪


s-IMG_9832.jpg
当然ながら、サウンドナビ・Z80Premiがメインヘッドです。

超個人的に、ですが「デカイ画面」にはあまり興味がありませぬ。
やはり、「音」が大事なのです、マジです。



s-IMG_9834.jpg
スピーカーは、オススメプランなのでDLSを取り付け。

ノア・ヴォクシーは、インナー取り付けの場合、少しスペースが厳しいのです(-_-;)
ここは、やはりアウターバッフル化がよろしいようで!!

この鮭の遡上デザインも巧く逃げれますので、オススメです!!



s-IMG_9833.jpg
Aピラーには、トゥィーターを埋め込み加工。
非常にスッキリとしたデザインで、違和感もありません。

ピラーのサイズも大きめなので、加工はやりやすいですね~。


今回は、ファミリーユースがメインのオーナー様なので
リアスピーカーはどうしても鳴らす必要がありました。
フルマルチでフロントを鳴らすコトができませんので、トゥィーターの
埋め込み角度はシビアな設定が必要です。

さらに、サウンドナビの特徴(だけど、なるべく使いたくない)の
マルチウェイアライメントを駆使して定位も位相も十分に追い込んであります。

この機能がつかえるだけでも、ほかのナビより圧倒的なアドバンテージがありますね~。



s-IMG_9835.jpg
アップし忘れていました(^^;

この間納車しました、IS FのT様から差し入れを頂いておりました!!
ありがとうございます!!

「柚子もなか」に加えて!!「純」までも!?
や、「純」の意味はよくわかりませんでしたが。

ほぼ独りでおいしく頂きました!!
ありがとうございました~。

ドアアウターのデザインが難しいクルマ・・・。

と、いえば新型のノア・ヴォクシーも相当なモンです。

s-IMG_9298.jpg
弩新車のノアに、オーディオインストールです~。

初めてのクルマは、ドキドキしたりワクワクしたりで忙しいのです。
以前も作業しましたが、ドアインナーでの取り付けでした。
今回は、「初」のドアアウターです。



s-IMG_9293.jpg
なんなんですかね???この謎のデザイン・・・。

ちゃんと考えがあってのコトだと思いますが・・・凡人の僕には理解できない
深い深い意味がキットあるんですよ!!


そんな」わけで。
恐らく、このデザインしかないのではないかと思われます。

純正ドアは、前と下への絞り込みがハンパじゃないので、スピーカーの角度が付けにくい・・。
どうしても、前と下が厚くなってしまいます。

とはいえ、このデザインなら違和感は最小限に抑えられていると思います。



s-IMG_9296.jpg
スピーカーはBOSTONの名機Pro6.2。

長年愛用していただいておりますが、まだまだ全然イケそうです!

音の要のウーファーは、ドアウターでガッチリでも、トゥイーターはダッシュポン置きが
このお客様のいつものスタイルだったりします(^^)



s-IMG_9294.jpg
ホームオーディオにも造詣が深いオーナー様をうならせたヘッドが
DIATONE・Z80Premi。

以前はラックスマンのCM2100で鳴らしていましたが、
サウンドナビの内臓アンプのデキの良さには唸らずにはいられないようです。

なので、今回はサウンドナビの内臓アンプでドライブしています。



s-IMG_9295.jpg
ユピテルのレーダー探知機・専売店モデルのZ250Csdも取り付け。

見つけましたよ!!
ノア・ボクの最適な取り付け場所(^^♪
全く視界の邪魔しませんし、尚且つめっちゃ見やすいのです。



新型ノア・ヴォクシー、攻略完了です。

懸案のドアアウターデザインも、オーナー様のお墨付きいただきましたし、
ナニよりも音に納得していただけました(^^)

2WAYでも結構イケる、新型ノア・ボク。
なんなりとご相談ください~~~。


プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10