結局、この人はヤッちゃうんです。

日々の暮らしの中で、

あるいは長い人生の中で、

憧れを抱く人っていますよね。


たとえ、それが決して叶わぬコトだとわかっていても・・・・。




フィット3 オーディオ (1)

目指せ!!

世界一の営業車!!


はい。

勘のイイ皆さんなら、タイトルで気づいたかもですが。

例のアノ人。

またヤッちゃいました (・Д・)ノ



前回の記事で取り上げた、「VENTURE AUDIO」

3WAYセット 税込999900円という、例のアレ。

  「なんか面白そうなスピーカー挙げてましたね~」

  「VENTUREですね。いいスピーカーです、マジで」

  「在庫あるんですか?

  「在庫?まぁ、在庫というか、この現物ならありますけど」

  「今日預けて、明後日の夕方ごろに納車できます?」

  「・・・はい?」

  「代車ありませんか?」

  「や、たまたま、あるっちゃぁあるんですが・・・」

  「使えます?」

  「や、たまたま、使えるっちゃぁ使えるんですが・・・」

  「僕もたまたま、このタイミングだと嫁に言い訳ができるんです」

  「はぁ・・・でもさすがに、このサイズと形はバレないっすか??」

  「そこは、なんとかしてください、いつものように。お任せで。

     150万で足りますよね?じゃ、置いて帰ります」

 

やぁ・・・・書いてみるもんですねぇ・・・ (*´_ゝ`)

まさか、こんなに分かりやすく釣れるとは・・・(釣るゆーな)




フィット3 オーディオ (4)

そんなわけで、 ドーーーーーーーン!!

Aピラーに、超変則レイアウトでの変態Wインストール。

恐ろしいレンジの広さを誇る、2インチトゥイーターを

Aピラー最前部にほぼ真横に向けて取り付け。

直近には、ベリリウムトゥイーターを真ん中向けに取り付け。



・・・・・・・。

・・・・。

いや、これはバレる・・・。

だって、四角だし・・・。

だって、金属剥き出しだし・・・。




フィット3 オーディオ (5)

運転席側だと、そのヘンタイっぷりが良くわかるかと。


・・・・・・。

・・・。

いや、これはバレる・・・。




フィット3 オーディオ (2)

一見、純正インナー風に見えるドアウーファー部。

通常の6インチウーハーとは似ても似つかないバカサイズなので

勿論、インナーもグリルもガッツリと造り替え。


ここは、見た目も以前と全く同じ水準を確保できたので、

絶対にバレることはありませぬ ヾ(・∀・)ノ




フィット3 オーディオ (6)

ここは、一瞬でバレました (´・_・`)


ディスプレイが光るからとかではなく、

実はここは、嫁さんの携帯置き場でありました・・・。


  「??」

  「ど、どどどどどどどうしたのかね??チミ」

  「なんなん、これ?」

  「な、なななななななななにか問題でも??」

  「なんなん、これ?」

  「こ、ここここここここここここここここれは、ですね、あのですね」

  「なんなん、これ」

  「そ、そそそそそうそう!乗り心地を変えれるスイッチやねん、そう!!」

  「・・・・・・・・・・」

  「・・・・・もしもし?」

  「・・・・邪魔。どけて」

  「え?」

  「こんなんあったら、私の携帯置かれへんやん。どけて」



そうなんです。

ピラー加工や、形状の変化には気づかないんですが

嫁という生き物の特徴として、

  「モノが置けなくなるとすぐ気づく」

という習性が、近年の研究結果で明らかになってきました。



ということは・・・。


そうなんです。

実は、今回のピラー加工にも気づきませんでした!!! w( ̄o ̄)w



もしかすると、黒いピラーがライトグレーに変わったとしても

もはや気づくことは無いのかもしれません。

あるいは、フィットじゃなくなっても気づかないかも・・・。




フィット3 audio (2)

最初期の頃のAピラー。

造形の巧みさもあって、まぁまぁ、気づかない人がいても

おかしくはないかもレベルでしょうか。



フィット3 audio (9)

中期

スピーカーサイズも一回り以上大きくなり、

且つレツキッカ、巨大なスコーカーも一緒のW付け。


これでも気づかないコトが分かると、

そこから歯止めが効かなくなるや必定。


バレるから作業をためらうのではなく、

どこまでいけばバレるのかを競うような感覚。


もはや、これは嫁と僕との一年戦争。

君は生き残ることができるか。



そして、こんなスリリングな毎日を過ごしている人に対して

憧れというか、畏敬の念を抱く人まで現れる始末。


さぁ。

次は、みんなにどんな夢をみせてくれるのかしら・・・。





おっさん世代はタイプRというよりも、SiR

EF8、ホントに大好きでした。

でも、また乗りたいのはGA2なり。



タイプR オーディオ (1)
シビック・タイプR(FK8)

赤い。
とんでもなく赤いぜ・・・。

個人的にはタイプRといえば、クリームっぽい白の印象が強いので
真紅のタイプRは新鮮なのであります。


今回の作業は弩新車のタイプRに、ガッツリオーディオ組んじゃいます!!



タイプR オーディオ (2)
ナビヘッドは超人気の新型サイバーナビを取り付け。

選んだ機種は、AVIC-CL910-DC。
所謂、ユーチューブ見放題ナビ。

ちょっと詳しい人は「おや?」と思ったかもしれませんが、
この型のシビックは、7インチナビが標準。

残念ながら、取付キットも市販されてない模様。
オーナー様のたっての希望で、どうしても8インチが入れたい!と。

ぬはははh!!
その願い叶えてしんぜよう!!


そんなわけで、8インチナビインストールできちゃいました。
できちゃいましたが・・・・。

正直言ってイイですか?

くっそめんどくせー。
純正パネルからの突出が一切ない、この美しい仕上げを実現するには
パネルの切削どころか、ダッシュ内部、エアコン吹き出し口、
あらゆる干渉部をミリ単位、ある時はセンチ単位で削らねばなりませぬ。

だがしかし。
新型サイバーの完全フラットパネルは、このツライチ感があってこそ。
うちの川端クンがせっせと削りにいそしんでおりましたとさ。

そう。
めんどくせー作業を喜んでヤルのがプロショップなのですから。


新型サイバーの「売り」である、ドコモ4G回線の通信モジュールを
使ったオンラインコンテンツは、ナビというかクルマの新しい可能性を開きます。

今回もアマゾン・FireTVを取り付けていますので、
「同乗者」にとっては究極の移動空間になっています。
プライムビデオや、アマゾンミュージック、HuluやDAZNとかの
オンラインコンテンツが使い放題なのでありますぞい(別途契約が必要だけどね)

しかも、5台まではWiFiスポットとして利用できるので、
リアシートのおこちゃまとかにスマホやタブレットわたしておけば
車内で暴れまわることもなく、勝手に動画やゲームして
大人しくしてくれるコトでしょう!

データ量の制限もないので、ストレス皆無です。
それがなんと、1年間無料で利用し放題!!

どうした、パイオニア!?
やればできるじゃねーか!!

ちなみに、無料期間以降は年契約で月1000円程度と、
ポケットWiFiとかよりも相当安い!!



タイプR オーディオ (5)
もはや、タイプRではドラレコよりも先にコレが要るんじゃないでしょうか。

最強セキュリテイーのユピテル・GRGOも当然取り付けてあります。
セキュリティーなので、詳細はココでは明かせませんが・・・。

タイプRでセキュリティー付けないなんて、
ホバーの無いドムでジェットストリームアタックかけるようなもんです。



タイプR オーディオ (4)
トゥイーターはミラー裏、スコーカーはAピラーに、
スッキリと美しく埋め込み加工を施しています。

スピーカーは、みんな大好き!
モレル・VIRTUS603!!

603???
サイバーナビなのに、603?

2WAYマルチを内蔵アンプで鳴らすんじゃないの??



タイプR オーディオ (3)
あくまでサイバーはエンタメ機としての音源の一部であり、
音質の要となるのは、HELIX・DSP.3+DIRECTOR。

こいつでフロント3WAYマルチとサブウーファーを華麗に調律するのです!



タイプR オーディオ (6)
ウーファーも極めて純正然としたデザインのアウターバッフルで取り付け。
ほぼ純正オプション。



タイプR オーディオ (7)
基本、ラゲッジには何も積まない派のオーナー様なので、
ウーハーボックスはラゲッジにポン置き。

簡単に取り外せますので、サーキットで楽しむ時には
取り外しておけば走りの邪魔もしません。



走りも全力で楽しみ、エンタメも全力で楽しむ。
しかも、抜群に楽しい高音質空間で。

こいつは、まさに「お楽しみの宝石箱や!」






思いつかなかった・・・。


思いつかなかったら、言わない勇気も必要なんだ、ということを学んだ夜。
友達から借りたオンボロ車で海まで走りたい気分です。

ホンダ買うボーイ。

懐かしすぎる・・・。

ビリージョエルの歌声が印象的だった、初代CR-V。
僕も乗ってましたね~、初代。

毎週のように雪山に通ってた思い出。



C-RV audio (1)
いや、ここまでまったく面影なくさなくてもイイんじゃないの!?

ってぐらい、名前しか引き継いでいない感あふれる、新型CR-V。
ちょいとブルドッグ気味なのは、昨今の流行りなのでしょうか。

そして、随分見ないうちに…大きくなったねぇ・・・。
思わず、孫を見守るおじいちゃんの気分に。


さてさて。
新型CR-Vさんにオーディオインストールしちゃいますよ~。



C-RV audio (5)
はっきり言って、この車格に似合わない、今更7インチナビ。

しかも全車標準・・・・。
ダッシュボード全体の造形はシンプルで質感高く、
最近のホンダの中では出色のデキ。

なのに、なぜに・・・
もうどうせ標準にするんなら、9インチモニターとかの一体モノでいいのに。

そして、この時まだ僕らは、この純正ナビの恐ろしい罠に気づくべくもなく・・・。



C-RV audio (3)
シガーソケットは使えなくなっちゃいますが、
この位置がDIRECTORにはうってつけ。

視認性、操作性共に抜群であります!
しかも、センターコンソール肘掛内にシガーソケットはもう一つあります。
ここが一個なくなったって大勢に影響なし。
うむ。



C-RV audio (4)
メインとなる音源は、今や常識、ソニー・ウォークマン。

や、ウォークマン限定ってわけではなく、いわゆるデジタルデバイスです。
これで聴いてる限りは、純正なんかと比べる気にもならない
圧倒的過ぎる高音質化が望めます。



C-RV audio (2)
新型CR-Vの純正スピーカー設置位置は、
通常よりも少し高い位置にあり、こいつはオーディオ的に有利に働きます。

奇をてらうことのないドアの造形もホント、好印象。


スピーカーは、モレル・ハイブリッド603カスタム。
柴野さんと愉快な仲間たちに、相変わらず無理ばっかり言って
有りもしないシステムを無理やり構築させています。

ごめんね。
いつもむりばっかり言って。
でも、それに応えてくれる、そんなあなたにラブ注入(古っ)

まあ、無理聞いてもらえるぐらい、売ってるっちゃぁ売ってますからね!
と、最悪な開き直りっぷり。



C-RV audio (6)
ミラー裏にトウイーター、Aピラーにスコーカーをそれぞれ埋め込み加工。

純正然とした、非常にスッキリとした取付。
精度、質感ともに抜群に高いのであります。

厳密に向きと角度、面合わせを行って取り付けています。


フロント3WAYに加えて、ポン置きサブウーファーのフルシステム。
これらを、アンプ内蔵プロセッサーHELIX・P-SIX2で緻密に調律。


納車時の試聴でもオーナーさん、お口あんぐり。

  「なんすか!?これ!?」

  「こんなにも違うもんなんすか!?」

  「最高すね!!!!」


こんな時僕は、心の中でリトル修ちゃんと小さくガッツポーズをするのです。












と、ここまでは良かったんですが・・・。

純正オーディオの狡猾な罠にまんまとハマってしまいました・・・。

詳しくは書けませんが、今後の宿題に間違いありません。
ごめんね!!


YN仕様の新しい活用法

活用法と言いますか、新たな定義という方がシックリくるかもですけれど。


すっかり市民権を得た感のあるオーディオ用語のひとつ。

  「YN仕様」

最近ではWikipediaにもその記載があるほどになりました。

意味は、「 Y : 嫁 」  「 N : 内緒 」
つまり、嫁(Y)に内緒(N)でオーディオカスタムをやっちゃうコトを表します。

この後ろめたさ満載ではありますが、どうしても止められない背徳感を
少しでも感じさせないようにする、魔法の言葉。

言葉とは、日々姿を変え、意味を変え、
時代と共に一定ではありません。

そんな中、最近の言葉である「YN仕様」もその意味を変えつつあります。



フィット3 audio (6)
YN業界の風雲児、T様のホンダ・フィット3HV。

今回またしても、革命を起こしてしまいました。
この功績は、もはや後世に語り継ぐべきかと思います。

僕がおじいさんになったら(もう初老だけどな!)、
縁側に孫たちを集めて、YN今昔物語を
読み聞かせするのです。

  「むか~しむかし、あるところに・・・」

と、その時!
ふいにのどに赤福を詰まらせるおじいさん。
孫たちに囲まれながら、赤福を食べて死ぬ。
これ以上の幸せがありますかってんでぃ。
否、否、無限大に否。
ない。



フィット3 audio (7)
フロントスピーカーは、垂涎のハイエンドユニット。
DLS ・ スカンジナビア 3WAY。

巨大なウーファーはドアアウターをワンオフして強固に固定。
デッドニング、吸音共に最高レベルまで追い込んでいます。



フィット3 audio (8)
一見すると、ドアアウターをワンオフしているようには見えません。
が。
これも、YN仕様の一翼を担う技術力。

純正と全く同じ形のグリルを作成し、
サランネットを巻いて、純正とは比較にならない
音ヌケを実現しています。

でも、見た目は純正のそれ。


ちょっと上にある、複雑な形状のバッフルは
以前の仕様でのスコーカー部。
元々、純正然とした造形だったので、そのまま残してあります。

当然、音が抜けないように厳重にシールを施していることは言うまでもなく。



フィット3 audio (9)
今回の作業で、スコーカーはドアからAピラーに移設。

さすがに、このサイズ感のユニットのW付けだと、
まるで純正のようとはいきません。
向きも角度も重要になるので、最良の妥協点探しの旅にでます。

ちなみに、この仕様でもバレていません。

そう。
つまりは、バレなければ何してもイイ!
これこそが究極の「YN仕様」の拡大解釈。
革命児たる所以であります。
ココ、テストにでます。



フィット3 audio (10)
ナビは純正オプションに別れを告げて、サイバーCL902。

まぁ、ここはあくまでサブなので、
ナビさえまともであれば、なんでもエエのです。



フィット3 audio (12)
メインは勿論、「金のウォークマン」

余裕たっぷりに普通にシートの上に転がされています。
このフィットのオーナー様も、常日頃から「造幣局はツレ」と
宣われているので、ポン置きウォークマンは気にならないのだそうです。



・・・・・・。

・・・。

ここだけの話、ホントはホルダー作りたいけど、嫁にバレるから作れない。



フィット3 audio (11)
そんなわけで、明らかにバレてしまいそうな「DIRECTOR」ではなく
「URC3」で代用しております。

後付け感は多少ありますが、
「TVキャンセラーやねん」で通用するそうです。



フィット3 audio (14)
普通のラゲッジの画像のように見えますが・・・。

実は、この下にはハイエンドプロセッサーのDSP-PRO2、
フロント用にシンフォニー限定アンプ エクスプローラー1が3台、
サブウーハー用にキッカーのKX800.1、
サブウーファーにロックフォードのハイエンドウーハー POWER T1S2-10
あと、リアスピーカー用に超小型アンプ。
想像以上の満載っぷりに驚愕。

大量のユニットを、シレッとインストールできるかどうかで
YN仕様の成立可否が決まります。
センス、技術、努力と根性、あらゆるレベルを要求されるYN仕様。

これはもう、嫁との戦争です。



しかも。
気付いた人もいてるかも知れませんが、
このクルマはフィット3のハイブリッド。

つまり、ラゲッジ下には走行用の大型バッテリーが搭載されています。

そうなんです。
フィット3HVのラゲッジは広く見えて、実は底が極めて浅いのです。

フィット3HVのオーナー様なら、これほど大量のユニットを
この高さでインストールしている事実に驚愕するハズ。



フィット3 audio (15)
究極の拡大解釈による、究極のYN仕様。

嫁にさえバレなければなんでもアリの真骨頂。

さぁ、T様の次なる一手はあるのか!?
それともバレてしまうのか?!
嫁、息子、近所の目、あらゆる難題に挑み続けるオーナー様。

神々しいまでのYNスタイルは、見る者の目をくぎ付けにする。

どこまでいけばバレるのか?
嫁との終わることのない戦いは、今も続いているのです。




 

そんじょそこらのステップワゴンと一緒にしないでくれるっ?

一度でもちゃんとしたシステムを体験しちゃうと、
もう元には戻れないんです・・・ええ。


以前、他のクルマで「初めてのちゃんとしたカーオーディオ」を
施工させていただきましたトコロ。

  「なんすか!?これ!?こんなに違うもんなんすか!?」

Dラーオプションや、量販店でトレードインスピーカー取り付け程度の、
カーオーディオしか楽しんでこられてなかったオーナー様には、
専門店の施工による「ちゃんとしたオーディオ」は相当に衝撃的だったようで。


s-IMG_4862.jpg
奥様用(家族用)のクルマを買い替えるにあたり、
ノーマルのオーディオとか到底考えられない、
イケない身体になっちゃいました。

そんなわけで。
イケないオーナ様の弩新車のステップワゴンスパーダーに
イケないオーディオ組んじゃいました。



s-IMG_4864.jpg
奥様がメインに使われるということで、ナビはちゃんとしてないとダメ。

となると、サウンドナビではアレなので。
ここはドカン!とサイバーナビの車種専用モデル。

10インチの大画面に加えて、音質調整機能も充実。
勿論、ナビ質も最高峰。

同時にマルチアシストユニットも取り付けて、
安全面でも各段のグレードアップを果たしました。



s-IMG_4869.jpg
お子様&同乗者の為に、リアモニターも左右に取り付け。

パイオニアの、例の光るヤツです。
ケーブル類は勿論、シートの中を通してあるので
ほとんど露出していません。

ちょいとわかりにくいかもですが、
ナビ画面ではUSBで音楽を再生しながら、
リアモニターには地デジの映像が出力されています。

前後でそれぞれ違うソースを楽しめるのは
ファミリーにとってはものすごいメリット。



s-IMG_4865.jpg
スピーカーは、もう一台のクルマでも採用している
モレル ・ TEMPOウルトラ602

極々スタンダードなデザインですが、少し大き目のトゥイーターなので
スッキリとしながらも存在感は十分。

純正然とした埋め込み加工と相まって、高い質感に仕上がりました。


Wゾンー再生を利用すrのが条件でしたので、
実は今回はマルチ駆動ではなく、パッシブネットワークで鳴らしています。

サイバーナビの高度な調整機能を駆使して、
繋がりよく聞き疲れのしない音に仕上げました。

次のバージョンアップに備えて、DSP導入も考慮した
取り付けをしていますのでケーブル等も一切ロスがありません。


ごくごくシンプルな取り付けではありますが、
そこらの純正オーディオの比ではありません。

一度でもこちら側の世界を体験してしまうと、
普通よりちょっとイイ程度では一切納得できなくなります。


いい音楽環境は、人間も成長させるのです~。


プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10