仲間の悪影響って大きいのよね・・・まぁ、楽しいからエエですけど!

高い!
長い!
広い!


や、縦読みちゃいますよ?
縦に読んだところで、「高長広」

たかなが ひろし??

ハイエース カスタムオーディオ (1)
高長 広さん(違)の愛車は、
弩新車のハイエースワイド スーパーロング ハイルーフ

幅、広ッ!?
背ぇ高ッ!?
長ッ!?

うちのピットはそれなりに広い方だと思いますが、
それでも、さすがにこのサイズが入庫すると、
若干の圧迫感を感じちゃいますね。

それもそのはず、長さは5380、幅は1880、高さは2285。
でかすぎる!と巷で噂のグランエースにも幅以外負けないというね。


さてさて、そのおっきすぎるハイエースさん。
一見すると、ほとんどノーマルのような外観なんですが・・・。



ハイエース カスタムオーディオ (2)
どーーーーーん!!!

ドアパネルは、全て造り替えるフルカスタムドア。
お客様のたっての希望で、黒とオレンジを大胆にあしらいました。

この色使いは、間違いない組み合わせの一つなんですが、
ここで最大の注意点がありまする。

それは、ジャイアンツ。
黒とオレンジの代表といえば、やっぱりジャイアンツ。
他には、赤と黄色といえば中華料理とか。


細心の注意をはらってジャイアンツ感を感じないようにデザインします。
特に、ここ大阪では「阪神ファン」が圧倒的な割合を占めます。

なんと実に98%が阪神ファンだというアンケート結果(当社調べ・根拠なし)



ハイエース カスタムオーディオ (5)
当然っちゃぁ当然かもですが、エッチングのロゴがオレンジに浮かび上がったり
スピーカーの周りが光ったり。

バリバリのカスタムドアでありながら、
ダサくならないように質感と精度にはこだわりぬいています。



ハイエース カスタムオーディオ (4)
Aピラーも、なんだかんだでフルカスタム。

当初の予定では、スピーカーの周囲だけリング状に
光らせる予定だったんですが・・・。

持つべきものは悪友。
ハイエース乗りの間では、有名な某I氏が
オーナー様の耳元で悪魔のごとく囁く。

悪魔の中でも最もタチが悪いとされる某I氏。
そんな上位悪魔の誘惑に抗える術もなく・・・。

オーナー様、うつろな瞳(め)で

  「・・・ピラー・・も・・・フ・・フル・カスタ・・・ム・・・で・・・」

ガクガクブルブル・・・
お、恐ろしや・・・。


派手めなカスタムで採用する例は少ないと思いますが、
メインスピーカーは、スウェーデンの誇るDLSをチョイス。

なんでフルカスタムで選ばれないかって??
そんなの、カッコ悪いからに決まってますやん。

でもね。
音はイイのよ、音は。
マジで。


DLSのスピーカー、特に今回のRC6.2というグレードは
最もポピュラーなゾーンのスピーカーでして。
メーカー希望小売価格は、税別6万円。

パイオニアのTS-V173が同じ値段って考えると、
舶来モンのスピーカーが同じ値段だったら、ちょっとショボイんじゃない?
とか、考えがち。

ノンノンノン。

パイオニアのTS-V173が素晴らしいスピーカーであることに
疑いの余地はありませんことを前置きして。

国産スピーカーのスタンスは

  「どうぞどうぞ、是非、当社のスピーカーをご採用ください」
  「ありとあらゆる御車に取り付けが可能です」
  「その為の豊富なパーツも同梱されております」
  「どのメーカーのどのクルマに取り付けられるかも
    すでに全て調べ上げてあります」
  「さ、さ、どうぞうどうぞ」

なのに対して、舶来モンのスタンスは

  「ん?なに?うちの音、聴きたいの?」
  「ん。ほんなら付けたらエエやん」
  「なに?取り付け資料??」
  「んなもんあるかいな。聴きたいんやろ?
    ほな、どないかして付けたらエエがな」

つまり、これが開発コストの差。
音の為だけにコストを割く舶来モンに対し、
おもてなしにもコストが必要な国産。

そりゃ、同じ値段だったら、音に金かけてるメーカーの方が
イイ音するのは当然なワケです。
そのかわり、音以外の部分はそりゃもう適当ですよ。

V173とか、どう考えてもあの値段で発売できないレベルの
圧倒的な商品としての質感です、マジで。

どっちがイイとか悪いとかではありませぬ。
どちらにも長所と短所があって当たり前。

とにかく、自分の気に入ったスピーカーを
インストールするのが、やっぱり一番なのですよ。


今回は、派手めなインストールではありますが、
全体の質感を大切にシステムデザインしているので
あまりコテコテ感は感じられないと思います。

・・・・・・。

・・・。

まあ、オーナー様も最初は、普通のドアアウターと
普通のピラー加工だけのつもりだったワケで。

ここでも悪魔の影響が。



ハイエース カスタムオーディオ (3)
ナビは、今やついてるのが当たり前!?

新型サイバーナビ・AVIC-CW910-DC。
勿論、DCモデルでありますぞぃ。

家族で移動するのが大前提の、このハイエース。
リアシートやベッドでお子様がはしゃぎまわる。

大人しくしてもらうには、映像を流すのが一番なんですが、
地デジやDVDだけではやっぱり飽きちゃいます。

そうすると、また暴れ出す。


そんなとき、スマホやタブレットを渡しておけば
それなりに大人しく勝手にゲームしたり、動画みたりしてくれます。

んが。

それって、つまりネット環境が必要ってコト。
スマホであれば、通信料が発生します。
タブレットなら、ポケットWiFi的なアクセスポイントが必要。

高速通信の上限無しのポケットWiFiとか、
一か月の使用料が5000円程度かかるそうですよ。


さて。
そこで、我らがサイバーナビ・DCモデルの登場です。

なんと、このDCモデル。
一年間、無料でネット環境を車内に構築できちゃいます。

しかも、ドコモの4G回線。
さらにさらに、上限無し。

ナビ本体でYouTubeの視聴はもとより、
HDMI接続でアマゾン・FireTVを繋げば、
プライムビデオや、アマゾンミュージック、HuLu、DAZN、などなど
あらゆる、オンラインコンテンツが楽しめちゃうのです。


アクセスポイントにもなっているので、
5台までならスマホやタブレットをぶら下げられます。

これで、通信料も速度制限も全くきにせず
車内でオンラインコンテンツが使い放題になるのです!


こいつは、マジで捗るぜ。
こいつは、マジで漲るぜ。


意外に思われるかもですが、こっちもたまにやってます。

人の好みが千差万別であるように。

クルマの楽しみ方にもいろいろありまして。

同じように、音楽の楽しみ方もやっぱりいろいろありまして。
HiFiやピュア指向の方もいれば、ドンシャリラブや、
お祭り仕様、はたまた、リアスピーカーの方が大事!って方まで。

どれが正解でどれが間違いってのはありません。
言葉は悪いですが、たかが音楽。
自分の思うままに楽しんだらエエと思います。

楽しんだもの勝ちなのです。
ええ。



ハイエース イベントオーデイオ (1)
ガッツリ落とした車高に、各種エアロで武装した
トヨタ ・ ハイエース ワイドボディー。

白と黒のコントラストで勝負する渋く纏めた一台です。



ハイエース イベントオーデイオ (2)
リアゲートを開くと、そこはまさにワンダーランド。

フルキッカーの外向けオーディオが、その姿を現せます。
正面に鎮座する2発のキッカー・L712は、巨大なバスレフボックスにインストール。

これが伝説の巨神の力か・・・
と、感嘆せざるを得ない、大地を揺るがすそのパワー。

聞く人の脳を破壊しにかかっているとしか思えない、ホーンドライバー。


正直言って、ボリューム全開にするのは不可能なこのシステム。
どこで鳴らすねん、と言われ続けてはや3年(かな?)

目立ってナンボ。


こんなオーディオの楽しみ方もあるのです。



ハイエース イベントオーデイオ (3)
ウーファーのすぐ上にある、細長い四角の物体。

よくみると、四対の物体がそれぞれのユニットの上側にあります。

実は、これ。
ベッドになってるんです。

左右の2枚は、アンプやDSP等のメンテナンス時には
一瞬で取り外すことができます。

というか、乗せてるだけ。
や、勿論、走行中に動かないようには工夫してますよ。



ハイエース イベントオーデイオ (4)
リアゲート側もぬかりなく、コアキシャルを4発。

いるかいらないか?
要らないに決まってますYO!

でもね。
空いてるスペースにはスピーカー付けたくなるのが、
人情ってもんじゃぁないですか?



ハイエース イベントオーデイオ (5)
そんなわけなので、Dピラーにもコアキシャルを埋め込み加工。

オアーナー様自らペイントしたラップペイントのグリルを
装着して、カスタムアピールもグッと向上しちょりますね。



ハイエース イベントオーデイオ (8)
外向きだからって、中の手を抜いちゃ台無しなのです。

フロントセクションも勿論、キッカーでフィニッシュ。
キッカー最高峰のQSS674をインストール。

ドアは全体を完全に作り直して、アピール度高めでありながら、
上質感も備えたカスタムを施しています。

このスピーカーグリルも、オーナー特製のラップペイント仕上げ。
普通のプラスチッキーな黒いグリルとは、
全く異なる質感を実現しています。



ハイエース イベントオーデイオ (10)
Aピラーも全面的に加工して、トゥイーターを埋め濃み。

ガバッと中心に向きを与えたインストールなので、
その存在感は半端じゃありません。



ハイエース イベントオーデイオ (9)
ワイドボデイーならではの、サブモニター取り付け。

ナビ左横には、今は亡きALPINEの7インチモニターを埋め込み。
映像ソースを常時表示しておけるので、
バックカメラ時も、地図表示時も、映像ソースは途切れることがありません。



ハイエース イベントオーデイオ (7)
パイオニアの最新鋭13.3インチフリップモニターを取り付け。

いままで違う開き方するので、ちょっと違和感あるかもですが。
コンポジット接続でも非常に美しい映像が楽しめます。

このモニター用のハイエース専用取り付けキットはありませんので、
土台そのものをワンオフして取り付けしてあります。



ハイエース イベントオーデイオ (6)
なんてゴージャス。

絶対、堅気じゃねぇ・・・。
フロントのみならず、リアシートまでもRECAROを装着。

全体のイメージに合わせて、青・黒でフィニッシュ。


派手にするところと、抑えるところ。
色使いも含めて、ほぼオーナー様のイメージ通り。

このあたりのセンスの良さは見習うべきとこが多いのであります。






ガッツリオーディオしかやってない、とかありえないのです。

メールでの問い合わせや、電話での問い合わせで多いのが

ナビだけの取り付けってやってもらえるんですか??

とか

レーダーとか、ドラレコとかだけでも取り付けてもらえるんですか??


YES!!修ちゃん!!(誰?)

持ち込みだけってのは困るけど、ナビだけでも
レーダーだけでも取り付けちゃいますよ~。

なるべく修ちゃんを困らせる方向は避けてくださると助かります。
ここであえて「困らせてやる」とか思ってる人には反省を求めます。

謝罪と賠償は求めませんし、
過去の約束をなかったことにしたりもしません。



ハイエース ナビ (1)
弩新車のトヨタ・ハイエース。

ディーラーから直接寄っていただきました。
以前、他のクルマでもお世話になっていまして、
今回もナビの取り付けを依頼していただきました!

ありがとうございますにも程があります!


ハイエース ナビ (2)
スーパーGL 50thアニバーサリーリミテッド。

シートとかドアの一部とか合皮使ってます。
所謂、高級版ハイエースであるダークプライムⅡの
さらに上位グレード。

選んだナビは、ALPINE・BIG-X11。

LOW-GUN’S 的には至高の一台。
メディア対応力が若干時代遅れではありますが、
それでも、このキチガイじみた常識外れの大画面は魅力的。

ダッシュボードの半分ぐらいがモニターって感じです(おおげさ)

内蔵パワーアンプもそこそこ強力で、
ある程度の調整機能も備えていますので、
純正スピーカーのままでも、わりとちゃんとした音で楽しめます。

まずは、お気に入りのナビだけ取り付けておいて、
次のステップにスピーカー交換。
さらにハマれば、オーディオプロセッサー導入へと進みましょう!

そう。
オーディオの世界は楽しくて奥が深いのです。
言い換えれば、思うつぼ(最悪です)



ハイエース ナビ (4)
同時に、ドライブレコーダーも。


ハイエース ナビ (3)
レーダーも取り付け。

ナビと一緒に取り付けすると、勿論取り付け工賃が
一段とお安くなります。

バラすところ同じですからね~。

どうせ、後で付けたくなるんですから、できれば同時がイイですよね。

配線処理もスッキリできますし、
全てのユニットをどうレイアウトするか?を考えて取り付けできますから
当然、取り付け精度も高くなります。


簡単な作業は頼みにくい。

否、否、無限大に否。
あなたの街のクルマ屋さんでありたいのです!!

「できる」 ・ 「できない」は別として、
とりあえず相談してみてください~。

あ、棒フューズをブレードフューズにしたいとかって
相談も歓迎ですよ( ̄ー ̄)

できるかできないかは別ですが。













でも。
できれば、ガッツリ買ってくれ!

もしかすると京都銀行に負けないぐらい、長いおつきあい。

いや、冒頭から京都銀行って言われても。
関西の人にしかわかりません。

でもイイんです!
だって、基本的に関西がメインの商圏なわけですから。

まぁ、それでも有り難いコトに。
遠くは大分からお越しのお客様もおられます。
最近では、徳島からわざわざお越し頂きましたね~。

ありがてぇ話じゃわい。



ハイエース オーデイオ (1)
アベニールに乗ってるときからのお付き合い。

僕が入社する前からのお客様なので、
かれこれ20年以上はお付き合いさせていただいております。

アベニールの時は、ラゲッジ潰してオーディオチャンバーしたり。
ステップの時は、

  「一度ヤッてみたかったんすよねぇ!」

ってだけで、壁&外向きやってみたり。


ホントにカーオーディオが大好きで、
自分のスタンスで心から楽しまれているのが良く分かります。


今回の作業は、ハイエースのオーディオバージョンアップぅ。



ハイエース オーデイオ (3)
今まで長年愛用していた、RS-D7X&AVX-P9DVが
ついに壊れてしまいまして。

「ついに」というか、D7Xに関しては1年ぐらい前から、
CDのイジェクトができなくなってましたけどね・・・。
延々とクリスハートが流れ続けるというね。
所謂クリス地獄。

それでも、P9DVにはDVDプレイヤーが備わっているので、
しかもデジタル接続なので、割と普通に使えてたんですが。

その肝心のDVDプレイヤーが、壊れちゃったから
もうどうしようもない。
もしくは、その一生をクリスハートのみで過ごす覚悟を持つか!?


そんなわけで。
いつかはこんな日がやってくるとは思っていましたが。
Xシリーズに別れを告げて、HELIX・DSP-PRO化しちゃいましょう!


とりあえずのヘッドユニットは、今人気のアプリユニット。
そこそのの音質で、しかもハイレゾもちゃんと読めちゃいます。
スマホが必要ですが、アプリでナビも利用できます。



ハイエース オーデイオ (6)
いや、ちょっと待って。

そもそもデッキ替えるんなら、サイバーやサウンドナビでイイんじゃないの?
へぇへぇ、至極ごもっともなご意見で。

ほら、見てごらん。
このハイエース、DYANUDIOの3WAYなのよね。

サイバー化できない理由が、今まさに白日の下に晒されようとしているツ!



ハイエース オーデイオ (2)
さっきの画像⇒この画像と見ると、なんだか4WAY??っぽく見えます。


ちょっとした事情があってね。
実はこのハイエース、最初はエソターのトゥイーターが付いてました。
システム的には、DYNAUDIO・SYSTEM342のトゥイーターを
エソターに換装したモノ。

エソターのトゥイーターは、あまりにも巨大過ぎ。
ハイエースだと、よく取り付けられたな!?と思わず二度見するぐらいの
ギリギリインストールになります。

そのエソターがトンでしまったんですが、すでに修理不能、交換不可能。
かといって、エソター2??
いや、なんか違う・・・。

そんなこんなで、今の状態。
MD102トゥイーターだけ買ってもらって、
SYSTEM342と同等にし、MD142スコーカーをドアからピラーに。
MD102トゥイーターはミラー裏加工。

画像のドアアウター、上側の黒丸は元MD142スコーカー部なのです。



ハイエース オーデイオ (5)
DIRECTORは、一番使い勝手の良さそうなこの位置に取り付け。

しれっとインストールされていますが・・・。
くっそめんどくせー作業でした。

取り付けそのものではありません。
ベースとなる、後付けのコンソールテーブル。
こいつのせいで・・・えれ~めんどくせー作業になっちゃいました。



ハイエース オーデイオ (4)
メーカーの名誉のために、ブランド名のワッペンは絶妙に隠してありますが。

メーカー曰く。
コンソールに取り付けた状態で、メンテナンスカバーの開閉が可能とか。

そりゃそうだよね。
メンテナンスの度に、いちいちテーブル取り外すのとかめんどくせー。

さ。
どれどれ・・・。


・・・・・・。

・・・・。

・・・。

もうね、ビックリするくらいガッツリ干渉します。
あとちょっと・・・とか、そんな生易しいレベルじゃぁありません。

ホントにちゃんと確認したのかなぁ。
5,6cm左右の側面板を短く加工しています。

一連の作業。
全てサービス。

僕なら二秒で捨てしまうようなテーブルですが、
オーナー様的にはお気に入り。
気に入ってるんだから、なんとか残してあげたいのが心情ってもの。

優しい??
ねぇ?
僕ってば優しい???



ハイエース オーデイオ (7)
リアシートから後ろは全て、オーディオで埋まっております。

少し懐かしい感じのインストールですが、
今も全く揺るぎなく高い精度のまま。

カーオーディオを根っから愛するオーナー様。
これからも、拘りを持って楽しんでイキましょう~。



ち、ちょっと!こんなに大きいなんて聞いてないんだからね!

と、思わず叫びそうになったのが、ハイエースのキャンピングカー。

や、ホントに大きいのよ。


ハイエースキャンパー (2)
参考画像。

手前のヴォクシーが小さく見える・・・・。
遠近感がぐちゃぐちゃで、見てるとなんか酔ってくる感じが・・・・。



ハイエースキャンパー (1)
納車されたてほやほやの、ハイエース ワイド スーパーロングハイルーフ。
に、輪をかけてハイルーフ化されておりますぞ!?

いや、もうちょい加減ってもんをですね・・・。


正直、あと1cmでも高ければピットに入りませんでした。
スタッフ4人総がかりで、慎重に慎重に入庫しました。
ちょっとでも、カックンブレーキ踏むと屋根が当たる・・・。
相当にスリリングなひと夏のタ ・ イ ・ ケ ・ ン



ハイエースキャンパー (5)
今回の作業は、音質重視しながらも、快適性も考慮してね!うふ作戦。

サイバーナビ CZ902XSの内蔵アンプと外部アンプを組み合わせて
面白いコトやってます。

ワイドボデーならではの、デッキ左横のでっかい小物入れに
8インチのサブモニターを埋め込み加工。

これでいつでもナビ画面と地デジやDVDが試聴可能に。
こいつは捗りまくりだぜ。


・・・・・・・。
助手席の人がですよ?



ハイエースキャンパー (3)
いつもであれば、ドアポケットを潰して、
ワンオフのアウターバッフルを作成するのですが。

今回は、純正位置のインナーバッフルで対応。
とはいえ、ハイエースの純正位置は「位置」の悪さもさることながら、
取付スペース的にも厳しいという悪条件。


市販の金属バッフル使えばいいじゃん。
や、そうなんですがね・・・・どうしても金属バッフルの音になじめない僕的には、
MDFでせっせとせっせとバッフルを造りまくりの日々を過ごすのであった。

ハイエースのドアは薄く、強度も低いので
強めのデッドニングを施してあります。
音質に対するデッドニングの貢献比率は低いので
重要ではありませんが、ビビっちゃうのは最悪なので。



ハイエースキャンパー (4)
スピーカーは、DLS ・ RC6.2をチョイス。

ドアインナーでの設置は、ホンットにギリギリですが可能です。
そして、やはりRC6.2の魅力と言えば、強烈に伸びる低域。
サブウーファーレスでも十分に楽しめるのであります。

ハイエースとかチューンナップウーファーですら設置場所に困る車両には
DLSのRC6.2は手放しでオススメでありますぞ。



プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10