新型Aクラス(W177) オーディオカスタムの巻

「~の巻」って書いてあるのを見て、

  「~っの まっき!」

って読んじゃう人が、ここの読者の大半を占めてるように思いますが、
気のせいでしょうか。

否、多分、気のせいじゃない。


個人的には、あまりハットリくんは好きじゃなかったんですけれろも。
だからといって、エスパー魔美と言うわけでもなく、
大人になったメルモちゃんとか言うとヤヴァイやつ認定は必定。



Aクラス オーディオ (1)
初めての体験・・・。

ぽっ。


新型Aクラス(W177)、記念すべきオーディオカスタム第一号!!

こちらも割と遠方系のお客様ですので、
頻繁に立ち寄ってもらっての綿密な見積もりや打ち合わせができませぬ。

一度もバラしたことのないクルマですが、
前型のAクラスは何十台も施工していたので

  「そんなに大きく変わってないっしょwww」

などと、若干甘く見ておりました・・・・・・。


めちゃくちゃ変わっとるやないかいッ!?



Aクラス オーディオ (2)
フルモデルチェンジしているのですから、
ドアデザインが異なるのは、まぁ想定の範囲内というか、
至極当たり前の話のワケでして。

ドアに16cmスピーカー付いてますよ?との事前情報どーり
極々定番の位置にドアスピーカーあり。

異なっているのは、今まではミラー裏にトゥイーター(具はない)部が
あるケースがほとんどでしたが、このこのトゥイーターはAピラー。

まぁ、ミラー裏にも埋め込みそのものは可能っぽいですー。



Aクラス オーディオ (5)
ドアスピーカーがある、という時点でおおよそ想定していたとーりの
全体が樹脂で覆われたスピーカー一体式パネル。

金属と違って、そこまでイヤな音の響きがあるワケではないので
強度の足り無さそうな部分をコンコンしながら、
しっかりと制振材を貼り付けていきます。

ローラーでゴシゴシするのではなく、先の平らな木槌的なモノで
ひたすら叩きまくります。


こんな樹脂パネル系のドアで、デッドニングよりも遥かに大事なのは、
実はインナーバッフルだったりします。
というか基本的にいつでも一番大事なんですけれども。

特に、樹脂パネル系はバッフルの固定方法からして
工夫を凝らさねばなりませぬ。
接触する面の処理も含めて、
樹脂パネルならではの鳴らし方、取り付け方があります。



Aクラス オーディオ (3)
今回、取り付けるスピーカーはDLS・RC6.2。

奥行のデカイウーファーなので、インナーバッフルで取り付けられるか
どうかドキドキもんでしたが、結果オーライ。

前のAクラスと同じで、全く問題なく、巨大なウーファーを飲み込めます。


トゥイーターは、Aピラー純正位置に取り付け。

所謂、「YN仕様」での仕上げです。




Aクラス オーディオ (4)
「ハイ!メルセデス!」
「痛くなったら!すぐセデス!」

的な、機能が標準装備になってる昨今のクルマは
オーディオ交換の難易度も上がってきちょります。

オーディオプロセッサーは、こんな時、圧倒的に強い味方です。

今回のプロセッサーはHELIX・P-SIX2+URC3。

通称、「くっそダサいコントローラー」ですが、
使い勝手も操作性もなんの問題もありません。

純正オーディオからのスピーカー入力を使った「アナログ」系、
ウォークマンやiphoneからのダイレクト入力の「デジタル」系、
2系統の音源の切り替えと、デジタルボリューム、
サブウーファーボリュームを変更可能としてあります。

ナビを使いたいときや、何人かで移動している時には、
純正と全く同じ機能を活かした「アナログ」で楽しみ、
独りでドップリと音楽に浸りたい時には「デジタル」。

その日の気分や、目的、シチュエーションに応じて
使い分けてくださいな。



Aクラス オーディオ (6)
ラゲッジ下、狭ッ!!

ここは前のAクラスと全然違うトコロ。
今回のDSPはギリギリで収納できましたが、
大規模システムや、サブウーハー埋め込みは厳しいっすねー。



Aクラス オーディオ (7)
そして、最も手こずったのが、バッテリーケーブルのバルクヘッド通線。


このトリックに気づくのに時間がかかってしまいました・・・。
攻略できたので、次からはグッと時間短縮できます!!

まぁ、手間がかかるの作業なのには間違いないんですけどね。



オーディオに不満を感じている、新型Aクラスオーナー様!!
もやもやした気分のままでドライブするよりも、
大好きなクルマで最高の音楽をお供にしたら、
どれほど楽しいか、もう答えは出てると思います。

お気軽にご相談ください ( ̄▽ ̄)



Aクラスと聞くと、まず真っ先にこっちを思い出す。

Aクラス。

いつかはこうやってのんびり暮らしたいもんだよね。
Aクラス・・・ええ暮らす。


や、思い出すのはそっちじゃなくてですね。

s-IMG_3896.jpg
このAクラスの方ですって話です(´_ゝ`)

僕の中ではシルバー、もしくは黒のイメージしかないんですが
茶色もかっこいいですね!
というか、むしろ茶色がイイ。
茶色じゃなきゃイヤだ!

そんなAクラスさんに、オーディオインストールでありますよ~(゚∀゚)



s-IMG_3897.jpg
いきなり、ドーーーーーン!!

ヘッドユニットはDIATONE・サウンドナビ NR-MZ300Premi。
昔は8インチナビ取り付けキットが発売されていたんですが、
もう結構過去の話らしく・・・すでに完売。
どこかのショップオリジナルのキットはあるみたいなんですが、
どうにも僕的クオリティにはほど遠く(>_<)

サイズ的にはギリ入るのはわかっていたので、
とりあえずなんとかなるでしょう!
というか、なんとかしなきゃね~( ̄ー ̄)

んで、できたのがコレ(´▽`*)

上下ともちゃんと枠も残してありますよ~(ギリギリですが)



s-IMG_3899.jpg
スピーカーはDLS・RCS6.2をチョイス。

RC6.2いけるかなぁ・・・と思ってましたが、全然ダメでした(ノД`)・゜・。

RC6.2に比べれば確かに多少低域は薄くなりますが、
それでも一般的なスピーカーよりも俄然鳴るのが、RCS6.2。

画像にはありませんが、ラゲッジにはポン置きのウーハーボックスを
取り付けてありますので、低域に関しては心配無用です( ̄ー ̄)

トゥイーターはAピラーに埋め込み加工。
純正を意識したデザインで、違和感なくすっきりと取り付け。
純正近似のメッシュ生地で巻き直し、質感も上々です!



s-IMG_3898.jpg
こうしてみると・・・デカいスピーカー入りそうに見えるんですがねぇ・・。

まあ、くよくよばかりもしていられないので、
RCS6.2をきちんと鳴らし切るために、せっせと作業しましょ(゚∀゚)


ひょっとしたらコンペに出すかも・・・的なインストールを
基本にしてあるのでデッドニングは結構本気モード。

ケーブルもM&Mを採用してあるので、
入賞狙い!な感じでもイケるようにしてあります(´▽`*)


夢を叶えるのに必要なのは、タイミングと貯蓄

いや、わりとマジな話です( ̄ー ̄)

一番重要なのは、タイミングですよね。
夢を思い続けるとか、願い続けるとかよりも、ね。



s-IMG_1943.jpg
そんな夢追い人の一人、超常連の通称ジュニア。

念願かなって、メルセデス・Aクラスを手に入れちゃいました!!
車両の手配も全て当店でさせてもらいました~。

このヘンな色!!最高です!!
どう見ても金持ちにしか見えません( ̄ー ̄)



s-IMG_1939.jpg
欲しかったクルマを手に入れただけでは飽き足らず。
オーディオシステムまでも大幅に手を加えちゃいました!

DEH-P01での4WAYシステムから、
DSP-Proのハイレゾシステムへ大幅なアップデートを敢行。

純正デッキやナビには手を加えずに、圧倒的な高音質化が可能な
オーディオプロセッサーですが、特にDSP-Proの性能は
アタマ4個ぐらい飛びぬけています。

灰皿部を加工して、DSP用のコントローラを埋め込み加工している以外は
純正のルックスとほとんど変わりません(^^♪



s-IMG_1941.jpg
肝心要のプレイヤーは、SONY・NW-ZX2。

抜群の操作性もさることながら、特筆すべきはその音質。
USB接続での音質は、圧倒的というしかありません。
もう、他のモノで聴く気が失せる程であります!!



s-IMG_1938.jpg
最近のメルセデスの内部ドアパネルは、そのほとんどが樹脂製。

そもそも金属が少ないってコトは、オーディオ的には相当有利。
加工が難しい等の難点もありますが、特にカーオーディオにおいては
メリットの方が遥かに上回りますね~。


RSⅡのミッドバスは、樹脂パネルを大幅に加工してのアウターバッフル化。
強固な取り付けと、付帯音の少ない取り付けを実現しています。



s-IMG_1942.jpg
トゥィーターは、ミラー裏に。スコーカーはAピラーに埋込加工。
それぞれ、厳密にリスニングポイントに向けてあります。

高い位置への近接設置は、音質面でのメリットは絶大。
位置関係や、角度等がキチンとできるのであれば、断然オススメです。


念願だったクルマを手に入れ、
オーディオも相当なレベルアップを果たしました。

今が一番楽しくて嬉しい時ですね!!
乗るだけでも楽しいのですが、
オーディオがイイと、その楽しさは何倍にもなるのです!!

大事に乗ってね~(^^♪

BMWもイイけど、メルセデスもね☆

僕ら世代は「☆」マークを見ると、すぐさま「つのだ☆ひろ」を思い浮かべる
そんな、メリージェーン世代な修ちゃんブログにようこそ(ナニ?)


そういえば、神戸店てんちょの西村クンの愛車も
BMW・X1からメルセデス・Aクラスに替わりましたね~。
や、だから何?って聞かれても困るんですが。



s-IMG_0184_20141028215157a10.jpg
大人気、メルセデス・Aクラスにガッツリオーディオインストールです!!

このままパイオニアコンテストにも持ち込めちゃう仕様です( ̄ー ̄)



s-IMG_0178.jpg
スピーカーは勿論、パイオニア・RSシリーズの3WAY。

Aクラスのドア内は、樹脂が多用されていて剛性に乏しいので、
RSのウーファーを鳴らし切る為に、あらゆる工夫をこらしています。
システムなりの必要コストは、きちんとかけたほうが断然結果が違います(^^♪

トゥィーターは、ミラー裏に埋め込み加工。
弩定番ですが、やはりベストな位置です。



s-IMG_0181_2014102821515885f.jpg
スコーカーは、Aピラーに埋め込み加工。

純正風のネット生地で張り替えて、違和感を最小限に抑えています。
取り付け角度は厳密にトゥィーターと合わし込んでいますので
位相の管理も比較的ラクに行えます。


それにしても・・・店舗前駐車場が溢れかえってますね・・・。
ここのところいつも満車で、お客様にはご迷惑おかけしておりますm(__)m



s-IMG_0182.jpg
ヘッドユニットはRS-D7XⅢ+RS-P99Xの絶対コンビ。

基本的にデッキの設置場所がない、Aクラスですが
この美しい取り付けはどうですか?

どう見ても純正で用意されてるようにしかみえません(>_<)

加工は非常に手間がかかりますが、これからのAクラスの定番に
なりそうな予感がしますね( ̄ー ̄)



s-IMG_0176.jpg
完全にフラットで使い勝手の確保されたラゲッジですが・・・



s-IMG_0177.jpg
カバーを外すと、どーーーーーん!!!

RS-A09Xが2台、RSのウーファーが誇らしげです(^^♪
他に、RS-A99X、RS-P99Xも隠されてたりしますが(^^;

当然ながら、カバーをすると荷物の積載にも問題ありません。
全くユニットを魅せないインストールも勿論「アリ」ですが、
こんなさりげないカッコヨサもやっぱり「アリ」なんですよね~。


取り付け方は、それこそ千差万別。
システムプランはもとより、取り付け方、デザイン、
それら全てのあらゆる引き出しを持っている当店だからこそ
叶えられるコトがあります。

お気軽にご相談ください!!

リトルモンスター再び!?

今度のモンスターは、メルセデス!!

s-IMG_9985.jpg
A45 AMGです~(^^♪
2Lターボで360PSとか・・・全然意味の解らない世界の出来事・・・。

コンパクトボディに、超絶パワーの組み合わせ。
まさにリトルモンスター。



s-IMG_9973.jpg
モンスターマシンなのに、純正オーディオは全然モンスターじゃない・・・。
どうにもつり合いがとれちゃいません(-_-;)

そんなわけで。
モンスターマシンに相応しい、モンスター級のサウンドを奢っちゃいましょう!!!


Aクラス、に限らずですが最近のメルセデスのドアは
具合がよろしくありませぬ。
まだ、16cmスピーカーが装着されている分、BMWよりはマシですが、
スピーカーの取り付け方とか全然ダメ。

今回選んだスピーカーは、FOCAL・165KRX2。
この巨大なスピーカーをワンオフのアウターバッフルでガッチリインストール。
巨大なインナーバッフルで、よく鳴ってくれます(^^♪



s-IMG_9975.jpg
ミラー裏にトゥィーターを埋め込み加工。

スッキリとしたデザインで違和感なく取り付けていますが、
トゥィーターのアルミハウジングがその存在感をアピールしています。
カッコイイですね~。



s-IMG_9978.jpg
今回の最大の見せ場は、ズバリ!!ココでしょう。

灰皿を撤去して、DEH-P01をインストール。
コマンドシステムには手を付けずに、すべてのソースが利用可能です。
BMWと違って、メルセデスはシステムがシンプルなので
ナニも難しいことを考えずに高度な機能を確保したままオーディオ施工が可能です。
これは、大きなメリットですね~。

デッキの取り付け場所が相変わらず見当たらないのが、唯一のネックですかね(^^;



s-IMG_9979.jpg
通常ならフェイスパネル分離加工で、フェイスのみ取り付けるのですが、
今回は分離せずにそのままインストールしています。

画像のように、キチンとフェイスオープンもできますし、あたりまえですが
その場でCDの挿入も可能です。

一筋縄ではいかない加工なので、オーナー様の「男気」が必要ですが( ̄ー ̄)
デザインも極々自然ですし、ナニより圧倒的な操作性がたまりませぬ!!



s-IMG_9983.jpg
なんの変哲もないラゲッジ画像ですが・・・。
s-IMG_9984.jpg
ラゲッジ下には、薄型の10インチサブウーハーが取り付けされていますが、
左側に小物入れを確保することで使い勝手も損ないません。

フロア面の高さも純正と同じですし、カバーの上に荷物を積んでも平気です。



オーディオ設置が難しいクルマでも、お気軽にご相談ください。
意外と簡単に解決するかもですよ~( ̄ー ̄)
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10