近年、稀に見る衝撃的な事実・・・。

いや、冗談抜きで知りませんでした。

今、軽自動車ってナンバープレート「白」にできるんですね・・・。


s-IMG_3454.jpg
ラグビーワールドカップ応援特別仕様とかなんとか。
しかも発行済みのクルマも対応可能だとぉぅっ!?

ラグビーも応援できて一石二鳥じゃないかっ!!


それはさておき。
ダイハツ・ムーブにオーディオインストールですよ~。
さぁ、ムーブオーナーのみんな~。寄っといでぇ~(誰?)



s-IMG_3458.jpg
ヘッドユニットは既に装着済みの名機、サウンドナビ80PREMI(^^♪

オーナー様は元々自作派でオーディオを楽しんでおられました(´▽`)
プロショップ的には、全て任せて欲しいトコロではありますが、
自分自身でイジるのも楽しいですからねぇ。

今回の作業は、この80PREMIを活かしてスピーカーの入れ替えをしちゃいましょ!



s-IMG_3455.jpg
スピーカーは、FOCAL・ユートピア165W-RC。

あと一歩踏み込んだら「お下品」になっちゃうギリギリを攻めたスピーカーです。
所謂、ドンシャリ傾向を示すんですが、そのギリギリ加減が絶妙なのです。

少々大型のユニットですので、さすがにインナーでの設置というわけにはイキませぬ。
まぁ、イケたとしてもこのクラスのユニットを取り付けるんですから、
どうせならキチンとアウターバッフルでパフォーマンスを引き出したいところでっす( ̄ー ̄)



s-IMG_3456.jpg
純正のドアグリルと同じデザインでバッフルを造っていますので
当然ながら違和感はほとんど感じられません。

ラインやチリ合わせの精度が高いからこその完成度と言えますね( ̄ー ̄)
純正然としていながら、この特別感は格別ですにゃー。



s-IMG_3457.jpg
トゥィーターはAピラーにスッキリと埋め込み加工。

ダッシュ両端のぬいぐるみはただの飾りじゃありません。
いうなれば、飾りじゃないのよぐるみは、ハッハー、です。

トゥィーター付近のダッシュボード上に、ぬいぐるみ置いとくと
音質改善に効果アリだったりします。
改善効果はぬいぐるみの種類によっても異なりますので
いろいろと試してみるのも面白いかもですね(´▽`)






本気にしちゃダメよ?




































や、実際、音は変わりますけどね。
改善(?)かどうかは場合によりますってばぁ。


3WAYじゃなくても、ムーブ最強伝説は通用するのか??

軽自動車で最も高音質に近いところに居てるのが、ダイハツ・ムーブ。
あ、現行はちょっと違うので、この伝説には含みません(゜-゜)

ドアの真ん中付近にペランペランの純正スピーカーが付いてるタイプです。
この型のムーブの音質は熱いのです!!



s-IMG_3428.jpg
デザインも個人的に、このタイプのムーブが一番完成度高いと思います。
特にカジュアルがエエですね~。
カスタムでもエグさがあまり感じられないので、カスタムでも全然エエです。

ダイハツでちょっとビックリしたのが、新型イース。
アレは・・・・どうなんですか???
あんなに鍵でかくて大丈夫なのかしら???(話を逸らした)



s-IMG_3429.jpg
そうです!!

このタイプのドアのムーブがええのですよ!
この画像ですと、アウターバッフルが2つ、すなわち、これ3WAYじゃね??
って感じですが、実は上部のバッフルは以前のモノ(^^;

DEH-930でPRSの13cmを鳴らしていました(^^♪
今回の作業では、これらを下取りさせていただき、
サウンドナビ・200PREMIでDS-G20を鳴らすシステムに変更です。

以前のバッフル部は、音が漏れないように完全に密封して、
ドア下部ドリンクホルダー部に大型のアウターバッフルを新設しています。

ムーブにおける音の要は、ズバリここ!

本来スピーカーが取り付けられハズの無いところに、半ば無理やり設置するのですから
必然的に大がかりな加工が必要になります。
実際、相当大型のインナーが設置されています(^^;
デカイ、重いはオーディオにおける高音質のセオリーの一つ。
音への期待がガゼン高まるってもんです( ̄ー ̄)



s-IMG_3431.jpg
トゥィーターはスッキリとAピラーに埋込加工。

DS-G20は、その特徴が圧倒的な音の繋がりの良さ。
DIATONEのスピーカーはSA1、SA3を除いて、どのシリーズでも
音の繋がりはバツグンなのです。

例えば、ダッシュボードの張り出しが大きく、ウーファーの位置が最下部など
どう考えても繋がりにくそうなクルマの場合、G20を選ぶのは選択肢の一つとして
かなり有効な手段になります。



s-IMG_3430.jpg
それに加えて、サウンドナビの高度な調整能力を駆使することで
実に自然な繋がりを実現することができます。

素の音の良さ、強力な内蔵アンプ、高度な調整能力。
ナビで、この音が聴けるのか・・・という時代も過ぎ、
今やハイエンドヘッドユニットの域に達してしまっています。


スゴイ時代になったもんだ。
と思いつつ、イイ時代になったともしみじみ思う、京子のゴロー。

ムーブ最強伝説に更なる磨きをかける!!

軽自動車界最強の呼び声も高い、ダイハツ・ムーブ。

その伝説の中心人物、K様のムーブが更なる進化を遂げました( ̄ー ̄)



s-IMG_1451.jpg
どこまでイクのか?この人は(^^♪

外装フルノーマルなのに、なに?貫録すら漂わせるこの感じ



s-IMG_1452.jpg
名機のよび声高い、サウンドナビ・80Premiから100Premiに変更!!

なかなか画像では伝わらない、この圧倒的に美しいモニター!
全く画像では伝わらない、この圧倒的なレスポンス!
一切画像では伝わらない、この驚愕すぎる高音質!!


さすがに、商品外箱の表記が
90Premi「三菱オーディオナビシステム」だったのが

100Premi「三菱ハイエンドオーディオ&カーナビゲーションシステム」

に変わっただけのことあります( ̄ー ̄)


元々、80Premi+BRAX・NOX4の組み合わせだったので
そこからこれ以上の伸びしろがどれだけあるのか?とか思ってましたが・・・・。

こんなに変わるとは・・・
予想をイイ意味で裏切られました。

やっぱり冗談抜きで凄いユニットです、100Premi。



s-IMG_1454.jpg
ドアは下部ポケット部を大幅に加工して
ワンオフの強固なアウターバッフルを作成。

スピーカーは、モレルの38thLtd.です。見えませんが(^^;



s-IMG_1453.jpg
孤高のオーディオカーなので、トゥィーターはガッツリリスナー向き。

本来のムーブ最強伝説は「3WAYシステム」なんですが、
このムーブは異端の「2WAYシステム」

2WAYでまさかのこの音が聴けるとは、俄かに想像できませぬ。



s-IMG_1455.jpg
サブウーファーは、ポン置きボックスで設置。
ユニットは隠れた名機 ハーツ・HX250。

良く鳴るくせに鳴らし易く、速い低音が楽しめます。


毎日通勤で使うこのクルマ。
毎日この音が楽しめると思うと、通勤時間も苦になるどころか、
とびきりの楽しい時間になりますね~( ̄ー ̄)

やはり、最強の伝説は本当だった・・・。

知ってる人は知ってると思いますが、このブログの前身たる
「修ちゃんの部屋」から言い続けているコトの一つに、
ムーブ最強伝説があります。

完成度??
乗り心地??
燃費??
走行性能??

何それ??
そんなの関係ありませんYO!!
オーディオベース車としての話に決まってるじゃぁありませんか!!

そうです。
この僕の持論に共感していただいた方々に、実際に多数お買い上げいただいております!!
こんなにうれしいことはない。

そんな「ムーブ最強伝説」に新たな仲間が。
s-IMG_9545.jpg
新型のカスタムですが、旧型とかあんまり関係ありません。
そう、ムーブであることが大事なのです!!

そして、何故か「ムーブ最強伝説」の仲間達は、外装ノーマルが多いのです(^^;



s-IMG_9549.jpg
「こればっかりやん!?」
とか、言わないでください。

ホントにイイんですって。

そんなわけで、なんとかの一つ覚え的に、やっぱりサウンドナビZ80Premi。
新車購入時にディーラーオプションでナビ装着済みだったんですが
思い切ってサウンドナビに交換しちゃいました。

買ったばかりのナビを買い替えるのは、勇気が必要ですが
この音を聴けば納得するしかありません。
絶っっっっっっっ対に純正では不可能な、圧倒的過ぎる高音質の世界が手に入ります!!!



s-IMG_9546.jpg
今回はサウンドナビで鳴らしますので、当然ながら2WAYシステム。

選んだスピーカーは、度さなる試聴を経て決定したFOCAL・165WRC。
このスピーカーにサブウーファーをプラスしてあげるとバツグンであります。

勿論、ムーブではドア下部を大胆に加工したアウターバッフル化は必須!
作業的にはちょいと大がかりではありますが、その効果は絶大。



s-IMG_9548.jpg
Aピラー最奥にトゥィーターを埋め込み加工。

今回の主役は完全にドライバーなので、ガッツリリスナー向けにインストール。
スッキリとしたデザインで巧く純正に馴染んでいます(^^♪

明るくカラッとした音調は、だれからも好まれるサウンド。
繋がりも良く、ダッシュ上にパンッと広がるステージ。
女性ボーカルは勿論、JPOPメインの人とか最高じゃないでしょうか??


ん~~~・・・。
それにしても、やっぱりムーブは外さないですねぇ( ̄ー ̄)

カーオーディオ業界最強(軽部門ね)の誉れも高い、その名はムーブ!!

ムーブ最強神話を詩に乗せて諸国を語り歩いている、
吟遊詩人の修ちゃんです。

こんばんわ。

s-IMG_9259.jpg
そんなムーブ神話の信奉者がまた一人(^^)

中国地方から3時間かけてお越しいただきました!!!
ありがとうございますすぎです!!(ややこしすぎです)




s-IMG_9256.jpg
ムーブ最強神話の一翼を担っているのが、サウンドナビ。

本当は、DEH-P01や、RS-D7Xとかの本気3WAYシステムが組めると
手が付けられないほどの強さを発揮するのですが(^^;

基本的に2WAYでまとめあげるのが、サウンドナビのツボだと考えますので
今回のスピーカーは、これまた最強の一翼・・・DLS・スカンジナビアをチョイス。

圧倒的な存在感を誇る巨大なトゥィーターも、ムーブにインストールすると
意外にもスッキリとしちゃいます( ̄ー ̄)



s-IMG_9257.jpg
Aピラーの幅からはみ出さないので、視界の妨げにもほとんどなりません。

この余裕のあるAピラーも、ムーブの大きな魅力ですね!
それと、純正スピーカーの設置場所が、すごく高い位置なのもポイント。

今回は、この純正スピーカー部は利用していませんが、
3WAYシステムを組む際に、ものすっごく強力な武器になります。



s-IMG_9258.jpg
肝心かなめの、ドアアウターバッフル。

もともと設置スペースの無い場所に、どうにかして取り付けるわけでして。
ドア内部に巨大なベースを組み上げル必要があります。

バッフルそのものも少々分厚いものになりますので
剛性がすごく高い状態になります。

恐らく、このドアアウター施工がムーブ最強神話の神髄だと思います。



とにかく、何度施工してもハズれるコトがない、ムーブ。
今回ちょっとだけ誤算だったのは、もともと設置済みのアンプの存在。

モスコニの黒い方のアンプだったんですが・・・・。
内臓アンプの方が・・・イイ音しそう・・・です・・・。

次回の作業時は、一度外してみる必要がありますね~(>_<)
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10